ジープ コンパスのモデルチェンジ

ジープ コンパスがモデルチェンジ 特別仕様の2トーンルーフモデルも追加設定

ジープ コンパスのモデルチェンジ後のモデルが、2017年10月30日に発表されました。日本発売日は2017年12月2日でエントリーグレードのスポーツが3,230,000円です。グランドチェロキーのエクステリアをまとい、新しくなるコンパスに注目です。

ジープ コンパスがモデルチェンジ 特別仕様の2トーンルーフモデルも追加設定

新型コンパスが2017年12月2日に発売 2018年に特別仕様車も追加

ジープ コンパスは、2012年3月に日本で発売されたジープブランドのエントリーモデルで、2017年10月30日に2代目ジープ コンパスへとモデルチェンジします。日本では2013年5月以来のモデルチェンジで、現行モデルから大幅な改良が行われます。

さっそく、2017年10月30日に発表となる新型ジープ コンパスのエクステリアやインテリア、搭載エンジンや装備、発売日、価格帯を紹介します。

ジープのSUV新型コンパスに特別仕様車「リミテッド・ブラックルーフ・エディション」を2018年10月12日追加設定

ジープコンパスと別仕様車ブラックルーフエディションのエクステリアコンパスのブラックルーフエディションはヴォーカルホワイト95台・グレーマグネシオメタリック95台の全国限定190台で販売

ジープは2018年10月12日にコンパスの最上級グレードのリミテッドをベースにした特別仕様車「ジープ・コンパス ブラックルーフエディション」を190台限定で販売します。
ブラックルーフエディションの特徴はリミテッドグレードで初めてブラックルーフの2トーンカラーを採用したこと、インテリアにも初採用のメッシュクロスとレザーのコンビシートを採用したこと、そして特別限定ボディカラーの「グレーマグネシオメタリック」を設定したことです。

ブラックルーフエディションはボディサイズや装備などのスペックはリミテッドグレードと同じで4,130,000円で販売されます。通常のリミテッドグレードが4,190,000円で販売されていることから、実質60,000円値下げされたお買い得な特別仕様車になっています。
ヴォーカルホワイトの2トーンカラー仕様車が95台、グレーマグネシオメタリックの2トーン仕様車が95台の合計190台が全国限定で販売されるため、購入希望の方は早めにディーラーへお問合せしましょう。

新型ジープ コンパスのエクステリアは伝統の7スロットグリルを採用して正当進化

走るジープ新型コンパス

新型ジープ コンパスのエクステリアは、JEEPといえばお馴染みの7スロットグリル、台形ホイールアーチを搭載し、ヘッドライトにはオートレベリング機能つきのHIDヘッドライトを装備しています。

ジープ新型コンパスのグリル7スロットグリル

ジープ新型コンパスのホイール台形ホイールアーチ

ジープ新型コンパスのヘッドライトバイキセノンヘッドライト

ジープ新型コンパスのリヤビュー

LONGITUDEグレードからは、ルーフカラーがブラックになり、ブラックのルーフレールも装備されます。テールランプはLEDが装備されていて視認性が良くて後続車から見やすいだけではなく省電力にも貢献しています。

ジープ新型コンパスのカラーチャート

ボディカラーは、「エグゾティカレッド」「ヴォーカルホワイト」「ブリリアントブラッククリスタル」「ハイドロブルー」「ミニマルグレー」「ブロンズメタリック」の全6色で、スポーツグレードはルーフもボディと同色のモノトーンカラーになり、LONGITUDEグレードからはブラックルーフのツートンカラーになります。

