カースロープおすすめ商品

カースロープおすすめ10選 車高の低い・高い車も使えるスロープをピックアップ

カースロープのおすすめ商品を10個ピックアップしました。ローダウンに対応する商品や最大10tまで対応する大型車用のカースロープ、おしゃれで積み下ろしも楽々な軽量カースロープなどメンテナンスが楽になる人気商品を紹介。カースロープを初めて購入する方のために使い方も写真付きで解説します。

カースロープおすすめ10選 車高の低い・高い車も使えるスロープをピックアップ

カースロープのおすすめ10選 車高が低い車も重量のあるSUVも対応する商品を紹介

カースロープとはタイヤの下に入れて車を持ち上げる整備グッズです。徐々に勾配をつけて自然な形で車を上げるため、誰でも簡単にタイヤ交換やオイル交換など車の下回りの整備ができる優れものとして人気があります。

カースロープは車に詳しい方はピンとくるかもしれませんが、あまりメジャーなグッズではないため、どのようなものか疑問がある方もいるでしょう。
カースロープはどのような商品なのか、評価の高いおすすめ商品や実際の使い方を写真で説明します。

ローダウンしている車や車両重量のある車も使えるおすすめカースロープを紹介

カースロープ選びのポイントは自分の車の車高や車両重量に合わせた商品を選択することです。例えばカースロープの立ち上がりが高い場合、ローダウンした車のバンパーと干渉する可能性があります。
適切な車両重量に対応していなければカースロープが壊れたり、転倒する恐れがあります。

ローダウンした車におすすめの全高80mm・坂の角度8.5°のカースロープ

大型車 ローダウン車対応 ジャッキサポート カースロープ

大型車 ローダウン車対応 ジャッキサポート カースロープローダウンした車にも使える人気のカースロープ

耐荷重 3.0t(2本)
タイヤ幅 約200mm
高さ 約64mm
長さ 約500mm
立ち上がり 約74mm
重量 約1.5kg(1個)
価格(値段) 2,800円程度(2019年調べ)

全高が80mmなので車高の低いセダンやスポーツカー、ホイールをインチアップしている車におすすめのカースロープです。8.5°のなだらかな角度なので、フロントバンパーとも干渉せず、傷つける可能性が低いです。

耐荷重も3.0tまで対応しているため、大型のRV車やSUVにも対応していることも人気の理由です。
カースロープ表面はデコボコ加工になっているため、初心者の方も安心して使える商品です。

耐荷重2.0tで一般的な車には殆ど対応するローダウン対応カースロープ

ローダウン車対応 ジャッキアシスト カースロープ

ローダウン車対応 ジャッキアシスト カースロープカースロープを初めて使う方におすすめの万能商品

耐荷重 2.0t(2本)
タイヤ幅 約200mm
高さ 約64mm
長さ 約500mm
立ち上がり 約74mm
重量 約1.5kg(1個)
価格(値段) 2,900円程度(2019年調べ)

ローダウンしている車に対応するカースロープです。2本合わせた耐荷重は2.0tのためランドクルーザーなどの2.0tを超える大型SUVには使用できません。
ローダウンカスタムに人気のあるマーク2やクレスタ、少し大型アリストやセルシオは2.0t以下の車両重量なので問題なく使えるでしょう。

コンパクトサイズで本体の重さも1つ1.5kgなので、車の中に積んでおいても問題ありません。自宅で整備する方や、持ち運んで友人などと一緒に整備する方にも人気のカースロープです。

SUVなど車両重量のある車をジャッキアップする方にお勧めのカースロープ

分割式ワイド カースロープ

分割式ワイド カースロープ分割式で収納に困らないコンパクトさが魅力のカースロープ

耐荷重 3.0t(2本)
タイヤ幅 約230mm
高さ 約165mm
長さ 約915mm
立ち上がり 約215mm
重量 約5.0kg(1個)
価格(値段) 5,500円程度(2019年調べ)

