車のシートカバーの装着時期やメリット

車のシートカバーは万能なカスタムグッズ!装着時期や種類まとめ

車のシートカバーは汚れを防いでくれるだけではなく、ラグジュアリー感を出す、レーシーな雰囲気にするなど個性を出すこともできます。子育て中にシートカバーを装着しておき、車を手放すときに外せば汚れなども目立たず査定はマイナスになりにくいなど、シートカバーについてまとめました。

車のシートカバーは万能なカスタムグッズ!装着時期や種類まとめ

車のシートカバーは必要?あると便利なカスタムグッズ

車のシートカバーとは純正のシートに着せるカバーのことで、防水性が高いもの、チェック柄などファッション性が高いもの、皮革を使った高級感のあるものなど、様々なタイプがあります。シートカバーには純正オプション品や社外品があり、自分の好みに合わせて柄や素材などを選ぶことができます。

シートカバーの種類や装着時期などについて紹介していきますので、チェックしてみてください。

シートカバーは純正オプションと社外品がある

オレンジのストライプが入ったシートカバー

車のシートカバーは、メーカーのオプション品として設定されている「純正オプション」のほかに、カー用品店などで販売している「社外品」のシートカバーの2種類があります。

純正オプションシートカバーと社外品シートカバーのそれぞれの特徴やメリットなどを紹介します。

純正オプションは実用性重視

マツダの純正シートカバー

車メーカーのオプション品として設定されているシートカバーは本革調や防水性が高いものなど、実用的なシートカバーがラインナップしています。また、車種ごとにシートカバーがオプションとして設定されているのでフィッティングもバッチリです。

また、車種によってはサイドエアバッグなどを搭載していますが、純正シートカバーは対応しているものが多く、「サイドエアバッグが作動した時にシートカバーに覆われていて開かない」などのトラブルもありません。

純正オプションシートカバーの特徴

・車種別設計でぴったりフィットする
・取り付けをディーラーで行ってくれる
・車種のイメージに合ったシートカバーを選べる
・サイドエアバッグなどの装備が合っても装着できる
・同じ見た目でも社外品より値段が高いことがある

社外品はファッション性重視

おしゃれなホワイトシートカバー

車メーカー以外から販売されている社外品のシートカバーは、ラグジュアリーなデザイン、レーシーなデザインなどファッション性が高いものが多く、純正品に比べて価格も安く設定されているシートカバーがあります。

社外品のシートカバーには、どの車種にも合うように大まかなサイズで作った汎用品と、車種別に設計された専用品があり、汎用品では自分の乗っている車のフロントがベンチシートなのかキャプテンシートなのかを覚えておく必要があります。

また、社外品は自分で取り付けを行う必要があり、自信がないときは購入したカー用品店などに頼むことができます。

社外品シートカバーの特徴

・汎用品はぶかぶかになることがある
・取り付けは自分かカー用品店に頼む
・純正品に比べて値段が安いことが多い
・純正品に比べてファッション性が高いものが多い
・サイドエアバッグ装着車には取付できないことがある

シートカバーを装着する時期はオーナーの好みで

車にシートカバーを装着する時期はいつがいいのでしょうか?オーナーの好みや考え方によりますが、新車で購入したとき、車内の雰囲気を変えたくなったとき、子育て中などいくつかのタイミングがあります。それぞれの時期にシートカバーを装着するメリットを考えてみましょう。

新車時にシートカバーを装着

新車のときにシートカバーを装着すると、もし飲み物をこぼしたなどのトラブルがあった時、まだピカピカの新しいシートを汚すことが少なくなります。またシートカバーをつけたまま数年所有したあとに外すと、新車同様の汚れのないシートがあらわれるので気分転換にもなります。

新車時にシートカバーを装着するメリット

・新車のシートに汚れがつきにくい
・数年後に外すと新車同様のシートを楽しめる

車内の雰囲気を変えたくなったら装着

個性的なデザインのシートカバー

シートカバーを装着だけでも車内の雰囲気はガラッと変わり、一気にラグジュアリーな雰囲気、ポップな雰囲気、レーシーな雰囲気と、オーナーの好みによって様々に印象を変えます。

新車や中古車で購入した車に数年乗り、なんとなく飽きてきたと思った時にシートカバーで車内の雰囲気を変えることで、また新たな気持ちで乗り続けることができます。自分のセンスで車内をカスタマイズできるので愛着も湧きます。

シートカバーだけではなく、フロアマットも一緒に変えることでさらに雰囲気を変えることができるので、おすすめのカスタマイズ方法です。

シートカバーを後から装着するメリット

・内装に飽きた時の気分転換になる
・フロアマットも一緒に交換して個性を出せる

子育て中にシートカバーを装着

子育て中は飲み物や食べ物をこぼしたり、運転席や助手席の後ろを蹴られたりと様々なことが起こります。そこで、後部座席や運転席・助手席を全て覆うタイプのシートカバーをつけておくことで汚れを防ぐことができます。

シートカバーならいくら蹴られて汚れがついても拭くか取り換えることでシートを汚すことがありませんし、飲み物をこぼした時のシミがつきにくくなります。子育てがひと段落してミニバンなどを手放すときにシートカバーで保護をしていたシミや汚れがないシートだと、マイナス査定にならないことは確実です。

子育て中にシートカバーを装着するメリット

・運転席や助手席後ろを蹴った汚れを防げる
・食べ物や飲み物のこぼし汚れやシミを防げる
・車を手放す時に汚れが少ないのでマイナス査定になりにくい

シートカバーは実用性にもファッション性にも優れるカスタマイズグッズ

車にシートカバーを装着すると汚れを防げる、気分転換できる、個性を主張できるなど様々なメリットがあります。メーカー純正で用意しているものや、社外品のシートカバーがあり、純正品は車種専用ですのでピッタリとフィットする、社外品は好きな柄を選べてファッション性に優れています。

フロアマットも同じ柄にすることで、車内の雰囲気をガラリと変えることができるので、内装に飽きたときや中古車で汚れが目立つ時に隠すこともできます。

子育て中でも運転席や助手席の後ろを蹴られる、食べ物や飲み物をこぼした時の汚れやシミを防ぐことができるのでおすすめです。