おしゃれな国産車・外車ランキング

おしゃれな車 国産車・外車ランキング!内外装が魅力的な10車種

おしゃれな車ランキングを紹介します。国産車と外車の中からエクステリアとインテリアがおしゃれ感満載の魅力的な車を10車種ピックアップ。新車販売価格も手が出しやすい300万円前後の車種に絞って厳選しています。アルファロメオやルノーなど憧れのブランドから、燃費の良い軽自動車やSUVも登場します。

おしゃれな車 国産車・外車ランキング!内外装が魅力的な10車種

内外装が魅力的!国産車・外車のおしゃれな車ランキング

乗りやすさや燃費の良さなど、車購入で重視する部分は人それぞれですが、せっかくならエクステリアやインテリアがおしゃれな車が欲しいと考える方もいるでしょう。
今回は内外装が魅力的な国産車と外車を含めたランキングTOP10を紹介、おしゃれでも新車販売価格は控えめな乗りやすい車種をピックアップしています。

10位 プジョー 3008 アリュール

プジョー 3008 アリュールのエクステリア

プジョー3008は2009年に本国のフランスでデビューしたクロスーバーSUVです。
2017年3月に待望の2代目モデルが日本初上陸を果たし大きな話題となりました。
フロントにはメッキグリルが採用され、プジョーの象徴でもあるライオンマークを配置、立体造形のボディは大きさを感じさせない、シャープな印象を与えます

プジョー 3008 アリュールのインテリア

最新モデルだけあり、電動パーキングブレーキ、12.3インチ大型デジタルヘッドアップディスプレイ、8インチタッチスクリーンを搭載した最先端のテクノロジーを凝縮しています。

プジョー 3008 アリュールのスペック
全長 4,450mm
全幅 1,840mm
全高 1,630mm
ホイールベース 2,675mm
最低地上高 175mm
最小回転半径 5.6m
車両重量 1,460kg
乗車定員 5名
総排気量 1.598L
エンジン最高出力 121kW(165ps)/6,000rpm
エンジン最大トルク 240Nm(24.5kgm)/1,400-3,500rpm
JC08モード燃費 14.5km/L
販売価格 3,570,000円~

9位 シトロエン C4 シャイン

シトロエン C4 シャインのエクステリア

印象的なヘッドライトが魅力的なシトロエン C4はフランスの自動車メーカーで、同じフランスの自動車メーカーのプジョーとはグループを組む協力関係にあります。
アメリカ車やドイツ車とは少し違うフランス車の流麗なデザインは、日本の都会にもマッチする独特の存在感を放ちます

シトロエン C4 シャインのインテリア

シンプルな室内ですが、7インチタッチスクリーンを装備するなど最新装備も充実しています。
クイックでレスポンスの良い使い心地は、世界中で高い評価を得ています。

シトロエン C4 シャインのスペック
全長 4,330mm
全幅 1,790mm
全高 1,490mm
ホイールベース 2,610mm
最低地上高 145mm
最小回転半径 5.3m
車両重量 1,320kg
乗車定員 5名
総排気量 1.199L
エンジン最高出力 96kW(130ps)/5,500rpm
エンジン最大トルク 230Nm(23.5kgm)/1,750rpm
JC08モード燃費 16.3km/L
販売価格 2,590,000円~

8位 ダイハツ ムーヴ キャンバス L

ダイハツ ムーヴ キャンバス Lのエクステリア

ダイハツの軽自動車ムーヴキャンバスは2016年に発売開始されました。
軽自動車初のスライドドアを採用し「何でもできるミニバスのようなデザイン性」をコンセプトに女性を中心に販売数を伸ばしています。

ダイハツ ムーヴ キャンバス Lのインテリア

インテリアに採用したおしゃれな2トーンカラーが特徴的で、メリハリのあるカラフルな室内空間が気分を元気にしてくれます
後席下には引き出し式の収納を完備しているため、荷物が多くなっても室内を狭くすることがありません。

ダイハツ ムーヴ キャンバス Lのスペック
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,655mm
ホイールベース 2,455mm
最低地上高 150mm
最小回転半径 4.4m
車両重量 920kg
乗車定員 4名
総排気量 658L
エンジン最高出力 38kW(52ps)/6,800rpm
エンジン最大トルク 60Nm(6.1kgm)/5,200rpm
JC08モード燃費 28.6km/L
販売価格 1,188,000円~

