セリカの歴代モデル

セリカ歴代モデルを画像つき解説!セリカXXやGT-FOURのスペックも振り返ろう

セリカの歴代モデル、初代ダルマセリカから7代目セリカT230型までの歴史を解説。直列6気筒エンジン搭載セリカXXやWRCでも活躍した四輪駆動のセリカGT-FOURのスペックも紹介。洗練されたスタイリングで旧車市場でも人気の高いスペシャルティカー・セリカ。復活の可能性も考察します。

セリカ歴代モデルを画像つき解説!セリカXXやGT-FOURのスペックも振り返ろう

セリカの歴代モデル!若者に大ヒットした「スペシャルティカー」セリカの魅力

セリカは、トヨタ自動車が1970年~2006年まで国内販売した乗用車で、主にクーペとハードトップのボディタイプですが、歴代モデルによってはコンバーチブルが設定されています。
初代モデルが大ヒットし、「スペシャルティカー(スペシャリティカー)」というカテゴリを日本に定着させたことでも有名です。

また、セリカの上級モデルとして直列6気筒エンジンを搭載した「セリカXX」は、海外では「スープラ」の車名で販売。1980年に誕生した4ドアセダンの派生車「セリカ・カムリ」は、現在でも「カムリ」の車名で販売が続いています。

四輪駆動のセリカGT-FOURは、1980年代~1990年代までWRCでも活躍。7代36年の歴史を持つセリカが残した功績は非常に大きく、トヨタ屈指の名車といえるでしょう。

セリカの歴代モデルを画像とスペック表付きで解説

初代~7代までセリカの歴代モデルを画像とスペック表付きで紹介。セリカXXやセリカGT-FOURなどの上級グレードも解説します。

初代セリカ A20/30型(1970~1977年)未来の国からやってきたスペシャルティカー

初代セリカ クーペ1600GT1970年登場初代セリカ クーペ1600GT

セリカ3ドアリフトバック1973年追加セリカ3ドアリフトバック

愛称ダルマセリカ。シャシはカリーナと共通。エンジン、トランスミッション、内装を選べる日本初フルチョイスシステムを採用し、価格は57~100万と幅広い。ただし、1番人気はフルチョイス対象外のDOHCエンジン搭載GT。給油口の位置が独特。

初代セリカ1600DOHC GT参考スペック
全長 4,165mm
全幅 1,600mm
全高 1,310mm
ホイールベース 2,425mm
車両重量 940kg
エンジン型式 2T-G
エンジン種類 水冷直列4気筒DOHC
総排気量 1588cc
最高出力 115PS/6400rpm

2代目セリカ A40/50型 (1977~1981年) 排ガス規制の最中でもDOHCエンジンを搭載

2代目セリカリフトバックGT米国モデル2代目セリカリフトバックGT米国モデル

2代目セリカクーペ1600ST イギリスモデル2代目セリカクーペ1600ST イギリスモデル

初代同様シャシはカリーナと共通。国産車初の3次曲面ガラス採用。マイナーチェンジでヘッドライトが丸型から角型4灯に。DOHCエンジンを設定していないC210型スカイラインを「名ばかりのGT」と挑発。1980年、4ドアセダンの派生車セリカカムリが誕生。

2代目セリカ2000DOHC GTV 5速MT参考スペック
全長 4,410mm
全幅 1,635mm
全高 1,305mm
ホイールベース 2,500mm
車両重量 1,045kg
エンジン型式 18R-GU
エンジン種類 水冷直列4気筒DOHC
総排気量 1968cc
最高出力 130PS/5800rpm

海外で発売された初代スープラ(日本車セリカXX海外で発売された初代スープラ(日本車セリカXX)

初代セリカXXも登場。1978~1981年まで生産されたM型6気筒エンジン搭載のセリカの上級車種。海外車名はスープラ。内装が非常にラグジュアリーで、ハイソカー・ソアラの源流とも言われる。画像は海外仕様のA40系スープラ。

セリカXX(A40)2600G 5MT参考スペック
全長 4,600mm
全幅 1,650mm
全高 1,310mm
ホイールベース 2,630mm
車両重量 1,180kg
エンジン型式 4M-EU
エンジン種類 水冷直列6気筒SOHC
総排気量 1968cc

3代目セリカ A60型(1981~1985年)前期型と後期型で異なるヘッドランプを採用

3代目セリカ前期型ライズアップ式ヘッドランプを採用した

3代目セリカ後期型1600 GT-Rライトが格納式になった3代目セリカ後期型1600 GT-R

3代目セリカリフトバック後期型3代目セリカリフトバック後期型

シャシはカリーナやコロナと共通。前期型は国産車唯一のポップアップ式ヘッドランプを採用。1983年のマイナーチェンジでリトラクタブル式ヘッドランプに変更。WRCグループB参戦のため、ホモロゲ―ションモデル「GT-TS」を200台発売。

