かっこいい車ランキング

かっこいい車ランキング!国産車・外車TOP30+α<2020年版>

かっこいい車ランキングを紹介します。国産車からはトヨタの高級車ブランドのレクサスや日産を代表するスポーツカーを、海外からはなかなか手の届かないスーパーカーがランクインしています。乗っているとかっこいい個性的でエレガントでラグジュアリーな国産車・外車TOP30をチェックしましょう!

かっこいい車ランキング!国産車・外車TOP30+α<2020年版>

国産車・外車のかっこいい車ランキングTOP30

誰もが振り返るかっこいい車に1度は乗ってみたい!という思いは誰もが持っているのではないでしょうか。今回紹介するかっこいい車ランキングは乗っていると「かっこいい!」車として自慢できるでしょう。かっこいい車を探している方必見の国産車・外車のランキングTOP30をチェックしましょう!
また今回行ったアンケートでノミネートされながらもランキングされなかった車種も次ページで紹介しています。

【30位:レクサスLC500コンバーチブルモデル】オープンモデルでも「すっきりと奥深い走り」を実現したかっこいい車

レクサスLC500コンバーチブルモデルのエクステリアオープンでもクローズでもかっこいいスタイルを追求したレクサスLC500コンバーチブルモデル

2019年11月に世界初公開されたのち、ロサンゼルスオートショーにも出展されたレクサスLC500コンバーチブルモデル。
LEXUSのフラッグシップクーペ「LC」をオープン仕様とした本モデルは、クーペ特有のなだらかなルーフラインにより美しいシルエットを表現。オープン・クローズのどちらの状態でもスタイリッシュなエクステリアとなっています。

もちろん、見た目だけでなくインテリアデザインや走行性能の完成度も高く、特別な移動体験をユーザーに提供。日本では2020年夏頃から発売される見込みです。

レクサスLC500コンバーチブルモデルのスペック
全長 4,760mm
全幅 1,920mm
全高 1,350mm
ホイールベース 2,870mm
ルーフ開閉時間 オープン:15秒
クローズ:16秒

【29位:トヨタ 2000GT】生産台数僅か337台の国産初スーパースポーツカー

トヨタ2000GTのエクステリア

1967年にヤマハ発動機とトヨタ自動車が共同で開発した、日本車として初めてのスーパーカーがトヨタ2000GTです。現在の価格にして1,500万円から2,000万円もする超高級車にもかかわらず、生産コストが上回っていたため1970年には生産中止になっています。その間製造された2000GTは僅か337台で、幻のスーパカーとして世界中のモーターファンから熱狂的な支持を得ています。

現存するトヨタ2000GTはトヨタ博物館や一部のカーマニアの手にあり、海外のオークションで販売されるケースでは億を超える販売額で度々話題になっています。2000GTの製造年は1967年から1970年ですが、そのデザインに古さは感じられず、現在でも「かっこいい車」と言えば世界中のファンからトヨタ2000GTの名前が上がります。

トヨタ 2000GTのスペック
全長 4,175mm
全幅 1,600mm
全高 1,160mm
総排気量 1,988cc
車両重量 1,120kg
ホイールベース 2,330mm
最低地上高
最小回転半径
乗車定員
最高出力 150ps
最大トルク 18.0kgm
燃費
価格 生産終了

【28位:フォード マスタング シェルビーGT500】マスタング史上最高にかっこいいマッスルカー

フォード マスタングシェルビーGT500のエクステリア

世界で最も売れたスポーツカーとして有名なアメリカの自動車メーカーが製造するマスタング。その中でもフォード史上最もかっこ良く、パワフルな車がマスタングのシェルビーGT500です。2019年にアメリカのデトロイトモーターショーで発表された新型シェルビーGT500は5.2Lのスーパーチャージャー付きV8エンジンを搭載した最高出力700psオーバーのモンスタースペックで、0-60mph(止まった状態から時速100kmになるまでの加速時間)は脅威の3秒台を達成。

マスタング シェルビーGT500はブレーキシステムや足回りのチューンをフォードのレーシング部門が担当しているため安定感も抜群のマッスルカーです。世界中のモーターファンが憧れるかっこいい車の代名詞でもあるマスタング、その中でも飛び切りの存在感を放つのがシェルビーGT500です。

フォード マスタング シェルビーGT500のスペック
全長 4,830mm
全幅 2,081mm
全高 1,380mm
総排気量 5.2L
車両重量
ホイールベース
最低地上高
最小回転半径
乗車定員
最高出力 770ps
最大トルク
燃費
価格

【27位:マツダ ロードスター】世界でもっとも売れたかっこいい名車のオープンカー

マツダ ロードスターのエクステリア世界で人気のマツダ ロードスターはかっこいいオープンカーの代名詞

マツダのロードスターは、世界で最も売れているオープン式スポーツカーとして、ギネスにも認定されている人気車です。デザインがとにかくかっこいいので、オープンカーのオーナーになった喜びをいつまでも感じさせてくれます。

