エアコンプレッサーまとめ

車のエアコンプレッサーは必要?自分で空気を入れると燃費も向上する

エアコンプレッサーの必要性や空気圧を調整しないとどうなるのかを紹介します。タイヤの空気は圧力が低下すると車にとって進みにくいため、燃費も低下する傾向にあります。できれば月に1回のペースで調整しておきたい空気圧調整に便利なエアコンプレッサーを紹介します。

車のエアコンプレッサーは必要?自分で空気を入れると燃費も向上する

車のエアコンプレッサーはどんなのがいい?空気圧の調整が自分でできるタイヤの空気入れまとめ

車のタイヤに空気を入れるエアコンプレッサーは、純正で車載されている車種も多くあります。では、なぜ標準で装備されているのでしょうか?それは、最近のモデルはテンパータイヤやスペアタイヤを装備しておらず、パンク修理材を搭載しているため、エア調整のために必要になるためです。

ですが、パンクを修理する時にしか使えないわけではなく、タイヤ交換の際に自然に抜けた空気圧を調整する、長距離を走る前に適正空気圧に調整するなど、使い道はたくさんあります!

また、メーカー純正品だけではなく、連続使用時間を増加させた商品・暗い場所でも使えるようにライトを搭載した商品・インパクトドライバー型で使いやすい商品など、改良された社外品も販売されています。

そこで、車のタイヤの空気圧をなぜ調整しなきゃいけないのか、何のためにエアコンプレッサーが標準装備されているのか、使いやすい社外品の空気入れなどを紹介します。

なぜタイヤの空気圧を調整する必要があるの?放っておくと燃費の低下やパンク・バーストにつながるため

電動エアコンプレッサーについているエアゲージでタイヤの空気圧を測っているところ(タイヤの空気圧を測るエアゲージ。ほとんどの電動エアコンプレッサーにもゲージがついているため分かりやすい)

タイヤの空気圧は燃費と密接に関係していて、自転車のタイヤを想像すると分かりやすいでしょう。手動の空気入れでエアを入れた直後に自転車をこぐと足を1回転させるだけでもグンと進みますが、空気が抜けたタイヤで乗るといくら足で漕いでも進みにくくて疲れます。

自動車も同じで、空気が抜けているタイヤでは進みにくいため余計な力を使い燃費が悪化する傾向にあります。そのため、一カ月に1回などのペースでタイヤの空気圧を指定空気圧へ補充してあげることで、燃費性能を維持することができます。

また、空気圧が不足している状況のまま高速道路を走ると燃費の悪化だけではなく、走行中にタイヤが破裂するバーストの危険性も高まります。

車のエアコンプレッサーは何のために使う?タイヤの空気圧調整やパンクした時に必要となる

車載コンプレッサーでタイヤに空気を入れているところ純正装備されているエアコンプレッサーはパンク修理の時に必要となる

車に標準装備されていることが多くなってきたエアコンプレッサーは何のために装備されているのでしょうか?それは最近の車では、スペアタイヤが装備されておらず代わりに搭載しているのが「パンク修理キット」です。パンクを修理して抜けた空気を補充するために搭載されています。

シガーソケットに接続してスイッチを入れるだけで使えるため、タイヤを外さなくても補充することができます。タンクを使ったエアコンプレッサーとは違って小さいため、モーターに負荷がかからないよう連続使用時間が5分~10分までなど制限がありますが、すでに空気が入っているタイヤの調整なら難なくこなしてくれます。

エアコンプレッサーの種類は何種類もある!純正パーツのほかにインパクト型の扱いやすいものある

車のタイヤに使えるエアコンプレッサーは、純正品だけではなく馬力があって早く空気を入れられるもの、ライトがついていて夜間でも作業がしやすいもの、ジャンプスターターにエアコンプレッサー機能がついているものなど、様々な社外品があります。

さっそく、どのような種類があるのかチェックして、自分に合ったエアコンプレッサーを探してみましょう。大型なものから小型なものまでピッタリの商品が見つかりますよ。

suaoki 自動車用空気入れエアコンプレッサー

suaoki 自動車用空気入れエアコンプレッサー

suaokiが販売する自動車用空気入れエアコンプレッサーは、手のひらサイズのコンパクトボディで12Vのシガーソケット、kpa表記とpsi表記の黒メーターのエアゲージが設置されていて、車の標準的な適正空気圧である2.0kpa~3.0kpaの部分は白抜きされているためとても見やすいです。

