軽量ホイールのメリット

軽量ホイールのメリットとデメリット~燃費以外の影響は?

軽量ホイールを装着するメリットやデメリットに関する情報を扱います。燃費が良くなる以外の効果や、ばね下重量が変わることの乗り心地やロードノイズに与える影響を紹介します。また、軽量ホイールの製造メーカーが採用する鍛造法についても取り上げます。

軽量ホイールのメリットとデメリット~燃費以外の影響は?

軽量ホイールを装着するメリットやデメリットと鍛造法と鋳造法の違い

車の軽量化には、走行性能がアップする、燃費が改善されるなどのメリットがあります。そのスタンダードな方法の一つが「軽量ホイール」の装着です。左右前後のホイールの種類を変えることで、車の軽量化が行えます

ここでは、軽量ホイールを装着した場合のメリットやデメリット、軽量ホイールを製造するメーカーの多くが採用する鍛造(たんぞう)法と、鋳造(ちゅうぞう)法との違いについても紹介します。

ホイールの軽量化は「ばね下重量」に影響を与えます

ばね下重量の参考画像軽量ホイールを履くとサスペンション(ばね)から下の重量が軽くなる

例えば、10kgの純正ホイールを、8kgの社外ホイールへと交換すれば、サスペンション周りに設置されるブレーキローターやキャリパー、タイヤやホイールなどを含めたエリアの重さの合計値である「ばね下重量」に影響を与えます。

軽量ホイールを装着して、ばね下重量が軽くなった影響が、メリットとデメリットに結びつきます。

軽量ホイールのメリットは「燃費改善」「操舵性・加速力のアップ」

加速・減速性能がアップする

軽量ホイールを装着するメリットの一つ目は、加速・減速性能がアップすることです。

車の重量が増えるほど、車は動かしにくくなります。ホイールの重量が減れば、その分慣性モーメントも減っていきます。回転運動のしやすさを表す数値である、慣性モーメントが減ることでタイヤは動きやすくなりため、車の加速力はアップします。

ホイールは軽い方が回転運動を続けようとする力が弱くなるので、ブレーキペダルを同じ力で踏み込んだ場合には、軽量ホイールの方が車は止まりやすくなります。

ステアリング操作がしやすくなる

軽量ホイールを利用して、ばね下重量が減る事でステアリング操作はしやすくなります。

重いものほど、動かしにくいのはステアリングを回す際も同様です。車を移動させたい方向へとステアリング操作を行う際には、連結パーツを通じてつながっているホイールは軽くなるほどステアリングは回しやすくなります。

燃費が改善する

重いものほど、動かすには際には多くのエネルギーが必要です。車の動力源は燃料です。同一車種・同じ速度という条件下であれば、軽い車の方が燃費は良くなります。そのため、軽量ホイールを装着すれば、燃費は改善します。

軽量ホイール装着のデメリットは「ロードノイズ」と「乗り心地」

乗り心地が悪くなる

デメリットの一つ目は、乗り心地が悪くなることです。

自動車メーカーは、純正あるいはメーカーオプションのホイールを含めた足回りで、最適な乗り心地を体感できるように、諸設定を行います。そのため、軽量ホイールを装着して、ばね下重量が変化すれば、セッティングバランスが乱れ、サスペンション等へ影響が及ぶため、車は振動しやすくなります。

ロードロイズが増える

ロードノイズとは、路面とタイヤが摩擦・衝突する事で発生する騒音です。

軽量ホイールを装着すれば、重量によって吸収されていた衝撃力が増えるため、地面からのダメージをダイレクトに受けやすくなります。その影響を受けて、タイヤと路面とが接触する音も吸収されにくくなるため、ロードノイズは増えてしまいます。

インチアップを行う際には軽量ホイールがおすすめです

加速・減速性能がアップするなどのメリットは、サーキット走行のような状況下ほど体感しやすくなります。そのため、一般道で走行している際には、軽量ホイールのメリットをさほど実感できない事が想定されます。

軽量ホイールを装着した際のメリットが大きくなるのは、インチアップを行った際です。14インチから15インチへと、17インチから18インチへとインチアップを行えば、使用するタイヤとホイールの重量が増すため、バネ下重量は大きく増加します。

そのため、インチアップを行う際には、軽量ホイールを選択した方が、ばね下重量が増加することで起こる燃費が悪化するなどの影響を少なく出来ます

軽量ホイールは素材や製造方法にこだわる商品が多い

軽量なBBSの鍛造ホイールBBSは軽量な鍛造ホイールにこだわるホイールブランド

純正ホイールをよりも軽い、軽量ホイールは素材や製造方法にこだわっている商品が多いです。

純正ホイールの多くは、溶かした金属を型に流し込んで作る鋳造法であるのに対し、軽量ホイールでは、金属を高圧プレスしてより手間とコストをかけて成型する鍛造法を採用します。

各社外ホイールメーカーは、「軽量ホイール」の高強度や高性能化を実現するために、航空機に使われる素材を用いる・モータースポーツで導入される先端技術を取り入れるなどして、商品づくりにこだわります。そういった付加価値が加わるため、鋳造ホイールと比較すれば、軽量ホイールの販売価格は高額となります。

軽量ホイールで車をカッコ良くカスタマイズしよう

軽量ホイールは、素材やデザインで徹底的にこだわっている商品が多く、ドレスアップ効果は抜群です。一般道の走行では体感しにくいかもしれませんが、モーターレースに参戦する車と同様の性能を誇る軽量ホイールもラインナップされています。

軽量ホイールは、ただ軽いだけではありません。高強度でデザイン性も優れています。そんな、軽量ホイールで車をカッコ良くカスタマイズしましょう。