かっこいいコンパクトカーランキング

かっこいいコンパクトカー おすすめの人気ランキングTOP10

かっこいいコンパクトカーランキングを紹介します。国産車と外車を含めた一度は乗りたい素敵な車種をラインナップ、特徴やボディサイズや価格なども掲載しているのでチェックしましょう。低燃費でスタイリング抜群、スポーツ性能も抜群のかっこいいコンパクトカーTOP10です。

かっこいいコンパクトカー おすすめの人気ランキングTOP10

男性も乗りやすいかっこいいコンパクトカーランキング

小柄なボディサイズで取り回しやすく運転しやすいのがコンパクトカーの魅力です。排気量も少ないため、毎年の税金も安くなりセンカンドカーとしても人気です。

今回は性別年齢を問わず、国産車と外車を含めた、乗っていると「かっこいいコンパクトカー」の人気TOP10をランキングしました。日本で大流行しているSUVや燃費性能が高いハイブリッドコンパクトなど魅力的な車を背負う紹介します。

10位 トヨタ スペイド

トヨタ スペイドのエクステリア

2012年に登場したトヨタのスペイドは助手性側にある大型スライドドアが特徴です。トヨタのポルテと兄弟車のため仕様の殆どが同じです。
低床フロア設計で天井も高いため、お年寄りの方や子どもを乗せることが多いファミリー世代に人気となっています。

トヨタ スペイドの内装

キリッとしたエクステリアと豊富なカラーが揃った内装は男女問わず似合うでしょう。トヨタのコンパクトトールワゴンではルーミーやタンクに販売台数は劣りますが、室内の快適さはスペイドに軍配が上がります。

トヨタ スペイドのスペック
全長 3,995mm
全幅 1,695mm
全高 1,690mm
室内長 2,160mm
室内幅 1,420mm
室内高 1,380mm
ホイールベース 2,600mm
最低地上高 130mm
最小回転半径 5.0m
排気量 1.496L
車両重量 1,170kg
ボディカラー 7色
JC08モード燃費 22.2km/L
乗車定員 5名
価格 1,777,680円~

9位 メルセデス・ベンツ Aクラス

メルセデス・ベンツ Aクラスのエクステリア

メルセデス・ベンツのエントリーモデルに位置づけられるコンパクトハッチバックがAクラスです。ボディサイズはメルセデス・ベンツ最小ですが、ドイツ車のカチッとした足回りを十分に楽しむことができます

メルセデス・ベンツ Aクラスの内装

最小モデルとはいえ全長は4,300mmもあるので使い勝手も良く迫力満点です。
大型フロントグリルは一目で「メルセデス・ベンツ」とわかるのでインパクトがあります。外車のコンパクトカーを代表数するといっても良いほどの知名度があります。

メルセデス・ベンツ Aクラスのスペック
全長 4,300mm
全幅 1,780mm
全高 1,435mm
室内長 1,840mm
室内幅 1,420mm
室内高 1,180mm
ホイールベース 2,700mm
最低地上高 110mm
最小回転半径 5.1m
排気量 1.595L
車両重量 1,430kg
ボディカラー 9色
JC08モード燃費 17.8km/L
乗車定員 5名
価格 2,980,000円~

8位 ホンダ シャトル

ホンダ シャトルのエクステリア

ホンダ唯一のステーションワゴンタイプのコンパクトカーです。元々は2代目フィットからの派生車種で、使い勝手を向上させ独立車種として2011年に誕生しました。
フィットベースなので室内は広く収納もたっぷりで使いやすい工夫が沢山あります

ホンダ シャトルの内装

外車に比べるとインパクトは弱いですが、乗って初めて良さが分かる車です。
ラゲッジルームは広大で奥行き180cm、クラストップレベルの570Lの容量が収納でき、車中泊もこなせる万能さをもっています。
後席も広いためファミリーカーとしても大人気の車です。

ホンダ シャトルのスペック
全長 4,400mm
全幅 1,695mm
全高 1,545mm
室内長 1,925mm
室内幅 1,450mm
室内高 1,290mm
ホイールベース 2,530mm
最低地上高 130mm
最小回転半径 4.9m
排気量 1.496L
車両重量 1,190kg
ボディカラー 7色
JC08モード燃費 34.4km/L
乗車定員 5名
価格 1,770,120円~

