プジョー5008の内装

プジョー5008の内装はゆとりある室内空間が広がり多彩なシートアレンジも可能

プジョー5008の内装をコックピット・シートデザインのほか安全性能やラゲッジルームについて紹介。特別仕様車プジョー5008クロスシティの内装にも触れています。プジョー5008の内装は大きなボディだけあって居住性の高いゆとりある室内。独立型シートでシートアレンジ次第で大きな荷物も余裕で載せられます。

プジョー5008の内装はゆとりある室内空間が広がり多彩なシートアレンジも可能

ゆとりある3列シート7人乗りモデル!プジョー5008の内装をコックピット・安全装備・シートなどに注目して解説

大きなボディで存在感のある新型プジョー5008の内装を紹介します。プジョー5008はPeugeot SUVの第3弾として登場した外車SUVです。2009~2016年まで販売されていた初代は7人乗りの3列ミニバンでしたが、2代目からは7人乗りの3列SUVスタイルとして生まれ変わりました。

都会的なエクステリアでラグジュアリーな現行型プジョー5008の内装はどうなっているのか、コックピットやシートの特徴、安全装備やラゲッジルームを中心にまとめました。ベースグレードの5008 Allure、上級グレードの5008 GT BlueHDi、特別仕様車5008 CROSSCITYの装備差にも注目していきます。

新型プジョー5008のコックピットは運転手の視点を重視した「i-Cockpit」設計を採用している

プジョー5008のi-Cockpit「i-Cockpit」を採用したプジョー5008はドライバーが運転しやすい環境づくりに徹底的にこだわっている

プジョー2008やプジョー3008など他のSUVモデルと同様、プジョー5008には「i-Cockpit」と呼ばれるプジョー独自のレイアウトコンセプトが取り入れられています。
小柄な方でも取り回しやすい小径のステアリングホイールや操作方法のわかりやすいオーディオ・エアコンのスイッチ類、ペダルやシフトレバーの配置まで、ドライバー主体の室内空間となっているのが特徴的です。

プジョー5008搭載のデジタルヘッドアップインストルメントパネルプジョー5008に搭載されるデジタルヘッドアップインストルメントパネルは運転中の視線移動も少なく済み、躍動感あふれるグラフィックが先進的でかっこいい

ドライバーの視線移動を最小限にとどめるデジタルヘッドアップインストルメントパネルは、12.3型と非常に大きく見やすい仕様です。メーターのテーマは4つのモードを自由に切り替えることができ、わかりやすく走行情報を知らせます。5008へ乗り込むたび、躍動感のあるグラフィックに未来を感じることでしょう。

プジョー5008のBluetooth対応8インチタッチスクリーンBluetooth対応8インチタッチスクリーンはプジョー5008全車に標準装備されている

高画質で視認性の高い8インチタッチスクリーンは、Bluetooth対応でスマートフォンとの連携を強化しています。直感的な操作が可能で、運転中も安全かつスムーズに操作できます。

プジョー5008の内装シートはテップレザーとファブリックまたはアルカンターラの組み合わせ

プジョー5008のコンビシート本革シートにも劣らない見た目と機能性の高さを備えるテップレザーにファブリックや高級生地のアルカンターラを組み合わせた新型プジョー5008のコンビシート

新型プジョー5008のシート内装はグレードやモデルにより使用されている素材が異なります。
5008 Allureは人工皮革のテップレザーにファブリックのコンビシート、5008 GT BlueHDiと特別仕様車のクロスシティーにはテップレザーに高級スエード調素材のアルカンターラのコンビシートが採用されています。

プジョー5008クロスシティーのシートシックで洗練されたスエード調のテイストが印象的なクロスシティーのシート

特別仕様車クロスシティのシートは丁寧にあしらわれたグリーンステッチがポイントで、とても高級感があります。運転席電動シートやマルチポイントランバーサポートも完備されています。

現行型プジョー5008の安全装備はベースグレードの5008 Allureも充実!5008 GT BlueHDiにはアドバンスドグリップコントロールが標準装備される

アクティブセーフティブレーキの作動範囲イメージアクティブセーフティブレーキの作動範囲は広く約5~140km/hに設定されている

万が一の衝突事故に備え、新型プジョー5008にはアクティブセーフティブレーキが搭載されています。60km/h以下のスピードでは歩行者の検知、80km/h以下では停止している車を検知することも可能です。

