レクサスCTのマイナーチェンジ

レクサス新型CTがマイナーチェンジで安全面とエクステリアを強化

レクサスCTのマイナ―チェンジが2017年に行われます。世界初公開されたプロトタイプモデルとプレスリリースで分かった事は「レクサス・セーフティ・システム+を搭載」「ナビが大型化」「スピンドルグリルがフロントフェイスを引き立てている」などCTの付加価値は高いです。

レクサス新型CTがマイナーチェンジで安全面とエクステリアを強化

レクサスCTがマイナーチェンジして2017年8月24日登場

2017年にマイナーチェンジが行われるレクサスCTのプロトタイプモデルが世界初公開しています。
CTはレクサスシリーズの中で初のコンパクトサイズのハイブリッドカーとして登場しました。

2017年8月24日のマイナーチェンジでエクステリア・インテリア・価格帯などにどのような変化が見られるのか、新型CTの進化を紹介します。

レクサスCTはレクサスブランドで最小サイズ

新型レクサスCTのエクステリア

CTはレクサスブランドの中でも最もコンパクトサイズの小型ハッチバック型のハイブリッドカーです。2011年に販売を開始してからは、ラグジュアリーブランド・レクサスの車種の中ではリーズナブルな価格帯も評価され人気車種の仲間入りをしました。

コンパクトな車体ながらも、CTは「ダイナミック」で「スポーティ」な走りを実現・優れた燃費を達成していることなどがユーザーから高い評価を得ています。

新型CTも「Lexus Safety System(レクサス・セーフティ・システム)+」を搭載

マイナーチェンジが行われるCTは、すでに「LC」などでは搭載されているレクサスの予防安全パッケージである「Lexus Safety System +(レクサス・セーフティ・システム プラス)」が標準装備されました。

レクサス・セーフティ・システム+には、

  • プリクラッシュセーフティシステム:先行車や歩行者との衝突を回避、被害を軽減させる
  • レーンディパーチャーアラート:走行車線から車がはみ出した際に警告や運転のサポートを行う
  • オートマチックハイビーム:ハイビームを自動的に切り替え、夜間走行時の視界の確保をサポート
  • レーンキーピングアシスト:カメラで道路のラインを確認し、車線に沿って走行できるよう支援

などの予防安全システムが搭載されています。

2017年以降にラインナップされるレクサスの車には、レクサス・セーフティ・システム+が搭載されます。

スピンドルグリルのメッシュ構造がフロントフェイスに凄みを持たせる

スピンドルグリルが特徴的に進化した新型レクサスCT

2017年8月24日にマイナーチェンジされた新型CTは前モデルより車体のデザインがよりシャープとなり洗練されました。

中でも目を引くのが、新しくデザインされたスピンドルグリルのメッシュ構造です。高輝度の金属調にペイントすることで華やかな上質さを表現していると公式で明言している通り決して単調ではなく一言では端的に表現できない網目状の立体加工が特徴的です。

ヘッドランプの上側に置かれたアローヘッド(矢の先端に付いているやじり)状のクリアランスランプを採用したことで、より精悍なイメージが際立つエクステリアになりました。

強い型CTへ採用された新型16インチアルミホイール

足元には新意匠の16インチアルミホイールへダークメタリックとのツートーンを採用することでダイナミックでスポーティな印象を持たせています。

新型CTは10色のボディカラーとF SPORT限定カラー3色の全13色がラインナップ

新型レクサスCTのボディカラーはF SPORTグレードへ新たにラヴァオレンジクリスタルシャインとヒートブルーコントラストレイヤリングが追加され全13色展開となっています。

ソニッククオーツのレクサス新型CTソニッククオーツ

マーキュリーグレーマイカのレクサス新型CTマーキュリーグレーマイカ

ソニックチタニウムのレクサス新型CTソニックチタニウム

ブラックのレクサス新型CTブラック

グラファイトブラックガラスフレークのレクサス新型CTグラファイトブラックガラスフレーク

レッドマイカクリスタルシャインのレクサス新型CTレッドマイカクリスタルシャイン

マダーレッドのレクサス新型CTマダーレッド

アンバークリスタルシャインのレクサス新型CTアンバークリスタルシャイン

ディープブルーマイカのレクサス新型CTディープブルーマイカ

スパークリングメテオメタリックのレクサス新型CTスパークリングメテオメタリック

ホワイトノーヴァガラスフレークのレクサス新型CTホワイトノーヴァガラスフレーク(F SPORT限定カラー)

ラヴァオレンジクリスタルシャインのレクサス新型CTラヴァオレンジクリスタルシャイン(F SPORT限定カラー)

ヒートブルーコントラストレイヤリングのレクサス新型CTヒートブルーコントラストレイヤリング(F SPORT限定カラー、162,000円高)

シートはツートンカラーでナビディスプレイが10.3インチへ大型化

ツートンカラーの内装を持つ新型レクサスCT

新型CTでは、シートの表皮にオーナメンパネルとの色調との抜群の相性を感じさせるツートンカラーを採用します。

新型レクサスCTの大画面ナビディスプレイ

その他には、ナビディスプレイを10.3インチにサイズアップされ利便性も高まりました。

現行モデルの主要諸元と比較しながら新型モデルのスペックを予想

レクサスCTの前回のマイナーチェンジは2014年の1月でした。そのタイミングから3年が経過しているため、若干のサイズ変更及び燃費の面も向上すると思われましたが、ボディサイズやパワートレインに変更はありませんでした。

CTは2011年に販売を開始してからは、一度もフルモデルチェンジが行われていないため大幅な変更はその時に行われるでしょう。

新型レクサスCTのスペック
全長 4,350mm
全幅 1,765mm
全高 1,460mm
ホイールベース 2,600mm
最小回転半径 5.2m
燃費 26.6km/L
乗車定員 5名
エンジン 直列4気筒DOHC
車両重量 1,440kg
総排気量 1.797L

※CT200h F SPORTをモデルとしています

新型レクサスCTの価格は3,770,000円から

2017年8月24日にマイナーチェンジしたレクサスCT

「Lexus Safety System+(レクサス・セーフティ・システム)」が搭載された新型のCT200hの販売価格ベースグレードで3,770,000円~、最上級グレードのversion Lは4,770,000円~となっています。

CT200hの販売価格一覧
グレード メーカー希望小売価格(税込)
version L 4,770,000円
F SPORT 4,400,000円
version C 3,990,000円
ベースグレード 3,770,000円

新型CTには「乗りやすい」「低燃費」に安全性も加わり2017年8月24日に発売

2017年8月24日に日本で販売が開始された新型CTには、従来の魅力である「ラグジュアリー」「乗りやすい」「低燃費」に加えて、レクサス・セーフティ・システム+を標準搭載することで安全性も加わります。そんな付加価値の高い新型CTのこれからの動向に期待しましょう!