ホンダS1000

ホンダ新型S1000は2019年内に発売か 予想ボディサイズやスペック

ホンダのS1000は、S660のエクステリアを継承し、直列3気筒のVTECターボエンジンを搭載、5ナンバー枠のボディサイズ、最高出力が128PS付近になると予想されています。2019年内には発売になると思われるS1000の情報を紹介します。

ホンダ新型S1000は2019年内に発売か 予想ボディサイズやスペック

ホンダS1000は2019年に登場予定!エクステリアやスペックまとめ

ホンダが発売している2シーターオープンの軽自動車「S660」の普通車版である「S1000」が2019年に登場するという噂があります。2009年8月に生産が終了したFRスポーツカーの「S2000」の再来を予感させた2シータースポーツカーの「S660」は、順調に売上を伸ばしています。

そこで、日本でのみ生産されている軽自動車ではなく、グローバルに展開するにあたりエンジン排気量がアップした「S1000」が開発されているとの噂から、2017年の東京モーターショーで発表したのち2019年に発売するといわれているS1000の予想エクステリアや搭載エンジン、価格帯などをまとめました。

ホンダS1000の予想エクステリア ボディサイズは5ナンバー枠に収まる

新型S1000のエクステリア

新型S1000のエクステリアは、S660をベースとしてロング・ワイド化されたボディになると予想します。S660は軽自動車枠いっぱいのボディサイズでしたが、新型S1000では5ナンバー枠の車幅になり、全長も少し拡大されると考えられます。

S1000の予想ボディサイズ
全長 4,100mm
全幅 1,695mm
全高 1,190mm

ボディサイズは全長4,100mm、全幅1,695mm、全高1,190mmの5ナンバー枠に収めてくると予想します。2017年に生産が終了したハイブリッドカーの「CR-Z」と同じくらいのボディサイズですが、CR-Zは幅が1,700mmを超えているので、3ナンバー枠になっています。

ボディタイプは、S660と同様にタルガトップの2シーターオープンか4シーターになると予想します。S660と比べてワイドボディ化するので、フロントトランクルームの容量もアップすると考えます。

ホンダS1000の予想搭載エンジン

新型S1000に搭載されるエンジン

新型S1000に搭載されるエンジンは、直列3気筒1,000ccのVTECターボエンジンだと予想します。S660は軽自動車であるため最高出力は64PSに抑えられていますが、S1000では約2倍の128PSになると考えられ、同時に最大トルクも196Nmにパワーアップすると予想します。

トランスミッションには、S660と同じくCVTと6速マニュアルが用意され、燃費は30.0km/Lを目標とし、駆動方式はS660からの流れを汲み「MR」を採用すると見られています。

S1000予想エンジン
種類 直列3気筒VTECターボ
排気量 998cc
最大出力 128PS
最大トルク 196Nm

ホンダS1000の予想発売日は2019年内で販売価格は250万円から

新型S1000のボンネット

ホンダS1000の予想発売日は、2019年の東京モーターショーで発表したのち、2019年内に販売になると考えられます。価格は、S660より少し上の250万円くらいになると予想します。

ホンダS1000のライバル車

新型S1000のライバル トヨタS-FRトヨタ・S-FR

新型S1000のライバル マツダ ロードスターマツダ・ロードスター

ライバル車は、トヨタのライトウェイトスポーツカー「S-FR」や、マツダのロードスターで、マツダのロードスターは発売済みです。価格帯はロードスターが250万~300万になっているので、スペック面でも価格面でもしのぎを削るライバル車になると考えます。

S1000 ロードスター
発売時期 2019年頃 2015年
駆動方式 MR FR
価格帯 250万 250万

ホンダS1000はグローバルモデルのS660

ホンダのS1000は、軽自動車枠であるS660を世界でも販売できるよう見据えたグローバルモデルになると思われます。軽自動車枠のS660や、2016年に復活したNSX、2017年に発売したシビックタイプR、今後発売されるであろう新型S2000など、スポーツカーのラインナップが増えていくホンダの今後から目が離せません。