フェアレディZの歴代モデル

フェアレディZの歴代モデル!日本が世界に誇るスポーツカー「Z」の歴史

フェアレディZの歴代モデルを画像とスペック表つきで解説。「Z-CAR」「ニッサンZ」として世界的な人気を誇るスポーツカーの歴史を振り返りましょう。源流となったダットサン・フェアレディの特徴も紹介。S30、S130、Z31、Z32、Z33、Z34まですべて個性的な名車揃いです!

フェアレディZの歴代モデル!日本が世界に誇るスポーツカー「Z」の歴史

フェアレディZの歴代モデルの特徴とは?源流となったダットサン・フェアレディも紹介

フェアレディZは、1969年から現在まで日産が開発・製造を続けるスポーツカーです。世界的にも高い知名度と人気を誇り、「DATSUN Z(ダッツンズィー)」「Z-Car(ズィーカー)」などの愛称で呼ばれています。現行型の海外車名は「NISSAN 370Z」です。

初代S30型、2代目S130型、3代目Z31型はロングノーズ・ショートデッキの特徴的なスタイリングで今なおクラシックカーとして高い人気。そのスタイリングを継承しつつ、躍動感ある現代風なフォルムを追求したZ34型も、バブル期の華やかなスポーツカー文化とともに記憶に残る1台です。

日産の経営危機からゴーン体制で復活を遂げたZ33型、そして円熟のスポーツカーとなった現行型Z34型など、全モデルそれぞれに異なった魅力があるフェアレディZ。歴代モデルの特徴と歴史を振り返りましょう!

フェアレディZの歴代モデルを画像とスペック表つきで解説

フェアレディZの歴代モデルを紹介します。
フェアレディZは直列6気筒から、V型6気筒エンジンへの変更はありましたが、50年以上6気筒エンジンを搭載し、駆動方式は変わらずFRです。

初代フェアレディZ S30型(1969~1978年)世界的な大ヒットを記録したZ-CAR

初代フェレディZ S30型初代フェレディZ S30型 世界的に人気のクラシックカー

S30 ダットサン240ZS30 ダットサン240Z

S30型 ダットサン260ZS30型 ダットサン260Z

ダットサン・フェアレディに替わって発売された初の「Z」。世界総販売台数55万台、特に米国で大ヒットし「Z-Car」の愛称がつく。廉価版Z84万円、標準車Z-L105万円は当時としても安価。『湾岸ミッドナイト』劇中車。

初代フェアレディZ 432参考スペック
全長 4,115mm
全幅 1,630mm
全高 1,290mm
ホイールベース 2,305mm
車両重量 1,040kg
エンジン型式 S20
エンジン種類 水冷直列6気筒DOHC
総排気量 1989cc
最高出力 160PS/7000rpm
最大トルク 18.0kgm/5600rpm
サスペンション 前:ストラット/コイル
後:ストラット/コイル
ブレーキ 前:ディスク
後:LTドラム

2代目フェアレディZ S130型(1978~1983年)西部警察のスーパーZとして大活躍

S130型 2代目フェアレディZS130型 2代目フェアレディZ

S130型ダットサン280ZXS130型ダットサン280ZX Tバールーフを採用

空力改善のため初代より全長300mm拡大された2代目Z。国産車初Tバールーフが存在&ガルウィング改造車が『西部警察』劇中車に。海外では2.8Lターボ「280ZX」が大ヒット。国内向けには2.0Lターボ「200Z-T」を追加し、超ワイドタイヤを装着。

2代目フェアレディZ 280Z-T 2by2参考スペック
全長 4,620mm
全幅 1,690mm
全高 1,305mm
ホイールベース 2,520mm
車両重量 1,305kg
エンジン型式 L28E型
エンジン種類 水冷直列6気筒SOHC
総排気量 2753cc
最高出力 145PS/5200rpm
最大トルク 23.0kgm/4000rpm
サスペンション 前:ストラット/コイル
後:セミトレーリングアーム/コイル
ブレーキ 前:Vディスク
後:ディスク

3代目フェアレディZ Z31型(1983~1989年)230馬力のパワースペックで他車を圧倒!