また、マツダのコンセプトは「人馬一体」。軽快なハンドリングにこだわり、運転するのがとても楽しい車でもあります。

マツダ ロードスター RSのスペック
全長 3,915mm
全幅 1,735mm
全高 1,235mm
総排気量 1,496cc
車両重量 1,020kg
ホイールベース 2,310mm
最低地上高 140mm
最小回転半径 4.7m
乗車定員 2名
最高出力 97(132)/7,000
最大トルク 152(15.5)/4,500
燃費 16.8km/L
価格 3,334,100円~

【26位:光岡ロックスター】光岡自動車創業50周年を記念したアメ車風のかっこいい一台

光岡ロックスターのエクステリア200台限定の光岡ロックスターは予約受注を開始して間もなく完売に

光岡自動車の創業50周年という節目に、「やんちゃ×スタイリッシュ×楽しさ」をコンセプトに開発された光岡ロックスター。
ベースにはマツダ・ロードスターを採用していますが、その面影はほぼなく、誰もが振り返るようなかっこいいアメリカンスタイルに。ロングノーズで全長はロードスターよりも長く、ボリュームのあるデザインです。インテリアもオプションが用意され、自分好みにカスタムが可能となっています。

光岡ロックスターの基本スペック
全長 4,345mm
全幅 1,770mm
全高 1,235mm
ホイールベース 2,310mm
乗車定員 2名
最高出力 97kW(132ps)/7,000rpm
最大トルク 152Nm(15.5kgm)/4,500rpm
価格 4,785,000円~

【25位:BMW Z4】爽快な走りが楽しめるスタイリッシュなオープントップモデル

BMW Z4のエクステリア第2世代から2年ぶりに復活を遂げたBMW Z4

トヨタ・スープラとプラットフォームを共有した第3世代が2018年に発売されたBMW Z4。日本国内では2019年より導入され、エントリーモデル「sDrive20i」とトップグレードにあたる「M40i」の2グレードが展開。オープンルーフにより爽快な気持ちの良いドライブが楽しめます。

ドライバー席と助手席に一体型ヘッドレストつきMスポーツシートを備えるほか、haeman/karbonサラウンドサウンドシステム、アンビエントライトといったプレミアムな装備も充実。その他、運転支援システムとしてパーキングアシストやアクティブクルーズコントロール、ヘッドアップディスプレイ、BMWインテリジェント・パーソナル・アシスタント等も搭載します。

BMW Z4(sDrive20i)のスペック
全長 4,335mm
全幅 1,865mm
全高 1,305mm
ホイールベース 2,470mm
乗車定員 2名
最大出力 145kW(197PS)/4,500rpm
最大トルク 320N・m(32.6kgf・m)/ 1,450-4,200rpm
燃費 14.9km/L
新車価格 5,770,000円~

【24位:日産フェアレディZ】2019年で発売50周年を迎えたかっこいいスポーツクーペ

日産フェアレディZのエクステリア日産フェアレディZは50年以上の歴史の中でスポーツカーの魅力を追求し続けてきたかっこいい車

日産フェアレディZは1969年より販売されているクーペスタイルのスポーツカーで、2019年に発売50周年を迎えました。2020年以降には次期型へとフルモデルチェンジするとの噂もあります。

グレード構成は「フェアレディZ Version ST」「フェアレディZ Version S」「フェアレディZ Version T」「フェアレディZ」に加え、専用装備で構成されたハイパフォーマンスモデルの「NISMO」もラインナップ。2020年3月までは、50周年を記念した特別仕様車「フェアレディZ 50th Anniversary」も期間限定で販売されます。

日産フェアレディZのスペック
全長 4,260mm
全幅 1,845mm
全高 1,315mm
ホイールベース 2,550mm
乗車定員 2名
最大出力 247kW(336PS)/7000rpm
最大トルク 365N・m(37.2kgf・m)/5200rpm
燃費 9.1km/L
新車価格 3,979,800円~

【23位:スバルWRX STI】ドライビングプレジャーをとことん追求したスポーツセダン

スバルWRX STIのエクステリアスバルWRX STIに搭載されるスポーティーで力強い走りを実現したEJ20エンジン搭載車は2019年12月で受注を打ち切る

スバルが誇るかっこいいスポーツセダンと言えばWRX STI。グレード構成は「STI」と「STI Type S」の2種類が設定されています。アスリートを思わせる引き締まったスタイルで、足元にはダークガンメタリックのアルミホイールやbrembo製のディスクブレーキを装着します。

EJ20エンジンを搭載する現行WRX STIの受注を2019年12月23日で終了すると発表。同じタイミングで限定販売するとアナウンスされた特別仕様車「WRX STI EJ20 Final Edition」には、用意される555台に対し13,000件以上もの応募が殺到しました。