3代目セリカ2000GT クーペ参考スペック
全長 4,435mm
全幅 1,665mm
全高 1,320mm
ホイールベース 2,500mm
車両重量 1,150kg
エンジン型式 18R-GEU
エンジン種類 水冷直列4気筒DOHC
総排気量 1968cc
最高出力 135PS/5800rpm

2代目セリカXX 後期型2000GT2代目セリカXX 後期型2000GT

セリカXXは1981~1986年まで販売。以降は国内でもスープラに改名。リトラクタブルヘッドライトを採用し、空力Cd値0.35。広告にはロータスの創業者コーリン・チャップマンを起用し、スポーティーさを猛PR。漫画『よろしくメカドック』にも登場。

セリカXX(A60)2800GT 5MT参考スペック
全長 4,600mm
全幅 1,690mm
全高 1,315mm
ホイールベース 2,615mm
車両重量 1,270kg
エンジン型式 5M-GEU
エンジン種類 2.8L水冷直列6気筒DOHC
ボディタイプ 3ドアファストバッククーペ

4代目セリカ T160型(1985~1989年)駆動方式を変革!4WDのGT-FOURも登場

4代目セリカ リフトバック4代目セリカ リフトバック

4代目セリカ コンバーチブル4代目セリカ 1987年にコンバーチブルが追加

駆動方式をFRからFFへ変更。プラットフォームはFFコロナ/カリーナと共通で、型式は「T」に変更(スープラが「A」の型式)。86年にはフルタイム4WDのセリカGT-FOURも誕生。最終的に1.6Lを廃止し、1.8Lと2.0Lの全車DOHCとなった。

4代目セリカ2000TWINCAM16GT-R参考スペック
全長 4,365mm
全幅 1,690mm
全高 1,295mm
ホイールベース 2,525mm
車両重量 1,120kg
エンジン型式 3S-GELU
エンジン種類 水冷直列4気筒DOHC16バルブ
総排気量 1968cc
最高出力 136PS/6400rpm

ST165型セリカGT-FOURST165型セリカGT-FOUR 映画『私をスキーに連れてって』で人気に火がつく

セリカGT-Four(ST165)WRC参戦を果たしたセリカGT-Four(ST165)

1986年誕生のセリカGT-FOUR(ST165型)は、2.0LのDOHC16バルブターボ3S-GTEエンジンを搭載。ベベルギア式センターデフを装備したフルタイム4WDでWRC本格参戦。映画『私をスキーに連れてって』でも活躍し、四駆は雪に強いと印象付けた。

セリカ ツインカム16ターボGT-FOUR参考スペック
全長 4,365mm
全幅 1,690mm
全高 1,295mm
ホイールベース 2,525mm
車両重量 1,350kg
エンジン型式 3S-GTE
エンジン種類 水冷直列4気筒DOHC16バルブターボ
総排気量 1968cc
最高出力 185PS/6000rpm

5代目セリカ T180型(1989~1993年)ボディ剛性が大幅向上!WRCでも大活躍

5代目セリカ5代目セリカ 「ニューエアロフォルム」と呼ばれるスタイリングが特徴

5代目セリカ リフトバックZ-Rのリア5代目セリカ リフトバックZ-Rのリア

曲面曲線を多用した近未来的なスタイリングの5代目セリカ。プラットフォームは先代の流用だが、ボディ剛性が向上。エンジンはすべて2.0Lに統一。4輪操舵システム(デュアルモード4WS)をトヨタ初採用。CMにはエディ・マーフィを起用。

5代目セリカリフトバックGT-R参考スペック
全長 4,420mm
全幅 1,690mm
全高 1,305mm
ホイールベース 2,525mm
車両重量 1,210kg
エンジン型式 3S-GTE
エンジン種類 水冷直列4気筒DOHC16バルブターボ
総排気量 1998cc
最高出力 225PS/6000rpm

GT-FOUR A ワイドボディのGT-FOUR A 「A」はアドバンスの意味

ST185型セリカGT-FOURWRC二冠を達成したST185型セリカGT-FOUR

GT-FOUR(ST185型)は先代同様WRCでも活躍。ワイドボディのGT-FOUR Aも登場。1991年にはホモロゲ―ションモデルGT-FOUR RCが5000台(国内1800台)発売。日本車初WRCマニュファクチャラーズとドライバーズタイトルの二冠を達成。

ST185型セリカGT-FOUR・2000TWINCAM16ターボ参考スペック
全長 4,420mm
全幅 1,690mm
全高 1,305mm
ホイールベース 2,525mm
車両重量 1,400kg
エンジン型式 3S-GTE
エンジン種類 水冷直列4気筒DOHC16バルブターボ
総排気量 1998cc
最高出力 225PS/6000rpm