Z31型 リトラクタブル(パラレルライズアップ)ヘッドランプを採用Z31型 リトラクタブル(パラレルライズアップ)ヘッドランプを採用

Z31型フェアレディZ リアビューZ31型フェアレディZ リアビュー

直6からV6エンジンへ変更。3.0Lターボモデル「300ZX」は230馬力を発生。挑発的なキャッチコピー『較べることの無意味さを教えてあげよう』は、当時ライバルとされた175馬力の「トヨタ・セリカXX2.8GTの5M-G」を暗に指している。

3代目フェアレディZ 300ZX2シーター参考スペック
全長 4,335mm
全幅 1,725mm
全高 1,295mm
ホイールベース 2,320mm
車両重量 1,305kg
エンジン型式 VG30ET型
エンジン種類 V型6気筒SOHCターボ
総排気量 2960cc
最高出力 230PS/5200rpm
最大トルク 34.0kgm/3600rpm
サスペンション 前:ストラット/コイル
後:セミトレーリングアーム/コイル
ブレーキ 前:Vディスク
後:ディスク

4代目フェアレディZ Z32型(1989~2000年)280PS自主規制を作った名スポーツカー

Z32型フェアレディZワイド&ローのスタイルに変更されたZ32型フェアレディZ

Z32型フェアレディZZ32型フェアレディZ 10年以上生産が続いた長寿モデル

伝統のロングノーズ&ショートデッキではなく、ワイド&ローに大幅変更。3.0リッターV6ツインターボは当初300馬力の予定だったが、運輸省の指導で280PSに変更。輸出仕様は300PS。四輪マルチリンクサスペンションやSuper-HICASも採用。

4代目フェアレディZ  3.0 バージョンS ツインターボ参考スペック
全長 4,520mm
全幅 1,800mm
全高 1,255mm
ホイールベース 2,570mm
車両重量 1,560kg
エンジン型式 VG30DETT
エンジン種類 V型6気筒DOHCターボ
総排気量 2960cc
最高出力 280PS/6400rpm
最大トルク 39.6kgm/3600rpm
サスペンション 前:マルチリンク式
後:マルチリンク式
ブレーキ 前:Vディスク
後:Vディスク

5代目フェアレディZ Z33型(2002~2008年)…空白2年の末の復活モデル

フェアレディZ Version NISMOコンプリートカー フェアレディZ Version NISMO

Z33 日産350ZZ33 日産350Z

Z33 日産350Z ロードスター2003年にロードスターも追加

Z32から2年の時を経て復活。国内では4人乗り仕様を廃止。当初は 3.5LのV6エンジンVQ35DE型を搭載し、最高出力は280PS。後に自主規制枠撤廃&VQ35HR型エンジンへの変更により313PS。空力性能は大幅に向上し、Cd値0.30を記録。

5代目フェアレディZ  3.5 タイプF2002年モデル参考スペック
全長 4,315mm
全幅 1,840mm
全高 1,315mm
ホイールベース 2,650mm
車両重量 1,510kg
エンジン型式 VQ35HR型
エンジン種類 V型6気筒DOHC
総排気量 3498cc
最高出力 313PS/6800rpm
最大トルク 36.5kgm/4800rpm
サスペンション 前:マルチリンク式
後:マルチリンク式
ブレーキ 前:Vディスク
後:Vディスク

6代目フェアレディZ Z34型(2008~)…ホイールベースを短縮し、伝統のロングノーズを再現!

Z34型 6代目フェアレディZZ34型 6代目フェアレディZ

Z34型フェアレディZ リアビューZ34型フェアレディZ リアビュー

フェアレディZ 50th AnniversaryフェアレディZ 50th Anniversary

現行型フェアレディZ。Z33からホイールベースを100mm短縮し、伝統のロングノーズを表現。排気量3.7LのV6エンジン搭載し、最高出力は336馬力(NISUMOは355馬力)。2019年Z誕生50周年記念モデル「50th Anniversary」を発表。価格466万円。

6代目フェアレディZ  50th Anniversary主要諸元表
全長 4,260mm
全幅 1,845mm
全高 1,315mm
ホイールベース 2,550mm
車両重量 1,500kg
エンジン型式 VQ37VHR型
エンジン種類 V型6気筒DOHC
総排気量 3696cc
最高出力 336PS/7000rpm
最大トルク 37.2kgm/5200rpm
サスペンション 前:ダブルウィッシュボーン
後:マルチリンク式
ブレーキ 前:ベンチレーテッドディスク式
後:ベンチレーテッドディスク式

フェアレディZの源流「ダットサン・フェアレディ」とはどんな車?