電源のシガーソケットはケーブルがとても長いため車両前方にしかシガーソケットがない車両でも後ろタイヤまで届きます。エアホースのアダプターが3種類同梱しているため、自転車や浮き輪、バスケットボールやバレーボールの空気入れにも対応します。

メーカー suaoki
大きさ 108×95×47(mm)
重さ 0.33kg
連続使用時間 15分
価格 2,080円(2019年1月時点)

Air Raiser コードレス式電動エアコンプレッサー

Air Raiser コードレス式電動エアコンプレッサー

AC電源(家庭用コンセント)でバッテリーに充電でき、コードレスで使うことができる電動エアコンプレッサーです。車のシガーソケット(DC電源)でも使うことができるため使用中に充電が切れても安心です。

空気圧調整はデジタル表示で調整することができ、設定数値に到達すると自動で停止するようになっているため入れ過ぎることはありません。トリガーを握ってスイッチを押すと動作するインパクトドライバー型で、操作もしやすくなっています。

車用のバルブだけではなく浮き輪ノズルやボール用のノズルも同梱されていて、握る部分の前側にはLEDライトが装着されていて、通常時は白色ですが赤色の非常灯に色を変えることもできます。夜間の作業や事故を起こしたときの非常時などにも活躍するエアコンプレッサーです。

メーカー Air Raiser
大きさ 65×140×250(mm)
重さ 1.2kg
連続使用時間 10分
充電時間 3.5時間
価格 4,980円(2019年1月時点)

suaoki エアコンプレッサー プレセット型

suaoki エアコンプレッサー  プレセット型

suaokiから少し大きめですがパワフルなエアコンプレッサーが発売されています。手のひらサイズのコンパクト感はありませんが、その分パワフルで連続使用時間が30分もあるためエアコンプレッサーを休めるインターバルを挟まなくても4本全てに充填することができるでしょう。

デジタルディスプレイで空気圧の調整ができるためアナログメーターよりも正確に充填でき、設定圧力になったら自動で停止する機能もあります。DC12Vで動作し、LEDライトも搭載しているため夜間の作業でも見やすく安心です。

車のタイヤのほかにも、自転車・ゴムボート・ボール用の交換用ノズルが搭載されています。電源コードとエアホースは本体に収納できるためコンパクトにまとめることができます。

メーカー sauoki
大きさ 235×85×155(mm)
重さ 0.8kg
連続使用時間 30分
価格 3,180円(2019年1月時点)

suaoki ジャンプスターター エアコンプレッサー機能付き

suaoki ジャンプスターター  エアコンプレッサー機能付き

車のバッテリーが上がったときに使うジャンプスターターですが、アナログのエアゲージが搭載されていてエアコンプレッサーの機能もある商品です。ほかにも15,600mAhのモバイルバッテリーとしての役割もあるため、車のトラブルでの様々な場面で活躍するジャンプスターターです。

アナログのエアゲージはkpa表記もあるため分かりやすくなっていますが、自動停止機能はないため設定したい空気圧になったら手動で止める必要があります。普段からスマートフォンの充電などで使えるモバイルバッテリーとしても使用することができるため、持っておいて損はない製品です。

メーカー sauoki
大きさ 190×160×200(mm)
重さ 1.91kg
バッテリー容量 15,600mAh
価格 10,180円(2019年1月時点)

エアコンプレッサーでタイヤの空気圧を見るクセをつけておくと燃費を維持できてタイヤに異常があったらすぐに気がつくことができる

フルサービスのガソリンスタンドしか無かったころは、給油している間にタイヤの空気圧を見てくれるなどのサービスがありましたが、セルフのガソリンスタンドが増えてタイヤの空気圧をディーラーの点検やタイヤを新品購入する時まで調整しないドライバーも増えています。

最近の車にはスペアタイヤを積んでおらず、パンク修理キットとエアコンプレッサーが車載されていますが、いざ使おうと思っても使い方が分からないと意味がありません。夏・冬のタイヤ交換の時など、しばらく倉庫などに置いてあったタイヤは空気が抜けているため、練習がてらエアコンプレッサーで空気圧の調整をしてみるといいでしょう。

標準装備されているエアコンプレッサーのほかにも、設定圧力になったら自動停止する製品やジャンプスターターにエアコンプレッサーの機能がついているもの、非常にコンパクトで積んでおいても邪魔にならない商品など、様々な特徴があります。
自分に合った製品を選んでエアコンプレッサーを使ってみてください。きっと自分の愛車がもっと好きになるハズです。