6代目セリカ T200型(1993~1999年)個性的な丸目へ!GT-FOURは最終モデル

6代目セリカ リフトバック6代目セリカ リフトバック

6代目セリカ コンバーチブル6代目セリカ コンバーチブル

リトラクタブルから一転して、個性的な4灯ヘッドライトへ。シャシはカリーナED/コロナ・エクシヴと共通で、全幅が1750mmとなり、全車3ナンバーに。上級グレードにはスーパーストラットサスペンションを採用し、シャープなハンドリングを実現。

6代目セリカリフトバックSS-Ⅱ2000ツインカム16参考スペック
全長 4,435mm
全幅 1,750mm
全高 1,305mm
ホイールベース 2,535mm
車両重量 1,190kg
エンジン型式 3S-GE
エンジン種類 水冷直列4気筒DOHC16バルブ
総排気量 1998cc
最高出力 180PS/7000rpm

ST205型セリカGT-FOURST205型セリカGT-FOUR

WRCグループA参戦 ST205型セリカGT-FOURWRCグループA参戦 ST205型セリカGT-FOUR

1994年、最後のGT-FOURモデルとなるST205型セリカGT-FOURが登場。ツインカムターボ3S-GTEは最高出力255PS。スーパーストラットサスペンション、大型リヤスポイラーなどを装着したWRC仕様車は国内限定2100台の発売。

ST205型セリカGT-FOUR・2000TWINCAM16ターボ参考スペック
全長 4,420mm
全幅 1,750mm
全高 1,305mm
ホイールベース 2,535mm
車両重量 1,380kg
エンジン型式 3S-GTE
エンジン種類 水冷直列4気筒DOHC16バルブターボ
総排気量 1998cc
最高出力 255PS/6000rpm

7代目セリカT230型(1999~2006年)7代36年の歴史に幕を下ろした最終型セリカ

7代目セリカ前期型 SS-II7代目セリカ前期型 SS-II ボディタイプは3ドアリフトバックのみ

縦長のヘッドランプが特徴的なセリカ最終モデル。GT-FOURは存在せず、全車FFで1.8L直4エンジンを搭載。先代の同グレードから60~90kgの大幅な軽量化に成功。ロングホイールベース、ショートオーバーハングにより高速安定性が向上した。

7代目セリカSS-Ⅱ参考スペック
全長 4,335mm
全幅 1,735mm
全高 1,305mm
ホイールベース 2,600mm
車両重量 1,120kg
エンジン型式 2ZZ-GE
エンジン種類 水冷直列4気筒DOHC
総排気量 1,7958cc
最高出力 190PS/7600rpm

セリカの後継は、北米では前輪駆動・2ドアスポーツクーペの「サイオンtC」(2016年販売終了)という見方をされることがあります。

また、国内では、2012年発売のトヨタ86が実質後継という声もあります。確かに量産クーペであり、ラリーやサーキットのベース車両になりえる点など、類似点もあります。
しかし、セリカは4代目以降FF(GT-FOURは4WD)であり、86はFRです。トヨタは86をセリカの後継と発言したことはなく、あくまで現行車種のラインアップ的に、立ち位置が近いというだけです。

セリカは復活の可能性もあり?アメリカで「セリカ」の商標権を申請済み

2019年にBMWと共同開発でスープラを復活させたトヨタですが、2020年以降にセリカを復活させるという噂があります。

復活が噂される根拠は2つ。
1つはスープラ開発にも携わったトヨタのチーフエンジニア甲斐将行氏がアメリカの自動車専門誌『Road & Track』で、セリカの復活に対して前向きな姿勢を示したこと。
もう1つは、2017年8月に、トヨタが米国特許商標庁に「セリカ」商標権の再登録申請を行ったことに由来します。

新型スープラは価格490万円~、直列6気筒モデルは690万円の価格ながら、非常に好調なセールスを記録しています。セリカ復活への期待は今後ますます高まるでしょう。

セリカは時代を彩った名車!話題性に事欠かない歴代モデルたち

70年代~90年代の日本の自動車文化のなかで、セリカは話題性に事欠かないクルマです。

1970年に初代モデルが誕生。日本初のスペシャルティカーはプリンススカイラインスポーツですが、商業的に成功を収めたのはセリカが初めてです。

1977年発売の2代目セリカは、オイルショック、排ガス規制のなかでもDOHCエンジンを搭載。規制適合に苦心していたライバル車スカイラインGT-Rに対し、「名ばかりのGT達は、道をあける」と広告で強烈に皮肉ります。後1980年にスカイラインGT-Rはセリカにはないターボエンジンを搭載し、逆にセリカを挑発。
トヨタと日産が熱く火花を散らしていた時代を象徴する出来事です。

1986年、4代目に設定された四輪駆動のセリカGT-FOURはWRCで活躍。優れた戦歴を残しただけでなく、映画『私をスキーに連れてって』の劇中車にもなり、「4WDは雪に強い」と広く大衆に印象付けました。

セリカはモデルチェンジの度に大きくエクステリアを変更しつつも、そのデザインは非常に洗練されており、今見てもスタイリングの良さに驚きます。まさに時代を彩った名車の1つでしょう。