7位 日産 ジューク NISMO

ジューク NISMOのエクステリア

日本のSUVブームの火付け役となったのが日産ジュークです。
SUVとクーペを合わせた流麗なフォルム、ユニークなヘッドライトは発売当時から大きな話題となり、賛否両論あった中で今では日産の名車と呼ばれるようになりました。

コンパクトボディながら厚みのある車体は、存在感がありかっこいいコンパクトSUVの代表とも言えます
ジュークの大ヒットをうけ、トヨタやホンダなどがコンパクトSUV市場へ参入したほど影響力の強い車でもあります。

ジューク NISMOの内装

NISMOはニッサン・モータースポーツ・インターナショナル株式会社の略称でレーシングカーの開発やエアロパーツを制作しています。より尖ったスポーツグレード誕生したジュークNISMOはエクステリアには専用エアロを、内装には特別に制作された専用パーツが多数使われています

ジューク NISMOのスペック
全長 4,165mm
全幅 1,770mm
全高 1,570mm
室内長 1,835mm
室内幅 1,470mm
室内高 1,215mm
ホイールベース 2,530mm
最低地上高 165mm
最小回転半径 5.3m
排気量 1.618L
車両重量 1,400kg
ボディカラー 3色
JC08モード燃費 13.4km/L
乗車定員 5名
価格 2,971,080円~

6位 アルファロメオ ジュリエッタ

アルファロメオ ジュリエッタのエクステリア

日本車やドイツ車にはない華やかさがあるのがイタリアの老舗自動車メーカー アルファロメオです。ラインナップ車種の中でもコンパクトハッチのジュリエッタの艶やかさは、世界中の自動車ファンを虜にしています。

アルファロメオ ジュリエッタの内装

アルファロメオは数々のモーターショーを制覇している実績もあるので、キレのある走りも期待できます。
日本では見かけることは少ないかもしれませんが、海外ではメルセデス・ベンツに匹敵するほどの知名度があるかっこいいコンパクトカーです。

アルファロメオ ジュリエッタのスペック
全長 4,350mm
全幅 1,800mm
全高 1,460mm
室内長
室内幅
室内高
ホイールベース 2,635mm
最低地上高
最小回転半径 5.5m
排気量 1.368L
車両重量 1,400kg
ボディカラー 3色
JC08モード燃費 15.6km/L
乗車定員 5名
価格 3,769,200円~

5位 マツダ CX-3

マツダ CX-3のエクステリア

マツダのCX-3は日本では珍しいディーゼルモデルをラインナップしています。ディーゼルモデルはガソリンモデルと比較してトルクが強いため、スタート時や悪路で走る場合にパワフルな底力を実感できます

マツダ CX-3の内装

またCX-3は内装の豪華さも魅力です。革素材が使われた独特なヨーロピアンテイストの内装は、同乗者にも高評価を与えるでしょう。
エクステリアでは他社には真似できない、マツダ独自の深みのあるカラー「ソウルレッドクリスタルメタリック」がおすすめです。

マツダ CX-3のスペック
全長 4,275mm
全幅 1,765mm
全高 1,550mm
室内長 1,810mm
室内幅 1,435mm
室内高 1,210mm
ホイールベース 2,570mm
最低地上高 160mm
最小回転半径 5.3m
排気量 1.368L
車両重量 1,240kg
ボディカラー 8色
JC08モード燃費 25.0km/L
乗車定員 5名
価格 2,106,000円~

4位 BMW 118i

BMW 118iのエクステリア

BMW最小モデルが1シリーズと呼ばれる118iです。
ハッチバックタイプのコンパクトカーですが、ダイナミックなシルエットやBMWのデザインアイコン キドニーグリルを採用しBMWの良さを大胆に表現したモデルです。
ドイツ車のしっかりした足回りは伸びやかな加速とスムーズなコーナリングを実現します。

BMW 118iの内装

BMW 118iの良さは一目で「BMW!」とわかるフロントグリルです。このグリルはキドニーグリルと言われ、車に詳しくない方でも一度見ると忘れないほど強いインパクトがあります。
誰が見てもかっこいいコンパクトカーとして欠かせないのがBMW 118iです。

