駐車監視機能付きドライブレコーダー

ドライブレコーダーは駐車監視機能があると安心!イタズラや当て逃げを見張るドラレコを紹介

ドライブレコーダーは駐車監視機能がついたものを選ぶと安心です。エンジンを切ったあとでも録画してくれるため、駐車中の当て逃げやイタズラ・車上荒らしの犯人捜しに一役かってくれます。雪が降る時期はレンズを覆わないようにするのが大切です。

ドライブレコーダーは駐車監視機能があると安心!イタズラや当て逃げを見張るドラレコを紹介

駐車監視機能のついたドライブレコーダーを装着しておくと駐車中のイタズラにも安心

運転中の前方や後方の映像を録画してくれるドライブレコーダーは、事故を起こした時の証拠や煽り運転対策としても有効に活用できる装着必須と言ってもいいくらいのカー用品です。中でも駐車中にも録画してくれるドラレコもあり、駐車中のイタズラや車上荒らしも録画してくれる可能性が高いため安心感があります。

そこで、ドライブレコーダーの駐車監視機能とは何か、パーキングモードがついているドライブレコーダーの機種を紹介します。

最近ではあおり運転での逮捕者も出ていて、「あおり運転行為はやめよう」という認識も育ってきていますが、運転中いつどこで煽り運転や事故に遭うか分かりませんので、もしものためにも搭載しておくと安心です。

ドライブレコーダーの駐車監視機能とは駐車場に停めてエンジンを切ったあとでも録画してくれる機能

駐車監視機能付きのドライブレコーダー駐車監視機能付きのドライブレコーダーは駐車中の当て逃げなどに効果的

ドライブレコーダーの中には駐車中もバッテリーに繋がった電源で給電し、常時録画・モーションセンサー録画などをしてくれる機能を持っているドラレコもあります。レコーダーの内臓バッテリーを使って録画するものや、モバイルバッテリーを繋いで給電するものもあるため、難しい配線・設置は厳しいと考える人でも楽に取り付けができます。

衝撃感知録画は、駐車中にぶつけられた時に作動し当て逃げをした車の特徴を録画してくれます。動体検知録画は、カメラが映る範囲で物や人が動いた時に作動するもので車内を覗き込む怪しい人物などを録画することができます。

ドライブレコーダーを設置しているだけで車上荒らしを抑制する効果もあると考えるため、フロントガラスに貼り付けておくだけでもいいでしょう。

駐車監視機能のあるドライブレコーダーのメーカーと機種を紹介!

駐車監視機能(パーキングモード)を搭載しているドライブレコーダーを紹介します。ドラレコが普及し始めた頃は珍しい機能でしたが、いまでは標準装備していることが多くなっていて選択肢も増えているのが嬉しいポイントです。

Yupiteru(ユピテル)SN-ST50cはスーパーナイト機能を搭載し夜間でもハッキリと鮮明に録画する

Yupiteru SN-ST50c

おすすめドライブレコーダーYupiteru SN-ST50cユピテルSN-ST50cはスーパーナイトモード搭載で夜間のでも鮮明に録画してくれる

メーカー Yupiteru(ユピテル)
型番 SN-ST50c
画素数 200万画素
レンズ画角 対角124°
GPS 有り
Gセンサー 有り
記録方式 常時録画・イベント記録
駐車監視 オプション品の接続が必要
価格(値段) 17,000円~(2018年調べ)

ユピテルのベーシックモデルであるSN-ST50cは、フルHD画質でくっきりとした映像が撮れるだけではなく、スーパーナイトモードを搭載し光源のない夜間でもハッキリと録画してくれます。暗くてよく見えなかった夜間の録画も鮮明に見えるようになるため状況をしっかりと確認することができます。

駐車記録をするためには、本体とは別にオプション品を購入し接続しなければなりませんが、最大で12時間衝撃検知して記録してくれます。

SN-ST50cの駐車記録に必要なオプション品

  • 「5Vコンバーター付き電源直結コード」
  • 「マルチバッテリー」または「電圧監視機能付き電源ユニット」

車体が揺れた時や駐車中にぶつけられた時など、衝撃を感知すると録画を開始します。駐車監視機能が欲しいなら、本体と同時にオプション品も購入することで設置も1度で済むため楽です。

Yupiteru(ユピテル)SN-SV60vdは駐車監視機能を標準装備し無線LAN内臓のためスマホですぐに映像を確認できる

Yupiteru SN-SV60vd

おすすめドライブレコーダーYupiteru SN-SV60vdスリムボディが特徴のユピテル SN-SV60vdはスッキリした見た目にしたい方におすすめのドラレコ

メーカー Yupiteru(ユピテル)
型番 SN-SV60vd
画素数 200万画素
レンズ画角 対角140°
GPS 有り
Gセンサー 有り
記録方式 常時録画・イベント記録
駐車監視 標準装備
価格(値段) 27,000円~(2018年調べ)

スリムボディでスッキリとした取り付けとなるのがユピテルのSN-SV60vdで、ST50cでは必要だった駐車監視機能のオプション品が標準装備されるため、本体だけで駐車中も常時録画やセンサー録画をすることができます。

スタンダードモデルと同様に夜間でも鮮明に映像を撮ることができるスーパーナイトモードも搭載しています。ボディ幅は約10cm、高さは約3.5cmのスリムボディで、フロントガラスに貼り付けても邪魔になりにくいです。電圧監視機能付き電源ユニットも付属していて、最大12時間までのオフタイマーの設定ができます。