スバルWRX STIのスペック
全長 4,595 mm
全幅 1,795 mm
全高 1,475 mm
ホイールベース 2,650 mm
乗車定員 2名
最高出力 227kW(308PS)/6400rpm
最大トルク 4422N・m(43.0kgf・m)/4400rpm
燃費 9.4km/l
新車価格 3,938,000円

【22位:レクサスLFA】生産終了後もユーザーに鮮烈な印象を残し続けるかっこいいスポーツカー

レクサスLFAのエクステリア「速い」と「かっこいい」が融合されたレクサスLFAは後継モデルを切望するファンも多い

専用設計の4.8リッターV10エンジンを搭載し、最高出力560PS/8,700 rpm、最大トルク48.9kg-m/7,000 rpmを発揮するレクサスLFA。2010年から2012年にかけて全世界で500台限定販売された幻の一台です。
トランスミッションには高速走行時にも瞬時に力強い加速を行える6速ASG(オートメーテッドシーケンシャルギヤボックス)を採用。運転モードはスポーツ・ノーマル・ウェット・オートの4種類を選択できます。

コックピットはスーパーカーらしいドライバー主体の作り。計器類は視認性が高く、レザーシートや軽量高出力オーディオシステムなどを備えます。オプションではマークレビンソンの12スピーカープレミアムサウンドシステムも設定可能です。

レクサスLFAのスペック
全長 4,505mm
全幅 1,895mm
全高 1,220mm
ホイールベース 2,605mm
乗車定員 2名
最高出力 560PS/8,700 rpm
最大トルク 48.9kg-m/7,000 rpm
新車価格 生産終了

【21位:三菱ランサーエボリューション】WRCでの熾烈な戦いを勝ち抜いてきたかっこいいスポーツセダン

三菱ランサーエボリューションのエクステリア世代ごとに改良を重ねて高い次元の走りを追求した三菱ランサーエボリューション(画像はランエボX)

世界ラリー選手権において数々の偉業を成し遂げている4ドアセダンの三菱ランサーエボリューションは、日本国内だけでなく世界的にもかっこいい車として認知されています(過去モデルでは5ドアステーションワゴンもラインナップ)。

ランエボシリーズは第一世代から第四世代にかけて多数の派生車種が販売されています。2015年にはシリーズ集大成としてランエボX GSR(5MT)ベースの特別仕様車「ランサーエボリューション ファイナルエディション」が1000台限定で登場。ダーククロームメッキやグロスブラックの塗装を施し、インテリアはスポーティーな黒が設定されました。

三菱ランサーエボリューション(X)のスペック
全長 4495mm
全幅 1810mm
全高 1480mm
ホイールベース 2,650 mm
乗車定員 5名
最高出力 300PS/6,500rpm
最大トルク 43.0kg-m/3,500rpm
中古車平均価格 980,000円前後~
(2020年3月時点)

【20位:MINI クラブマン】ボディカラーやルーフカラーが豊富で自分好みの一台が作れる

MINI クラブマンのエクステリアかっこいいだけでなく実用的でファミリーカーにもぴったりなMINI クラブマン

2007年から販売されているMINI クラブマンは、ミニシリーズでは初となるステーションワゴン。可愛らしい丸目ヘッドライトに逞しさをプラスしたエクステリアデザインが男女問わず人気のかっこいい車です。ボディカラーやルーフカラー、ホイールのデザインも多岐に渡ります。

個性的な左右非対称ドア(アシメトリック・クラブドア)を採用するほか、バックドアが観音開きとなっていて実用性にも優れます。ラゲッジルームは最大で1,250Lの容量を確保。ドライビング・アシストやダイナミック・スタビリティ・コントロールなどの安全装備も用意されています。

MINIクラブマン(COOPER)のスペック
全長 4,275mm
全幅 1,800mm
全高 1,470mm
ホイールベース 2,670 mm
乗車定員 5名
最高出力 100kW/136ps/4,500rpm
最大トルク 220Nm/1,480-4,100rpm
燃費 16.7km/L
価格 3,910,000円~

【19位:フェラーリ・812スーパーファスト】ローandワイドなプロポーションがかっこいいFRスポーツカー

フェラーリ・812スーパーファストのエクステリアファストバックスタイルのシルエットが目をひくフェラーリ・812スーパーファスト

2017年に新設定されたフェラーリ・812スーパーファストは、最高出力800馬力、0-100km/h加速時間2.9秒という驚異的なパフォーマンスを発揮。また、フェラーリでは初となるRPS(電動パワーステアリング)を搭載します。

エアロダイナミクスを追求したエクステリアは、過去の名車である365GTB4を思わせます。キャビン内は軽量かつコンパクトに設計されています。

フェラーリ・812スーパーファストのスペック
全長 4,657mm
全幅 1,971mm
全高 1,276mm
ホイールベース 2,720mm
乗車定員 2名
最高出力 588 kW (800 cv) at 8,500 rpm
最大トルク 718 Nm at 7,000 rpm
価格 39,820,000円~

【18位:ポルシェ・タイカン】アグレッシブかつクリーンな外装がかっこいい!

