ワゴンRスティングレーの内装

ワゴンRスティングレーの内装はスポーティな黒!カスタムで個性的なインテリアが楽しめる

ワゴンRスティングレーの内装はワゴンRよりも上質感が増したスタイリッシュなデザイン。車中泊も可能なゆとりある広さで居住性も抜群。スズキ新型ワゴンRスティングレーのコックピット・シートインテリア・シートアレンジ・カスタムにもおすすめのオプションアイテムを紹介していきます。

ワゴンRスティングレーの内装はスポーティな黒!カスタムで個性的なインテリアが楽しめる

スズキ新型ワゴンRスティングレーの内装を徹底解説!スティングレーならではの特徴とは?

「クールフェイス ワゴンR」というデザインコンセプトのもと、2007年よりスズキから販売されているワゴンRスティングレーは、スタイリッシュな外装とそれにマッチする上質な内装が特徴です。6代目となる現行モデルにおいてはそのコンセプトを維持しつつも、初代モデルを今風にリメイクしたネオクラシックなデザインとなっています。

新しくもありどこか懐かしくもある、そんなネオクラシックデザインの新型ワゴンRスティングレーの内装について、コックピットやシートインテリア、安全性能や収納力などに注目しながら解説していきます。

ワゴンRスティングレーのコックピットは快適な運転をサポートする設計

ワゴンRスティングレーのコックピット

ワゴンRスティングレーの水平基調のコックピットからは均整で美しい印象が感じられます。エアコン送風口にあしらわれたレッドカラー、ピアノブラックのインパネガーニッシュが上質感を高めています。
ワゴンRスティングレーの25周年記念モデルとなるHYBRID Xリミテッドには、落ち着きのあるブラックの内装が設定されています。シートも同じく黒で統一感を出しています。

ワゴンRスティングレーのセンターメーター

コックピットの中央に配置されている多機能センターメーターとマルチインフォメーションディスプレイは、それぞれ優れた視認性でドライバーをサポートします。マルチインフォメーションディスプレイには燃費情報や航続可能距離、エコスコアなど多彩な走行情報を表示します。
通常運転時には青、エコドライブ時には緑、減速エネルギー回生時には白と、エコドライブのレベルによってメーターパネル下部のランプの色が変わります。

ワゴンRスティングレーのステアリング本革巻きステアリングとオートエアコン

ワゴンRスティングレー専用のレッドステッチ入り本革巻ステアリングホイールには、運転手のスポーツマインドを刺激するかっこよさがあります。ステアリングオーディオスイッチはハイブリッドT・ハイブリッドXの両方に標準装備されます。
エアフィルター付きのフルオートエアコンも両グレードに標準装備されています。操作が簡単なボタン式を採用しています。

ワゴンRスティングレーのパドルシフトパドルシフトとクルーズコントロールでスポーティな走り実現

ワゴンRスティングレーのHYBRID Tは、ダイレクトにスポーティな走りを体感できるパドルシフトと高速道路での走行時に便利なクルーズコントロールシステムを標準装備しています。

ワゴンRスティングレーのフロントドアガラス

フロントドアガラスには、UV・IR(紫外線・赤外線)をカットする特別なガラスを使用しています。日焼けを防止するとともに、赤外線をカットすることで室内の気温上昇を抑えてくれます。

スズキ新型ワゴンRスティングレーのシートはスティングレーらしい大人っぽくシックなデザイン

ワゴンRスティングレーのブラウンカラーのファブリックシートシックな雰囲気のブラウンカラーのファブリックシート

ワゴンRスティングレーは、黒をベースに上質感のあるブラウンカラーをアクセントに取り入れたファブリックシートを採用しています。25周年記念モデルのワゴンRスティングレーHYBRID Xリミテッドには、標準仕様と同じデザインでブラックの専用シートが設定されます。

ワゴンRスティングレーのシートヒーター

運転席シートヒーターはワゴンRスティングレー全車に標準装備、助手席シートヒーターは4WD車にのみ標準装備となります。冬場のドライブも快適に楽しめます。

ワゴンRスティングレーのカバーシート純正カバーシートはブラウン・ブルー・ブラック/レッドの3種類

純正オプションのシートカバーは、ワゴンRスティングレーの内装のカスタムにおすすめのアイテムのひとつです。ブラウンやブルー、革調のブラック/レッドなどカラーも素材も豊富にラインナップしています。純正品はもちろん、社外品で気に入ったデザインがあればそれらを合わせてかっこよくドレスアップしても良いでしょう。

