ドライブレコーダーおすすめ

ドライブレコーダー人気<2020年決定版>カー用品ライターおすすめ54選

ドライブレコーダーのおすすめ商品を前後カメラや360度撮影タイプも含めて解説。コムテックやケンウッドなど日本製ハイスペックモデル、コスパの良い格安中国製ドラレコなど、人気商品を幅広くまとめ。2020年の最新ドライブレコーダーの発売情報やスペックはわかりしだい更新!

ドライブレコーダー人気<2020年決定版>カー用品ライターおすすめ54選

ドライブレコーダーのおすすめ2020年版!売れている人気商品まとめ

2020年に購入したいドライブレコーダーのおすすめ商品を紹介。画素数や画角などのスペックも表でまとめているので、気になる商品同士の比較もできます。

以下、ドライブレコーダーの基本性能に関する用語をまとめました。各商品紹介でも解説していますので、簡単に目を通すだけでOKです。

ドライブレコーダーの基本性能用語

  • 画素数…画質の美しさ。200万画素以上が1つの目安。
  • 最大解像度…画質の美しさの目安。フルHD(1920×1080)以上が望ましい
  • 画角…撮影できる範囲。広い方が死角なく望ましい。
  • フレームレート…1秒間の映像のコマ数。高いほうが映像は滑らかだが、容量はアップ。
  • イベント録画(衝撃録画、Gセンサー録画)…車両へ衝撃を検知した際、その瞬間の映像を上書きしないよう保護する機能。
  • マニュアル(手動)録画…スイッチを手で押して映像を記録する機能。
  • 駐車監視機能…駐車中の当て逃げや車上荒らしへの対策機能。
  • Wi-Fi…無線LAN内蔵でスマートフォンとの連携が容易。SNSへのアップも簡単
  • GPS…事故がいつどこで起きたか正確に記録できる。速度記録も可。

ドライブレコーダーのおすすめ54選 コスパ重視からハイスペックまで人気モデルを紹介

かつてはドライブレコーダーといえば、フロントガラスに装着する前方撮影タイプが大半でした。
ですが現在では、煽り運転対策に有効な後方カメラ(リヤカメラ)がセットになった前後型タイプの人気が急上昇しています。また、左右や車内を写せる360度タイプも続々新型モデルが登場しています。

業界大手コムテックの最新ドラレコは超コンパクトで役立つ機能が満載!

コムテックZDR-034

おすすめのドライブレコーダーコムテックZDR-034コンパクトかつ高画質のGPS搭載ドラレコCOMTEC ZDR-034

タイプ 前カメラ
画素数 200万画素
最大解像度 1920×1080
画角 水平118°,垂直59°,対角150°
フレームレート 9.1fps/19.1fps/29.1fps
サイズ 63mm×49mm×26.9mm
動作温度範囲 ー10℃~+60℃
録画機能 常時録画/イベント録画(衝撃録画/マニュアル録画[手動録画])/駐車監視機能オプション
Wi-Fi 無し
GPS 有り
参考価格 25,000円程度(2020年)

フルHDの高画質でナンバーもしっかり記録できるコムテックZDR-034。重量83g、本体サイズ63×49×26.9mmと運転視界を遮らず、車内をスッキリとした状態に保てます。

GPS機能付きで日時や位置情報、速度記録も正確に記録OK。安全運転支援機能、ファイル保護機能なども充実しており、オプションの駐車監視機能は最大12時間、衝撃クイック録画なら24時間の監視が可能です。

オートIR対応リヤカメラが夕暮れから夜の車内もしっかり録画!

情熱価格PLUS 前後2カメラ一体型ドライブレコーダー ゼンゴカム JDR-FR2C1-BK

おすすめの情熱価格PLUS 前後2カメラ一体型ドライブレコーダー ゼンゴカム JDR-FR2C1-BKドン・キホーテが新発売した情熱価格PLUS 前後2カメラ一体型ドライブレコーダー「ゼンゴカム 」

タイプ 前後カメラ
最大解像度 前カメラ:1920×1080
後カメラ:1080×720
画角 前カメラ:対角140°
後カメラ:対角100°
フレームレート 前カメラ:27.25fps
後カメラ:30fps
サイズ 91mm×44mm×54mm
保管環境 ー10℃~+70℃
録画機能 自動起動モード、自動録画モード、動体検知、オートIR、駐車監視モード
Wi-Fi 無し
GPS 無し
参考価格 8,700円程度(2020年)

ドン・キホーテのプライベートブランド情熱価格PLUSの 前後2カメラ一体型ドライブレコーダー ゼンゴカム JDR-FR2C1-BKは、安価ですが嬉しい機能が揃ったドライブレコーダーです。

フロントカメラはフルHD画質の動体検知機能付きで、フレームレート27.25fps。LED信号にも対応でき、ナンバープレートを鮮明に記録します。

リヤカメラはHD画質の「オートIR」機能付きです。車内が暗くなる時間帯も自動で赤外線仕様に切り替わるので、夕方~夜のドライブにもおすすめです。

人気の360度ドラレコがオービス位置データやGPS機能搭載でリニューアル!

情熱価格PLUS オービス位置データ&GPS機能対応 360°撮影カメラ搭載ドライブレコーダー 360DVRK95-BK

おすすめの情熱価格PLUS オービス位置データ&GPS機能対応 360°撮影カメラ搭載ドライブレコーダー 360DVRK95-BK安価な360度ドライブレコーダー情熱価格PLUS360DVRK95-BK

タイプ 360度カメラ
画素数 200万画素
最大解像度 1440×1440
画角 前方向き170°/下向き360°
フレームレート 27.5fps
サイズ 95mm×68mm×43mm
動作温度範囲 ー10℃~+65℃
録画機能 常時録画、駐車監視機能、Gセンサー
Wi-Fi 無し
GPS 有り
参考価格 16,000円程度(2020年)

情熱価格PLUSオービス位置データ&GPS機能対応 360°撮影カメラ搭載ドライブレコーダー 360DVRK95-BKは、2019年に発売したドン・キホーテの360度ドラレコDVR360K97-BKに、オービス位置データやGPS機能を追加したハイスぺックモデルです。

安価な価格はそのままに、音声付きスピードカメラ警報で安全運転を促し、GPS機能によって詳細な走行データが取得可能。ワイドアングルモード、球面モード、フロント/リアモード、マルチウィンドウモードの4種類の表示モードで、映像を確認できます。

駐車アシスト機能も搭載されたリヤカメラありのミラー型ドラレコ

AUKEY DRA3

おすすめのドライブレコーダーAUKEY DRA39.66インチ(約24cm)のミラー型ドラレコAUKEY DRA3

タイプ 前後カメラ(ミラー型)
最大解像度 前カメラ:1080p
後カメラ:1080p
画角 フロント:対角140°
リヤ:対角140°
フレームレート 27.5fps
サイズ 前カメラ:261mm×74mm x20mm
後カメラ:31×23x23mm
動作温度範囲 ー20℃~+65℃
録画機能 ループ録画(常時録画)、駐車モード、タイムラプス、緊急録画モード
Wi-Fi 無し
GPS 無し
参考価格 13,000円(2020年)

防眩加工が施されたミラー型ドライブレコーダーに、防水機能が付いたリヤカメラがセットになったAUKEY DRA3。リヤカメラは-20°C〜65°Cに耐えられる耐熱性・耐寒性を持っているので車外設置もOK。

9.66インチの大画面ミラーは、指で画面をスライドするたけで、フロントカメラ、リヤカメラ、前後カメラそれぞれの映像に切り替わります。バックする際には自動で補助線表示されたバックカメラ映像に切り替わる「駐車アシスト機能」も搭載されており、狭い駐車場でも安心です。

GPS内蔵で詳細な走行記録を残せるコンパクトなドライブレコーダー

セイワ RAY15

おすすめのドライブレコーダーセイワ RAY15フルHDでGPS搭載のフルHDドラレコSEIWA RAY15

タイプ 前カメラ
最大解像度 1920×1080
画角 水平136°,垂直83°,対角160°
フレームレート
サイズ 60mm×40mm×36mm
動作温度範囲
録画機能 常時録画/手動録画/衝撃検知録画/駐車監視機能(オプション)
Wi-Fi 無し
GPS 有り
参考価格 13,700円程度(2020年)

白とびや黒つぶれ対策のためのHDRやWDRを搭載したセイワのドライブレコーダーRAY15。GPSを内蔵しており、位置や速度情報などとともに専用PCビューワ(Mac非対応)で映像確認ができます。

コンパクトですが、画角が広く、フルHDの高画質。1.5インチの液晶画面によるその場での確認操作も簡単です。駐車監視機能を搭載したい場合は、別売りのF300バッテリーソケットが必要。