ポルシェ・タイカンのエクステリア環境性能にもこだわったポルシェ・タイカンは次世代スポーツカー界を担うモデルとなる

ポルシェ初となるピュアEVスポーツカーのタイカンは、EVらしいクリーンで先進的なスタイリングにスポーティーな基本性能を備えます。グレード構成は「タイカン4S」「タイカンターボ」「タイカンターボS」の3種類です。

800V急速充電システムを導入しており、30分で8割の充電が完了可能。エントリーモデルのタイカン4Sの場合、航続距離は333~407kmとなります。

ポルシェ・タイカンのスペック
全長 4,850mm
全幅 1,990mm
全高 1,300mm
乗車定員 4名

【17位:マツダRX-7】マツダの魂が込められたロータリーエンジン搭載のかっこいいピュアスポーツ

マツダRX-7のエクステリアマツダRX-7はモータースポーツ界でも活躍するかっこいい車

マツダRX-7は、スポーツカー全盛期から生産終了後の現在もなお人気を維持し続けるロータリースポーツです。運動性能の高さもさることながら、国産スポーツカーの中でもひときわ目をひく曲線美を体現したエクステリアに心を奪われるユーザーは数知れず。
ロータリーエンジンが登場して50年が経過している今、RX-7の復活にも期待が高まっています。

マツダRX-7(3代目)の基本スペック
全長 4,295mm(1型)
4,280mm(2~4型)
4,285mm(5,6型)
全幅 1,760mm
全高 1,230mm
ホイールベース 2,425mm
乗車定員 2名/4名
最高出力 【1991年-1995年】
255PS/6,500rpm
【1996年-1998年】
265PS/6,500rpm(MT)
255PS/6,500rpm(AT)
【1999年-2002年】
280PS/6,500rpm(MT)
265PS/6,500rpm(タイプRB)
255PS/6,500rpm(AT)
最大トルク 【1991年-1998年】
30kg·m/5,000rpm
【1999年-2002年】
32kg·m/5,000rpm(MT)
30kg·m/5,000rpm(タイプRB)
30kg·m/5,000rpm(AT)
中古車平均価格 1,370,000円前後~
(2020年3月時点)

【16位:ホンダS2000】未だに人気の高いホンダのかっこいいFR車

ホンダS2000のエクステリア走りもデザインもカッコイイホンダS2000は中古車市場で未だに値段が高騰中の人気モデル

1999年から2009年まで販売されていたホンダS2000は、エンジンやトランスミッションなど各パーツでの専用設計にこだわり、高いパフォーマンスを実現した2シーターのFRオープンスポーツです。

ホンダS2000は1代限りで販売を終了してしまいましたが、現在も多くのファンに愛されている車です。また、近々新型S2000が登場するのではとの噂もあり、各メディアによって予想CGも作成されるなど盛り上がりを見せています。

ホンダS2000のスペック
全長 4.135mm
全幅 1.750mm
全高 1.285mm
ホイールベース 2.400mm
乗車定員 2名
最高出力 178 kW[242 ps]/7,800 rpm
最大トルク 221 Nm[22.5 kgm]/6,500~7,500 rpm
燃費 11.0km/L
中古車平均価格 1,080,000円前後~
(2020年3月時点)

【15位:アバルト124スパイダー】高速域でも快適なドライブが楽しめるかっこいいオープンカー

アバルト124スパイダーのエクステリアトルクフルな走りと車を操る楽しさを味わえるアバルト124スパイダー

スポーツドライビングを体感できるアバルト124スパイダーは、マツダのND型ロードスターをベースとしたモデル。6MTと6ATがラインナップしており、幅広いユーザーが楽しめる一台です。レーシーなエクステリア・インテリアデザインが走りへの期待を高めます。

車内には7インチのタッチパネルディスプレイやフルオートエアコンを搭載。ヘッドレスト一体型スポーツシートを標準装備とし、オプションでレザーシートに変更することもできます。

アバルト124スパイダーのスペック
全長 4,060mm
全幅 1,740mm
全高 1,240mm
ホイールベース 2,310mm
乗車定員 2名
最高出力 125kW(170ps)/5,500rpm
最大トルク 250Nm(25.5kgm)/2,500rpm
燃費 12.0~13.8km/L
価格 4,060,000円~

