ヴィッツGR・GRスポーツ

ヴィッツGR・GRスポーツは専用チューニングを施したスポーティ仕様

ヴィッツGR・GRスポーツは、専用バンパーやインテリアデザインが施されていて、チューニングサスペンションを装備しているので安定した走りができます。高速道路はもちろんワインディングロードや街乗りでも安心して走れるおすすめの1台です。

ヴィッツGR・GRスポーツは専用チューニングを施したスポーティ仕様

ヴィッツGR・GRスポーツは2017年9月19日に発売!スペックを比較する

トヨタのコンパクトカーである「ヴィッツ」に、スポーティモデルである「GR」と「GRスポーツ」が2017年9月19日に設定され発売されました。

さらに、ヴィッツGRよりも更にチューニングされた「2代目ヴィッツGRMN」が、2018年春頃に発売するとアナウンスされていて、こちらは2013年に発売された3代目ヴィッツ前期型をベースとした「ヴィッツGRMN」と同じく200台限定モデルになると予想されています。

まずは、ベース車のヴィッツとの違いやエクステリア、インテリア、搭載エンジンや価格帯を交えながら紹介します。コンパクトでキビキビと走る車が欲しい人にピッタリのヴィッツGR・GRスポーツのスペックをチェックしておきましょう。

ヴィッツGR・GRスポーツは専用エアロパーツを装備したスポーティなエクステリア

ヴィッツGRスポーツのエクステリアヴィッツGRスポーツ

ヴィッツGRのエクステリアヴィッツGR

ヴィッツGR・GRスポーツは、専用のエアロパーツやサスペンション、スポット打点追加など、ベース車のヴィッツにチューニングを施したスポーティなモデルです。

GR・GRスポーツの共有パーツは、リヤバンパーにマフラー、サイドマッドガード、リヤルーフスポイラー、ブラック加飾LEDヘッドライト・スモークレンズリヤランプ、フロントフォグランプ、センターリヤフォグランプ、ブラック加飾のサイドターンランプなどがあります。

ヴィッツGR・GRスポーツのリヤバンパー・マフラーリヤバンパー・マフラー

ヴィッツGR・GRスポーツのサイドマッドガードサイドマッドガード

ヴィッツGR・GRスポーツのリヤルーフスポイラーリヤルーフスポイラー

ヴィッツGR・GRスポーツのLEDヘッドライトBi-Beam LEDヘッドライト(ブラック加飾)

ヴィッツGR・GRスポーツのLEDリヤランプLEDリヤランプ(スモークレンズ)

ヴィッツGR・GRスポーツのフロントフォグランプフロントフォグランプ

ヴィッツGR・GRスポーツのリヤフォグランプリヤフォグランプ

ヴィッツGR・GRスポーツのリモコンドアミラーサイドターンランプ付きオート電動格納式リモコンドアミラー

ヴィッツGR・GRスポーツのバックドアガーニッシュ専用バックドアガーニッシュ

ヴィッツGR・GRスポーツのブラックエンブレムブラックエンブレム

ヴィッツGRスポーツのフロントバンパーは、GRスポーツのエンブレムが装着されたスモークメッキ加飾のものが装備されていて、ヴィッツGRではGRエンブレムが装着されダークメッキ加飾、LEDイルミネーションが装備されています。

ヴィッツGRスポーツのフロント部分ヴィッツGRスポーツのフロントバンパー

ヴィッツGRのフロント部分ヴィッツGRのフロントバンパー

スーパーホワイト2のヴィッツGRスーパーホワイト2

ホワイトパールクリスタルシャインのヴィッツGRホワイトパールクリスタルシャイン(32,400円高)

シルバーメタリックのヴィッツGRシルバーメタリック

グレーメタリックのヴィッツGRグレーメタリック

ブラックマイカのヴィッツGRブラックマイカ

スーパーレッドVのヴィッツGRスーパーレッドV

ルミナスイエローのヴィッツGRルミナスイエロー(32,400円高)

ブルーメタリックのヴィッツGRブルーメタリック

ボディカラーは全8色設定されていて、「スーパーホワイト2」、「シルバーメタリック」、「グレーメタリック」、「ブラックマイカ」、「スーパーレッドV」、「ブルーメタリック」の6色が標準塗装で、「ホワイトパールクリスタルシャイン」、「ルミナスイエロー」の2色が特別塗装色になっています。

ヴィッツGR・GRスポーツのインテリアはブラック基調のスポーツカー仕様

ヴィッツGRスポーツハイブリッドの内装ヴィッツGRスポーツ(ハイブリッド)

ヴィッツGRスポーツガソリンモデルの内装ヴィッツGRスポーツ(ガソリン)

ヴィッツGRガソリンモデルの内装ヴィッツGR(ガソリン)

