ロックナットの使い方や注意点

ロックナットは盗難防止に効果的 使い方や購入時の注意点

ロックナットを全輪に装着すれば、ホイールは盗難される恐れはなくなります。特殊な溝を用いる仕組みを採用する事で防犯力を高める、ロックナットの取り付け方、社外アイテムを購入した際に便利な平面座ナット等の取り付け座に関する情報、ホンダ車の多くが採用するナットサイズに関する情報も紹介。

ロックナットは盗難防止に効果的 使い方や購入時の注意点

ホイールの盗難防止に効果大!ロックナットの取り付け方と購入する際の注意点

ロックナットは、ホイールの盗難防止に役立つアイテムです。

車の足回りをドレスアップするために設置したホイールが盗難の被害に合うケースは少なくありません。高級車のラグジュアリー感にマッチするホイールや、スポーツカーの走りの魅力を引き上げるために装備したホイールは付加価値が高いため、盗難の被害に合いやすくなります

ホイールの盗難防止策には、タイヤ・ホイールロックやセキュリティアラームを装着する方法もありますが、駐車する度に脱着が面倒となる、強風の影響でもアラームが作動してしまうなどのデメリットがあります。

ここでは、リーズナブルな値段設定ながら高い防犯効果を発揮するロックナットの特徴や使い方などに関する情報を紹介します。

ロックナットは専用器具でなければ外せない防犯性に特化したホイールナット

レイズのロックナットホイールの盗難防止効果が高いロックナット

ロックナットは、専用器具でなければ外せない特殊性によって防犯力を高める、ホイールナットです。

通常のホイールナットは、溝の部分ではスタンダードな六角形の形状を採用し、ロックナットほどの特殊性を持たせないため、カー用品店等で販売される六角レンチの微調整を行えば、簡単に取り外すことが可能です。

一方のロックナットの溝は、専用器具でなければ取り外せない特殊な形状を採る仕組みを採用して、防犯力を強化します。ロックナットは4個~6個1セットで販売され、4輪全てに設置して、ホイールの安全性を高めます。

ロックナットを取り付ける・外す際に用いる専用器具は、購入した商品と一緒にセット販売されます。専用器具を紛失してしまえば、取り外す際に面倒となるため、大切に保管する事をお勧めします。

ロックナットを取り付け方法と用意するもの

レイズのロックナットのパッケージロックナットと取り外しする専用工具はセットで販売されている

ホイールの盗難に高いセキュリティを発揮するロックナットの取り付け法を紹介します。ロックナットは、溝の構造に特徴性を持たせ、その形状に適した専用工具以外での作業では空転する仕組みを採用します。

用意するもの

・ロックナット
・トルクレンチ
・軍手

専用工具をロックナットに被せる

ロックナットをかぶせる男性ロックナットに専用工具を被せる

専用工具をロックナットの溝に被せます。作業中にロックナットの特殊な溝を破損させないためには、専用工具が溝にしっかりとはまっているかを確認する事が大切です。

トルクレンチでロックナットを締め付ける

専用工具を十字レンチにはめる男性トルクレンチ(十字レンチ)に専用工具を取り付ける

十字レンチでロックナットを閉める男性十字レンチを使う時は締め付け過ぎに注意する

専用工具とトルクレンチ(十字レンチでも代用可能)を連結させて、反時計回りにレンチを動かしてロックナットを締め付けます。
レンチを回す際には、専用工具とロックナットの位置が直線状となっている事を意識しながら行います。

ロックナットがきちんと締め付けられているかを最終確認する

締め付けが十分か確かめる男性走行中のトラブル防止のため最終確認

ロックナットの全体図ロックナットの取り付けに成功

ロックナットの締め付けが不十分であれば、走行中のトラブルの原因となってしまいます。そのため、きちんと締め付けられているのかを最終確認する必要があります。

締め付けが十分であるかは、ロックナットを叩いた際に発生する、トントンという音の響き確認できます。

純正以外のロックナットを購入するには注意が必要

純正オプションでロックナットを購入するケースであれば、問題ありませんが。社外アイテムを購入する方は、自分の車に適したサイズや取り付け座面のロックナットを購入する必要があります。

