ナンバー灯をLEDに交換

ナンバー灯を交換する方法!LEDで明るくスタイリッシュにする

ナンバー灯を交換するには純正球をLEDランプに差し替えるだけですが、実際にはどうすればいいのでしょうか?ライセンスランプの選び方や車検に通るもの通らないもの、交換する手順をまとめましたのでチェックしてみてください。

ナンバー灯を交換する方法!LEDで明るくスタイリッシュにする

ナンバー灯をLEDに交換する方法!リアビューをスタイリッシュに

ライセンスランプとも呼ばれるナンバー灯は、ポジションランプをLEDに交換したら一緒に取り換えておきたい場所です。純正球の温かみのある色もいいですが、みんな一緒なので個性が無く、フロントをスタイリッシュにしたらリアも合わせておくと全体の雰囲気も引き締まって見えます。

ナンバー灯の交換は、レンズカバーを外すだけの簡単にできる車種とバックドアの内張りを剥がさないといけない車種がありますが、基本的にはポジションランプの交換と同様で、純正球をLEDランプに差し替えるだけです。

そこで、ナンバー灯の選び方と交換する方法を紹介します!車種によってバルブへのアクセス方法は違いますが、ソケットまで到達できればあとは楽に交換することができます。

ナンバー灯の交換にはホワイトLEDランプがベスト

ポジションランプと同様に、ナンバー灯には純正の電球色か白色しか使うことができません。赤や青、紫などの色や点滅するものなどは公道で使用できず車検にも通らないので注意が必要です。

色温度は6,200K付近が白色のLEDになり、ポジションランプ用ではなくライセンスランプ用、ナンバー灯用と記載していて車検にも対応しているものがいいでしょう。ライセンスランプは、車種によってソケットの向きがバラバラで、直接ナンバーを照らすように向いている車種や、ナンバーと直角に設置されている車種、ナンバーの横に設置されている車種などがあります。

ライセンスランプの向きはレンズカバーの向きと同じように設計されている車種が多いので、レンズカバーの向きで判断するといいでしょう。直接ナンバーを照らす車種はレンズカバーも直接ナンバーに向いていて、直角に照らす車種はレンズカバーも直角に設置されていることが多いです。

車のナンバーを照らすナンバー灯レンズカバーがナンバーに向いている車種

カバーが無いタイプのナンバー灯レンズカバーが直角に設置された車種

LEDライセンスランプは車種ごとの配光タイプがある

直接ナンバーを照らす車種:ポジションランプと同様のタイプを選ぶ
直角にナンバーを照らす車種:下向きに発光するタイプを選ぶ

ナンバー灯を交換する方法

ナンバー灯を純正球からLED球に交換するには、どうすればいいのでしょうか?方法は車種によってバラバラですが、ほとんどの場合は「リアゲートの内張りを剥がして交換」か「外側からレンズを外して交換」の2パターンです。

手をケガしないよう軍手と外装や内装を傷つけないように内張り剥がしを用意したら、さっそく始めてみましょう。

ナンバー灯交換で用意するもの

軍手
内張り剥がし
ライセンス用LEDランプ(ナンバー灯用LEDランプ)

リアゲートの内張りを剥がして交換する

ライセンスランプはバックドアについている車種が多く、丸いレンズではなく平たいレンズがついている車種はバックドアの内張りを剥がしてソケットへアクセスするパターンが多いです。また、レンズにネジがついている車種は、ネジを外すだけでソケットにアクセスできる車種もあります。

ネジ付きカバーのナンバー灯ネジがレンズについている150プラド

バックドアを開けるとリアワイパーのモーターや配線を隠している内張りが見えるので、それを内張り剥がしを使って外します。車種によってクリップの数は違いますが、内張り剥がしをバックドアと内張りの間に差し込み、クリップが見えたら、それを外していきます。

1個外れたらそこから力を入れてめくり、同じクリップを探して1個ずつ外していきます。全て外れたら内張りがバックドアから外れるので、傷をつけないように車内に入れるようにしましょう。また、クリップは内張りを再度はめる時に使うので無くさないようにしてください。

ナンバー灯のソケットバックドアのライセンスランプ

内張りを剥がすとリアワイパーモーターや配線が見えるので、ライセンスランプソケットを探します。リアモーターの台座の奥にある場合は、周りの金属で手を傷つける場合が多いので気を付けてください。

ライセンスランプソケット交換したLEDランプ

ライセンスランプソケットをポジションランプ交換と同様に左か右にまわしてロックを外して純正球からLEDランプへ交換します。純正球からLEDランプに交換したらソケットを戻す前に点灯確認をして、点灯しなければLEDランプをソケットから外し180度横に回転させて逆に取りつけます。

LEDランプは極性があるので、プラスとマイナスが逆に差し込んでいると点灯しないためです。

2つあるナンバー灯LEDランプが点灯するか確認

無事、ライセンスランプを2個ともLEDランプに交換することができました。ソケットを戻して再び点灯していることを確認したら、内張りにクリップをつけてはめ込まれていた場所に戻して完成です。

外側からレンズカバーを外して交換する

外側からレンズカバーを外して交換できるタイプは、レンズ本体を左か右、もしくは両側からつまんではめ込まれているツメを外して交換します。無理をするとツメが折れてレンズが装着できないことになるので、不安な時はバックドアの内張りを剥がして交換するといいでしょう。

車種により違うナンバー灯ストリームのレンズカバー

レンズカバーを外したら純正球が見えるので、ソケットから外してLEDランプに取り換えます。すぐにレンズを戻さずに1度スモールランプを点灯させて、ライセンスランプが点くか確認をしてからレンズを戻します。

レンズカバーがナンバーと直角に設置されている車種は下向きタイプのLEDランプが、ナンバーに向かって設置されている車種はポジションランプと同様のタイプがしっかりとナンバーを照らしてくれます。

ナンバー灯の色は白色で読み取れる明るさが車検に適合

車検ではナンバー灯も検査項目に含まれていて色は白系統か、20m先にあっても数字と文字が見えるか、均一に照らしているかなどが見られます。

LEDランプは特性上まっすぐにしか光が進まないので、ナンバー灯に直角に設置されている車種に光が拡散しない設計のLEDランプを装着しても、白くはなりますが純正球に比べて暗くてナンバーが読み取れなくなります。

ナンバーを照らす光が暗くてナンバーが読み取れないと車検にも通らないので、せっかくカスタマイズしても再び純正球に戻す手間が発生します。しっかりとナンバーが読み取れるライセンスランプ用のLEDランプを使用するといいでしょう。

ナンバー灯の交換はポジションランプの交換とセットがおすすめ

フロントのポジションランプを白いLEDに交換してもリアのライセンスランプが黄色い純正球のままだと、アンバランスなスタイリングになります。ポジションランプをLEDに交換したら、ぜひナンバー灯もLEDに交換してスタイリッシュにしましょう。

ナンバー灯の選び方は、白(6,200K付近)でT10のLEDランプを選び、レンズカバーの向きによってポジションランプと同様のタイプか、下向きのタイプかを選びます。

夜間点灯したときにナンバーを照らしている所と照らしていないところがあるなどムラがある光、暗すぎるランプだと車検に通らない可能性があるので、しっかりとナンバーを照らすLEDライセンスランプを選んでください。