ジムニーの歴史

ジムニーの歴史は1970年から始まった!一貫したコンセプトが魅力の軽SUV

ジムニーの歴史は軽自動車の歴史でもあります。360ccまでの排気量の時代から日本の道を走っていたジムニーは、ラダーフレームを採用して不整地でも壊れないよう頑丈な作りをしています。2018年7月5日には4代目へとモデルチェンジするジムニーの歴史を振り返ってみましょう。

ジムニーの歴史は1970年から始まった!一貫したコンセプトが魅力の軽SUV

ジムニーの歴史は1970年から始まった!スズキの伝説的SUVの歩み

ジムニーとはスズキが販売する軽自動車のことで、1970年に初代が発売され48年経った2018年でもモデルチェンジされ販売されている歴史の古い軽自動車です。

2018年7月5日にはフルモデルチェンジが行われ4代目のジムニーが誕生し、普通車のジムニーシエラも同日にフルモデルチェンジが行われます。

そこで、ジムニーが持つ歴史やそれぞれの型の販売期間やパワートレインなどを紹介していきます。

ジムニーとはスズキが販売するラダーフレームを採用した軽自動車のこと

ジムニーは1970年から販売している軽自動車で、ラダーフレームを採用した本格的なSUVです。ラダーフレームを装備している車は突き上げなどの衝撃に強いので日常走行はもちろん、ガタガタ道になることが多い雪道や砂利道でもガンガン進むことができます。

オフロード仕様のジムニージムニーはリフトアップしたオフロード仕様のカスタムも人気

また、オフロード用に作られたコースを走破する競技などにも使われることが多く、街乗りでもリフトアップをして車高を上げる、オフロードタイヤを履くなどのカスタマイズされたジムニーを見かけることが多いです。

ジムニーは軽自動車なので、維持費も安くセカンドカーとしても人気の車種です。ジムニーにかかってくる税金は、自動車税10,800円、重量税は6,600円、自賠責保険は24ヶ月で25,070円と、普通車に比べてかなり維持しやすいことが分かります。

内装はモデルチェンジを重ねるごとに快適装備が充実しており、3代目の最終型ではパワーウィンドウにパワーステアリング、マニュアルエアコン、集中ドアロック、ヒーター付き電動格納ドアミラーが標準装備されています。

特別仕様車のランドベンチャーでは、撥水機能や表面温度調整機能つきのシートが装備されていて、更に快適性が増します。

ジムニーには標準でアルミホイールを装備していますが、デイトナなどのスタイリッシュなホイール、レイズなどの本格オフローダーなアルミも似合う1台で、各メーカーからジムニー用のホイールがたくさんラインナップしています。

初代(LJ10、LJ20、SJ10型)は幌を使ったボディが特徴

初代のジムニーは1970年~1981年まで販売されていた車種で、排気量が360ccと550ccの時代の軽自動車です。幌を使ったボディタイプがラインナップしているなど、若い人には新しく、この時代の人には懐かしい初代ジムニーの歴代モデルを紹介します。

LJ10型(1970~1972年)

LJ10型ジムニーのエクステリア1970年に発売した初代LJ10型ジムニー

1970年に発売した初代LJ10型は1972年まで発売したモデルで、エンジンは空冷式直列2気筒で、排気量は359ccのエンジンを搭載しています。

全長は2,955mm、全幅1,295mm、全高1,670mm、ホイールベースは1,930mmで、トランスミッションは4速マニュアル、サスペンションにはトラックなどに使われることが多いリーフリジットが装備されていました。

LJ10ジムニーのスペック
全長 2,995mm
全幅 1,295mm
全高 1,670mm
ホイールベース 1,930mm
車両重量 600kg
エンジン 空冷直列2気筒
排気量 359cc

LJ20型(1972~1976年)

LJ20型のジムニーエンジンが水冷式に変わったLJ20型

LJ20型ジムニーバンLJ20型で初めて追加されたバンモデル

1972年から1976年まで販売していたマイナーチェンジ版のLJ20型は、エンジンが空冷式から水冷式に変わっています。ほかにも、LJ10型では幌トップのグレードしかありませんでしたが、バンのモデルも追加されて快適性がアップしました。

また、以前はリヤウインカーとストップランプともに赤色のランプでしたが、このモデルからブレーキランプは赤、ウインカーはオレンジに変更されています。

LJ20ジムニーのスペック
全長 2,995mm
全幅 1,295mm
全高 1,670mm(バンモデル:1,615mm)
ホイールベース 1,930mm
車両重量 625kg(バンモデル:660kg)
エンジン 空冷直列2気筒
排気量 359cc

SJ10型(1976~1981年)

SJ10型ジムニーのエクステリアジムニー55の愛称で呼ばれていたSJ10型

初代の後期型であるSJ10型は1976年から1981年まで販売されていたモデルで、ちょうど販売した年に軽自動車規格の改正が行われ、排気量がアップしています。

新しく載せたエンジンは、LJ50型の水冷直列3気筒エンジンで、排気量が539ccにアップしています。排気量の数字で「ジムニー55」という愛称で呼ばれていたモデルです。

SJ10ジムニーのスペック
全長 3,170mm
全幅 1,395mm
全高 1,845mm
ホイールベース 1,930mm
車両重量 675kg
エンジン 水冷直列3気筒
排気量 539cc

2代目(SJ30、JA71、JA11、JA12・JA22型)は最後の2サイクルエンジンを搭載

2代目のジムニーは1981年~1998年まで販売されていた車種で、排気量が550ccと660ccのラインナップです。最後の2サイクルエンジンが搭載されているSJ30型など、2018年でも人気がある車種が発売されていました。2代目ジムニーの歴代モデルを紹介します。

