サイドブレーキの構造・種類

サイドブレーキの構造的特徴やレバー・電動式など種類の違い

サイドブレーキとは駐車の際に必ず使う機能です。近年では足ふみペダルの他に、スイッチで作動するタイプもありますが、どんな構造で車を止めているのかを説明します。また故障した時の対処と、寒冷地での凍結対策についても触れています。正しい仕組みと対処法を理解して、車を安全に駐車しましょう。

サイドブレーキの構造的特徴やレバー・電動式など種類の違い

サイドブレーキの種類や仕組み、故障の原因等を紹介

サイドブレーキという呼び名の正式名称は、パーキングブレーキです。運転席の横に設置されるのがスタンダードであった時代が長かったため、パーキングブレーキではなくてサイドブレーキというネーミングの方が定着していきました。サイドブレーキは、車の停止状態を維持する目的で設置します。

サイドブレーキが正常に作動することで、傾斜のある坂道であっても車を駐車し続けることが可能となります。今回は、車を停める時に利用するサイドブレーキの種類やその仕組み、故障の原因等についても紹介していきます。

サイドブレーキによって坂道であっても車を停止させ続けることができる

坂道で路駐する乗用車

車にサイドブレーキを設けることで、坂道であっても車を停止させ続けることが可能となります。車は設計段階において、坂道に車を停める際にはシフト操作を適性に行いサイドブレーキも併用することで、傾斜角に対してタイヤを回転させずに停止状態を維持できるようなシミュレーションのもとで開発を行います。

道路運送車両法では、サイドブレーキの保管基準の適用条件として乗用車では20%勾配(100m走行すれば、20mを登る坂)の坂道でサイドブレーキも発動した際に、車が動かないことと定めています。

サイドブレーキはレバーを引く、足で踏み込むなどのアクションを加えることで、ワイヤーが引っ張られ力が発生し、その力を変換して後輪へのブレーキ力とします。

AT車でもサイドブレーキをかける必要があります

MT車を運転中の方は、駐車する際にはギアをRに入れてから、サイドブレーキをしっかりと引くという一連の動作が習慣づいています。

AT車を運転中の方の一部には、駐車時はシフトレバーを「P」に入れさえすれば十分であると思っている方もいます。平坦な場所に停車させる際には、そういったスタンスでも問題ないかもしれませんが、少しでも傾斜のある場所に車を停める際には、AT車であってもサイドブレーキはかけるべきです。

AT車のシフトレバー

AT車が採用するオートマチックトランスミッション機構では、シフトレバーを「P」に入れれば、内部パーツの爪状の棒(パーキングロックボール)とパーキングロックギアの歯車部が引っ掛かることで車を停止状態にすることが出来ます。しかし、傾斜角のある坂道ではその引っ掛かり力だけでは車を停止させるには不十分であるためサイドブレーキのアシストが必要となります。

ギアは、金属製であるため耐性はありますが、坂道等に駐車する際にはサイドプレーキによるサポート力が働かなければ、車が重力にしたがって坂道を下ろうとする力のダメージはギア部だけが強く受け続けるため破損するリスクは高まります。

また、サイドブレーキをかけ忘れてしまうことは、傾斜角の度合い・路面が渇いていない等の諸条件が加わることで無人状態での車の移動を招きやすくなります。人が運転動作を行えない車の移動は危険です。ハンドルで方向転換を行えない、フットブレーキを踏めない状態の車の移動が人身事故・物損事故を起こす可能性は極めて高いです。

フットブレーキとサイドブレーキとの違いは油圧式かワイヤー式

車のフットブレーキ

車のブレーキ系統には、フットブレーキとサイドブレーキの2種類があります。

車のスピードを落とすために用いるフットブレーキは、4輪全てに制動力が加わるブレーキシステムです。一方の停止している車の停止状態を維持するために用いるサイドブレーキは、左右の後輪・2輪のみに制動力が加わるブレーキシステムです。

フットブレーキとサイドブレーキの違いには、ブレーキの動力として油圧式あるいはワイヤー式を採用するかも挙げられます。

フットブレーキは、スピードの出ている車のスピードを落とすという性質上、小さな力で大きなブレーキング力を獲得できる油圧式を採用します。一方のサイドブレーキでは、停止状態を維持するために必要な力で十分であるためワイヤー式を導入します。

サイドブレーキの種類

車の停止状態を維持するために必要となる力を作り出すサイドブレーキには、いくつかの種類があります。

レバー式サイドブレーキ

レバー式サイドブレーキ

レバー式サイドブレーキはMT車や古いタイプのAT車で採用されています。

レバー式サイドブレーキは運転席と助手席の間に設置され、ドライバーが手で操作を行うためハンドブレーキと呼ばれる事もあります。

ブレーキを効かせる際にはレバーの先端部にあるボタンを押してから引き上げます。ブレーキを解除する時には、ボタンを押しながらレバーを下げていきます、

足ふみ式サイドブレーキ

車のブレーキ

最近のAT車では、デザイン性・収納力を強化するために従来レバー式サイドブレーキがあった場所にウォークスルースペースを設けます。そして「サイドブレーキ」はフットブレーキの横に設置する足ふみ式サイドブレーキの方式を採用します。