高さ約165mmまで上げられる角度のあるカースロープです。耐荷重3.0tなので大型SUVやリフトアップしたRV車などに最適ですが、ローダウンしたセダンやスポーツカーなどに使うとバンパーと干渉する可能性があります。

1つ約5.0kgで2セット積むと約10kgと、常に持ち歩くには少し重いのがデメリットですが、設置する裏面にはゴムが加工されていたり、分割式で収納面も考慮されていることから、本格的な商品を求めている方に人気のカースロープです。

3段階に上げられるためローダウン車やエアロ装着車にも使える高機能カースロープ

ドマルチ 5t 3段階タイヤスロープ

ドマルチ 5t 3段階タイヤスロープローダウン車やエアロ装着車も使える3段階式のカースロープ

耐荷重 5.0t(2本)
タイヤ幅 約200mm
高さ 約40mm/70mm/100mm
長さ 約560mm
立ち上がり 約125mm
重量 約1.25kg(1個)
価格(値段) 3,500円程度(2019年調べ)

1つ1.25kgと軽量ながら耐荷重5.0tの高機能カースロープです。3段階ごとに高さを変えられるため、オイル交換や下回り洗浄、気になる部分の点検など用途により便利に使うことができます。

またエアロパーツを装着している車やある程度のローダウン車でも使えるため、これ1つで対応できる車種が幅広く、万能なカースロープを探している方におすすめの商品です。

安心感のあるスチール製カースロープは2.0tまでの自動車に対応するベストセラー商品

スチール製カースロープ

スチール製カースロープスチール式のカースロープは根強い人気商品

耐荷重 2.0t(2本)
タイヤ幅 約230mm
高さ 約190mm
長さ 約935mm
立ち上がり 約280mm
重量 約4.8kg(1個)
価格(値段) 6,200円程度(2019年調べ)

樹脂製が増えているカースロープですが、従来からあるスチール製のカースロープも長く売れ続けているベストセラー商品です。樹脂製は耐久性が心配な方もいるため(実際は樹脂製も頑丈な作りになっている)スチール製のカースロープを探している方に人気です。

耐荷重2.0tで普通乗用車の殆どに対応していますが、重量が1つ約4.8kgと重いため持ち運びには向きません。
そのかわりスチールの重量を活かした見た目の安定感はスチール製の方が高く、赤いカラーも相まってスロープに自動車を載せやすい、という声もあります。
自動車整備工場にも採用されることがあるおすすめのカースロープです。

折り畳みができるスマート構造で収納場所を選ばないおしゃれなカースロープ

CUSCO車用スマートスロープ

CUSCO車用スマートスロープクスコのカースロープはおしゃれな外観が人気

耐荷重 1.6t(2本)
タイヤ幅 約200mm
高さ 約70mm
長さ 約800mm
立ち上がり 約90mm
重量 約1.4kg(1個)
価格(値段) 7,100円程度(2019年調べ)

おしゃれなカースロープを探している方におすすめなのがクスコのスマートスロープです。耐荷重は1つ800kg、2つで1.6tまでですが、コンパクトカーや軽自動車などは十分対応できる仕様です。

1つあたりの重量が1.4kgと販売しているカースロープの中でも最軽量クラスなので、持ち運びも負担がありません。先端部は100mmのフラット部があるためローダウンしている車やエアロ装着車も対応できるのも魅力の商品です。

耐荷重10tで大型車に対応する頑丈なカースロープ

大型車・バス・トラック対応 10tタイヤスロープ カースロープ

大型車・バス・トラック対応 10tタイヤスロープ カースロープ10tの耐荷重で大型車両にも対応するカースロープ

耐荷重 10t(2本)
タイヤ幅 約280mm
高さ 約170mm
長さ 約905mm
立ち上がり 約216mm
重量 約4.6kg(1個)
価格(値段) 9,800円程度(2019年調べ)

