リアスポイラーの種類と効果

リアスポイラーとは?設置効果を86などの車種別商品で比較

リアスポイラーの効果や種類を紹介します。スポーツカーのトランク部に設置する「リアトランクスポイラー」や高速走行時に自動的に出現する「アクティブスポイラー」の特徴や、86やハリアー等の車に設置する純正エアロの販売価格や魅力についても取り上げます。

リアスポイラーとは?設置効果を86などの車種別商品で比較

リアスポイラーの種類と効果/ハリアーや86など車種別アイテムの特徴

リアスポイラーは、車をカスタマイズする際には選択肢に入るエアロパーツです。レースカーのような個性は発揮していないけれども、リアスポイラーを設置している車は街中で見かける機会は多いです。

今回はそんなリアスポイラーの種類やその効果、ハリアーや86などに設定可能な純正あるいは社外商品の特徴を紹介します。

リアスポイラーの種類とその役割

リアスポイラーを装備したスポーツカー

リアスポイラーは、車後部に位置するルーフ部、あるいはトランク部に取り付けるエアロパーツです。

セダンやクーペといった車種では、リアスポイラーはトランク部に設置され「リアトランクスポイラー」と呼ばれ、跳ね上がるような形状をしています。SUVやミニバンなどのルーフ部に設置されるリアスポイラーは「テールゲートスポイラー」と呼ばれ、水平あるいは丸みを帯びた形状をしています。

リアスポイラーの役割は、速度に比例して大きくなる空気抗力を整えて安定走行を実現することです。車体後部にまとわりつこうとする気流を整える効果は、加速力アップや燃費向上にもつながります。

リアスポイラーを設定するケースが多いのは、FR駆動のスポーツカーです。車体が軽く加速力に優れ、路面状況によっては車体が左右にブレやすいFR駆動のスポーツカーには、リアスポイラーの設置効果は大きいです。ミニバン等に設定するリアスポイラーは、装飾効果を意識したアイテムが中心です。

最近では、アウディやポルシェ等の高級自動車メーカーが採用する、高速走行時に自動的にリアスポイラーが出現する「アクティブスポイラー」や、ブガッティ・ヴェイロンなどのスーパーカーが導入する走行速度に合わせて形状を変化させる「可変式リアスポイラー」に注目が集まります。

86のリアスポイラーはTRDが制作する本格派

トヨタ86のリアスポイラー

86は高性能エンジンを搭載するFR駆動のコストパフォーマンスが優れたスポーツカーです。2018年3月13日には、新色「ブライトブルー」が追加設定されました。

86のリアスポイラーには、トヨタのモータースポーツ車両部門であるTRDが積極的に関わります。TRDが製造するリアトランクスポイラーは、風洞実験を繰り返し、樹脂素材にもこだわり、モータースポーツを培ってきた技術力を詰め込んだ商品です。

同スポイラーは、グレードGT・G以外に設定でき、塗装済設定色として、クリスタルホワイトパール、ピュアレッド、クリスタルブラックシリカの3色が用意されます。

リア塗装済:34,560円(税込)
素地:30,240円(税込)

ハリアーの純正リアスポイラーはデザイン性抜群

トヨタハリアーのリアスポイラー

ハリアーは、高級クロスオーバーSUVのパイオニアです。追随するライバル車を意識して、2017年6月に行ったマイナーチェンジでは、室内空間のラグジュアリーさや快適性を追求しました。

ハリアーの純正リアスポイラーは、デザインや素材選びにこだわります。そのため、ドレスアップ効果は抜群で追加設定をすれば、エクステリアには更なる高級感が加わります。

価格38,880円(税込)

ロードスターはカラーを選べる個性的な純正リアスポイラー

マツダロードスターのリアスポイラー

※ブリリアントブラック塗装

ロードスターは、日本を代表するオープンタイプのスポーツカーです。マツダは、走りを追求するユーザーを意識してリアスポイラー等のアクセサリーを充実させます。

ロードスターの純正リアスポイラーは、フロント・サイド・リアに設置されるその他のエアロパーツと色調を合わせたカラーを用意する他、カラーインパクトの大きいブリリアントブラック塗装も設定可能です。

ロードスターは、車体がコンパクトであるため、リアスポイラーは存在感を発揮しやすく、設置すればリアビューにアクセントが加わります。

価格29,160円(税込)

レヴォーグは大きく迫力があるリアスポイラーが特徴

スバルレヴォーグのリアスポイラー

レヴォーグは、ワゴン車の積載能力にスポーツカーの走行性能を組み合わせるステーションワゴンです。2017年8月にマイナーチェンジが行われてD型が誕生しました。スポーツ性能を追求するために、エアロパーツを追加設定するドライバーは多いです。

レヴォーグの純正ルーフスポイラーは、シューティングブレークに分類される同車のボディラインにマッチする大型サイズのデザインを採用します。リアスポイラーをワイド化すれば、レヴォーグのリアビューに迫力が加わります。

ワイド化のメリットには、雨や雪による後方視界への影響を少なくする事も挙げられます。

価格38,880円(税込)

S660は自動開閉するアクティブリアスポイラーが特徴

ホンダS660のリアスポイラー

S660は2人乗りのオープンカーです。同車は、ホンダにとっては1996年に販売を終了したビート以来の軽自動車規格のオープンカーで、2015年3月に発売をスタートしました。

S660は、日本車では数少ない純正アクセサリーで「アクティブスポイラー」を設定可能とする車です。
S660のアクティブスポイラーは、車速が約70km/hになると自動で跳ね上がり、約35km/h以下となれば元の位置に戻ります。スポイラーは運転席側のスイッチでも操作可能です。

価格162,000円(税込)
※ボディカラーがプレミアムスターホワイト・パール、プレミアムステイックナイト・パールでは3,240円が加算されます。

リアスポイラーで車をカッコ良くカスタマイズしよう

リアスポイラーには、スピードに比例して大きくなる空気抗力を調整し安定走行を実現する効果があります。

安定走行を邪魔する空気による抗力は、70km/h以上から影響を及ぼし始めます。そのため、リアスポイラーがエアロパーツとしての効果を発揮するのは70km/h以上です。高速道路では、その効果を体感する事ができますが、一般道でほとんど実感する事ができません。

日本の道路事情においては、リアスポイラーは走行性能に貢献するよりも、装飾効果の方が大きいと言えます。しかし、リアスポイラーを設置すれば、フロントマスクと比較すれば主張の少ない、リアビューにアクセントを加えることができます。また、車のスピードを上げる際にかかる空気抵抗が軽減されるため、加速性能があがり燃費改善の役割も果たします。

リアスポイラーで車をカスタマイズすれば、一般道では他車との差別化が図られて、高速道路ではその効果を実感しながらドライブを楽しむ事ができます!