車外と車内の両方を録画する3カメラのドライブレコーダー

YAZACO P3 pro

YAZACO P3 pro前・後ろ・車内を録画できるYAZACO P3 pro

タイプ 前後カメラ(3カメラ)
画素数 フロント:800万画素
車内&リアカメラ:200万画素
最大解像度 フロント:3840×2160
車内&リアカメラ:1920×1080
画角 フロント:140°
車内:90°
リア:160°
フレームレート 28.0fps
サイズ 140mm×55mm×35mm
動作温度範囲 -15°~60°
録画機能 常時録画(ループ録画)/衝撃録画(Gセンサー)/駐車監視機能
Wi-Fi 無し
GPS 有り
参考価格 29,999円(2020年)

フロント140度、車内90度、リア160度の広い画角で、事故前後の様子を死角なく記録するドライブレコーダーYAZACO P3 pro。3カメラすべてにソニー製センサーSTARVIS™を搭載しており、車内カメラには赤外線LEDライトも搭載されており、夜間の映像も鮮明に記録します。

フロントカメラのみの起動だと4Kの高画質、3カメラを同時撮影時でもフルHD以上の画質を保てて、白飛びなどを防止するWDR機能付き。レジャーの思い出などを記録するにもオススメのドライブレコーダーです。

前後ともにフルHDの高画質でコスパの高いドライブレコーダー

サンワサプライ株式会社200-CARDR001

おすすめのドライブレコーダーサンワサプライ株式会社200-CARDR001前後ともにフルHD録画可能なサンワサプライ200-CARDR001

タイプ 前後カメラ
画素数 200万画素
最大解像度 1920×1080
画角 フロント:水平119°,垂直62°,対角146°
リヤ:水平145°,垂直90°,対角170°
フレームレート フロント:27.5fps
リヤ:30fps
サイズ フロントカメラ:78.5mm×51.5mm×31mm
リヤカメラ:45.5mm×30mm×35mm
動作温度範囲 ー10℃~+65℃
録画機能 常時録画/イベント録画/手動録画/駐車監視機能(オプション)
Wi-Fi 無し
GPS 有り
参考価格 19,800円程度(2020年)

フロントカメラとリヤカメラがセットになった前後型タイプのドライブレコーダー200-CARDR001。前後カメラともにフルHDの高画質が選択でき、フロントカメラは鮮明な夜間映像を映し出すソニーSTARVIS™を搭載しています。

衝撃検知時のイベント録画、GPSによる速度記録、カード容量いっぱいになると上書きするループ機能、専用ビューアソフト、オプションでの駐車監視機能など、ドライブレコーダーのオーソドックスな機能はおおよそ揃ったコストパフォーマンスの良い商品です。

夜間の車外と車内をクリアに映せる日本製ドライブレコーダー

セルスター CS-61FH

おすすめのセルスター CS-61FH車内のアングルも細かく調整できるセルスター CS-61FH

タイプ 前後カメラ(車外&車内撮影型)
画素数 車外撮影カメラ:200万画素
車内撮影カメラ:200万画素
最大解像度 1920×1080p
画角 車外撮影カメラ:水平117.9°,垂直62.2°,対角141.2°
車内撮影カメラ:水平114°,垂直60°,対角138°
フレームレート 30fps
サイズ 97×34×51mm
動作温度範囲 -10℃ ~ +60℃
録画機能 常時録画/常時録画+イベント録画/クイック録画/パーキングモード(オプション)
Wi-Fi 無し
GPS 無し(オプションあり)
参考価格 36,410円(2020年)

ソニーのイメージセンサーSTARVIS™IMX307搭載し、夜間でもクリアな映像を残すセルスター CS-61FH。車外前方と車内映像を残す2カメラタイプで、車内カメラには赤外線LEDも搭載されており、アングルも細かく調整できます。

常時録画、衝撃検知の前後を保存するイベント録画、ボタン一つで上書き保存しないように記録するクイック録画の他、オプションでパーキングモードやGPSユニットを付けることも可能。

製品3年保証がついている他、「交通事故時ドライブレコーダー買替補償金制度の対象商品」のため、1年以内にレッカー搬送を伴う事故に遭った場合には一律4万円が支給されます。

ドライバーが見ているアングルに近い右カメラ仕様のミラー型ドラレコ

AKEEYO(ALinks合同会社) AKY-X2GR

おすすめのドライブレコーダーAKY-X2GR12インチの大画面で使いやすいミラー型ドライブレコーダーAKEEYO AKY-X2GR

タイプ 前後カメラ(ミラー型)
画素数 200万画素
最大解像度 1920×1080
画角 フロント:対角150°
リア:対角140°
フレームレート
サイズ 293×72×13mm
動作温度範囲 -20℃〜80℃
録画機能 常時録画、衝撃録画、上書き録画、駐車監視機能
Wi-Fi 無し
GPS 無し(オプションあり)
参考価格 21,999円(2020年)

中国の新興ドライブレコーダーブランドAKEEYOのミラー型ドライブレコーダーAKY-X2GR(取り扱いALinks合同会社)。車外設置も可能なリヤカメラが付属している前後型ドライブレコーダーです。

ミラー型ドラレコはドライバーの視界を遮らず、そのままルームミラーやバックモニターとして使えるのがメリット。AKY-X2GRは右ハンドル車に最適な右カメラ仕様で、ドライバーの目線に近く、左右のバランスが良いアングルでの撮影が可能な点が特長です。

12インチのワイド画面は、抜群の見やすさ・操作しやすさも抜群。明暗差を補正するHDRやソニー製STARVIS™IMX307を搭載し、夜間や悪天候でもクリアな映像を保存します。

赤外線LED内蔵のデュアルカメラが夜間の映像もしっかり記録!

AKEEYO DRS2

おすすめのドライブレコーダーAKEEYO DRS2暗闇での撮影に強さを発揮するAKEEYO DRS2

タイプ 前後カメラ
最大解像度 1920×1080p
画角 フロント:対角170°
リヤ:対角152°
フレームレート 30 fps
サイズ 77 mm x 51 mm x 37mm
動作温度範囲 ー20℃~+70℃
録画機能 常時録画/動体検知/タイムラプス/緊急録画(衝撃検出時)
Wi-Fi 無し
GPS 無し(オプション)
参考価格 15,000円(2020年)

フロントカメラ170°、リヤカメラ152°と広範囲をカバーでき、「前方+車内」「前方+後方」の2タイプから好きな録画方法を選べるAKEEYO DRS2。

SONY IMX323センサーに、明暗差を補正するWDRを組み合わせることで、暗視性能が高品質なのも特長。夜間や街灯の少ない道でも、ドライバーや同乗者の表情を撮影し、後続車の様子もしっかり記録します。

大画面で見やすく運転サポート機能付きのミラー型ドラレコ

PAPAGO! GoSafe 372V3 GS372V3-32GB

おすすめのPAPAGO! GoSafe 372V3 GS372V3-32GB4.5インチ液晶画面が見やすいルームミラー型PAPAGO! GoSafe 372V3

タイプ 前カメラ(ミラー型)
最大解像度 1920X1080p
画角 水平120°,垂直96°,対角135°
フレームレート 30fps/60fps
サイズ 280×101×50mm
動作温度範囲 0°~65°
録画機能 常時録画、衝撃録画、手動録画
Wi-Fi 無し
GPS オプション
参考価格 12,980円(2020年)

4.5インチ液晶画面を採用したミラー型のドライブレコーダーPAPAGO! GoSafe 372V3 GS372V3-32GB。大画面なので見やすく、ハイビーム反射を抑える防眩加工が施されているので、ルームミラーとしても優秀です。

内蔵カメラは上下左右可動式で対角135°という画角の広さを誇り、フルHD録画に対応。F値2.2ガラスレンズによって夜間でも明るい映像を撮影でき、露出は7段階から選択できます。

時速30km/hや20km/h制限の道路標識を認識して知らせる「速度制限標識警告」、「ライト点灯忘れ警告」など、安価でありながらドライバー支援機能が付いているのも特長です。

鮮明な車内映像を残したい人におすすめのドライブレコーダー

サンコー 超高感度車内カメラ搭載前後撮影ドライブレコーダー SDLSNVDR

おすすめのサンコー 超高感度車内カメラ搭載前後撮影ドライブレコーダー SDLSNVDR自分の安全運転を証明してくれるサンコーSDLSNVDR

タイプ 前後カメラ
画素数 200万画素
最大解像度 1920×1080p
画角 フロント:対角139°
リヤ:対角146°
フレームレート 30fps
サイズ 52×68×35mm
動作温度範囲
録画機能 常時録画/Gセンサー録画/駐車監視機能
Wi-Fi 無し
GPS 無し
参考価格 19,800円(2020年)

サンコー超高感度車内カメラ搭載前後撮影ドライブレコーダーSDLSNVDRは、前方撮影用フロントカメラと主に車内を撮影するリヤカメラがセットになった商品です。

リヤカメラは赤外線ライトが搭載されており、夜間でも運転手の様子を鮮明に記録できます。自動でナイトモードに切り替わるので特別な操作は不要。脇見や居眠りなど、事故時に自分の過失がないことを証明しやすいドライブレコーダーです。

