車のガラスの内側の清掃

車のガラスの内側はどうやって清掃する?アルコールクリーナーとウエスで完璧キレイに

車のガラスの内側はどうやってキレイにすればいいのでしょうか?特にフロントガラスはデフロスターの風やタバコ、くしゃみなど色々な汚れがつきやすいため、水拭きだけでは汚れを伸ばしモヤモヤとした汚れが付着するためアルコールクリーナーも使って汚れを落としましょう。

車のガラスの内側はどうやって清掃する?アルコールクリーナーとウエスで完璧キレイに

フロントガラスやサイドガラスの内側をキレイにするには?ガラスクリーナーのほかにも格子ウエスもおすすめ

フロントガラスやサイドガラスは外側をキレイにするだけでは、完璧にクリアな視界は手に入りません。ガラスには外側と内側がありますので、洗車などで外側をキレイにしたら内側もガラスクリーナーやアルコール類を使って汚れを除去しておきましょう。

フロントガラスやサイドガラスの汚れは意外とくっついているもので、全体的には外気導入やドアを開けた際のホコリなどが付着していることがあり、サイドガラスは窓を触ったときの手垢などの油分、車内が禁煙でなければタバコのヤニも付着しているでしょう。

どうすればフロントガラスの内側やサイドガラスをキレイにすることができるのでしょうか?ガラスクリーナーを使ったり、ケミカルを使いたくなければ温かいタオルで拭くという手もあります。手垢などの油分はアルコール系のものを使えばスッキリと取ることができます。

さっそく、くもりや見にくさの原因ともなるフロントガラスやサイドガラスの内側の汚れをとってみましょう。定期的に行うことで昼間だけではなく夜間も見やすい視界を手に入れることができます。

フロントガラスやサイドガラス・リヤガラスの内側をアルコール系クリーナーで清掃してみた!毛羽立ちも少なくキレイに仕上がった

モヤが取れて透明感がよみがえったサイドウィンドウアルコール系クリーナーを使ってキレイにしたサイドガラス。モヤも取れて透明感がよみがえった

フロントガラスやサイドガラス、リヤガラスの内側をマイクロファイバークロスやアルコール系クリーナーを使って清掃してみました。ホコリ汚れはもちろん、もやもやとした油分の汚れも取れて透明感のあるガラスへとよみがえりました。

さっそく、用意した清掃グッズや行った方法をチェックしてみてください。ホコリだけではなく手の跡など、油分の汚れもスッキリ取れて見やすい視界を手に入れられます。

クリーナーとマイクロファイバークロスガラスの内側を清掃するにあたって用意したもの。クリーナーとマイクロファイバークロス

ガラスの内側の清掃に用意したもの

  • マイクロファイバークロス
  • 車内どこでも清潔クリーナー(リンレイ)
  • マイクロファイバー窓ガラスおそうじクロス(ダイソー)

乾拭きやクリーナーを染みこませて拭く時に使うマイクロファイバークロス、格子織りになっていて油分の汚れも取り除くマイクロファイバー窓ガラスおそうじクロス、水とアルコールだけで作られているリンレイの車内どこでも清潔クリーナーを使って油分汚れも取っていきます。

リンレイの車内どこでも清潔クリーナーリンレイの車内どこでも清潔クリーナーは水とアルコール類で出来ているため窓にも安心して使える

リンレイの車内どこでも清潔クリーナーの注意書きラベル車内どこでも清潔クリーナーの成分は水とアルコール類で出来ている

リンレイの車内どこでも清潔クリーナーをマイクロファイバークロスに噴霧している様子トリガーボトルのため吹き出し口をONにしてトリガーを引くと噴射される

ガラスの外側は洗車をしてキレイにしたら、次はガラスの内側を清掃していきます。毛羽立ちのしにくいマイクロファイバークロスにリンレイの車内どこでも清潔クリーナーを噴射して拭いていきます。水とアルコール系の成分で出来ているため、水性汚れのほかにも油性汚れも一緒に落ちて揮発するため拭き跡は限りなく残りにくいです。

サイドガラス上部のフチの部分を拭いている様子サイドガラスで忘れがちなのが上部のフチの部分。バイザーを装備していたら拭きにくく汚れもたまりやすい

特にガラスの清掃で忘れがちなのが窓を開けないと拭きにくい窓上部のフチの部分です。バイザーを装備している車は洗車の時に拭きにくい部分ですので、水垢などの汚れがたまりやすい所でもあります。エンジンをかけて窓を少し開けたら拭いておくことで隅々までキレイにすることができます。

フロントガラスを拭いているところフロントガラスは手が入りにくいため座席に座ったりドアの横から拭いたりなど手の届く範囲で行う

フロントガラスは傾斜がついているため隅々まで拭きにくいですが、座席に座りながら拭いたり、ドアを開けて車体の横に立ちグッと手を入れて拭くなど、なるべく拭き残しのないように内側を清掃していきます。

特にフロントガラスは大きいため助手席側で半分、運転席側で半分と分割して拭くようにしましょう。フロントガラスは外気や内気の汚れを含んだ空気がデフロスターから出てきたり、タバコのヤニ・くしゃみなどのいろいろな汚れが付きやすい場所で念入りに行うことで、見やすい前方視界を手に入れられます。