ワゴンRスティングレーの室内空間は開放的!ラゲッジルームはシートアレンジ次第で用途が広がる

ワゴンRスティングレーのラゲッジルーム

軽ワゴンナンバーワンの室内長(2,450mm)を誇る新型ワゴンRスティングレーは、室内高は1,265mmと頭上空間も広く確保されています。居住性を考えたコンパクトな次世代プラットフォームを導入したことにより、開放的な車内が広がっています。

ワゴンRスティングレーの荷室開口部

新型ワゴンRスティングレーの荷室開口高は840mm、荷室開口幅は1,165mm、荷室幅は1,180mmです。バックドア側からもワンタッチ操作が可能なワンタッチダブルフォールディングリヤシートを取り入れることで、荷物の積みやすさをさらに向上させています。

ワゴンRスティングレーのシートアレンジシートアレンジで長い荷物も載せられる

荷物のサイズや乗る人数に合わせたシートアレンジが可能なワゴンRスティングレー。ゴルフバッグやサーフボードのような大きな荷物も長尺物もラクラク積載できます。

高いユーティリティを追求したワゴンRスティングレーの収納スペース

ワゴンRスティングレーの収納スペース小物の収納スペースや傘の収納スペースも完備

アンブレラホルダーは軽初採用とされるワゴンRスティングレーならではの収納ポイントです。およそ90cmまでの傘を仕舞えます。
フロントアームレストボックスにはガムなどの小物類を入れるのにちょうどいいスペースがあります。蓋つきなので中身が飛び出ることもありません。

運転席と助手席にはそれぞれトレーとドリンクホルダーが設置されています。インパネアッパートレーと助手席オープントレーはティッシュ等を置くのに便利です。
助手席にはシートアンダーボックスを搭載しています。靴の替えなどを収納するのに使えます。

ワゴンRスティングレーの純正オプションアイテムで内装をグレードアップ!

ワゴンRスティングレーのイルミネーション

ワゴンRスティングレーのフロアを明るく照らすブルーのイルミネーションは車内の数か所に取り付け可能です。ムーディな雰囲気漂うワゴンRスティングレーでナイトドライブを一層楽しめます。

ワゴンRスティングレーのラゲッジオプションラゲッジルームを便利に使うオプション装備も豊富

荷室の利便性を向上させるマットやトノカバー、ネットなどのラゲッジアイテムも充実しています。新型ワゴンRスティングレーの収納力・使いやすさがさらにアップします。

ワゴンRスティングレーのキャンプ用品タープなどワゴンR専用のキャンプ用品はアウトドア好きの方におすすめ

アウトドア好きのドライバーには、カーテン・タープのセットやプライバシーシェード等もおすすめです。フルフラットモードにしてベッドクッションを敷けばスティングレーでの車中泊も可能となります。

SUZUKI新型ワゴンRスティングレーは2017年度予防安全性能評価で最高ランクを獲得!

ワゴンRスティングレーの先進安全機能

「デュアルセンサーブレーキサポート」と「全方位モニター」を搭載したワゴンRスティングレーは、その優れた安全性能が評価され、2017年度の予防安全性能評価で「ASV++」という最高ランクを獲得しています。

全方位モニター用カメラは車両の4か所にカメラを装着して車を真上から見下ろすような映像を表示し、死角を排除して駐車操作をより安全に行える機能で、メーカーオプションでワゴンRスティングレーに搭載可能となっています。
ワゴンRスティングレーに搭載される先進安全機能のひとつ「ヘッドアップディスプレイ」は軽初採用の安全装備です。こうしたさまざまな先進安全機能により、ドライバーと同乗者の安全を守ります。

新型ワゴンRスティングレーの内装はおしゃれにこだわるドライバーにおすすめ

年々改良を重ねてスタイリッシュなビジュアルになっていくSUZUKIのワゴンRですが、その中でもワゴンRスティングレーはシンプルながらもおしゃれな内装が魅力的です。現行型のスティングレーは、スポーツテイストを押し出した男女問わず好まれるデザインとなっていて、カスタムパーツでのドレスアップも大いに楽しめます。

コックピットや車内の収納には軽自動車初採用の装備も加えるなど、初代のデザインを踏襲しつつも新しさを取り入れており実用性も抜群なワゴンRスティングレー。「おしゃれも使いやすさ、どちらも両立したい!」というユーザーにぴったりの軽自動車です。25周年を迎えたワゴンRシリーズのさらなるグレードアップが期待されます。