ボディサイズは全長4,400mm、全幅1,810mm、全高1,640mmで、初代モデルより全長が75mm短くなり、全高が25mm低くなりました。

新型コンパスのボディサイズ
全長 4,400mm
全幅 1,810mm
全高 1,640mm

新型ジープ コンパスはホワイトとブラックのコンビシートを採用した明るいインテリアが特徴

ジープ新型コンパスの内装

新型ジープ コンパスのインテリアは、ホワイトとブラックのコンビシートを採用し、ブラックのインテリアパネルを使用した上質なデザインになっています。

ジープ新型コンパスのサンルーフ

後部座席付近にはサンルーフが装備されていて、明るい車内を提供してくれるだけではなく青空を見ながらのドライブ、夜に山頂などに停まって車内から夜空を見ることもできます。

LONGITUDEグレードからはステアリングホイールが革巻きになり、LIMITEDグレードでは4WDのセレクテインシステム、レザーシートに運転席へ8ウェイのパワーシートが装備されます。

ジープ新型コンパスの4WDセレクテレインシステム4WDセレクテレインシステム

新型ジープ コンパスは最高出力が175PS・最大トルク230Nmの2.4Lエンジンを搭載

ジープ新型コンパスのエンジン

搭載エンジンはSPORT(スポーツ)、LONGITUDE(ロンジチュード)、LIMITED(リミテッド)3モデルとも2.4L直列4気筒エンジンで、最高出力が175PS、最大トルクは230Nmあります。

LONGITUDEまではFF2輪駆動、LIMITEDでは4WDになっています。トランスミッションは、2WDモデルが電子制御式6速AT、4WDモデルが電子制御式の9速ATが搭載されています。

新型ジープ コンパス「リミテッド(LIMITED)」グレードの搭載装備

新型ジープ コンパスには、LIMITEDグレードに「アダプティブクルーズコントロール」、「前面衝突警報」、「ブラインドスポットモニター」、「リアクロスパスディテクション」、「Lane Sense車線逸脱警報プラス」などの安全装備が搭載されます。

平野を走るジープ新型コンパス

「アダプティブクルーズコントロール」には、前方車両との安全な車間距離をキープしながら走行し、前方車両が停止すると自車も停止、2秒以内に動き出すと直前の走行速度に復帰する機能(STOP&GO機能)が備わっています。

ジープ新型コンパスの全面衝突警報

「前面衝突警報」は、前方車両に急接近しそうになった時に音と表示で警告してくれる機能で、警告後にドライバーが対応しないと再度警報してくれるシステムです。

ジープ新型コンパスのブラインドスポットモニター

「ブラインドスポットモニター」や「リアクロスパスディテクション」は、走行中に死角となりやすい右や左後方に車両や物体がいるとドアミラー上にアイコンが点滅し注意喚起してくれます。

「Lane Sense車線逸脱警報プラス」は、車両が車線をはみ出したり、ドライバーがハンドルから手を離した時に注意を喚起するシステムで、車線はみ出しによる事故の可能性を低くしてくれます。

新型ジープ コンパスの発売日は2017年12月2日で販売価格は3,230,000円から

ジープ新型コンパスから降りる人達

新型ジープ コンパスはアメリカでは2017年の春に発売済みで、日本では2017年12月2日に発売されました。

気になる価格帯は、初代のコンパスが300万円から356万円の価格帯で、エクステリアやインテリア、搭載装備が変わりますが初代より大幅に価格アップするわけではなく3,230,000円~になっています。

新型コンパスの販売価格
SPORT(スポーツ) 3,230,000円~
LONGITUDE(ロンジチュード) 3,510,000円~
LIMITED(リミテッド) 4,190,000円~

新型ジープ コンパスはモデルチェンジでより都会的な車へ

新型ジープ コンパスは、JEEPのフラッグシップモデルであるグランドチェロキーのエクステリアデザインをまとい、先進的で都会的なモデルへと進化しました。外見だけではなく安全装備を充実させるなど、搭載機能も最新のものへと変わります。

日本での発表日は2017年10月30日で、2017年12月2日に発売され、価格帯は3,230,000円~4,190,000円になりました。

都会的なコンパス、アウトドア志向のレネゲードなど、JEEPのコンパクトSUVラインナップはますます上質なものへと進化していきます。