ダッシュボード据え置きでモニター折りたたみOKなドライブレコーダー

サンコー 7.84インチ前後撮影置くだけドライブレコーダー SDRODWRC

おすすめのサンコー 7.84インチ前後撮影置くだけドライブレコーダー SDRODWRCサンコーSDRODWRCは運転中の視界を遮りにくい前後型ドライブレコーダー

タイプ 前後カメラ
画素数 フロント:200万画素
最大解像度 フロント:1920×1080p
リヤ:1280×720p
画角 フロント:対角145°
リヤ:対角135°
フレームレート 25fps
サイズ フロント:238mm×100mm×120mm
リヤ:22mm×22mm×32mm
動作温度範囲
録画機能 常時録画/Gセンサー録画/駐車監視機能
Wi-Fi 無し
GPS 無し
参考価格 16,800円(2020年)

ドライブレコーダーといえばフロントガラスに取り付けるタイプが主流ですが、「サンコー7.84インチ前後撮影置くだけドライブレコーダー SDRODWRC」はダッシュボードに接着するドライブレコーダーです。バックカメラ付きで、後方撮影も可能な前後型に分類されます。

モニターを閉じた状態では約3.5センチ程度の厚さなので視界を妨げません。必要時には7.84インチのワイド画面をタッチパネル式で操作可能なので、見やすさ・使いやすさも抜群です。

F1.8明るいレンズを搭載したコンパクトな前後カメラ型ドラレコ

ケンウッド エブリオGC-TR100

おすすめのケンウッド エブリオGC-TR100ドライブレコーダー夜間撮影にも強い前後カメラ型ドラレコEverio GC-TR100

タイプ 前後カメラ
画素数 フロント:213万画素
リヤ:219万画素
最大解像度 1920×1080
画角 フロント:水平135度° 垂直約71° 対角167°
リヤ:水平120° 垂直61° 対角151°
フレームレート 28fps
サイズ フロント:90mm×56mm×27mm
リヤ:55.5mm×22.5mm×28.5mm
動作温度範囲 -10℃~+60℃
録画機能 常時録画/イベント記録/駐車録画(オプション)/写真撮影
Wi-Fi 無し
GPS 有り
参考価格 27,800円(2020年)

ケンウッドの前後撮影対応 2カメラ ドライブレコーダーEverio GC-TR100。ドラレコ業界トップクラスの明るさを持つ「F1.8レンズ」を採用し、フロントカメラは夜間撮影に強いソニー製センサー「STARVIS™」や衝撃を検知するGセンサーを搭載しています。

フロントカメラ、リヤカメラともにコンパクトなデザインですが、画角が広く、割り込みやあおり運転などの危険行為をしっかり録画します!

追加装着できる200万画素の高画質なリヤ用ドライブレコーダー

パイオニア(カロッツェリア)VREC-RH200

おすすめのドライブレコーダーパイオニア(カロッツェリア)VREC-RH200後方撮影に特化したパイオニアの小型ドラレコVREC-RH200

タイプ 後カメラ
画素数 200万画素
最大解像度 1920×1080
画角 水平114度° 垂直約62° 対角130°
フレームレート 27.5fps
サイズ 32mm×32mm×34mm
動作温度範囲 ー10℃~+60℃
録画機能 常時録画/イベント録画/手動イベント録画(マニュアル録画)
/駐車監視機能
Wi-Fi 有り
GPS 有り
参考価格 20,120円(2020年)

パイオニア(カロッツェリア)VREC-RH200は、既にフロント録画用のドライブレコーダーを持っているユーザーが追加装着できるリヤ専用のドライブレコーダーです。

フロントカメラとリヤカメラがセットになったドライブレコーダーの場合、リヤカメラの画質や機能はフロントカメラに比べて劣っていることも珍しくありません。
しかし、VREC-RH200はフルHD、200万画素と一般的なフロントカメラ並の高画質。画像補正機能WDRも搭載しており、ナンバープレートもしっかりと録画記録できます。Wi-Fiにも対応しており、録画映像はスマートフォンで確認可能です。

「ミスターGT」が監修したあおり運転も見逃さない前後2カメラ型

オウルテック OWL-DR802G-2C

おすすめのオウルテック OWL-DR802G-2Cドライブレコーダー脇阪寿一プロデュースOwltech OWL-DR802G-2C

タイプ 前後カメラ
画素数 フロント:200万画素
リヤ:100万画素
最大解像度 フロント:1920×1080p
リヤ:1280×720p
画角 フロント:対角135°
リヤ:対角130°
フレームレート 27.5fps
サイズ フロント:80.2mm×30.8mm×46.1mm
リヤ:56.4mm×31.2mm×28.6mm
動作温度範囲 -10℃~+60℃
録画機能 常時録画/緊急録画(衝撃検出時)/保護録画(手動)/マニュアル録画/動体検出録画
Wi-Fi 無し
GPS 有り
参考価格 26,949円(2020年)

「ミスターGT」の異名を持つレーシングドライバー脇阪寿一氏が監修したオウルテック OWL-DR802G-2C。パッケージには、脇阪氏の顔写真とともに「見逃さへんで!」のセリフが大きく掲載されているユニークなドライブレコーダーです。

もちろん単に面白おかしいだけでなく、ドライブレコーダーとしての性能は本物。前後カメラ型で、フロントカメラはフルHD録画、リヤカメラはHD録画の高画質です。人口衛星「みちびき」に対応しており、通常のGPSよりも高精度な位置情報を記録できます。

「ミスターGT」監修ドラレコ第2弾は取り付け簡単な前方録画用

オウルテックOWL-DR401G

おすすめのドライブレコーダー オウルテックOWL-DR401G小型だが広範囲の録画が可能なOwltech OWL-DR401G

タイプ 前カメラ
画素数 219万画素
最大解像度 1920×1080
画角 水平120°,垂直64°,対角141°
フレームレート 30fps
サイズ 62×42×66mm
動作温度範囲 -10℃~+60℃
録画機能 常時録画/緊急録画(衝撃検出時)/保護録画(手動)/マニュアル録画/動体検出録画(駐車時)
Wi-Fi 無し
GPS 有り
参考価格 15,700円(2020年)

オウルテックOWL-DR401Gは、レーシングドライバー脇阪寿一氏がプロデュースしたドライブレコーダー。第1弾のOWL-DR802G-2Cは前後カメラタイプでしたが、第2弾のOWL-DR401Gは取り付けが簡単な前カメラのみのタイプです。

「前カメラのみ」といっても、超広角141°レンズを採用しており、広範囲での録画が可能。第一弾同様、人口衛星「みちびき」に対応しており、位置情報も正確に記録できます。

車上荒らしや車両窃盗の対策にもおすすめのセキュリティ連動ドラレコ

加藤電機 HORNETセキュリティドライブレコーダーHSDR300-701

おすすめの加藤電機 HORNETセキュリティドライブレコーダーHSDR300-701HORNETのカーセキュリティレコーダーとドライブレコーダーのセット商品HSDR300-701

タイプ 前後カメラ
画素数 フロント:200万画素
リヤ:100万画素
最大解像度 フロント:1920×1080p
リヤ:1280×720p
画角 フロント:水平111° 垂直約59° 対角136°
リヤ:水平110° 垂直58° 対角130°
フレームレート フロント:30fps
リヤ:25fps
サイズ 120mm×67mm×40mm
動作温度範囲 -30℃~+65℃
録画機能 常時録画/イベント録画/手動録画/リモコン録画/センサー連動録画
Wi-Fi 無し
GPS 無し
参考価格 82,280円(2020年)

加藤電機 HORNETセキュリティドライブレコーダーHSDR300-701は、前後カメラ型ドライブレコーダーSDR300Hとカーセキュリティのセット商品です。
走行中や駐車中の録画撮影だけでなく、車両に接近する不審者やドアのこじ開けなどを検知した場合、威嚇警報などのセキュリティシステムが作動する仕組みになっています。遠隔操作で手動録画できる専用リモコンも付属します。

いたずら、車上荒らし、車両窃盗、リレーアタックなどの防犯対策に有効で、動作温度範囲が-30℃~65℃なので寒冷地での駐車監視にもおすすめです。

「360度+後方カメラ」で運転中も駐車中も撮り逃しなしのハイスペックモデル

コムテック HDR360GW

おすすめのコムテック HDR360GWドライブレコーダー全方位で鮮明な映像を残せる高性能ドライブレコーダーHDR360GW

タイプ 360度カメラ+リヤカメラ
画素数 フロント:340万画素
リヤ:200万画素
最大解像度 フロント:1856×1856
リヤ:1920×1080
画角 フロント:水平360° 垂直240°
リヤ:水平136° 垂直70° 対角168°
フレームレート フロント:27.5fps
リヤ:28fps
(駐車監視モード5fps)
サイズ フロント:66mmx109mmx44.9mm
リヤ:58mmx48.5mmx24.7mm
動作温度範囲 -10℃~60℃
録画機能 常時録画/衝撃録画/マニュアル録画/駐車監視機能(オプション)
Wi-Fi 無し
GPS 有り
参考価格 48,000円(2020年)

2019年12月発売のコムテック HDR360GWは、360度カメラと独立したリヤカメラがセットになったドライブレコーダーです。
フロントガラスに設置する360度カメラは後続車の撮影が苦手なので、リヤカメラがセットになった商品は珍しくありませんが、コムテック HDR360GWはリヤカメラもハイスペックなのが最大の特長。