ほかにも、無線LANを内蔵しているためスマートフォンで専用アプリを使い走行映像の確認や、録画の開始・停止、映像のバックアップを取ることができます。

COMTEC(コムテック)のHDR-352GHPは標準で駐車監視機能を搭載し運行管理ソフトやステッカーも同梱したプレミアムなモデル

COMTEC HDR-352GHP

おすすめドライブレコーダーCOMTEC HDR-352GHPコムテックHDR-352GHPは逆光に強いHDR搭載で昼間の映像も鮮明に記録する

メーカー COMTEC(コムテック)
型番 HDR-352GHP
画素数 200万画素
レンズ画角 対角168°
GPS 有り
Gセンサー 有り
記録方式 常時録画・イベント記録・マニュアル録画
駐車監視 標準装備
価格(値段) 21,000円~(2018年調べ)

COMTEC(コムテック)のドライブレコーダーの中でもHDR-352GHPはおすすめのモデルで、駐車監視機能を標準装備して逆光に強いHDRを搭載、夜間でも明るく録画できるようカメラのイメージセンサーも大きいものを搭載しています。

ドライブレコーダーの録画機能衝撃を受けると前後の映像を保存してくれるので安心

駐車監視機能は最大12時間の録画が可能で、車両側のバッテリー電圧が低下した時は自動的に録画を停止しバッテリーが上がらないよう保護してくれます。駐車中でも常時録画をしてくれ、ぶつけられた時など衝撃を感知した時は前後の映像を保存してくれるため安心です。

ドライブレコーダーの作動中を示すステッカー録画中のステッカーが2枚同梱

ほかにも、ドライブレコーダーの装着をアピールするステッカーを2枚同梱しているため走行中や駐車中にも録画していることを周りに知らせることができます。映像を見るためのビューワソフトや運行管理ソフトも使えるため、会社で使っている車の運行記録も簡単に管理することができるため便利です。

COMTEC(コムテック)のHDR-751GPはスリムタイプでスッキリと取り付けできるため前方視界を邪魔せず標準で駐車監視機能も搭載している

COMTEC HDR-751GP

おすすめドライブレコーダーCOMTEC HDR-751GPGPS付きで煽り運転対策にも役立つコムテックHDR-751GP

メーカー COMTEC(コムテック)
型番 HDR-751GP
画素数 200万画素
レンズ画角 対角168°
GPS 有り
Gセンサー 有り
記録方式 常時録画・イベント記録・マニュアル録画
駐車監視 標準装備
価格(値段) 23,000円~(2018年調べ)

コムテックのHDR-751GPはフロントガラスにスッキリと取り付けできるスリムタイプで、標準的なサイズのドライブレコーダーだと運転中気になってどうしてもよそ見してしまうという人にもおすすめのドラレコです。

352GHPと同様に駐車監視機能を標準装備し、751GPではタイムラプス録画が出来るためSDカードの容量も節約できます。最大12時間の録画ができ、バッテリー上がりを防止するために電圧が下がってきたら自動的に録画を中止するバッテリー保護機能もあります。

GPSを搭載していて走行中のおおよその場所をドラレコ側で把握しているため、Hシステムなどの自動速度取り締まり機が近づいていると警報を発して教えてくれる機能もあります。もちろんドライブレコーダーの設置を知らせるステッカーも2枚同梱しているため、あおり運転や車上荒らしの抑止力にもなります。

KENWOOD(ケンウッド)のDRV-W630は無線LAN機能を搭載していてスマホへの転送も楽にできるためシェアする楽しみもある

KENWOOD DRV-W630

おすすめドライブレコーダーKENWOOD DRV-W630思い出のドラレコ映像を動画サイトなどに手軽にアップロードできるケンウッドDRV-W630

メーカー KENWOOD(ケンウッド)
型番 DRV-W630
画素数 400万画素
レンズ画角 対角115°
GPS 有り
Gセンサー 有り
記録方式 常時録画・イベント記録・手動録画
駐車監視 オプション品の装着が必要
価格(値段) 20,000円~(2018年調べ)

ケンウッドのDRV-W630は無線LANを搭載したドラレコで、スマートフォンと接続し映像の確認や転送が手軽にできるため、SNSなどで簡単にシェアすることができます。ただ映像を録画するだけではなく、運転支援機能も搭載していて前方衝突警告や車線逸脱警告を行ってくれます。

DRV-W630の運転支援機能

  • 前方衝突警告
  • 車線逸脱警告
  • 発進遅れ警告
  • リフレッシュ通知
  • エコドライブ表示
  • 情報表示モード

駐車監視機能はオプションとなり、本体とは別売りのドライブレコーダー用車載電源ケーブルを購入しなければなりませんが、最大24時間の衝撃感知・モーション感知での駐車録画が可能になります。記録できる映像は、フルハイビジョン(フルHD)よりも画質のいいWQHDモードを搭載した400万画素ですので事故の記録だけではなく、ドライブの景色なども綺麗に録画してくれます。

ドライブレコーダーを選ぶなら駐車監視機能がついたものが夜の見張りも行ってくれて安心感がある

ドライブレコーダーは走行中の映像を録画してくれるため、事故があった時に有無を言わさぬ証拠となるもので、カー用品の中でも優先的に装備しておきたいパーツです。主に自動車事故は走行中に起こるものですが、エンジンを切った駐車中の当て逃げはドライブレコーダーの電源が入っていないため記録されません。

そこで必要となってくるのが駐車監視機能のついたドライブレコーダーで最大12時間か24時間、車のバッテリーから給電を行い監視してくれます。オフタイマーがついているのはバッテリーを消耗しすぎて上がらないようにするためです。

商品によって本体だけで駐車監視機能が使えるもの、オプション品を別途用意しなければパーキングモードが使えないものとありますので、注意する必要があります。駐車監視モードがあることで、駐車場に停めたあとも車上荒らしなどの抑止力にもなりますのでとても便利です。