自分の車に適したロックナットのサイズを選ぶ

軽自動車であれば「M10×P1.5」、トヨタやホンダ車などであれば「M12×P1.5」、ランドクルーザーや日産GT-R NISMOなどの車種であれば「M14×P1.5」が適合ナットサイズとなります。

ホイールナットの各商品に記載されるアルファベットや数字の組み合わせが何を意味しているのかを、日産やスズキ車が採用する「M12×P1.25 21HEX」を具体例で用いて紹介します。

M12×P1.25 21HEX(表記サイズの具体例)

M12:M=ミリメートル単位、12=ネジの直径
P1.25:P=ネジ山のピッチ、1.25=山と山との距離(mm)
21HEX:HEX=HEXAGON(ナットの形・六角形)、21=六角形の2面幅

ロックナットの取り付け座の形状は3タイプ

トヨタ純正の平面座ナットトヨタ純正の平面座ナット

社外品のレイズのロックナットレイズのテーパー座ナット 社外品のロックナットを使う時はサイズに注意

自分の車に適合するサイズのロックナットであっても、取り付け座の形状がマッチしていなければ、ホイールをしっかりと固定する事は出来ません。ここでは、取り付け座の3タイプの特徴と採用するケースの多い自動車メーカーについても紹介します。

テーパー座ナット

テーパー座ナットは先端部が細くなる構造を採用するスタンダードなアイテムです。ホイールとの設置面である座面の角度は60°が一般的です。

球面座ナット

座面が丸みを帯びているのが特徴で、ホンダ車の純正パーツとして利用されます。

平面座ナット

座面は平べったく、ワッシャーが付いたよう形状を採用します。トヨタ車の純正パーツとして利用されます。

専用器具をなくした時の対処法

ロックナットが盗難防止に効果を発揮するのは、専用器具でなければ外せないからです。もしも、専用器具を紛失してしまったら、取り外すのに際に苦労してしまいます。そういったケースで役立つ対処法を紹介します。

キー番号で新しい専用器具を取り寄せる

ロックナットの純正アクセサリーには、それぞれキー番号が付いています。ロックナットを紛失した際には、各商品に割り与えられているキー番号をディーラーに伝える事で、自車に装着したロックナットに適合する専用器具を取り寄せる事ができます。

ユーザー登録制度を利用する

社外製品には、キー番号が付いていないタイプの商品もあります。キー番号が付いていないロックナットを購入したケースであれば、ユーザー登録制度を利用すれば、製造メーカーから新たな専用器具を取り寄せることができます。

ユーザー登録制度は、保証書に記載される、電話番号に連絡し諸手続きを済ませば利用可能となります。

ディーラー・カー用品店に依頼

専用器具をなくした際に即効性のある解決法が、ディーラー・カー用品店に依頼する事です。

ディーラー・カー用品店では、より良いサービスを充実させるため、自社で取り扱っているロックナットの専用器具を一式取り揃えているケースもあります。

ただ、ディーラー・カー用品店に依頼すれば、工賃などがかさむため費用が高額になってしまいます。

リーズナブルで簡単に設置できるロックナットで高級ホイールをガードしよう

ロックナットは、簡単に取り付ける事ができて、リーズナブルな価格帯も魅力的なホイールの盗難防止に効果的なアイテムです。

ホイールの窃盗犯は、転売するのに適した高級なホイールに狙いを定めます。そのため、高額なホイールに簡単に取り外せるホイールナットを組み合せであれば、盗難のリスクが高まります。

自分の車を足元からスポーティーにカッコ良く、光沢感と魅力的なデザインでラグジュアリーにカスタマイズしてくれるホイールを守るために、効果絶大なロックナットを積極的に利用しましょう。