レーンキープアシスト機能の作動イメージ車線からの逸脱を防ぐレーンキープアシスト機能でふらつかず安定した走りを実現

長時間のドライブでは疲労によりふらつき運転となることがありますが、レーンキープアシストはこうしたシーンで非常に役立ちます。運転中に車体が道路の車線からはみ出しそうになった場合、ステアリングに自動で車線内に戻そうとする力が働きます。

アクティブブラインドスポットモニターが装備されたドアミラードアミラー内に警告灯を灯してドライバーに後続車両の存在を知らせるアクティブブラインドスポットモニター

プジョー5008のアクティブブラインドスポットモニターは、後続車が迫っているときにドアミラー内に警告灯を灯してドライバーに知らせる機能です。後続車両の進路に入ろうとすると、自動でステアリングに力が加わり車線変更を抑制します。

アクティブクルーズコントロールの作動イメージアクティブクルーズコントロールを使えば高速道路でのストレスも大幅に軽減される

現行型プジョー5008のブレーキサポート・スピードリミッター付きのアクティブクルーズコントロールは、およそ30~180km/hの範囲内で作動するようになっています。自動で車間距離を適切に維持できるので、ペダル操作が少なく済む上、衝突のリスクを軽減します。

以上の安全装備はベースグレードの5008アリュールを含む全グレードに標準装備されていて、上級グレードの5008 GT BlueHDiにはこれらに加えてヒルディセントコントロール付きのアドバンスドグリップコントロールが標準装備となっています。

アドバンスドグリップコントロールの作動イメージとコントロールパネルとパネル表示の様子その場に応じアドバンスドグリップコントロールで走行モードを切り替えることで、雪道や砂地のような悪路もスムーズに走行できる

プジョー5008のラゲッジルームはシートアレンジ次第でたくさんの大きな荷物を積載できる!ハンズフリー電動テールゲートを標準装備し積載性も抜群

プジョー5008のシートアレンジ例4パターン荷物や乗車人数に合わせてさまざまなシートアレンジが可能なプジョー5008。買い物やアウトドアなど荷物が多くなるシーンでも頼れる

新型プジョー5008のシートは全席独立型となっていて、セカンドシートは150mm前後スライドと5段階のリクライニング機構を備えています。これにより多彩なシートアレンジが可能なため、長尺物やサイズの大きな荷物もラクラク載せられます。

3列目シートのフロア下部の収納スペース3列目シートのフロア下部の収納は目隠ししたい荷物や工具などを保管するのに便利なスペース

新型プジョー5008の荷室容量は3列目を格納した場合は702L、2列目までを格納すると1,862Lという大容量が確保されます。3列目シートはワンタッチで外すことが可能で、フロア下にまで収納スペースがあります。

ハンズフリー電動テールゲートを使ってサーフボードを出し入れする女性ハンズフリー電動テールゲートはプジョー5008全グレードに標準装備されている便利機能

また、荷物で両手が塞がっているとき、重い荷物を載せるときなどに役立つのがハンズフリー電動テールゲートです。手が空いていなくても、リアバンパー下でキックアクションすることで自動的にバックドアが開くので荷物をスムーズに積載できます。
通常だとハンズフリー電動テールゲートはオプション扱いとなることも多い機能ですが、プジョー5008には全てのモデルに標準装備されているというのも嬉しいポイントです。

新型プジョー5008の内装はライバル車種に引けを取らないプレミアムな空間が広がる

現行型プジョー5008の内装は、プジョーのSUVラインナップの中でも特別大きな車体なだけあって、広々とした室内空間が広がっています。ラゲッジルームはシートアレンジによって最大1,862Lまで拡大可能で収納には困りません。各シートは独立型で、どの席に座ってもリラックスしてドライブを楽しむことができます。標準装備となるハンズフリー電動テールゲートによって積載性もアップしました。

「i-Cockpit」コンセプトを掲げるプジョー5008のコックピットは、適切なドライビングポジションを維持できるよう設計されており、長時間のドライブでも身体に負担をかけず、快適な運転を実現しています。砂地や雪道での悪路走行も難なくこなす、使い勝手の良いファミリーカーとしておすすめの輸入SUVです。