SJ30型(1981~1987年)

SJ30型ジムニーのエクステリアジムニー最後の2サイクルエンジンであるSJ30型

1981年にフルモデルチェンジされ、2代目へと進化しました。エンジンは引き続き2サイクルのLJ50エンジンを採用し、ボディ形状は四角くなっています。ホイールベースが拡大され2,030mmに伸びていて、全長も少しだけ伸びています。

SJ30ジムニーのスペック
全長 3,195mm
全幅 1,395mm
全高 1,710mm
ホイールベース 2,030mm
車両重量 690kg
エンジン 水冷直列3気筒
排気量 539cc

JA71型(1984~1990年)

JA71型ジムニーのエクステリア初めて4サイクルエンジンが搭載されたJA71型

ジムニーに初めて4サイクルエンジンが搭載され、ターボも装備されました。トランスミッションも5速マニュアルへと1速増えて高速走行も得意になり、インタークーラー付きターボの最高出力は52PSまで向上しました。

また、1988年から1990年ごろに発売された3型や4型は、走行速度90kmを超えると速度警告音が鳴る装備も搭載されています。

JA71ジムニーのスペック
全長 3,195mm
全幅 1,395mm
全高 1,670mm
ホイールベース 2,030mm
車両重量 780kg
エンジン 水冷直列3気筒ターボ
排気量 543cc

JA11型(1990~1995年)

JA11型ジムニーのエクステリアオートマ車が初採用されたJA11型

1990年から1995年まで販売されていたJA11型は、現在の軽自動車規格に合わせて作られたモデルで、エンジン排気量は660ccにアップし、ボディサイズも拡大しました。トランスミッションには初めてオートマチックが採用され、3速ATが搭載されています。

JA11ジムニーのスペック
全長 3,295mm
全幅 1,395mm
全高 1,670mm
ホイールベース 2,030mm
車両重量 820kg
エンジン 水冷直列3気筒ターボ
排気量 657cc

JA12・JA22型(1995~1998年)

JA22型ジムニーのエクステリア3リンクコイルリジットが初採用されたJA22型

1995年~1998年に発売されたJA11、JA22型のジムニーは、サスペンションが変更されリーフリジットから、現在の3リンクコイルリジットになり、一気に乗用車化が進んだモデルでもあります。JA22には、3代目のジムニーにも使われているK6Aエンジンを初めて搭載しました。

フェンダーミラー車がなくなり全車ドアミラーに変更、パワーステアリングなどの快適装備が充実しています。

JA12・JA22ジムニーのスペック
全長 3,295mm
全幅 1,395mm
全高 1,670mm
ホイールベース 2,030mm
車両重量 890kg
エンジン 水冷直列3気筒ターボ
排気量 657cc

3代目(JB23型)は20年間変わらないロングセラーモデル

JB23型ジムニーのエクステリア20年間販売が継続したJB23型

1998年に発売したJB23型ジムニーは、2018年のモデルチェンジまで実に20年間継続したロングライフなモデルです。5ナンバーの乗用ワゴンのみのラインナップで、従来あった幌やバンモデルはありません。

3代目にフルモデルチェンジしてもラダーフレームと3リンクリジットは継続して装備され、発売した直後は廉価グレードの「XA」、量販グレードの「XL」、最上級グレードの「XC」の3種類がありましたが、標準グレードの「XG」と上級グレードの「XC」の2種類に変更となっています。

JB23ジムニー改良点年表
型式 発売日 変更点
2型 1999年10月 エアバッグ、ABSを全車標準装備
3型 2000年4月 キーレスエントリーが1ボタン式になる
4型 2002年1月 エンジン改良、インタークーラー大型化
5型 2004年10月 トランスファー型式変更、インパネデザイン変更
6型 2005年10月 マニュアルのレベライザーなどが装備された
7型 2008年6月 シリンダーヘッドの改良、低中回転トルクの改善
8型 2010年9月 ODB2ポートの追加、シート表皮変更など
9型 2012年5月 エンジンフードの高さや構造変更
10型 2014年8月 メーターやシート表皮デザインの変更
JB23ジムニーのスペック
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,680mm
ホイールベース 2,250mm
車両重量 970kg
エンジン 水冷直列3気筒ターボ
排気量 658cc

4代目は2018年7月5日にデビュー 原点回帰のスクエアボディ

4代目ジムニーのエクステリア2018年7月5日にフルモデルチェンジする新型ジムニー(左) 大きく張り出したオーバーフェンダーが特徴のジムニーシエラも同日にフルモデルチェンジする(右)

2018年の春に販売予定の新型ジムニーは4代目となるモデルで、初代販売から48年、3代目から20年目に発売される車両です。継続してラダーフレームを採用し、角ばったスクエアボディと丸目のヘッドライト近くに丸いウインカーを装備している姿は、初代や2代目を思い起こすルックスです。

キーレスプッシュスタートシステムやデュアルブレーキサポートなど、最新の装備を搭載していて、価格帯は1,458,000円~1,841,100円になっています。

ジムニーは街乗りにも趣味にも使えるオールマイティな車

ジムニーは、軽自動車でありながらラダーフレームによる頑丈さ、3リンクリジットによる走破性など、大型SUVにも迫るポテンシャルを持っていて、街乗りに使っても長持ちすることはもちろん、ダートトライアルなど趣味に使うこともできます。

1998年から販売を開始した3代目のJB23は、20年目を迎えた2018年7月5日には4代目へとバトンタッチし、自動ブレーキなどの安全装備を搭載することで街乗りでも更に使いやすくなる車へと進化します。