【14位:DS 7クロスバック】PSAの高級車ブランド「DSオートモビルズ」が手掛けるかっこいいSUV

DS 7クロスバックのエクステリアDS 7クロスバックはダイナミックな走りとラグジュアリーなデザインを両立

DSがシトロエンから独立して初めて独自開発し販売したのが、クロスオーバーSUVのDS 7クロスバックです。国内では2018年より発売をスタートしています。

ヘッドライトやテールランプには最新のデザインと技術を盛り込み、グロスブラックのフロントグリルは精悍さを強調。ボリューム感のあるリヤスタイルが、フラッグシップらしい存在感と風格を与えています。パリの街にインスパイアされた美しいインテリアも魅力です。

DS 7クロスバック ソーシックのスペック
全長 4,590mm
全幅 1,895mm
全高 1,635mm
ホイールベース 2,730mm
乗車定員 5名
最高出力 177~225PS
最大トルク 300~400Nm
燃費 14.7~16.4km/L
価格 4,777,000円~

【13位:ジープ ラングラー】11年ぶりのフルモデルチェンジで魅力が増したかっこいいクロカン車

ジープ ラングラーのエクステリアクロカンの代名詞として今も世界中のファンに愛されるジープ ラングラー

ジープといえば、元祖クロスカントリー車として有名で、日本ではオフロード走行に向いた車種を「ジープ」とまとめて呼んでしまう人もいるほどの知名度を誇ります。2018年11月、ジープの中でも特に人気のあるラングラーが11年ぶりにフルモデルチェンジをして日本で販売しました。

現行モデルを踏襲し、荒々しさは残しつつも、空気抵抗を減らすために細部のデザインをブラッシュアップ。「11年ぶりのモデルチェンジだから」とエクステリアを大幅に変更するのではなく、あくまで実用性を重視するぶれない姿勢がかっこいい車です。

WRANGLER UNLIMITED SPORT 3.0Lのスペック
全長 4,705mm
全幅 1,880mm
全高 1,845mm
総排気量 3,604cc
車両重量 2,020kg
ホイールベース 2,945mm
最低地上高 220mm
最小回転半径 7.1m
乗車定員 5名
最高出力 284PS
最大トルク .35.4kgm
燃費 7.5km/L
価格 5,110,000円~

【12位:プジョー 3008】独特のメッキグリルや個性的なシルバーの内装がかっこいい

プジョー 3008のエクステリア

1889年創業の世界最古の自動車量産メーカーであるプジョーが販売する3008は、現在世界的に流行中のクロスオーバーSUVで、欧州カーオブザイヤー2017に選ばれた斬新なエクステリアと近未来的なインテリアが特徴です。

プジョー 3008の内装

前輪上部までキレ上がったヘッドライトや独特のメッキグリルは日本車にはないセンスを感じます。3008の魅力はエクステリアだけでなく内装に凝縮された最先端のテクノロジーです。
コクピットにはドライバーに必要な情報表示するための12.3インチ大型ディスプレイを搭載しています。メーターやカスタマイズした情報をデジタルグラフィックで表示することができます。

芸術の国フランスで生まれた3008は日本の都会にもマッチするかっこいい車と言えるでしょう。

プジョー 3008 SUVのスペック
全長 4,450mm
全幅 1,840mm
全高 1,630mm
総排気量 1,598cc
車両重量 1,460kg
ホイールベース 2,675mm
最低地上高 175mm
最小回転半径 5.6m
乗車定員 5名
最高出力 165ps
最大トルク 24kgm
燃費 18.7km/L
価格 3,758,000円~

【11位:メルセデスベンツ G-Class】世界的に見ても貴重なスクエアボディがかっこいい

メルセデスベンツ G-Classのエクステリア

メルセデスベンツが販売するのがG-Classです。元々は軍用車両として1979年に登場し、その後乗用車として販売することとなりました。
軍用車らしい剛健な造り、悪路をものともしない本格的な走行性能、スクエア型のシンプルなエクステリアが人気となり、時代を問わず人気を維持し続けています

メルセデスベンツ G-Classの内装

ラグジュアリーで座り心地の良い厚めの本革シートやメルセデスベンツの最先端のシステムが詰め込まれた内装は思わず「かっこいい」と言葉にでるほどです。
ドイツ車らしい少し硬めの足回りもG-Classらしく感じます。

メルセデスベンツ Gクラス G350dのスペック
全長 4,575mm
全幅 1,860mm
全高 1,970mm
総排気量 2,986cc
車両重量 2,550kg
ホイールベース 2,850mm
最低地上高 235mm
最小回転半径 6.2m
乗車定員 5名
最高出力 245ps
最大トルク 61.2kgm
燃費 10.3km/L
価格 11,920,000円~

【10位:日産 GT-R】日本が誇る速くてかっこいいプレミアムカー

日産 GT-Rのエクステリア

数々の名車を世に送り出した日産ですが、その中でも「日産と言えばスカイラインGT-R」と答える方も多いでしょう。GT-Rは世界のモータースポーツでも大活躍したため、海外で最も有名な日本車でもあります。
しかし2002年8月に生産が終了し、その後の2007年にスカイラインを取り「GT-R」として復活しました。