フェアレディZの源流は、1952年登場の「ダットサン・スポーツ」まで遡ることができます。
1952年にダットサン・スポーツが発売され、その後継モデルに「フェアレディ(当時の表記はフェアレデー)」と命名。この車が「フェアレディZ」へと繋がっていきます。

ダットサン・スポーツ DC-3(1952~1954年)国産車で初めて「スポーツ」を名乗った車

元祖ダットサン・スポーツ DC-3国産スポーツカーの元祖ダットサン・スポーツ DC-3

フェアレディZの源流かつ元祖国産スポーツカー。860cc直列4気筒エンジンを搭載、4人乗りのコンバーチブル。イギリスのスポーツカーブランド「MG」のTシリーズを目標にしたが、総生産台数は50台程度。最高速度は80km/h。

ダットサン・スポーツ1000 S211型(1959年)改良により性能アップ!

コンバーチブル ダットサン・スポーツ10004人乗りコンバーチブル ダットサン・スポーツ1000

ダットサン・スポーツ1000の内装ダットサン・スポーツ1000の内装

国産スポーツカーの源流ダットサン・スポーツ DC-3の後継。4人乗りのオープンカーであり、1.0Lの直列4気筒OHVエンジンを搭載。最高出力34馬力、最高速度は115km/h。シャシはダットサン・トラック 220型系の流用。

ダットサン・フェアレディ(1960~1970年)フェアレディZの前身、名車クラシックスポーツカー

ダットサン・フェアレデー1200ダットサン・フェアレデー1200

SP310型ダットサン・フェアレディSP310型ダットサン・フェアレディ

SR311型ダットサン・フェアレディ2000SR311型ダットサン・フェアレディ2000

国内最速記録を樹立したクラシックスポーツカー。1960年SPL212型「フェアレデー1200」を発表。車名はミュージカル『マイ・フェア・レディ』に由来。その後フェアレディ1500、1600、2000と進化を遂げ、69年に後継「フェアレディZ」が誕生。

余談ではありますが、日産の直営ショールームには1963年より「ミス・フェアレディ」と呼ばれる広報部員が存在します。名前の由来は、当然この「フェアレディ」から。
現代ではスポーツカーのニーズが低く、売上も好調とは言えませんが、「フェアレディ」「フェアレディZ」が昔から日産の看板車種だということがよくわかります。

フェアレディZ車名の由来 フェアレディはミュージカル、Zは究極を意味する

先述した通り、フェアレディZのフェアレディは、ミュージカル『マイ・フェア・レディ』に由来しています。当時の日産社長だった川又克二氏がブロードウェイで公演を見て感激したことから、1960年発売のスポーツカーに、洗練された美を追求してほしいと「ダットサン・フェアレディ」と命名しました。

その後「ダットサン・フェアレディ」は、後継モデル「フェアレディZ」となるのですが、このZとは、アルファベットの最後であることから、それ以上ないこと、つまり「究極」を意味すると日産は語っています。
つまり、「フェアレディZ」には、究極の美を追求するスポーツカーという意味が込められているのです。

フェアレディZの歴代モデルを見られる日産ヘリテージコレクション

フェアレディZの歴代モデルの実物をみたいなら、日産神奈川県座間工場内にある日産ヘリテージコレクションがおすすめです。完全予約制ではありますが、料金は無料で、常時300台の名車が並ぶ光景はまさに圧巻!

フェアレディZ、ダットサン・フェアレディだけでなく、スカイライン、シルビア、セドリックなど、60~90年代の名車が数多く展示されています。

50年6代の歴史に幕?次期フェアレディZ開発はどうなってる?

現行型フェアレディZが国内発売されたのが2008年12月の出来事。既に10年以上の時が経過しているフェアレディZの次期モデルの開発はどうなっていのか、「現行型Z34型をもって生産を中止するのでは?」といった嬉しくない話も聞こえてきます。

結論からいうと、2017年の時点で新型フェアレディZの開発はスタートしています。そのため、モデル廃止の可能性は低く、その点は一応安心です。

ただ、次期Zの方向性に関しては意見がわかれており、ハイブリッドやフルEVなどの案も漏れ聞こえてきます。以前から言われているように、ルノーとの共同開発を視野に入れていてもおかしくありません。

フェアレディZのフルモデルチェンジは、2020年以降となる予定です。新型フェアレディZのワールドプレミアの前に、現行型のビッグマイナーチェンジを行う可能性もあります。
新時代に登場するフェアレディZはどんな車なのか、期待して待ちましょう!