フォルクスワーゲン ティグアンの内装

VW新型ティグアンの内装は先進装備を有し黒系のインテリアデザインを採用

新型ティグアンの内装はチタンブラックのスタイリッシュなデザイン。シート・コックピットのデザインはグレードごとに素材や装備が違います。ラゲッジルームは広くシートアレンジが多彩で、足をスライドして開閉するパワーテールゲートはHighlineとR-Lineに標準装備しており積載性も高いです。

VW新型ティグアンの内装は先進装備を有し黒系のインテリアデザインを採用

フォルクスワーゲン・ティグアンの内装をコックピット・シートデザイン・荷室・安全装備を中心に紹介

フォルクスワーゲン新型ティグアンの内装を紹介します。ティグアン(Tiguan)は2008年に日本仕様の販売をスタートしたフォルクスワーゲンのSUVです。フルモデルチェンジを経て2016年に登場した現行型ティグアンは、VWのSUVには初採用となるMQBプラットフォームを導入しています。

新型ティグアンは標準モデルとなるTSI Comfortline・TSI Highline・TSI R-Line、さらにディーゼルエンジンと4WDを導入したTDI 4MOTION Comfortline・TDI 4MOTION Highline・TDI 4MOTION R-Lineの6グレード構成となっています。
それぞれの特徴に触れながら、ティグアンの内装をコックピット・シート・ラゲッジルーム・安全装備をメインにチェックしていきましょう。

現行型ティグアンのコックピットはComfortline・Highline・R-Lineでどう違う?

新型ティグアン TSI Comfortline(上)とTDI 4MOTION Comfortline(下)のコックピット新型ティグアンのTSI ComfortlineとTDI 4MOTION Comfortlineのコックピット画像

フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Highline(上)とTDI 4MOTION Highline(下)のコックピットフォルクスワーゲン・ティグアンのTSI HighlineとTDI 4MOTION Highlineのコックピット画像

VW現行型ティグアン TSI R-Line(上)とTDI  4MOTION R-Line(下)のコックピットVW現行型ティグアンのTSI R-LineとTDI 4MOTION R-Lineのコックピット画像

フォルクスワーゲン・ティグアンのコックピットを比較してみると、内装カラーはスポーティな黒で統一されています。
ティグアンComfortlineとティグアンHighlineのコックピット設計は共通する部分が多く、スポーツモデルのR-Lineとの違いが多く見受けられます。特別装備となるR-Line専用デザインのステアリングホイールやアルミ製のスポーツペダルは走りを予感させてくれます。

フォルクスワーゲン・ティグアン Highline・R-Lineのデジタルメータークラスター”Active Info Display”とヘッドアップディスプレイHighline・R-Lineの2グレードに標準装備されるデジタルメータークラスター”Active Info Display”とヘッドアップディスプレイ

メーター周りの装備については、ベースモデルのComfortlineにはフルカラーマルチファンクションインジケーターが、新型ティグアンHighlineとR-Lineにはデジタルメータークラスター”Active Info Display”が標準装備されています。高解像度のActive Info Displayは、様々な走行情報をグラフィカルにわかりやすく表示します。
さらに、TiguanのHighlineとR-Lineにはボンネット先端に仮想画像を映し出すヘッドアップディスプレイも搭載しています。

フォルクスワーゲン・ティグアンのエアコンディショナーコンソール3ゾーンフルオートエアコンディショナーはアレルゲン除去機能付きで常にクリーンな空気を維持する

運転席・助手席・リアシートの3つの場所ごとに温度を設定できる3ゾーンフルオートエアコンディショナー。こちらは新型Tiguanの全てのグレードに標準装備されます。花粉などのアレルゲンを除去するフィルターが搭載されていて、車内の空気を綺麗に保ちます。

フォルクスワーゲン・ティグアンの4MOTION アクティブコントロールのセレクターダイヤル4MOTION アクティブコントロールではダイヤルを回すだけで自分好みの走り味をセレクトできる

ティグアンのTDI 4MOTIONモデルには、道路状況に応じてオフロードカスタム・オンロード・スノー・オフロードといった4つの走行モードに切り替えられる4MOTION アクティブコントロールを標準搭載しています。そのうちの「オンロード」を選択すると、さらにカスタム・スポーツ・コンフォート・エコ・ノーマルのいずれかのモードを選ぶことができます。

Volkswagen純正インフォテインメントシステム”Discover  Pro”の操作パネルVolkswagen純正インフォテインメントシステム”Discover Pro”はジェスチャーコントロールを搭載し直感的な操作を可能としている

Volkswagen純正インフォテインメントシステム”Discover Pro”は、コンフォートラインを除くティグアンの全グレードに標準装備されます。コンフォートラインにはオプションで装備が可能です。Bluetoothオーディオやハンズフリーフォンなど多彩な機能を備えており、快適なドライブを支援してくれます。8型の大型ディスプレイを使っているため視認性も抜群で、ジェスチャーでの操作が可能です。