リヤカメラはフルHDの高画質、白とびや黒つぶれを防止するHDR機能を搭載し、後続車のナンバーもしっかり記録します。コードを購入する必要がありますが、オプションの駐車監視機能は最大12時間、前後カメラ両方が起動するので駐車中でも360°撮影が可能です。

夜間の後方映像もしっかり記録する前後型ドライブレコーダー

コムテックZDR-025

おすすめのコムテックZDR-025ドライブレコーダードラレコ販売数量NO.1コムテックの前後カメラ型タイプZDR-025

タイプ 前後カメラ
画素数 フロント:200万画素
リヤ:200万画素
最大解像度 フロント:1920×1080
リヤ:1920×1080
画角 フロント:水平140° 垂直72°(対角172°)
リヤ:水平135° 垂直71°(対角167°)
フレームレート 19.1fps/29.1fps
サイズ フロント:92.4mmx52.1mmx30.6mm
リヤ:56.2mmx24.6mmx27mm
動作温度範囲 -10℃ ~ +60℃
録画機能 常時録画・イベント録画(衝撃録画・Gセンサー)・マニュアル録画、・後続車接近録画・駐車監視機能(オプション)
Wi-Fi 有り
GPS 有り
参考価格 28,547円(2020年)

業界最大手コムテックが2019年12月に発売した新作ドライブレコーダーZDR-025。前後カメラともに200万画素、白とびを防止するHDR補正機能つき。さらにリヤカメラにはソニー製センサーSTARVIS™を搭載し、暗くなりがちな夜間の後方映像も鮮明に記録します。

後続車の車間距離が一定レベルを超えるとアラームでドライバーに注意喚起を行うので、煽り運転対策にもおすすめです。後続接近車の映像を上書きされないように自動保存することもできます。

ナンバーを確実に記録する超高画質4Kの2カメラ型ドラレコ

VIOFO A129 PRO DUO

おすすめのVIOFO A129 PRO DUOドライブレコーダーフロントカメラは最大解像度3840×2160(4K)の高画質!

タイプ 前後カメラ
画素数 フロント:800万画素
リヤ:213万画素
最大解像度 フロント:3840×2160(4K)
リヤ: 1920×1080(フルHD)
画角 フロント:130°
リヤ:140°
フレームレート 30fps
サイズ フロント:84mmx55mmx40mm
リヤ:53mmx31mmx50mm
動作温度範囲 -10℃ ~ +65℃
録画機能 常時録画・イベント録画(衝撃録画・Gセンサー)・駐車監視機能
Wi-Fi 有り
GPS 有り
参考価格 27,999円(2020年)

フロントカメラ最大800万画素、リヤカメラ最大213万画素と驚きの画質を誇る2カメラ型ドライブレコーダーVIOFO  A129 PRO DUO。リヤカメラにも夜間撮影に強いソニー製STARVIS™センサー「IMX291」を搭載しています。

一般的なドライブレコーダーは200万画素、最大解像度1920×1080(フルHD)がナンバープレートを認識できる1つの目安です。リヤカメラはサブ的な扱いのため、これより画質が低いことも珍しくありません。

VIOFO  A129 PRO DUOは前後どちらも「超高画質」と言って差し障りないレベル。ナンバーの読み取りはもちろん、旅先でのドライブ映像を記録するにもおすすめです。

小型でコスパの高い「360度カメラ+リヤカメラ」ドライブレコーダー

サンコー 3インチ360度ドライブレコーダー&リアカメラ DR360D3R

おすすめのサンコー 3インチ360度ドライブレコーダー&リアカメラ DR360D3Rドライブレコーダー360°ドーム型カメラ(フロント)とリヤカメラがセットになったドラレコ

タイプ 360度カメラ(リヤカメラ付き)
画素数 最大200万画素
最大解像度 フロント:1440×1440
リヤ:640×480
画角 フロント:水平360°
リヤ:80度
フレームレート フロント:27fps
リヤ:16 fps
サイズ 93mmx63mmx31mm
録画機能 常時録画・衝撃録画・駐車監視モード
Wi-Fi 無し
GPS 無し
参考価格 20,000円(2020年)

2019年12月に発売されたサンコー 3インチ360度ドライブレコーダー&リアカメラ DR360D3R。車内に設置する360度カメラは、前方・側面・車内の様子は写せるものの、後続車の撮影には不向きです。
しかし、DR360D3Rはリアカメラがフォローしてくれているので、これで全方位の撮影が可能に!

モニターは3インチのコンパクトサイズなので視界を遮らず、タッチパネル式なので直感的に操作できます。360度撮影タイプのドライブレコーダーとしてはかなりコストパフォーマンスの高いのも特徴です。

ソニー製センサー搭載で配線の面倒が少ないサブカメラ一体型

恵安 KDR-L30

人気のドライブレコーダー恵安 KDR-L30サブカメラ一体型で車内越しに後続車や側面を撮影可能

タイプ 前後カメラ
最大解像度 1920×1080
画角 フロント:対角146°
リヤ:対角105°
フレームレート フロント:27fps
リヤ:30fps
サイズ 101.3mmx78mmx34.1mm
動作温度範囲 -20℃~+80℃
録画機能 常時録画・イベント録画(Gセンサー)・駐車監視機能
Wi-Fi 無し
GPS 無し
参考価格 8,000円(2020年)

前方撮影用の本体カメラに、サブカメラがセットされた一体型のドライブレコーダー。一体型は、ケーブルの取り回しや配線の面倒が分離型の前後カメラタイプに比べて軽減できるのが特長です。サブカメラは、車内の様子、車内越しの後方、側面などを撮影できます。

低価格ですが、全国のLED信号に対応しており、ソニー製Exmor CMOSセンサー搭載で夕方や暗闇などでも見やすい映像を記録します。取り付けは吸盤式以外に、テープも対応可能です。

アクションカメラとしても使える自由度の高い360度ドラレコ

カーメイト d’Action 360S(DC5000)

カーメイト d’Action  360S(DC5000)無線LAN内蔵で撮影画像はスマホで確認OK

タイプ 360度カメラ
画素数 全天球410万画素/フロント200万画素
画角 水平360°,垂直360°
フレームレート ドライブモード:27.5fps
駐車監視モード:13.75/5.2fps
ドライブアクション/アクションモード:29.97fps
サイズ 100mmx130mmx51mm
動作温度範囲 ドライブモード:-10℃~40℃
駐車監視モード:-10℃~60℃
録画機能 常時録画・手動録画・衝撃録画、静止画撮影・駐車監視モード(オプション)
Wi-Fi 有り
GPS 有り
参考価格 56,800円(2020年)

「d’Action 360」でドライブレーダー業界初360度カメラを採用したカーメイト。「d’Action 360S」はその改良版であり、360度全天球録画が可能で、車内の様子もしっかり撮影できます。

LED信号にも対応し、明るさ補正機能WDRによって白とびや黒つぶしを軽減。衝撃を検知するGセンサー、GPSなど、ドライブレコーダーに必要な機能はおおよそ搭載しています。

別売りのバッテリーを装着すれば、アクションカメラとしても使用できます。車でよくレジャースポットへ行く人にとっては、色々な楽しみ方ができるおすすめのドライブレコーダーです。

不審な後続車や事故多発エリアを知らせてくれるドライブレコーダー

セルスター CS-91FH

セルスター CS-91FH「日本製+3年保証」と耐久性にも信頼が持てるドライブレコーダー

タイプ 前後カメラ
画素数 200万画素
最大解像度 1920×1080
画角 フロント:水平119°,垂直62°,対角147°
リヤ:水平114°,垂直61°,対角141°
フレームレート 30fps
サイズ フロント:93mmx25mmx51mm
リヤ:34.5mmx16mmx34.5mm
動作温度範囲 -10℃ ~ +60℃
録画機能 常時録画・イベント録画・クイック録画・駐車監視機能(オプション)
Wi-Fi 無し
GPS 有り
参考価格 36,800円(2020年)

前方・後方ともにフルハイビジョンカメラで撮影できる高品質のドライブレコーダーです。最新版「ナイトビジョンver.3」を搭載し、夜間走行時の映像も鮮明に記録できます。

後続車が接近するとアラームが鳴り、イベント録画する「後方キャッチ機能」はあおり運転対策におすすめ。精度の高い超速GPSによって、事故多発エリアや逆走注意エリア、オービス設定場所なども知らせてくれます。

しかも、ドライブレコーダーでは珍しいアフターサービス3年保証付き。国内の自社工場一貫生産ゆえに、品質に自信をもっていることがわかります。

LED信号機も正確に記録する360度タイプの人気ドライブレコーダー

コムテック HDR360G

コムテック HDR360G日本製GPS機能付きの360度ドライブレコーダー

タイプ 360度カメラ
画素数 340万画素
最大解像度 1856×1856
画角 水平360° 垂直240°
フレームレート 29.1fps(駐車監視モード5fps)
サイズ 66mmx110mmx52mm
動作温度範囲 -10℃~60℃
録画機能 常時録画/衝撃録画/マニュアル録画/駐車監視機能(オプション)
Wi-Fi 無し
GPS 有り
参考価格 34,500円(2020年)