ア仕上げ用のおそうじクロスアルコールクリーナーを使ったら仕上げに窓ガラスおそうじクロスで拭きあげていく

アルコールクリーナーを使ってホコリや油性汚れを落としたら、仕上げに格子織りになっている窓ガラスおそうじクロスを使って拭きあげていきます。格子織りになっているため汚れを絡み取りやすくなっていて、ガラス拭きに最適の構造になっています。

サンルーフの内側を拭いている様子サンルーフなどの装備がある場合は忘れずに拭いておこう

また、サンルーフの内側も意外と汚れている場所で、タバコの煙がのぼって汚れがたまっていることがあります。アルコールクリーナーと格子織りマイクロファイバークロスでキレイにしておきました。これで、フロントガラス・サイドガラス・リヤガラス・サンルーフのすべての窓の内側の汚れを取ることができました。

ガラスの内側は専用のガラスクリーナーを使うと最もキレイに仕上がる

フロントガラスやサイドガラス内側の汚れは、専用のガラスクリーナーを使うのが最もキレイに仕上がるでしょう。中には曇り止めの効果もある商品もあるため、曇りやすい冬や梅雨の時期でもスッキリとした視界を手に入れることができます。

ガラスの内側に使えるクリーナーの例

  • ガラスクリーナーGLC(ワコーズ)
  • くるまのガラスクリーナー(クリンビュー)
  • ストーナー インビジブルガラス(KURE)
  • エクスクリア ガラス内側クリーナー(カーメイト)

専用のガラスクリーナーを使うことで、汚れも取れやすく水汚れや油汚れなどの様々な汚れに対応することができます。缶スプレー式のものやボトルでトリガーを引いて噴射するものが多く、缶スプレータイプは高温になる夏場は車内に置いておくと爆発の危険があるため、家などに保管しておくといいでしょう。

トリガーボトルの製品は圧力がかかっているものではないため爆発などの危険性はありませんが、室温40℃の高温になる夏場やマイナスの室温に近くなる冬場などの温度変化で、クリーナーの成分が変化する可能性があります。できることなら缶スプレーやトリガーボトルのものでも、家の室内など温度変化が少なく一定の室温となる場所、直射日光の当たらない所に保管することが望ましいです。

普段家庭にある用品を使いたいならアルコール系で汚れを落とすことができる

フロントガラスやサイドガラスの内側にある汚れは、家庭にあるクリーナーやケミカルでも落とすことができます。ガラスの内側についた汚れは水垢などの水性の汚れのほか、手垢など油性の汚れがあります。ただ水拭きしただけでは、水で落ちる汚れは取れますが手垢などの油性の汚れは落ちません。

そこで、油性の汚れはアルコール系のクリーナーを使うことでスッキリと落とすことができます。アルコール系のクリーナーとは、水とアルコール類を混ぜたものなどの洗剤のことです。アルコール系は揮発するため、拭き跡も残らずきれいに仕上げることができます。

アルコール系で取れる汚れ

  • 手垢
  • タバコのヤニ
  • 油分の含んだ汚れ

単に手でガラスを触っただけではなく、フライドポテトやハンバーガーなどの油分が付着した汚れなどもアルコール系のクリーナーで落とすことができます。ほかにも、水拭きだけでは落ちない頑固な汚れといえばタバコのヤニです。べっとりと付着している汚れで水には溶けにくい汚れのためアルコール系のクリーナーを使用しなければ落ちないでしょう。

ケミカル類も使いたくないならマイクロファイバータオル・格子織りマイクロファイバーの2種類を使おう

ケミカル類を使いたくない時には、水拭きにマイクロファイバータオル・油膜やヤニなどの油汚れにはかき取る能力が強い格子織りのマイクロファイバータオルを使ってガラスの内側を清掃してみましょう。水拭きの時にはぬるま湯を使うとより汚れが取れやすくなると感じます。

ケミカル類を使いたくない時のガラスの内側清掃

  1. 水またはお湯を絞ったマイクロファイバータオルで拭く
  2. 格子織りマイクロファイバータオルを使って油汚れを拭く
  3. 乾いたマイクロファイバータオルを使って乾拭きして仕上げる

水で落ちる汚れは水かお湯を絞ったマイクロファイバータオルで、水では落ちにくい油汚れは格子織りマイクロファイバータオルで落とすことができます。最後に乾いたマイクロファイバータオルで拭きあげれば仕上がりです。

ケミカル系を使ったりコンパウンドなどの研磨剤も含まない清掃のため、カーフィルムなど内側に貼っている時に影響を及ぼしにくい洗い方でしょう。

ガラスの内側の清掃をすると透明感が増して見やすくなるためとても運転がしやすくなるメリットもある

フロントガラスやサイドガラスについている汚れは外側だけではなく、内側にも付着しています。いくらガラスの外側を洗車でキレイにしても、「何かモヤがかかっているようで見にくい」原因は、内側に付着しているホコリやヤニ、油汚れです。

ガラスの内側の汚れは専用のガラスクリーナーを使ったり、家庭の掃除でも使うアルコール系のクリーナーでもキレイに落とすことができます。内側にカーフィルムを施工している時は、通常のマイクロファイバータオルと格子織りマイクロファイバータオルの2種類で水またはぬるま湯を使ってキレイにしましょう。

格子織りマイクロファイバータオルは、汚れをかき出す力が強いため手垢などの油性の汚れも絡めとってガラス面を綺麗にしてくれるでしょう。また、見やすいフロントガラスやサイドガラスはしっかりと周りを見渡せるため運転しやすくもなりますので、ガラスの内側のクリーニングはおすすめのメンテナンスです。