新型ティグアンのシート内装はファブリックやマイクロフリース、上級グレードのオプションではレザーなど様々なタイプが設定されている

TSI Comfortline・TDI 4MOTION Comfortlineのチタンブラック/ファブリックシートTSI Comfortline・TDI 4MOTION Comfortlineのチタンブラック/ファブリックのシートはスポーティなデザイン

TSI Highline・TDI 4MOTION Highlineのチタンブラック/マイクロフリースシートTSI Highline・TDI 4MOTION Highlineのチタンブラック/マイクロフリースのシートは触り心地抜群

TSI R-Line・TDI 4MOTION R-LineのR-Line専用チタンブラック/ファブリックシートTSI R-Line・TDI 4MOTION R-Lineはチタンブラック/ファブリックのシートでR-Line専用デザインが設定される

VW現行型ティグアンの内装シートは、全てのグレードにクールなチタンブラックカラーのシートが標準装備となっています。
シートの素材はグレードによって異なり、TSI Comfortline・TDI 4MOTION Comfortlineはファブリック、TSI Highline・TDI 4MOTION Highlineはマイクロフリース、TSI R-Line・TDI 4MOTION R-LineはR-Line専用のファブリックが設定されます。

TSI Highline・TDI 4MOTION Highlineのサフラノオレンジ/レザーシートTSI Highline・TDI 4MOTION Highlineのサフラノオレンジ/レザーは鮮やかなオレンジが室内を明るい印象にしてくれる

TSI R-Line・TDI 4MOTION R-LineのR-Line専用チタンブラック/レザー背もたれのホワイトロゴTSI R-Line・TDI 4MOTION R-LineのR-Line専用チタンブラック/レザーは背もたれのホワイトロゴがポイント

新型ティグアンHighlineとR-Lineには、それぞれオプションのレザーシートが用意されています。TSI Highline・TDI 4MOTION Highlineはチタンブラックまたはサフラノオレンジのレザー、TSI R-Line・TDI 4MOTION R-LineはR-Line専用のチタンブラックレザーに変更が可能です。

ティグアンHighline のレザーシートはどちらもスポーティで高級感のある作りです。R-Line専用のチタンブラックレザーは背もたれの部分に「R」のロゴが入っており、ドライバーに特別感を与えてくれます。

VW現行型ティグアンは積載性もばっちり!ラゲッジルームは最大で1,655Lもの荷室容量を確保

ティグアンのラゲッジスペースティグアンの荷室スペースはテールゲート開口部も大きく開くので荷物の積載性も高い

フォルクスワーゲン・ティグアンのラゲッジルームは、通常時では615L、リアシートを倒すと最大で1,655Lまで拡大できます。後部座席は6:4分割可倒式リアシートを採用しているため、その時の荷物のサイズや乗る人数に合わせた多彩なシートアレンジが可能です。

ティグアンHighline・R-Lineに標準装備のパワーテールゲートHighlineとR-Lineは両手が塞がっているときもスムーズに荷物の積載ができるパワーテールゲートを標準搭載している

また、リアバンパー下部で足をスライドさせるワンアクションで開閉可能なパワーテールゲートはHighlineとR-Lineに標準装備されます。パワーテールゲートはエントリーモデルのComfortlineにもオプションで装備可能です。

ティグアンはアダプティブクルーズコントロール”ACC”やレーンキープアシストシステム”Lane Assist”などの先進安全装備を備える

フォルクスワーゲン「Volkswagen オールイン・セーフティ」コンセプトの機能イメージフォルクスワーゲンは「Volkswagen オールイン・セーフティ」コンセプトのもと車と人の安全を追求し続けている

「Volkswagen オールイン・セーフティ」の理念を掲げ、日々車の安全性能向上に努めているフォルクスワーゲン。現行型ティグアンも、上級グレードだけでなくエントリーモデルまで安全装備が充実しています。

適切な車間距離をキープしながらの追従走行を可能とする「アダプティブクルーズコントロール”ACC”」をはじめ、車線からの逸脱を防ぐ「レーンキープアシストシステム”Lane Assist”」や「駐車支援システム”Park Assist”」、セーフティ・サポートカー対象の安全装備である「プリクラッシュブレーキシステム"Front Assist"」など、たくさんの高度な先進安全システムが新型ティグアン全グレードに標準装備となっています。

フォルクスワーゲン新型ティグアンの内装は上質なデザインで先進装備も充実している

2代目モデルからは低燃費で加速性能にも優れたディーゼル車も登場し、ユーザーの選択肢の幅がさらに広がった新型ティグアンの内装は、チタンブラックカラーを基調としたスポーティなデザインです。
Tiguan の上級モデルとなるハイラインとRラインのオプションでは快適装備のラインナップも豊富で、ラグジュアリーなレザーシートも装備可能です。ベースモデルでも安全装備や先進機能が充実している点も大きな魅力となっています。

群雄割拠のコンパクトSUV市場でも世界的に高い支持を得ているVWティグアン。デザイン・性能の両方で、今後どのような進化を見せてくれるのか非常に楽しみです。