日産 GT-Rの内装

大きく変更した先進的なデザインや驚きの運動性能を搭載し復活したGT-Rは、販売した当時大きなニュースとなるほどでした。
高級本革であるナッパレザーの1枚使いして内装の質感を極限まで高めたかっこいいプレミアムスポーツカーがGT-Rです。

日産 GT-R Pure editionのスペック
全長 4,650mm
全幅 1,895mm
全高 1,370mm
総排気量 3,799cc
車両重量 1,740kg
ホイールベース 2,780mm
最低地上高 110m
最小回転半径 5.7m
乗車定員 4名
最高出力 485ps
最大トルク 60kgm
燃費 8.4km/L
価格 10,828,400円~

【9位:ホンダ シビック タイプR】7年振りに復活した市販FF最速のスポーツカー

ホンダ シビック タイプRのエクステリア

ホンダから販売されるのがシビックタイプRです。2017年9月29日にフルモデルチェンジして新型シビックタイプRへと生まれ変わります。
先代のシビックタイプRは限定販売だったため、一般市販車としては7年ぶりの復活となります。

ホンダ シビック タイプRの内装

中央から両サイドへ切れ上がった鋭いジュエルアイヘッドライトは宝石のように輝き、大型のエアインテークはホットハッチらしいスポーティーでかっこいい印象を与えます。
またシビックタイプRはニュルブルクリンク北コースで最短タイムの7分43秒を叩き出した、世界最速のFF市販車です。

ホンダ シビック タイプRのスペック
全長 4,560mm
全幅 1,875mm
全高 1,435mm
総排気量 1,995cc
車両重量 1,390kg
ホイールベース 2,700mm
最低地上高 125m
最小回転半径 5.9m
乗車定員 4名
最高出力 320ps
最大トルク 40.8kgm
燃費 12.8km/L
価格 4,584,000円~

【8位:ダッジ チャレンジャー】生産台数僅か337台の国産初スーパースポーツカー

ダッジ チャレンジャー

マッスルカーと言えばダッジブランドのチャレンジャーを想像する方も多いのではないでしょうか。チャレンジャーはアメリカの自動車メーカーのクライスラーが販売するダッジブランドのマッスルカーです。

最高出力は同じくマッスルカーとして有名なマスタングやカマロなどを凌駕する800psオーバー。世界で最も売れたスポーツカーの一角としても名を馳せています。
加えてハリウッド映画で有名なワイルドスピードなど、映像作品に多数登場することから、車に詳しくない方でも見覚えがあると言う方も多いかっこいい車です。

ダッジ チャレンジャーのスペック
全長 5,028mm
全幅 1,923mm
全高 1,461mm
総排気量 6.2L
車両重量
ホイールベース
最低地上高
最小回転半径
乗車定員 5名
最高出力 808ps
最大トルク
燃費
価格

【7位:ランドローバー レンジローバー ヴェラール】あえて本革シートを使わない個性派SUV

ランドローバー レンジローバー ヴェラールのエクステリア

ランドローバーが販売するレンジローバー ヴェラールは、同社のレンジローバー スポーツと、レンジローバー イヴォークの中間に位置する新型SUVです。2019年11月28日から2020年限定モデル「レンジローバーヴェラール SVオートバイオグラフィー ダイナミックエディション」の受注をスタートしました。5.0L V型8気筒スーパーチャージドガソリンエンジン搭載で、日本には53台導入される予定です。

ランドローバー レンジローバー ヴェラールの内装

ヴェラールは他のレンジローバーの車種と異なり、本革シートではなくクヴァドラ社のプレミアムテキスタイルというウールブレンドとスエードクロスで仕上げたシートを使っています。
また、新しく採用された室内装備「Touch Pro Duo」は、搭載された10インチタッチスクリーンへドライバーが必要な情報を予測して表示する、最先端の技術を装備しています。
新型ヴェラールはランドローバーの技術の粋を集めた、誰もがかっこいいと思うSUVです。

ランドローバー レンジローバー ヴェラールのスペック
全長 4,803mm
全幅 2,145mm
全高 1,665mm
総排気量 1,999cc
車両重量 1,829kg
ホイールベース 2,874mm
最低地上高
最小回転半径
乗車定員 5名
最高出力 180ps
最大トルク 43kgm
燃費
価格 7,180,000円~

【6位:シボレー カマロ】世界中のモーターファンから愛されるかっこいいスポーツカー

シボレー カマロのエクステリア

アメリアのゼネラルモーターズがシボレーブランドで販売するのがカマロです。日本では2年ぶりの新車販売となるカマロは2017年11月11日に決定しました。
映画のトランスフォーマーなどでも大活躍するアメリカンスポーツを代表するかっこいい車だけに、街中の視線を集めること間違いありません