7位 フォルクスワーゲン ビートル ベース

フォルクスワーゲン ビートル ベースのエクステリア

フォルクスワーゲンの2ドアハッチバック ビートルは、世界中で評価されているおしゃれな車です。
世界一の累計販売台数を記録している名車で、フォルクスワーゲンの看板車種だけあり完成度や安全性は折り紙付きです。

フォルクスワーゲン ビートル ベースのインテリア

インテリアもレッド、ブラック、ブラウン、シルバー、ホワイト、ブルー、グリーンのハイセンスな配色で、オリジナリティあるビートルをオーダーできます。
直観的に操作できる6.33インチの大画面インフォテインメントシステムもあり、使い勝手も良好です

フォルクスワーゲン ビートル ベースのスペック
全長 4,285mm
全幅 1,815mm
全高 1,495mm
ホイールベース 2,535mm
最低地上高 130mm
最小回転半径 5.0m
車両重量 1,300kg
乗車定員 4名
総排気量 1.197L
エンジン最高出力 77kW(105ps)/5,000rpm
エンジン最大トルク 175Nm(17.8kgm)/1,500-4,100rpm
JC08モード燃費 17.6km/L
販売価格 2,399,000円~

6位 ホンダ ヴェゼル G・Honda SENSING

ホンダ ヴェゼル G・Honda SENSINGのエクステリア

2014年の登場から3年連続でSUV販売台数1位を記録したホンダのヴェゼルが、2018年2月にマイナーチェンジしました。
エクステリアではフロント周りを中心に、フロントバンパーやグリルデザインがインラインタイプのLEDに変更になるなど、フェイスリフトを行いました

ホンダ ヴェゼル G・Honda SENSINGのインテリア

インテリアはシート形状を変更してホールド感を向上、ステッチも従来のものを見直し質感の高いデザインに刷新されました
男性的なイメージも強いヴェゼルですが、女性が乗ってもかっこいい存在感のあるSUVに生まれ変わりました。

ホンダ ヴェゼル G・Honda SENSINGのスペック
全長 4,330mm
全幅 1,770mm
全高 1,605mm
ホイールベース 2,610mm
最低地上高 185mm
最小回転半径 5.3m
車両重量 1,180kg
乗車定員 5名
総排気量 1.496L
エンジン最高出力 96kW(131ps)/6,600rpm
エンジン最大トルク 155Nm(15.8kgm)/4,600rpm
JC08モード燃費 21.2km/L
販売価格 2,075,000円~

5位 マツダ ロードスターRF VS

マツダ ロードスターRF VSのエクステリア

ロードスターRFはマツダの2ドアオープンスポーツです。
通常のロードスターは天井が柔らかいソフトトップと呼ばれるタイプですが、RFは天井が金属で出来ているタイプで、スイッチ1つで全自動開閉出来ます。
ソフトトップと違いボディと天井が同じ素材のため、統一感のあるスタイリングになっています

マツダ ロードスターRF VSのインテリア

インテリアはグレードにより、ナッパレザーやアルカンターラシートが使われる豪華仕様です。インパネ周りのスイッチもアルミ素材が惜しむことなく使われるなど、質感は国産車でもトップクラスです

マツダ ロードスターRF VSのスペック
全長 3,915mm
全幅 1,735mm
全高 1,245mm
ホイールベース 2,310mm
最低地上高 145mm
最小回転半径 4.7m
車両重量 1,100kg
乗車定員 5名
総排気量 1.997L
エンジン最高出力 116kW(158ps)/6,000rpm
エンジン最大トルク 200Nm(20.4kgm)/4,600rpm
JC08モード燃費 15.6km/L
販売価格 3,585,600円~

4位 ルノー ルーテシア インテンス

ルノー ルーテシア インテンスのエクステリア

優美なフォルムで艶のあるエクステリアは、美的センスに溢れるフランスで誕生したルノーだから出来るデザインです。
メルセデス・ベンツやアウディなどのドイツ車と比較すると知名度は落ちますが、その存在感は抜群です。

ルノー ルーテシア インテンスのインテリア

ベロア調のシートマテリアルは日本人の体格にもフィッティング抜群で、座面のファブリックも通気性があるため長時間のドライブも苦になりません。
特に視界に入る部分の完成度は文句なしに高品質で、誰かを乗せて自慢したくなるほどハイセンスな室内になっています

