ジムニーの派生モデル

ジムニーのピックアップトラックや4ドアモデルのレンダリングが公開

新型ジムニーのピックアップトラックや4ドア、コンバーチモデルのレンダリングを、新型ジムニーの販売に伴いデジタルアーティストのX-TomiDesignが公開しました。過去にピックアップトラックやオープンモデルを販売していたジムニーですが、果たして復活の可能性はあるのでしょうか。

ジムニーのピックアップトラックや4ドアモデルのレンダリングが公開

X-TomiDesignがジムニーのピックアップトラックや4ドアモデルのレンダリングを公開!

2018年7月に販売されるスズキの新型ジムニー。多くの車種のレンダリングを作成しているハンガリーのデジタルアーティストX-TomiDesignが、新型ジムニーのピックアップトラックや4ドア、コンバーチなどのレンダリングを作成し公開しました。
公開されたこれらのレンダリング画像はジムニーファンはもちろん、世界中のオフローダーから好評を得ています。

2代目SJ30ジムニーに近いピックアップトラックモデル

ジムニーのピックアップトラックモデルアクティブな印象の強いジムニーのピックアップモデル

1970年代から長年人気を博してきたジムニーは、2018年時点で3代目を迎えています。その長い歴史の中で、1980年代に販売されていたソフトトップピックアップのSJ30をベースに作成されたレンダリングがこのピックアップトラック風モデルのジムニーです。

角ばったボディと奇をてらったボディカラーが特徴的で目を引くデザインとなっています。開放的な荷台により、さらにアクティブな印象が増しています。
トヨタ・ハイラックスの復活や2015年に限定販売されていたランクル70ピックアップなど、日本国内でピックアップトラックブームの兆しが見えている今、将来的にはピックアップトラックジムニー販売の可能性もあるかもしれません。

メルセデスベンツGクラス寄りのジムニーの4ドアモデル

ジムニーの4ドアモデルミニGクラスとも思える佇まい ジープのコンパクトSUVレネゲードにもそっくり

新型ジムニー4ドアモデルのレンダリングは、メルセデスベンツのGクラスに近いスタイルで作成されています。

2ドアから4ドアにすることで、ジムニーらしいビジュアルを損なう恐れや重量・剛性等の面は懸念されるものの、もし今後販売されるとすればGクラスよりもかなり手に入りやすい価格設定となるので、こちらも人気が出ることが予想されます。
また、4ドアモデルについては、軽自動車のジムニーではなく普通車規格のジムニーシエラに追加設定される可能性の方が現実的でしょう。

初代モデルを踏襲したジムニーのコンバーチブルモデル

ジムニーのコンバーチブルモデル幌が似合いそうなジムニーのオープンモデル

オープンカーと屋根付きの切り替えが可能なコンバーチブルモデルのジムニーです。オープン仕様だった幌車ジムニー(LJ10)の頃からの熱烈なファンの中には、オープンのリバイバルを求める声も少なくありません。

「オープンは剛性面が弱い」「湿潤気候の日本では経年劣化が進みやすい」などの理由で幌モデルは姿を消し、現在のジムニーはクローズドボディが主流となっています。
しかし自分でボディをカット(バンカット)して幌化するジムニーオーナーも多いため、もしオープンモデルのジムニーの復活が実現すればたちまち人気が出ることは間違いないでしょう。

新型ジムニーのピックアップトラック・4ドア・オープンの販売可能性は?

X-TomiDesignが理想のジムニーを形にした数々のレンダリング。ピックアップトラックモデルやオープンモデルのジムニーはかつて販売されていたという経緯もあることから、限定発売などで復活する可能性が考えられます。
4ドアタイプのジムニーについても、ジムニーシエラへの追加設定という形で販売が行われることも予想されます。今後もジムニーの進化の動向から目が離せません。