シボレー カマロの内装

アメリカの車と言えば良くも悪くも大味な印象ですが、2017年に販売される新型カマロは最先端の技術が搭載された上質な内装が特徴です。
ステッチにもこだわりが見られるレザーシート、エンジンの状況を瞬時に把握できるメーター、タッチパネルコントロールなど今までのアメリカ車のイメージを一新しています。

シボレー カマロ クーペのスペック
全長 4,780mm
全幅 1,900mm
全高 1,340mm
総排気量 1,998cc
車両重量 1,570kg
ホイールベース 2,810mm
最低地上高
最小回転半径
乗車定員 4名
最高出力 279ps
最大トルク 40.8kgm
燃費
価格 5,390,000円~

【5位:マセラティ レヴァンテ】「イタリア生まれ・SUV・プレミアムブランド」の3拍子揃ったかっこいい車

マセラティ レヴァンテのエクステリア

イタリアの高級車メーカーのマセラティ史上初のSUVとして誕生したのがレヴァンテです。見た瞬間マセラティとわかるフロントの特徴的な大型インテークは所有する喜びを感じさせてくれます。
自然な高級感を感じられるマセラティのエクステリアは、さりげないかっこよさを表現したい方におすすめの車です。

マセラティ レヴァンテの内装

職人が丹精込めて仕上げた最上級のイタリアンレザーを使用したシートはレヴァンテの大きな特徴です。コクピット周りのウッドパネルやメタル加飾も最高級の素材が使われています。かっこいいイタリア車に乗りたい方はレヴァンテがおすすめです。

マセラティ レヴァンテのスペック
全長 5,000mm
全幅 1,985mm
全高 1,680mm
総排気量 2,979cc
車両重量 2,140kg
ホイールベース 3,005mm
最低地上高
最小回転半径
乗車定員
最高出力 350ps
最大トルク 50kgm
燃費 10.7km/L
価格 11,000,000円~

【4位:フォード マスタング】数々の映画にも出演したアメリカ発のマッスルカー

フォード マスタングのエクステリア

アメリカのフォードが販売するマスタングは、アメリカ車を代表するマッスルカーとして世界中で人気となり、日本でも知らない人がいないほどの知名度を誇ります。なお、2019年11月にはフォード・マスタングがベース車両のクロスオーバーEVモデルが登場します。
2016年秋に販売元のフォードが日本市場から完全撤退したことにより、日本でマスタングを購入する方法は並行輸入以外なくなりました

フォード マスタングの内装

マスタングのかっこいい特徴はエクステリアです。日本車にもない、欧州車にもない、ワイルドで豪胆な見た目はアメリカンスピリッツを感じられる唯一無二の存在です。

フォード マスタングのスペック
全長 4,790mm
全幅 1,920mm
全高 1,380mm
総排気量 2,260cc
車両重量 1,660kg
ホイールベース 2,720mm
最低地上高
最小回転半径
乗車定員
最高出力 314ps
最大トルク 44.3kgm
燃費
価格 4,650,000円~

【3位:キャデラック CTS-V】独特のスタイルを持つ孤高のかっこいい車

キャデラック CTS-Vのエクステリア

アメリカのゼネラルモーターズの高級自動車ブランドであるキャデラックが販売するのが、スポーツとラグジュアリーを融合したCTS-Vです。キャデラックはイギリスの高級自動車メーカーのロールスロイスと並び評されるブランドです。
CTS-Vはキャデラックのスーパースポーツセダンという位置づけで、フロントの前後左右に配置された大型エアインテークとキャデラックらしいヘッドライトがかっこよさを際立たせます

キャデラック CTS-Vの内装

ラグジュアリーカーとして有名なキャデラックですが、最高出力649psを誇るキャデラック史上最強のエンジンを搭載しています。ピュアスポーツカーにも負けないダイナミックな走行性能を楽しめるのがCTS-Vです。

キャデラック CTS-Vのスペック
全長 5,010mm
全幅 1,870mm
全高 1,465mm
総排気量 6,156cc
車両重量 1,910kg
ホイールベース 2,910mm
最低地上高 125m
最小回転半径
乗車定員 5名
最高出力 649ps
最大トルク 87.2kgm
燃費
価格 13,657,408円~

【2位:アストンマーティン ヴァンキッシュSクーペ】イギリスを代表するスペシャリティカー

アストンマーティン ヴァンキッシュSクーペのエクステリア

アストンマーティンはイギリスを代表する高級車メーカーです。イギリスを舞台にするスパイ映画の007では主人公の乗るボンドカーに採用されるなど、イギリスでは知らない人はいない自動車メーカーです。
モータースポーツでも輝かしい記録を残しているアストンマーティンの車の中でも走行性能に定評があるのがヴァンキッシュSクーペです。究極のGTカーとして販売されているヴァンキッシュは最高出力588ps、最高時速323km、0-100km/h加速3.5秒のモンスターマシンとなっています。