BMW 118iのスペック
全長 4,340mm
全幅 1,765mm
全高 1,440mm
室内長
室内幅
室内高
ホイールベース 2,690mm
最低地上高 140mm
最小回転半径 5.1m
排気量 1.498L
車両重量 1,430kg
ボディカラー 10色
JC08モード燃費 18.1km/L
乗車定員 5名
価格 3,170,000円~

3位 レクサス CT

レクサス CTのエクステリア

トヨタの高級ブランド レクサスのコンパクトラグジュアリーモデルがCTです。
エクステリアにはレクサスブランドを象徴するスピンドルグリルが輝きを放ちます。ボディカラーも豊富で、通常カラーが13色とFスポーツ限定のツートーンカラーが8色用意されたカラフルなカラーラインナップが特徴です。

レクサス CTの内装

インテリアカラーも11色が用意され、自由にコーディネートできます。
レクサス CTはハイブリッド専用車となっておりモーターの力強い加速と低燃費を兼ね備えています。レクサス=高級車として認識されているので所有欲も満たせるかっこいいコンパクトカーです。

レクサス CTのスペック
全長 4,355mm
全幅 1,765mm
全高 1,450mm
室内長 1,765mm
室内幅 1,470mm
室内高 1,135mm
ホイールベース 2,600mm
最低地上高 130mm
最小回転半径 5.0m
排気量 1.797L
車両重量 1,380kg
ボディカラー 21色
JC08モード燃費 30.4km/L
乗車定員 5名
価格 3,770,000円~

2位 シトロエン C3

シトロエン C3のエクステリア

シトロエン C3は2017年のカーオブザイヤーにノミネートされるほどデザインセンスが高く評価されているかっこいいコンパクトカーです。
世界中で人気となっているSUVタイプで、見晴らしの良いドライブポジションと独特のエクステリアが特徴です。特にエアバンプと呼ばれるボディ側面に装備されたプロテクターは、今までのカーデザインにはない画期的なデザインとして評価されています。

シトロエン C3の内装

内装は乗っていると楽しくなるフランス車らしい遊び心あふれるカラーリングを採用し、センスの高さをアピールできます。
日本ではシトロエンの販売店がさほど多くない為、人と同じ車を選びたくない方にもおすすめできる車です。

シトロエン C3のスペック
全長 3,955mm
全幅 1,730mm
全高 1,530mm
室内長
室内幅
室内高
ホイールベース 2,465mm
最低地上高 145mm
最小回転半径 5.4m
排気量 1.199L
車両重量 1,140kg
ボディカラー 10色
JC08モード燃費 19.0km/L
乗車定員 5名
価格 2,160,000円~

1位 トヨタ ヴィッツ GRスポーツ

トヨタ ヴィッツ GRスポーツのエクステリア

2017年9月19日に販売されたトヨタのスポーツグレードが、コンパクトカーのヴィッツにも設定されました。以前設定されていたG’zの後継モデルとして発表され、ヴィッツには「GR」「GRスポーツ」「GRMN」の3つのグレードが追加されます。

トヨタ ヴィッツ GRスポーツの内装

最もライトなスポーツモデルがGRスポーツで、パワートレインの強化は行われませんが専用チューンされたサスペンションや専用エアロパーツなど、GRスポーツのために作られた装備がもりだくさんのお得なグレードとなっています。

走りを楽しみたい方はもちろんですが、質感も向上し高級感を増しているため、今までのヴィッツに不満があった方にもおすすめできるグレードです。

トヨタ ヴィッツのスペック
全長 3,975mm
全幅 1,695mm
全高 1,500mm
室内長 1,920mm
室内幅 1,390mm
室内高 1,240mm
ホイールベース 2,510mm
最低地上高 145mm
最小回転半径 5.7m
排気量 1.496L
車両重量 1,100kg
ボディカラー 8色
JC08モード燃費 34.4km/L
乗車定員 5名
価格 2,087,640円~

かっこいいコンパクトカーでドライブを楽しもう

コンパクトカーは日本の道路事情に最適で、狭い路地の通行や都市の立体駐車場の利用、降雪地帯で冬は道幅が狭くなる地域でも大活躍します。
取り回しやすい車も多いので駐車が苦手な方にもおすすめできます。
楽しく安全にドライブを楽しむために、自分が納得できるかっこいいコンパクトカーを探しましょう!