コムテックが発売している人気の360度撮影タイプのドライブレコーダーです。水平360度の画角にプラスして、垂直も240度撮影可能なので、前方の信号機もしっかり記録。もちろんLED信号機にも対応しています。

GPS搭載なので、専用ビューワソフトで地図と共に撮影映像を確認できます。日本製で3年保証付きと耐久性の高さも魅力。購入後1ヶ月以内に申し込むと、事故時にはお見舞金が受け取れます。

後続接近車を知らせる煽り運転対策におすすめのドライブレコーダー

コムテック ZDR026

コムテック ZDR026前後ともに370万画素と高画質な日本製ドライブレコーダー

タイプ 前後カメラ
画素数 370万画素
最大解像度 2560×1440
画角 フロント:水平113°,垂直60°,対角133°
リヤ:水平113°,垂直60°,対角133°
フレームレート 19.1fps/29.1fps
サイズ フロント:89.4×52.1x32mm
リヤ:56.2×24.6x27mm
動作温度範囲 -10℃~60℃
録画機能 常時録画/衝撃録画/マニュアル録画/音声録画/後続車接近録画 /駐車監視機能(オプション)
Wi-Fi 無し
GPS 有り
参考価格 33,500円(2020年)

2019年1月発売のCOMTEC ZDR026は、先行車発進や車線逸脱などを教えてくれる安全運転サポート機能が多数そろっています。中でも特筆すべきは「後続車接近お知らせ」機能です。一定の車間距離を詰めてくる後続車の接近をアラームで知らせ、設定によっては自動で録画記録してくれます。

前後2カメラともに370万画素の高画質、ソニーのSTARVIS™搭載で夜間映像も鮮明に記録でき、明暗差のある環境でおこりやすい白とび対策も施されています。

リヤカメラの品質が秀逸な前後カメラ型ドライブレコーダー

ユピテル DRY-TW9100d

ユピテル DRY-TW9100d高品質なリヤカメラが煽り運転対策におすすめなドライブレコーダー

タイプ 前後カメラ
画素数 200万画素
最大解像度 1920×1080
画角 フロント:水平117°,垂直58°,対角151°
リヤ:水平127°,垂直66°,対角157°
フレームレート 1、15、30コマ/秒
サイズ フロント:104mmx35mmx35mm
リヤ:57mmx30mmx30mm
動作温度範囲 0℃~+60℃
録画機能 常時録画・センサー録画・手動録画・駐車監視機能(オプション)
Wi-Fi 有り
GPS 有り
参考価格 29,580円(2020年)

前方視野角151度・後方視野角157度と、ワイドな広角記録が可能な前後カメラタイプのドライブレコーダーです。特にリヤカメラには、ソニーのスタービス(STARVIS™)を搭載しており、暗闇でも後続車の様子を鮮明に記録でき、スモークガラスやプライバシーガラスにも対応しています。

無線LAN内蔵でスマホでの映像確認も簡単。ただし、専用アプリは使いづらいとの声も多いので、その点はあまり期待せず、頻繁に確認したい方には不向きでしょう。

人気の前後カメラタイプをグレードアップし、更に高画質・大容量に!

ケンウッド DRV-MR745

ケンウッド DRV-MR745ケンウッドの新フラグシップに位置付けられる最新ドラレコ(2019年11月発売

タイプ 前後カメラ
画素数 207万画素
最大解像度 1920×1080
画角 フロント:水平122°,垂直63°,対角150°
リヤ:水平100°,垂直52°,対角111°
フレームレート 27.5fps
サイズ フロント:87.9mmx50.6mmx34.4mm
リヤ:44mmx40.4mmx33mm
動作温度範囲 -10℃~+60°
録画機能 常時録画・イベント記録・手動録画・駐車監視機能(オプション)
Wi-Fi 無し
GPS 有り
参考価格 28,448円(2020年)

ケンウッドの人気ドライブレコーダーDRV-MR740を改良し、さらに明るく、広く撮影できるようになった新フラグシップモデル「DRV-MR745」。16GBから32GBへと容量も大幅に増え、長時間の撮影も可能になりました。

また、スモークガラスでも後続車のナンバーを撮影できる「スモークシースルー機能」を初搭載。「濃い」「薄い」「なし」の3種類から設定できるので、ノーマルガラスに限りなく近い状態で撮影できます。
駐車監視録画をするためには、別売りの車載電源ケーブルが必要です。

映像を確認しやすい360度タイプでリヤカメラとのセット購入がおすすめ

セイワ PIXYDA PDR650SV

セイワ PIXYDA PDR650SVタッチパネルスクリーンで操作しやすい360度ドライブレコーダー

タイプ 360度(オプションでリヤカメラあり)
画素数 300万画素
最大解像度 1440×1440
画角 水平360°,垂直220°
フレームレート 24fps
サイズ 129.5mmx77mmx18.5mm
動作温度範囲 -20℃~+65℃
録画機能 常時録画・衝撃録画(Gセンサー)・手動録画・駐車監視機能(オプション)
Wi-Fi 無し
GPS 有り(オプション)
参考価格 29,499円(2020年)

360度カメラで撮影した映像を前、後(ほぼ車内)、左、右と4画面で確認できるドライブレコーダーです。広角映像を平面に補正するので確認時も違和感がありません。

360度ドライブレコーダーは、後続車の様子を確認するのには不向きです。そのため、煽り運転対策をしないオプションのリヤカメラ(6,500円程度)を購入した方がいいでしょう。リヤカメラを設置した場合、画面が5分割に変更できる点も好印象です。

SDカードのフォーマット不要でカーナビとの連携がおすすめな前後型

アルパイン DVR-C02R

アルパイン DVR-C02R2019年4月に発売された前後型ドライブレコーダー

タイプ 前後カメラ
画素数 200万画素
最大解像度 フロント:1920×1080
リヤ:1280 × 720
画角 フロント:水平121°,垂直64°,対角145°
リヤ:水平106°,垂直66°,対角126°
フレームレート フロント:27fps
リヤ:30fps
サイズ 109.9 × 83.6 × 42.4mm
動作温度範囲 -20℃~ 60℃
録画機能 常時録画・イベント(衝撃)録画・手動録画・駐車監視機能
Wi-Fi 無し
GPS 有り
参考価格 27,900円(2020年)

フロントカメラ200万画素・リヤカメラ100万画素の前後型カメラのドライブレコーダーです。大容量32GBのmicroSDカード付属しており、定期的なフォーマットが不要な「TATファイル方式」を採用。決定的瞬間の取り逃しを防ぎます。

ドライブレコーダー本体にモニターはないので、パソコンの専用ソフトを使っての確認となります。アルパインのカーナビを搭載している場合、ナビとドライブレコーダーを連動させられます。

高性能な駐車監視機能が特徴的なドライブレコーダー

Inowa GRAVITY M1

Inowa GRAVITY M1フロントカメラM1・リヤカメラM2(別売)ともにフルHD録画可能

タイプ 前カメラ(リヤカメラ別売り)
画素数 200万画素
最大解像度 1920×1080
画角 水平130°,垂直68°,対角160°
フレームレート 27.5fps
サイズ 85x52x28 mm
動作温度範囲 0℃~+60℃
録画機能 常時録画・イベント記録・手動録画・駐車監視機能(オプション)
Wi-Fi 有り
GPS 有り
参考価格 27,700円(2020年)

ソニーのSTARVIS™搭載で夜間撮影にも強いドライブレコーダーです。64GBの大容量SD付属で、吸盤取り付けかシール貼り付けか選択可能、フェイスパネルをはめかえればダッシュボードに設置することもできる2WAYタイプです。

別売りの専用リアカメラM2と電源直結コードTHE FORCEとセットで使用すると、高性能なスマート駐車監視機能が使えます。フロントカメラだけでなく、リヤカメラも動体検知機能付きなので、車に近づく不審人物や衝撃を与えた原因をしっかり記録します。
表の価格はM1のみ。3点セットだと45,000円前後の価格帯です。

多機能な前後型タイプで初めてのドライブレコーダーにおすすめ

コムテック ZDR-015

コムテック ZDR-015衝撃録画や安全運転支援機能など様々な機能がついた売れ筋ドライブレコーダー

タイプ 前後カメラ
画素数 200万画素
最大解像度 1920×1080
画角 フロント:水平115°,垂直58°,対角145°
リヤ:水平112°,垂直84°,対角140°
フレームレート 19.1fps/29.1fps
サイズ フロント:96.5×62×32.5mm
リヤ:55×25×28mm
動作温度範囲 -10℃~60℃
録画機能 常時録画/衝撃録画/マニュアル録画/音声録画/駐車監視機能(オプション)
Wi-Fi 無し
GPS 有り
参考価格 22,580円(2020年)

