CX-4 日本導入の可能性

CX-4は2019年後半に日本で発売?クーペSUVにも切り込むマツダのCXシリーズ

CX-4の日本発売はいつ行われるのでしょうか?2016年より中国市場で販売されているCX-4は、クーペスタイルのSUVでボディサイズはCX-5と同等です。価格帯は240万円前後になると見られていて、エンジンはガソリン2種類・ディーゼル1種類の合計3種類になると予想します。

CX-4は2019年後半に日本で発売?クーペSUVにも切り込むマツダのCXシリーズ

CX-4はクーペのSUVでスタイリッシュな見た目!日本発売は2019年の可能性がある

マツダが販売するCXシリーズにクーペスタイルのSUVであるCX-4が日本市場でも発売するという噂があります。中国市場では2016年から発売していて、アテンザをベースとしている落ち着いたスタイリングで人々を魅了しています。

そのCX-4が日本市場でも販売するという噂があり、発売日は2019年になると考えます。日本ではトヨタのC-HRやハリアー、ホンダのヴェゼルなどクーペスタイルのSUVも人気となっているため、マツダのCX-4も相当な人気が出ると予想します。
新型CX-4のエクステリアやインテリア、搭載エンジンや安全装備などのスペックをチェックしてみましょう。

新型CX-4のエクステリアは上品なクーペスタイルでハリアーやアウトバックに真っ向勝負を挑む

中国で販売するCX-4のエクステリア日本導入が噂されるCX-4は日本で販売中のCX-5とアテンザが融合したような伸びやかで力強いスタイルが魅力

マツダから2019年に日本市場で発売されると予想する新型CX-4は、CX-5の力強いスタイリングとアテンザの端麗なクーペスタイルを合わせ持つSUVです。SUVの車高を持ちながらもスラッとした流れるようなボディラインは美しいのひと言に尽きます。

CX-4のボディサイズ(中国仕様)
全長 4,633mm
全幅 1,840mm
全高 1,586mm
ホイールベース 2,700mm
最低地上高 196mm

中国市場で販売されているCX-4のボディサイズは、全長4,633mm・全幅1,840mm・全高1,586mmです。日本仕様のCX-5より全長が88mm長くなっていて全高が104mm低くなっています。CX-5では高さがあるので力強いイメージになりますが、CX-4ではスピーディーで都会的なイメージが芽生えます。

ボディサイズが似ているライバル車は、トヨタのハリアーやスバルのレガシィアウトバックで、価格帯から考えるとハリアーはガソリン車のライバルに、レガシィアウトバックはディーゼル車のライバルとなるでしょう。

CX-4に搭載されているエンジンはもちろんSKYACTIVエンジンでガソリンとディーゼルをラインナップ

マツダのスカイアクティブエンジンCX-4が日本に導入される場合はガソリンエンジンのスカイアクティブGとディーゼルエンジンのスカイアクティブDがラインアップすると考える

中国市場のCX-4に搭載されているエンジンは、スカイアクティブGの2.0Lと2.5Lですが、日本仕様ではガソリンとディーゼルの2種類が装備されると考えます。

日本仕様CX-4に搭載されるエンジン
エンジン 2.0ガソリン 2.5ガソリン ディーゼル
型式 PE-VPS PY-RPS SH-VPTS
種類 直列4気筒 直列4気筒 直列4気筒
排気量 1,997cc 2,488cc 2,188cc
最高出力 115kW/6,000rpm 140kW/6,000rpm 140kW/4,500rpm
最大トルク 199Nm/4,000rpm 252Nm/4,000rpm 450Nm/2,000rpm
燃料 レギュラー レギュラー 軽油
燃費(WLTC) 14.8km/L 13.6km/L 18.0km/L

2Lガソリンエンジンは自動車税も少なめで燃費も14.8kmあるバランスのいいエンジンです。ディーゼルエンジンのほうは2.5Lエンジンと自動車税と同じでトルクも大きく燃費もいいのですが、車両価格が高くなる傾向にあるため注意が必要なポイントです。

CX-4の燃費はCX-5と同様の13.6km/Lから18.0km/L付近になるだろう

新型CX-4の燃費はCX-5とボディサイズが似通っている点や搭載エンジンが同様であるため、燃費性能はCX-5とほぼ同様のガソリンエンジンで13.6km/Lから14.8km/L、ディーゼルエンジンで18.0km/L付近になるのではないかと考えます。

新型CX-4の安全装備は「i-ACTIVSENSE」を搭載して自動ブレーキやハイビームアシストなどでドライバーを支援してくれる

新しいCX-4は安全装備パッケージである「i-ACTIVSENSE」を搭載し、自動ブレーキのほかにもアダプティブLEDヘッドライトやブラインドスポットモニタリング、車線逸脱警報システムなどの危険認知支援技術、レーダークルーズコントロールやレーンキープアシストなどの運転支援技術もパッケージングされています。

マツダi-ACTIVSENSEの搭載機能

・アダプティブ・LED・ヘッドライト
・交通標識認識システム
・ドライバー・アテンション・アラート
・ブラインド・スポット・モニタリング
・リア・クロス・トラフィック・アラート
・車線逸脱警報システム
・360°ビューモニター+フロントパーキングセンサー
・スマート・ブレーキ・サポート
・アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(前後退)
・AT誤発進抑制制御(前後退)
・マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール
・レーンキープ・アシスト・システム

いまや安全装備といえば必ず装着されている自動ブレーキや車線逸脱警報システムは当たり前で、ドライバーを支援してくれる交通標識認識システムやレーダークルーズコントロールが備わっています。レーンキープアシストシステムと組み合わせることで、高速道路でのドライブも楽になります。

CX-4の発売日や価格帯は2019年内でCX-5よりも若干安くなるか同額の位置になるだろう

CX-4が日本で発売されるのはいつになるのでしょうか?噂では2019年の後半になるといわれていて、更にマツダのSUVラインナップが強化されます。価格帯はCX-3(212万円)とCX-5(249万円)の間にあるナンバリングなので、230万円前後からの価格帯になるのではないでしょうか。

また、ボディサイズはCX-5とほぼ同じで派生車種として登場しCX-5と同価格帯になるということも考えられます。その2点を踏まえるとCX-4の日本での価格帯は230万円から250万円の間でのスタートになると考えます。

CX-4はクーペスタイルのSUVでCX-5と同様のボディサイズなため迫力もあるおすすめの1台

CX-4は2018年の時点では中国市場にて販売されていて、価格帯は2.0Lの6MT・2WDで140,800元からです。2018年9月では1元は16.5円ですので、日本円に換算すると2,323,200円になります。ボディサイズはCX-5とほぼ同等で、スタイリッシュなクーペスタイルになっているため荷室の高さは少し低くなると考えます。

荷室や後部座席はあまり使わない人にはCX-4、荷室をたくさん使ったり後部座席によく人を乗せるならCX-5と使い分けができます。搭載されるエンジンは他のCXシリーズと同様にガソリンエンジンの2.0Lと2.5L、ディーゼルエンジンの2.2Lになると考えます。

価格帯は中国市場と同様の240万円前後のスタート価格になると考えます。燃費はガソリエンジンで13.6km/Lから14.8km/L、ディーゼルエンジンでは18.0km/L前後になると予想します。スタイリッシュなデザインでボディサイズも大きく迫力のあるCX-4が日本を走る日が楽しみです。