アストンマーティン ヴァンキッシュSクーペの内装

エクステリアはクセのないシンプルなデザインで、同じイギリスの自動車メーカーであるロールスロイスのような「高級車」という押し出し感はありません。
シンプルですが圧倒的な存在感を持つヴァンキッシュは誰もがかっこいい車と認めるでしょう。

アストンマーティン ヴァンキッシュSクーペのスペック
全長 4,730mm
全幅 1,910mm
全高 1,295mm
総排気量 5,935cc
車両重量 1,739kg
ホイールベース 2,740mm
最低地上高 125m
最小回転半径
乗車定員 2名
最高出力 588ps
最大トルク 64.2kgm
燃費
価格 34,579,982円~

【1位:ランボルギーニ アヴェンタドールSクーペ】誰もが一度は乗ってみたいカッコいい車の代名詞

ランボルギーニ アヴェンタドールSクーペのエクステリア

スーパーカーブランドのランボルギーニが販売するのがアヴェンタドールSクーペです。ランボルギーニの特徴であるシザードア(ハサミが上に上がる様子から名付けられた)がとてもかっこいいスーパーカーです。

ランボルギーニ アヴェンタドールSクーペの内装

車両価格は4,900万円オーバーなので購入できる方は限られますが、1度は乗ってみたい車でもあります。ワイド&ローのスタイリングは見るものを虜にする魅力がありますが、シートの素材やデザインを変更できる半オーダーメイドシステムなど内装にも手を抜いていないのがランボルギーニの凄い所です。
見た目からして速そうなアヴェンタドールSは最高出力700psの恐ろしい運動性能となっています。

ランボルギーニ アヴェンタドールSクーペのスペック
全長 4,797mm
全幅 2,030mm
全高 1,136mm
総排気量 6,498cc
車両重量 1,575kg
ホイールベース 2,700mm
最低地上高
最小回転半径
乗車定員 2名
最高出力 740ps
最大トルク 69kgm
郊外燃費 16.9km/L
価格 45,760,000円~

1位から30位までの新車価格と中古車価格帯

ここまで紹介した、1位から30位までの国産車・外車の新車価格と中古車価格帯を比較してみましょう。
欲しい車が中古なら手に入る価格かもしれません。

車名 グレード 新車価格 中古車価格帯
レクサス LC500 コンバーチブル 2020年夏 発売予定
トヨタ 2000GT 生産終了
フォード マスタング シェルビーGT500 4,880,000円前後~
マツダ ロードスター RS 3,334,100円~ 1,648,000円前後~
光岡 ロックスター 4,785,000円~ 応談
BMW Z4 sDrive20i 5,770,000円~ 4,980,000円前後~
日産 フェアレディZ ベースグレード 3,979,800円~ 1,040,000円前後~
スバル WRX STI 3,938,000円~ 1,499,000円前後~
レクサスLFA ベースグレード 生産終了 6,800,000円前後~
三菱 ランサーエボリューション X 生産終了 980,000円前後~
MINI クラブマン COOPER 3,910,000円~ 1,468,000円前後~
フェラーリ 812 スーパーファスト ベースグレード 39,820,000円~ 42,300,000円前後~
ポルシェ タイカン
マツダ RX-7 タイプR 生産終了 1,370,000円前後~
ホンダ S2000 ベースグレード 生産終了 1,080,000円前後~
アバルト124 スパイダー ベースグレード 4,060,000円~ 2,380,000円前後~
DS 7クロスバック ソーシック 4,777,000円~ 3,889,000円前後~
ジープ ラングラー UNLIMITED SPORT  3.0L 5,110,000円~ 3,180,000円前後~
プジョー 3008 SUV3008 3,758,000円~ 3,099,000円前後~
メルセデス ベンツ Gクラス G350d 11,920,000円~ 6,280,000円前後~
日産 GT-R Pure edition 10,828,400円~ 4,999,000円前後~
ホンダ シビック タイプR 4,584,000円~ 3,499,000円前後~
ダッジ チャレンジャー 1,980,000円前後~
ランドローバー レンジローバー ヴェラール 7,180,000円~ 4,673,000円~
シボレー カマロ クーペ 5,390,000円~ 3,333,000円前後~
マセラティ レヴァンテ ベースグレード 11,000,000円~ 6,680,000円前後~
フォード マスタング 4,650,000円~ 1,597,000円前後~
キャデラックCTS-V 13,657,408円~ 6,880,000円前後~
アストンマーティン ヴァンキッシュ Sクーペ 34,579,982円~ 13,980,000円前後~
ランボルギーニ アヴェンタドール Sクーペ 45,760,000円~ 33,265,000円前後~