ドライブレコーダー業界シェアNO.1を誇るCOMTECの売れ筋前後カメラタイプZDR-015。フロントカメラはやや大きめですが、最大200万画素の高画質でLED信号機に対応しており、設置も比較的簡単。

速度を記録するためのGPSも搭載し、GPS受信に影響を与えないようノイズ対策も施されている点も心強いです。衝撃を検出した場合に自動録画する「衝撃録画」も搭載されており、センサーの感度は非常に良好。

先行車の発進や車線逸脱を知らせてくれるドライバー支援機能も付いており、オプションで駐車監視機能も設定すれば、ほぼ不足のない多機能なモデルでしょう。

インカメラで車内映像を記録できるドライブレコーダー

VANTRUE N2 PRO

VANTRUE N2 PROフロントガラス設置後も本体は簡単に取り外せるのでカメラとしての使用もOK

タイプ 前後カメラ
画素数 400万画素(前録モード)
最大解像度 フロント:1920×1080
リヤ:1920×1080
画角 フロント:対角170°
リヤ:対角140°
フレームレート 30fps
サイズ 40mmx100mmx40mm
動作温度範囲 -20℃~+70℃
録画機能 常時録画・イベント記録・手動録画・駐車監視機能
Wi-Fi 無し
GPS 無し
参考価格 24,980円(2020年)

個別リヤカメラを設置するのではなく、「インカメラ」として車内やリヤガラス越しに後方を撮影できるドライブレコーダーです。レンズを動かして、撮影角度は自由に調整できます。

車内映像を撮影するメリットとしては、自分が「ながらスマホ」や「わき見運転」をしていない証拠を残すこと(自分の過失割合を減らす)、車上荒らし対策、悪質なドライバーが運転席そばへやってきたときの証拠映像を残せることなどが挙げられます。

ミニバンやSUVユーザーにおすすめのロングケーブル採用ドライブレコーダー

ユピテルDRY-TW8500d

ユピテルDRY-TW8500d9mのケーブルが標準搭載のためミニバンや大型SUVユーザーも使いやすいドラレコ

タイプ 前後カメラ
画素数 200万画素
最大解像度 1920×1080
画角 フロント:水平128°,垂直68°,対153°
リヤ:水平100°,垂直55°,対角125°
フレームレート フロント:27.5コマ/秒
リヤ:30コマ/秒
サイズ フロント:64 mmx49mmx38mm
リヤ:54mmx25mm
動作温度範囲 0℃ ~+60℃
録画機能 常時録画・イベント記録・手動録画・駐車監視機能(オプション)
Wi-Fi 無し
GPS 有り
参考価格 22,748円(2020年)

大型ミニバンやSUV車にも設置しやすいようにロングケーブルを標準搭載した前後カメラ型ドライブレコーダーです。フロントカメラ・リヤカメラともにFULL HD記録で、衝撃を検知するGセンサーを搭載しています。

リヤカメラはテープ貼付のブラケット一体型なので、リヤガラスとの隙間を極力少なくすれば、反射による車内の映り込みを防止できます。後部座席のプライバシーへ配慮したい方にもおすすめのドライブレコーダーです。

専用スマホアプリが使いやすいコンパクトな前後カメラタイプ

ガーミン Dash Cam 46Z

ガーミン Dash Cam 46Zスタイリッシュなデザインも魅力的なドライブレコーダー

タイプ 前後カメラ
画素数 210万画素
最大解像度 1920×1080
画角 フロント:水平106°,垂直57°,対角124°
リヤ:水平106°,垂直57°,対角124°
フレームレート 29fps
サイズ フロント:56 mmx40mmx21mm
リヤ:32mmx50mmx30mm
動作温度範囲 -20℃~55℃
録画機能 常時録画・G加速度センサー録画・手動録画・車監視機能(オプション)
Wi-Fi 有り
GPS 有り
参考価格 23,486円(2020年)

ガーミンはアメリカでGPS関連機器の開発・製造を行っているメーカーで、日本でもドラレコ業界ではお馴染みの存在です。2019年6月に発売した前後カメラタイプ「Dash Cam 46Z」は口コミで高評価を得ており、全国のLED信号にも対応しています。

独自の画像処理ナイトチューニングを施しており、夜間でも鮮明な映像を記録。Wi-Fi内蔵で、専用アプリGarmin Drive Appでは映像の確認・編集が簡単に行えるので、スマホと積極的に連携させたい人におすすめです。

「前方衝突警告」「車線逸脱警告」などの運転支援機能の他、オービスの手前で速度を警告する「スピードカメラアラート」など、最新の機能が搭載されています。

視界を遮らないミラー型フロントカメラと高画質リヤカメラの前後タイプ

PAPAGO  GoSafe M790S1

PAPAGO  GoSafe M790S1ルームミラー型フロントカメラを採用した2カメラタイプのドライブレコーダー

タイプ 前後カメラ(ミラー型)
画素数 フロント:300万画素
リヤ:200万画素
最大解像度 フロント:2304×1296
リヤ:1920×1080
画角 フロント:水平119°,垂直66°,対角145°
リヤ:水平143°,垂直75°,対角180°
フレームレート 30fps
サイズ フロント:80mmx16mmx310mm
リヤ:21mmx28mmx50mm
動作温度範囲 0~65℃
録画機能 常時録画・Gセンサー録画・手動録画・駐車監視機能(オプション)
Wi-Fi 有り
GPS 有り(オプション)
参考価格 21,816円(2020年)

フロントカメラは、純正ミラーより大きく、ハイビームの眩しさを低減する加工が施されています。純正ミラーに被せるようにセットするだけの簡単装着で、ズレや落下の心配もありません。

フロントカメラだけでなく、リヤカメラもフルHDの高画質で、対角180度の広角撮影!
リヤの画質にはそこまでこだわらないのであれば、フロントカメラの画質を上げて、リヤカメラの画質を下げるなどの設定も可能です。
配線を繋げば、バック駐車時には、リヤカメラの映像を自動でミラーに映し出すこともできます。

夜間走行でもクッキリした映像を残せるドライブレコーダー

ケンウッド DRV-650/DRV-W650

ケンウッド DRV-650/DRV-W650Wi-Fi対応モデルDRV-W650(Wi-Fi以外の性能はDRV-650と同じ)

タイプ 前カメラ
画素数 207万画素
最大解像度 1920×1080
画角 水平117°,垂直60°,対角142°
フレームレート 27.5fps/55fps
サイズ 90.2mm×49.1mm×37.2mm
動作温度範囲 -10℃~+60℃
録画機能 常時録画・手動録画・イベント記録・静止画記録・駐車監視機能(オプション)
Wi-Fi 有り(DRV-W650)
GPS 有り
参考価格 19,597円(2020年)

フルハイビジョンカメラに、ソニーのCMOSセンサーSTARVIS™採用で、夜間の撮影にも強いドライブレコーダーです。「フレームレート55fpsモード」に切り替えるとより滑らかに撮影できます。別売りのケーブルが必要ですが、駐車監視録画は最長24時間なので、自宅での駐車時も安心。

5,000円ほど高くなりますが、無線LAN機能付きのDRV-W650だとスマホへの映像転送も簡単です。事故時の状況説明に役立ちますし、ドライブの映像をSNSでシェアするなど楽しみも広がります。

Wi-Fi対応でドライブの様子をシェアしやすいドライブレコーダー

Innowa  Journey Plus

Innowa  Journey PlusフロントカメラはフルHDで対角160度とワイドな視界を確保

タイプ 前後カメラ
画素数 200万画素
最大解像度 1920×1080
画角 フロント:水平125°,垂直61°,対角160°
リヤ:水平98°,垂直80°,対角125°
フレームレート 25fps
サイズ フロント:87.5mmx54mmx28mm
リヤ:23.4mmx23.2mmx23mm
動作温度範囲 -0℃~+60℃
録画機能 常時録画・イベント記録・手動録画・駐車監視機能
Wi-Fi 有り
GPS 有り
参考価格 20,350円(2020年)

Innowa  Journey Plusは、Wi-Fi内蔵で動画をスマートフォンへダウンロード、SNSなどで「ドライブの楽しさをシェア」するために役立つドライブレコーダーです。専用アプリ「innowa Journey」でファイル管理や設定も簡単に行えます。

もちろん事故記録にも使えるように、フロントカメラはワイドダイナミックレンジ搭載で、明暗差のある場所でも白とび・黒つぶれを防止します。LED信号にも対応しており、衝撃を検知した際のイベント録画機能など、ドライブレコーダーとして必要な機能はちゃんとそろっているのでご安心を!
リヤカメラがいらない方には、フロントカメラのみの「Journey」をオススメします。

警察納入モデルの市販型でハイレベルな駐車監視機能に注目

Driveman(アサヒリサーチ)GP-1

Driveman(アサヒリサーチ)GP-1警察や官公庁での採用実績がある信頼性の高いドライブレコーダー

タイプ 前カメラ
画素数 300万画素
最大解像度 2304×1296
画角 水平114°,垂直60,対角140°
フレームレート 27.5fps(駐車監視時は4段階選択可)
サイズ 171mmx137mmx89mm
動作温度範囲 -20℃~80℃
録画機能 常時録画・衝撃録画(Gセンサー)・駐車監視機能
Wi-Fi 無し
GPS 有り
参考価格 23,320円(2020年)