ルノー ルーテシア インテンスのスペック
全長 4,095mm
全幅 1,750mm
全高 1,445mm
ホイールベース 2,600mm
最低地上高 125mm
最小回転半径 5.3m
車両重量 1,220kg
乗車定員 5名
総排気量 1.197L
エンジン最高出力 87kW(118ps)/5,000rpm
エンジン最大トルク 205Nm(20.9kgm)/2,000rpm
JC08モード燃費 17.4km/L
販売価格 2,290,000円~

3位 アルファロメオ ミト スーパー

アルファロメオ ミト スーパーのエクステリア

ミトはイタリアの自動車メーカー アルファロメオのコンパクトカーですが、一目で「アルファロメオ」を分かるインパクトのあるフロントマスクが特徴です。
車に詳しくない方が見ても外車とわかるほど、日本にはない独特のエクステリアがおしゃれ感満載で、男女問わずファンが多い車です

アルファロメオ ミト スーパーのインテリア

アルファロメオは元々モータースポーツで知名度を上げたブランドなので、ミトもボディは小さいながら走行性能は抜群で、内装もレーシーなデザインになっています

アルファロメオ ミト スーパーのスペック
全長 4,070mm
全幅 1,720mm
全高 1,465mm
ホイールベース 2,510mm
最低地上高
最小回転半径 5.5m
車両重量 1,260kg
乗車定員 5名
総排気量 1.368L
エンジン最高出力 99kW(135ps)/5,000rpm
エンジン最大トルク 230Nm(23.5kgm)/1,750rpm
JC08モード燃費 14.6km/L
販売価格 3,294,000円~

2位 マツダ CX-3 XD

マツダ CX-3 XDのエクステリア

マツダの魂動デザインを採用したコンパクトSUV CX-3は2015年に誕生しました。
初めてのクリーンディーゼル専用車としてラインナップされましたが、2017年ユーザーからの強い要望によりガソリンモデルも追加され人気に拍車がかかりました

マツダ CX-3 XDのインテリア

エクステリアは兄貴分のCX-5よりもシャープで、スッキリした印象になっています。車重が軽い分燃費性能も高く、クリーンディーゼルのXDでJC08モード燃費23.0km/Lを達成します。
インテリアも秀逸で、インパネ周りやドアトリムにもソフトパッドを多用し、質感は同クラスのSUVでは抜きんでています
マツダ躍進の立役者を担う、日本車とは思えない、おしゃれな車として注目を浴びています。

マツダ CX-3 XDのスペック
全長 4,275mm
全幅 1,765mm
全高 1,550mm
ホイールベース 2,570mm
最低地上高 160mm
最小回転半径 5.3m
車両重量 1,270kg
乗車定員 5名
総排気量 1.498L
エンジン最高出力 77kW(105ps)/4,000rpm
エンジン最大トルク 270Nm(27.5kgm)/1,600-2,500rpm
JC08モード燃費 23.0km/L
販売価格 2,408,400円~

1位 ミニ クラブマン ワン

ミニ クラブマン ワンのエクステリア

BMWのミニは3ドア、5ドア、クロスオーバー、コンバーチブル、クラブマンの5種類がラインナップされています。
この中でも販売台数は少な目ですが、おしゃれな車として人気なのがクラブマンで、ミニ初のステーションワゴンとして誕生し、独特の観音開きのドアが注目を集めました。

ミニ クラブマン ワンのインテリア

ミニと言えば3ドアタイプとクロスオーバーが販売台数の殆どを占めるため、ステーションワゴンタイプのミニというだけで独特の存在感が感じられます。
エクステリアやインテリアは従来のミニを踏襲しているため、統一感がある可愛いデザインは健在です

ミニ クラブマン ワンのスペック
全長 4,270mm
全幅 1,800mm
全高 1,470mm
ホイールベース 2,670mm
最低地上高 141mm
最小回転半径 5.5m
車両重量 1,430kg
乗車定員 5名
総排気量 1.498L
エンジン最高出力 102kW(75ps)/4,100rpm
エンジン最大トルク 180Nm/1,200-3,800rpm
JC08モード燃費 17.2km/L
販売価格 2,990,000円~

おしゃれな車はドライブも楽しくなる

おしゃれな車に乗っていると周りの視線も嬉しくなり、どこまでもドライブしたくなります。

今回紹介した国産車・外車は300万円前後の車を厳選しているので、購入ハードルも低いかと思います。おしゃれな車が欲しいけど予算が足りない、という方も少し頑張って自分が乗りたい車に乗る方が結果お得な場合もあります。

おしゃれな車でカーライフを楽しみましょう。