頑丈なカースロープなら耐荷重10tの大型車用がおすすめです。バスやトラックにも対応するためランドクルーザーやパジェロ、ランドローバーやフォードなどの大型輸入車も安心して使えます。

普段使う車以外にも、車中泊に使うキャンピングカーの整備や、車載トレーラーの整備などを考えている方にもおすすめできる丈夫なカースロープです。
高さも170mmあるため整備が苦手な方も視界を広くとれることから、大型車用に初めてカースロープを購入する方に人気の商品です。

アルミ製の軽量コンパクトなカースロープは錆びにも強いのが特徴

アルミ製カースロープ

アルミ製カースロープカースロープはサビに強いアルミ素材も人気

耐荷重 1.5t(2本)
タイヤ幅 約280mm
高さ 約80mm
長さ 約860mm
立ち上がり
重量
価格(値段) 14,800円程度(2019年調べ)

カースロープは樹脂製が主流ですが、安心感のあるスチール製も人気があります。なかにはアルミ素材を使ったカースロープもあり、特徴は錆びに強く耐久性が高いことが挙げられます。
デメリットは販売価格が高価なことで、そのためあまりバリエーションはあまり多くありません。

アルミ製カースロープは外観がオシャレなので人気があり、高さが80mmなのでローダウンにカスタムしている車でも使用できます。立ち上がりがなくそのまま降りることも可能なので、扱い易さも人気の理由です。

目立つイエローで扱いやすい3段階調整可能なカースロープ

3段階 ローダウン車対応カースロープ

3段階  ローダウン車対応カースロープ初めてカースロープを使う方には目立つ黄色い商品がおすすめ

耐荷重 5.0t(2本)
タイヤ幅 約200mm
高さ 約40mm/70mm/100mm
長さ 約560mm
立ち上がり 130mm
重量 約1.25kg(1個)
価格(値段) 3,500円程度(2019年調べ)

黄色いカラーが特徴的な3段階の高さをもつカースロープです。ローダウンしたセダンやスポーツカー、車高のあるRVやSUVなど耐荷重5.0t未満の車に対応しています。
表面はデコボコのスリップ防止加工になっているため、オイル交換や下回り点検など安心してメンテナンスができます。

左右2つのカースロープを合わせても2.5kgの軽量設計なので、持ち運びも苦にならないのが特徴です。目立つ色なので置き忘れなどの心配もなく、価格もお手頃なのでカースロープデビューに最適のおすすめ商品です。

素材は軽量樹脂製でもしっかりしたカースロープを探している方に人気の商品

軽量樹脂製カースロープ

軽量樹脂製カースロープ軽量樹脂を使い大型化した使い勝手の良いカースロープ

耐荷重 2.0t(2本)
タイヤ幅 約220mm
高さ 約210mm
長さ 約990mm
立ち上がり
重量 約4.5kg(1個)
価格(値段) 16,300円程度(2019年調べ)

タイヤ幅が220mmで一般的なカースロープよりも広いのが特徴の軽量樹脂製カースロープです。その分大きさも重量もあり折り畳みもできないため持ち運びは不向きですが、安定感は抜群で人気のある商品です。

耐荷重は2.0tで軽自動車からミドルサイズの普通自動車の殆どに対応しています。高さも210mmまで上げられるため車の下回りを隅々までチェックできます。なるべく高く車を上げたい方におすすめのカースロープです。

手軽に車両整備やメンテナンスできるカースロープは車好きの必需品

カースロープ無しで車両の下回りをメンテナンスしようとすると、車を持ち上げるジャッキを用意する手間がかかります。これに比べるとカースロープはタイヤの下に設置するだけで、オイル交換や下回り洗浄が簡単にできる優れものです。

カースロープを購入するときに注目する所は「車高の高さ」や「耐荷重性能」です。持ち運びできる折り畳みタイプや、しっかり地面に設置できるタイプなど様々なタイプから自分がどのような使い方をするのか吟味して、最適なカースロープを選びましょう。