ドライブマンは、東京都アサヒリサーチ株式会社のドライブレコーダー開発販売部門です。ドライブマンのドライブレコーダーは警視庁などにも納入実績があり、GP-1は警察モデルをベースに市販化したハイスペックモデルです。

特許取得の駐車監視機能は、エンジン停止後にフレームレートを変更できるため、3時間撮影しても7分程度の動画にしかならず、カード容量を圧迫しません。カスタム設定で、駐車中の撮影時間やコマ数は細かく変更可能なので、ライフスタイルに合わせた使い方ができるでしょう。

オプションで偏光フィルターが販売されているので、フロントガラスの映り込みが気になるときにはおすすめです。

すっきりとした前方視界とワイドな後方視界が手に入るミラー型ドラレコ

BAL(大橋産業)前後録画ドライブレコーダーミラー

BAL(大橋産業)前後録画ドライブレコーダーミラーフロントガラスはスッキリさせておきたい人におすすめのミラー型前後カメラ

タイプ 前後カメラ(ミラー型)
画素数 200万画素
最大解像度 1920×1080
画角 フロント:水平118°,垂直69, 対角148°
リヤ:水平110°,垂直45, 対角110°
フレームレート フロント:27.5fps
リヤ:25.04fps
サイズ 257mmx19mmx73mm
動作温度範囲 −10℃〜60℃
録画機能 常時録画・イベント記録(Gセンサー)・駐車監視機能
Wi-Fi 無し
GPS 有り
参考価格 18,700円(2020年)

フロントカメラ・リヤカメラともに200万画素で映像が美しく、黒つぶれや白とびを補正するWDRも搭載しています。ミラー型フロントカメラは可動式レンズなので、角度の微調整が可能。純正ルームミラーよりも死角なく、広い視野を確保できます。

Gセンサーを搭載し、衝撃を感知すると上書きされないようにファイルを保護します。リバースギヤと連動させてバックモニターとしても使う際には、ガイド線も表示されます。

人気急上昇中のリヤ専用ドライブレコーダー

ユピテル SN-R11

ユピテル SN-R11独立したリヤカメラタイプなので他社製フロントカメラと組み合わせての使用も可能

タイプ 後カメラ
画素数 200万画素
最大解像度 1920×1080
画角 水平136°,垂直73°,対角163°
フレームレート 30コマ/秒
サイズ 96mmx37mm
動作温度範囲 0℃ ~+60℃
録画機能 常時録画・イベント記録・手動録画
Wi-Fi 有り
GPS 有り
参考価格 18,150円(2020年)

最大163度と録画視野角の広さが特徴的なリヤ専用のドライブレコーダー。スモークフィルムにも対応しており、夜間撮影に定評のあるユピテルの「スーパーナイト」シリーズの一員なので、夜のドライブの心強い味方になります。

独立型のリヤカメラなので、前後カメラ型に比べて録画可能時間が長く、GPS搭載、無線LANにも対応となかなかのハイスペック。衝撃を感知するGセンサーも搭載しており、感度は自分で調整できます。

操作性抜群のカーナビ連動ドライブレコーダー

パイオニア VREC-DS600

パイオニア VREC-DS600カーナビのGPSと連動できるので精度の高い情報を記録可能!

タイプ 前カメラ
画素数 200万画素
最大解像度 1920×1080
画角 水平107°,垂直57°,対角121°
フレームレート 27.5 fps
サイズ 55mm×99mm×25mm
動作温度範囲 -20℃~+60℃
録画機能 常時録画・イベント記録(Gセンサー録画)・手動録画・駐車監視機能
Wi-Fi 無し
GPS 無し(カーナビのGPSと連動可)
参考価格 17,390円(2020年)

パイオニアの人気カーナビ「サイバーナビ」「楽ナビ」などと連動させられるドライブレコーダーです。カーナビ画面から再生や消去ができるので、操作性が非常に高く、カメラ本体はコンパクトで視界を遮りません。

基本的には前方撮影を想定していますが、リヤに装着して後方撮影用にしてもOK!作動時間を4段階から設定できるエンジン停止時のセキュリティ機能(駐車監視機能)も搭載しています。

リヤカメラは車外設置もOKで前後ともに高画質なドライブレコーダー

MAXWIN 11.88インチ デジタルルームミラー MDR-C006A2

MAXWIN 11.88インチ デジタルルームミラー  MDR-C006A2前後カメラともに広角でリヤカメラは車外への取り付けもOK!

タイプ 前後カメラ(ミラー型)
画素数 200万画素
最大解像度 1080P
画角 フロント:水平124°,垂直64°,対角152°
リヤ:水平112°,垂直60°,対角140°
フレームレート フロント27.5fps/リア25fps
サイズ フロント:290mmx70mmx38mm
動作温度範囲
録画機能 常時録画・衝撃録画(Gセンサー)・手動録画・駐車監視機能
Wi-Fi 有り/無し
GPS 有り/無し
参考価格 15,980円(2020年)

前後カメラともにフルHDの高画質で、ソニー製センサー搭載で暗闇に強く、明暗差を補正するHDR機能付きの高性能ドラレコです。リヤカメラは車内への設置はもちろん、防水加工済みなのでナンバープレート上部など車外への設置も可能。

約12インチの大画面で、指でスライドするだけで、アングルや明度調整ができます。バック時にはリヤカメラの様子をミラーに映し出すこともできるので、駐車が苦手な人にもおすすめです。

高画質でリヤカメラもオプション購入可能なドライブレコーダー

ヒューレット・パッカード(HP)f870g

ヒューレット・パッカード(HP)f870g追突防止アラートなども備えた多機能でコスパの高いドライブレコーダー

タイプ 前カメラ
画素数 200万画素
最大解像度 1920×1080
画角 水平122°,垂直62°,対角155°
フレームレート 27.5fps、30fps、55fps
サイズ 87.6mmx53.1mmx28.5mm
動作温度範囲 -10℃〜60℃
録画機能 常時録画・手動録画・緊急録画
Wi-Fi 無し
GPS 有り
参考価格 12,300円(2020年)

ヒューレット・パッカードは、コンピュータ関連製品を開発している米国企業です。日本でも複数のドライブレコーダーを販売しており、特にf870gは人気商品で、画像の美しさを評価する声が多いです。

GPSとGセンサーを搭載しており、衝撃を検知するとその後3分間の映像を自動上書き不可の緊急録画ファイルに保存してくれます。オプションで専用リヤカメラが追加できるので、前後カメラタイプにすることも可能です。

ダッシュボードなどの「映り込み」に配慮したドライブレコーダー

パイオニア VREC-DZ300

パイオニア VREC-DZ300ドラレコとしての基本性能+ユーザーを悩ます「映り込み」へしっかり対応!

タイプ 前カメラ
画素数 207万画素
最大解像度 1920×1080
画角 水平95°,垂直52°,対角111°
フレームレート 27.5fps
サイズ 61x67x39.2mm
動作温度範囲 -10℃~+60℃
録画機能 常時録画・イベント記録(Gセンサー録画)・手動録画・駐車監視機能
Wi-Fi 無し
GPS 有り
参考価格 14,049円(2020年)

パイオニアVREC-DZ300は、一見すると珍しい形のドラレコですが、実は非常に合理的。フロントガラスにピッタリと貼り付けられるので、ガラスとレンズの距離が近く、ダッシュボードなどの映り込みを軽減できます。

オプションでさらに映り込みを軽減できる偏光フィルター(約3,000円)も販売されているので、セット購入がおすすめです。
ドラレコ本体を設置するためのテープの粘着力はかなり強めなので、設置場所は慎重に決めましょう。

パイオニアではエントリーモデルに位置付けられるドライブレコーダーですが、GPS内蔵、衝撃を検知した際のイベント録画(感度調整は6段階)や駐車監視機能(最大約50分)など、ドラレコに必要なおおよその機能がそろっています。

コンパクトタイプが欲しい人におすすめの日本製ドライブレコーダー

コムテックZDR022

コムテックZDR022安いドライブレコーダーが欲しい人必見の1万円台で買える日本製ドラレコ

タイプ 前カメラ
画素数 200万画素
最大解像度 1920×1080
画角 水平118°,垂直59°,対角150°
フレームレート 9.1fps/19.1fps/29.1fps
サイズ 63mmx49mmx26.9mm
動作温度範囲 -10℃~60℃
録画機能 常時録画/衝撃録画/マニュアル録画/駐車監視機能(オプション)
Wi-Fi 無し
GPS 無し
参考価格 12,137円(2020年)

オーソドックスな前カメラのみのドライブレコーダーですが、画角が広くて高画質、しかも日本製とコスパの良さが際立っています。小型サイズなので、軽自動車やコンパクトカーなど、小さめの車に装着しても視界を妨げません。

白飛び対策も施されており、LED信号にも対応。安全運転支援機能は高性能モデルには劣りますが、先方車発進、前方信号お知らせ、ドライブサポートなどの機能は搭載。取り付けも簡単で、サブカー用にもおすすめです。