ヴィッツGR・GRスポーツのインテリアは、ブラックを基調としたスポーティな内装カラーで、シルバーやカーボン調の加飾が施されています。GRスポーツに搭載されているステアリングは本革巻きのスポークが3本になったデザインで、GRでは専用の小径ステアリングにパドルシフトが装備されGRロゴが施されています。

ヴィッツGRスポーツのステアリングホイールヴィッツGRスポーツのステアリング

ヴィッツGRのステアリングホイールヴィッツGRのステアリング

ヴィッツGRスポーツのメーター周りは2種類用意されていて、ハイブリッド車ではシルバーリングの2眼アナログメーターが採用され、ガソリン車ではブラウン系の3眼アナログメーターが採用されています。よりスポーティな仕様のヴィッツGRでは、シルバーメーターに変わり3眼メーターの配置もセンターがタコメーターに変更されています。

ヴィッツGRスポーツハイブリッドのメーターパネルヴィッツGRスポーツのメーター(ハイブリッド車)

ヴィッツGRスポーツガソリンモデルのメーターパネルヴィッツGRスポーツのメーター(ガソリン車)

ヴィッツGRのメーターパネルヴィッツGRのメーター

ヴィッツGR・GRスポーツのシート

ヴィッツGR・GRスポーツのインテリアは共通のデザインで、ブランノーブと合皮を使ったコンビシートを採用しています。フロントシートはGRロゴが入りサイドサポートが張り出したスポーティシートが装備され、インパネオーナメントはカーボン調加飾が施されています。

新たにラインナップされたヴィッツGR・GRスポーツの搭載エンジン・スペック

ヴィッツGR・GRスポーツのエンジン

ヴィッツGR・GRスポーツに搭載されているエンジンは、ガソリン車で「1NZ-FE」、ハイブリッド車では「1NZ-FXE」が搭載されていてベース車から変更はありません。

1NZ-FE諸元
種類 直列4気筒
排気量 1,496cc
最高出力 109PS/6,000rpm
最大トルク 136Nm/4,800rpm

トランスミッションには、GRスポーツには7段CVTと5速マニュアルが、GRには10段CVTと5速マニュアルが用意されています。CVT車ではMTモードも搭載されていて、GRスポーツではシフトで操作、GRではシフトかパドルシフトで変速できます。

ヴィッツGRのシフトノブヴィッツGRのCVT車シフト

サスペンションには、GRスポーツ専用にチューニングしたサスペンションが搭載され、GRにはチューニングサスペンションに加えザックス製アブソーバーが搭載されます。

ヴィッツGRのスポーツサスペンションヴィッツGRのサスペンション

剛性が向上したヴィッツGR・GRスポーツ

ヴィッツGR・GRスポーツに共通して行われている剛性アップは、スポット打点追加やフロントスポイラー、ロッカーフィン、リヤホイールハウス前のスパッツなどで、GRではロアアームやブレースの追加が行われています。

ヴィッツGR・GRスポーツの剛性アップパーツまとめ

・ロッカーフランジスポット溶接打点追加
・フロントスポイラー
・ロッカーフィン
・リヤホイールハウススパッツ
・ロアアーム(GR専用)
・フロントサスペンションメンバー後端ブレース(GR専用)
・センタートンネルブレース(GR専用)
・リヤフロアブレース(GR専用)

ヴィッツGR・GRスポーツの販売価格はガソリンモデルで2,087,640円から

ヴィッツGR・GRスポーツのリヤビュー

ヴィッツGR・GRスポーツの発売日は2017年9月19日に発売されました。

気になる価格帯は、ヴィッツGRスポーツのガソリン車CVT・5速MTともに2,087,640円、ハイブリッド車では2,329,560で、ヴィッツGRはCVT・5速MTともに2,303,640円です。駆動方式は全てFFの2WDで、4WDの設定はありません。

ヴィッツGRシリーズの価格帯
GRスポーツ・CVT・ガソリン 2,087,640円
GRスポーツ・5速MT・ガソリン 2,087,640円
GRスポーツ・CVT・ハイブリッド 2,329,560円
GR・CVT・ガソリン 2,303,640円
GR・5速MT・ガソリン 2,303,640円

ヴィッツGR・GRスポーツはキビキビ走るコンパクトカー

2017年9月19日に発売したヴィッツGR・GRスポーツは、G’sシリーズの後継シリーズで、今後はヴィッツだけではなくミニバンのヴォクシーやノア、SUVのハリアー、セダンのマークXや、ハイブリッドカーのアクア、プリウスαやプリウスPHVに設定されています。

車の基本動作である「走る・曲がる・止まる」がベース車よりも高性能にチューニングされているので、高速道路で安定した走りが出来るのはもちろん、峠などのワインディングロードでもふらつくことが少なくなり安心して走ることができます。

販売価格もスポーティモデルとしてはリーズナブルな200万円からと求めやすい価格帯ですので、若い人でも購入しやすいヴィッツGRスポーツ・GRは、おすすめする1台です。