足ふみ式サイドブレーキでは、ペダルを踏み込めばブレーキが発動され、解除する際にはペダルを少し奥側に踏み込む足感覚で操作を行います。

電動パーキングブレーキ

電動パーキングブレーキ

電動パーキングブレーキは、ヨーロッパメーカーのラグジュアリー輸入車や国産の高級車で採用されている方式です。

操作法は簡単で、アルファベットの「P」がアイコンされたスイッチを一押しすれば、自動ブレーキの発動・解除が可能となります。ブレーキ発動中にスイッチを押し忘れたとしても、アクセルを踏み込んでスピードが出れば、自動的にサイドブレーキが解除できる等のシステムを組み込みます。

電動パーキングブレーキでは、サイドブレーキがエンジンのON・OFF、アクセル操作に応じて自動的に機能するため、サイドブレーキを引いたままでの走行・引き忘れて運転してしまう事もありません。

手動式に比べれば、電動パーキンブレーキのコストが高いですが、今後の自動運転化時代の前提条件とも言える技術力であるため、搭載する車は着実に増えていきます。

サイドブレーキを解除しないままの運転が続けば車にダメージが加わります

車の中でサイドブレーキを引く女性

運転をしていて何だか違和感があると思っていたら、サイドブレーキを解除していなかったという経験をしたことのあるドライバーは多いはずです。サイドブレーキを引いている状態で運転した際にどのような事が想定されるのかを紹介します。

  • 速度がでにくい
  • 焦げ臭い匂いがする
  • ブレーキフルードからオイルが漏れる
  • ブレーキの効きが悪くなる(フェード現象など)

もしも、サイドブレーキを引いた状態で運転が長く続き、ブレーキの効きが悪くなっている場合には注意が必要です。その原因として、サイドブレーキを解除しないために発生した高熱が、ブレーキシューやブレーキフルード等に影響を与え、正常な作動に支障をきたしている事が考えられます。

それらパーツに問題が生じていれば、そのままの状態で運転し続けることは危険であるため、ディーラー等で確認をしてもらい、問題があれば交換してもらいましょう。

サイドブレーキを効かせる際に違和感があったらメンテナンスチェック

車のブレーキディスクと整備士

サイドブレーキを効かせる際、レバー操作や足で踏み込む動作時に違和感があったら、ディーラーやスタンド等でのメンテナンスチェックをお勧めします。

その原因として考えられるのは、ブレーキング力を調整するワイヤーが伸びきっている事などです。サイドブレーキの不具合の放置は、故障につながります。違和感があったら直ぐに点検してもらいましょう。

サイドブレーキ故障の原因はワイヤーの破損や錆び

サイドブレーキを「効かせよう!」「解除しよう!」と思っても上手くいかなくなってしまう事もあります。サイドブレーキ故障の主な原因は、ワイヤーの破損あるいは錆びです。

サイドブレーキが故障する状態が続けば、運転に支障が出るだけではなくエンジン系統を中心とした車のトラブルを招いてしまいます。

サイドブレーキの故障は、自分で対処するにはハードルが高いため、サイドブレーキに違和感があったら整備工場のスタッフなど車の専門家に任せることをお勧めします。

寒冷地ではサイドブレーキの凍結を想定して輪止めが必要

雪道に注射する車のタイヤ

冬の時期に厳しい寒さに見舞われる寒冷地では、底冷えする日にサイドブレーキが凍結し、解除できなくなってしまう事もあります。サイドブレーキが効いている状態であれば、運転時間に比例して、車へ加わるダメージが大きくなり故障のリスクが高まります。

そのため、寒冷地では冬の季節には、サイドブレーキを利用せず輪止めを前後輪にかけて車を停める事もあります。もし、サイドブレーキをかけたまま凍結した場合、レッカー車等で車を暖かい場所に移動させて解除を行います。

転勤等で、初めて寒冷地で冬の季節を迎えるドライバーは「輪止め」の必要性を覚えておきましょう。

サイドブレーキの存在は自動運転時代がやってくるまで忘れずに

今後は、自動運転時代の流れに乗り電動パーキングブレーキを搭載する車が増えていきます。そして、手動式サイドブレーキを懐かしむ時代がやって来ます。電動パーキングブレーキを利用中のドライバーは、既にその利便性を感じつつサイドブレーキを懐かしんでいるかもしれません。

手動式のサイドブレーキを利用中のドライバーは平坦な場所に車を停めているから安心とは思わず、車を停車する際には習慣として、意識しなくともサイドブレーキをかけることが出来るようにしましょう。運転する際には解除しているか、確認する事も大切です。

電動パーキングブレーキを搭載する車を運転するまでには、手動式サイドブレーキの存在を忘れないスタンスで臨みましょう!