買い足しにおすすめなWi-FI対応のリヤ専用ドライブレコーダー

ケンウッド Everio GC-BR21

ケンウッド Everio GC-BR21白飛びや黒つぶれを予防するWDR搭載でナンバーも鮮明に記録

タイプ 後カメラ
画素数 200万画素
最大解像度 1920×1080
画角 水平約114°,垂直約60°,対角:約145°
フレームレート 27fps
サイズ 63mmx51mmx28mm
動作温度範囲 -10℃~+60°
録画機能 常時録画・イベント記録(衝撃検知)
Wi-Fi 有り
GPS 無し
参考価格 オープン価格(2020年)

「ドライブレコーダーは装着しているけれど、やっぱり後方も撮影したい」「とにかく煽り運転への対策をしたい」、こんなときにはリヤ専用のドライブレコーダーがおすすめです。Everio GC-BR21は、コンパクトで取り付けも簡単。商品には「ドライブレコーダー録画中」のステッカーも同封されています。

衝撃を検知するGセンサーを搭載しており、衝撃検知前10秒、衝撃検知後50秒は、自動的に上書きされない「イベントファイル」へ保存されます。

夜間に運転する機会が多い人におすすめのドライブレコーダー

ユピテル SN-ST51c

ユピテル SN-ST51c広角レンズを搭載した夜間撮影に強いドライブレコーダー

タイプ 前カメラ
画素数 200万画素
最大解像度 1920×1080
画角 水平136°,垂直73°,対角163°
フレームレート 30、1コマ/秒
サイズ 60mmx49mmx27mm
動作温度範囲 0℃~+60℃
録画機能 常時録画・イベント記録(Gセンサー記録)・手動録画・駐車監視機能(オプション)
Wi-Fi 無し
GPS 有り
参考価格 13,000円(2020年)

ソニーのSTARVIS™を搭載し、自動調整で夜間でも高画質録画を可能にしているユピテルのスーパーナイトシリーズ。SN-ST51cは、フロントカメラのみのドライブレコーダーですが、最大163度の視野の広さを誇ります。

GPSセンサー付きなので専用パソコンソフトでは地図との比較もできますし、おおよその速度情報もわかります。オプションの駐車監視モードは、最大約12時間まで対応しています。

撮りたい場所へカメラをくるりと回転させられるユニークなドラレコ

HQBKiNG ドライブレコーダーQ1 WiFi

HQBKiNG ドライブレコーダーQ1 WiFiコンパクトで取り付け簡単なWi-Fi対応のドライブレコーダー

タイプ 前カメラ(360度回転)
画素数
最大解像度 1920×1080
画角 対角170°
フレームレート 30fps
サイズ 47mmx81mmx13mm
動作温度範囲
録画機能 常時録画・衝撃録画・駐車監視機能(オプション)
Wi-Fi 有り
GPS 無し
参考価格 12,724円(2020年)

1度に360度撮影できるわけではありませんが、くるくるとカメラを360度回転させられて撮影箇所を選べる点が特徴的なドラレコです。基本は前方を記録しつつ、ドライブ時には時折車内を写すなど、思い出作りにも活用できます。

本体は非常にコンパクトですが、Wi-Fi対応でスマホアプリで再生や削除ができるので、操作性も悪くありません。口コミでは、「丸みあるデザインが可愛い」「取り付けが簡単だった」と女性ユーザーからの高評価も目立ちました。

シンプルで使いやすい小型スタンダードモデルのおすすめドラレコ

ケンウッド DRV-340

ケンウッド DRV-340前方視界を遮らないコンパクトサイズのおすすめドライブレコーダー

タイプ 前カメラ
画素数 207万画素
最大解像度 1920×1080
画角 水平100°,垂直52°,対角111°
フレームレート 27.5fps
サイズ 61mmx54mm×32mm
動作温度範囲 -10℃~+60℃
録画機能 常時録画・イベント記録・手動録画・駐車録画/駐車監視機能(オプション)
Wi-Fi 無し
GPS 有り
参考価格 12,400円(2020年)

コンパクトな本体サイズ、シンプルな操作性、お手頃な価格の3つが揃ったドライブレコーダーで、はじめてドラレコを装着する人にもおすすめの商品です。フルハイビジョン録画でLED信号対応、明暗差が激しい環境での白とび・黒つぶれを防止するHDRも搭載されています。

最大24時間の駐車監視録画は別売りケーブルが必要ですが、駐車後25分間ならエンジンを止めても衝撃を検知し、その後の10秒間を録画保存してくれます。

コストパフォーマンスの高いミラー型ドライブレコーダー

JADO ドライブレコーダー 前後録画 対応車載カメラキット D230

JADO ドライブレコーダー 前後録画 対応車載カメラキット D230安いが見た目がかっこいいミラータイプの中国製ドラレコ

タイプ 前後カメラ(ミラー型)
最大解像度 1080P
画角 フロント:水平118°,垂直60°,対角146°
リヤ:水平104°,垂直57°,対角124°
サイズ フロント:235mmx270mmx74mm
録画機能 常時録画・Gセンサー録画・手動録画・駐車監視機能
参考価格 9,990円(2020年)

ルームミラー型のフロントカメラと小型リヤカメラがセットの前後撮影タイプのドライブレコーダーです。中国製で低価格ですが、デザインがかっこよく、安っぽく見えません。リヤカメラは小型で後方視界を遮らないのもポイント。

フロントカメラはスーパーナイトビジョン対応で高画質。衝撃を感知するGセンサーも搭載されています。撮影画像や操作ボタンは、9.35インチの大画面スクリーンいっぱいに映し出されるので見やすいのも特長です。

超コンパクトサイズでスマホとの連動が便利なドライブレコーダー

LACITA Pino Pico

LACITA Pino Pico4.5センチ×4.5センチでミラー裏に隠れるサイズの小型ドライブレコーダー

タイプ 前カメラ
画素数 207万画素
最大解像度 1920×1080
画角 水平97°,垂直53°,対角122°
フレームレート 27.5fps
サイズ 45mmx45mmx37mm
動作温度範囲 0℃~+60℃
録画機能 常時録画・イベント記録(センサー)・手動録画・駐車監視機能(オプション)
Wi-Fi 有り
GPS 無し
参考価格 10,000円(2020年)

縦45mm×横45mmの小ささとは裏腹に、LED信号対応、電波干渉防止設計、3段階に設定できる衝撃検知センサー&ロック保存とドライブレコーダーとして必要なおおよその機能が搭載されています。

取り付けも簡単ですし、録画映像はスマホと同期して確認できます。1年間のメーカー保証付きなので、ドライブレコーダーを初めて買う人にもおすすめです。
専用電源ユニットを購入すると駐車監視機能が使えます。録画時間は最長12時間です。

キティちゃんが安全運転を促してくれる「かわいい」ドライブレコーダー!

セイワ ハローキティ ドライブレコーダー KTR2000

おすすめのセイワ ハローキティ ドライブレコーダー KTR2000サンリオ公式商品ハローキティドライブレコーダーKTR2000

タイプ 前カメラ
画素数 200万画素
最大解像度 1920×1080
画角 水平136°,垂直83°,対角160°
サイズ 65mm×56mm×37mm
動作温度範囲
録画機能 常時録画/手動録画/衝撃検知録画
Wi-Fi 無し
GPS 無し
参考価格 15,000円程度(2020年)

「かわいい!」と思わず叫んでしまうセイワのハローキティドライブレコーダーKTR2000。形だけでなく、「録画を始めるよ!」「SDカードが入っていません」などキティちゃんの声と口調で音声ガイダンスまでしてくれます。リボンがついた「ドライブレコーダー録画中」のステッカーも付属!

個性的ですが、フルHD画質に、白とびや黒つぶれを防止するHDR/WDRなども搭載されており、一般的なフロントカメラタイプのドライブレコーダーと遜色ありません。
キティちゃんに「安全運転を心がけてね!」と呼びかけられれば気持ちもほぐれ、同乗者との会話も弾み、ドライブがますます楽しくなること間違いなしです。

ドライブレコーダーは2020年も進化を続ける!

かつては1カメラの前方撮影が主流だったドライブレコーダーですが、現在はよりハイスぺックな前後カメラタイプや360度タイプの新商品が毎月のように販売されています。特に360度タイプは、後続車の撮影にはまだまだ課題が残りますので、今後どのように進化を遂げるか注目です。

一方で、「GPS内蔵」「Wi-Fi対応」「後続車のナンバー認識も確実にできるもの」「駐車監視機能は12時間以上欲しい」「車内の様子も映したい」など、1つのドライブレコーダーにあれもこれもと求めると、商品選びが難しくなりますし、購入価格も跳ね上がります。

各ドライブレコーダーには、それぞれ得意・不得意があります。漠然と商品を見ると迷ってしまいますから、まずは「欲しい機能」に優先順位をつけるのがおすすめです。
最近では、リヤ専用カメラなど後から設置できるタイプも増えてきており、「必要性を感じたら買い足す」という方法もあります。