ホンダの歴代車種

ホンダの歴代車種100種一覧!時代を彩ったHondaイズム溢れる名車たち

ホンダの歴代車種一覧を年代順に紹介。新型が発売されたインサイトや軽自動車売上NO.1のN-BOXなどの現行車種、自動車開発に参入してすぐのヒット作N360やエスロク・エスハチなどの元祖ライトウェイトスポーツカー、デートカーとして時代を彩ったプレリュード、NSXなどのスーパーカーなどの名車を解説。

ホンダの歴代車種100種一覧!時代を彩ったHondaイズム溢れる名車たち

1960年代にホンダが販売した自動車一覧

二輪の世界で高い技術力を発揮してきたホンダは、1963年に初の四輪車を発売します。創業者である本田宗一郎が現場に与える影響が良くも悪くも大きかった時代です。

T360(1963~1967年)

T360のエクステリアホンダ初の四輪市販車T360

ホンダが初めて生産した四輪車(軽トラ)で、日本初のDOHCエンジン搭載車。目立ちすぎる「H」のロゴが可愛いはたらくクルマ。全長わずか3mだが、荷物を多く載せるためにエンジンはフロントシート下にある。シフトレバーが右側にあるため、助手席には子供なら2名乗れる!

S500(1963~1964年)

S500 2ドアオープンのエクステリアS500 2ドアオープン

ホンダSシリーズ第1弾。コンセプトカー時代の名前はS360だが、排気量を531ccまでアップさせたので「エスゴ」となる。直4DOHCエンジン搭載で、最高速度130km/h。S600の登場により半年で生産終了となるが、偶然にも生産台数も約500台となった超ヒストリックカー。

S600(1964~1965年)

S600 クーペのエクステリアS600 クーペ

ホンダSシリーズ第2弾「エスロク」。数々のレースで活躍したライトウェイトスポーツカーの傑作で、本田宗一郎も寵愛したとされる。直4DOHCの最高出力57PS/8,500rpmが持ち味で、最高時速は145km/h。トヨタのヨタハチ(スポーツ800)とも数々の名勝負を繰り広げた。

L700(1965~1968年)

L700(スタンダードグレード)のエクステリアL700(スタンダードグレード)

S600をベース車にした商用ライトバン。ピックアップトラックのP700が姉妹車にあたる。直4DOHCエンジンを搭載した高性能車で、ホンダもオプション部品を多数用意したが、販売面は苦戦。S600、S800に部品が流用され、現存する個体が少ない希少車である。

P700(1965~1968年)

S600をベース車にしたピックアップトラックで、L700の姉妹車。高度な設計だが、ダットサントラックに慣れていた商用ユーザーからは癖のあるエンジンが敬遠されて販売台数は頭打ちに。

S800(1966~1970年)

S800 AS800型の左サイドフロントビューS800 AS800型 ごく初期のチェーン駆動モデル

ホンダSシリーズ第3弾「エスハチ」。S600と似ているがボンネットにコブのような盛り上がり(パワーバルジ)があるのが特徴。開発時はインジェクションの搭載を予定しており、空間を作るために盛り上げた名残といわれていたが、当初からデザイン上のアクセントに過ぎないという話もある。

N360(1967~1972年)

N360 初期型のエクステリアN360 初期型

Nコロ、エヌサンと呼ばれる軽自動車で、Nシリーズのご先祖様。他の自動車メーカーに先駆けて、室内を広くできるFF式を採用しファミリカーとして大ヒット。当時の1番人気スバル360の最高出力が20馬力なのに対し、N360は31馬力でしかも低価格。軽自動車界に馬力競争をもたらした。

TN360(1967~1977年)

TN360のエクステリアTN360

ホンダ初の四輪車T360の後継にあたる軽トラック。TNIII、TN-V、TN-7と2~3年のマイナーチェンジの度に名前を変えるのでややこしいが、1977年以降はTNアクティになる。アクティが「農道のフェラーリ」と呼ばれる理由である、ミッドシップレイアウトをこの時点で採用済み。

1300(1969~1972年)

1300 77S セダンのエクステリア1300 77S セダン

ホンダ初の小型乗用車。本田宗一郎のこだわりである空冷エンジンを搭載し、技術的には非常に高いレベルを体現していた。しかし、操縦性が悪く大衆車としての魅力に欠け、販売不振に。以降「水冷の方が合理的」とする若い技術者たちの意見を本田宗一郎も受け入れざるを得なかった。