プジョー208のモデルチェンジ

プジョー208のモデルチェンジがジュネーブモーターショー2019で初披露される

プジョー208はBセグメントサイズのコンパクトカーで、2019年3月に新型モデルへ更新される予定です。フラッグシップモデルである508のデザインに似たモデルとなり、電気自動車も発表されます。

プジョー208のモデルチェンジがジュネーブモーターショー2019で初披露される

プジョー208がモデルチェンジ!ジュネーブモーターショー2019で世界初披露

プジョーのラインナップの中でも1番小さなコンパクトモデルである208が2019年にフルモデルチェンジを行います。エクステリアは新型508に似たフロントマスクに黒いフェンダーアーチモールを装備し力強いデザインとなっています。

プラットフォームもPF1プラットフォームからCMPへと切り替えたことにより軽量化が実現し、燃費も向上したと考えます。トランスミッションには6速マニュアルか8速ATが搭載されますが、日本仕様はオートマチックのみのラインナップになると考えます。

ほかにも、電気自動車となる計画も進められていて、モデル名は「e-208」になります。50kWhのバッテリーを搭載し340kmの航続距離を実現します。出力は136PS、トルクは260Nmで、0-100km/h加速は8.1秒のスペックを持っています。

さっそく、コンパクトモデルのプジョー208はどのようなモデルとなるのか、エクステリアやインテリア、パワートレインなどをチェックしていきましょう。

新型プジョー208のエクステリアは新しい508に寄せたデザインでヘッドライト下のLEDアクセントも加えられている

新型プジョー208のフロントビュー新しいプジョー208はライオンの爪をイメージしたヘッドライトデザインやフロントマスクにアクセントが加えられている

新型プジョー208はコンパクトボディのBセグメントサイズは変わりませんが、ボディサイズが多少拡大します。次期プジョー208のボディサイズは全長4,050mm・全幅1,750mm・全高1,470mmの3ナンバーサイズになると考えています。

プジョー208のボディサイズ比較
新型旧型
全長4,050mm3,962mm
全幅1,750mm1,739mm
全高1,470mm1,460~1,470mm

旧型のボディサイズは全長4メーター以下でしたが、新型208では4,050mmとなっています。全幅も少しだけ拡大し1,750mmに、全高は変わりません。先代モデルより大きく変わったのはライオンの爪を表現しているライトで、ヘッドライト横に短いのが3本、その下に長い爪が1本入っています。

新型プジョー208のサイドビュー新型プジョー208のサイドビューはスタンダードなハッチバックスタイルで、フェンダー付近にはモールが設置されている

新型プジョー208は5ドアハッチバックのボディタイプで、先代の208と変わりません。ホイール周りには、黒いフェンダーアーチモールが装着されていてタイヤ周りがとても大きく見えます。テールレンズもサイドに周りこんだデザインになっていて、スモークテールのように見えます。

新型プジョー208のリアビューリアデザインも新型508と似たデザインになっていて3本爪のテールランプが両端に見える

新型208のリアデザインは、508のようにファストバックスタイルではなく、ハッチが切り立ったハッチバックスタイルになっています。ナンバープレート付近には黒いガーニッシュが装着されていてスポーティな見た目になっています。

新しいプジョー208のインテリアには3D i-Cockpitが採用されモニターが大型化されるなどの改良が行われている

新型208のコックピット新型208のコックピットは508と似たデザインの3D i-Cockpitが採用されている

新しいプジョー208のインテリアはブラック基調の落ち着いたデザインになっていて、508と同様にi-Cockpitが採用されています。メーターはデジタルとなり、センターコンソールにあるモニターは標準で7インチを採用、上級グレードでは10インチの大きなモニターを搭載するでしょう。

地図を用いたナビはもちろんのこと、Apple CarPlayやAndroid Autoを使ったミラーリングや操作が可能です。シフトノブもスタイリッシュなデザインになっていて、標準的なストレートやゲート式しか知らない人にはとっさに動かせず、もし盗難に遭いそうになっても予防になると考えます。

ほかにも、安全装備がバッチリ装着されていて、ストップ&ゴー機能を搭載したアダプティブクルーズコントロールやレーン中央をキープするレーンセンタリングなどが搭載されています。

新型208に搭載されている安全装備

  • アダプティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー)
  • レーンセンタリング
  • フルパーキングアシスト
  • レーンキーピングアシスト
  • ドライバーアテンションモニタリング
  • ブラインドスポットモニタリングなど

プジョー208のパワートレインは直3の1.2Lターボエンジンと直4の1.5Lディーゼルエンジンがラインナップする

新型プジョー208のパワートレインは直列3気筒の1.2Lガソリンターボエンジンと、直列4気筒の1.5Lディーゼルが搭載されています。直列3気筒ガソリンエンジンは、75PS・100PS・130PSのバリエーションがありますが、日本仕様では100PSのエンジンが搭載されると考えます。

直列4気筒のディーゼルエンジンは、100PSの出力を持っていて旧型の208には搭載されていませんが、308や508にはラインナップしているため新型208ではガソリンモデルが販売してから1年後にディーゼルエンジンを追加する可能性も考えられます。

新型プジョー208のエンジンラインナップ

  • ガソリン:75PS・100PS・130PSの3種類で5MT・6MT・8ATを搭載
  • ディーゼル:100PSのみで6速マニュアルと組み合わせる

ガソリンやディーゼルのほかにも新型208にはEVモデルのe-208もラインナップし航続距離は340km

新型プジョー208EVモデルのe-208リアビューアップデザインは新型208と同様だが助手席側Cピラーには「e」のエンブレムが見えていて、車名エンブレムもe-208となっている

新型プジョー208にはガソリンやディーゼルのほかにも、電気自動車であるe-208もラインナップしています。50kWhのバッテリーを搭載し航続可能距離はWLTPモードで340kmを実現しています。モーターの出力は136PSですので加速も良く走ります。

プジョーe-208のスペック
最高出力136PS(100kW)
最大トルク260Nm
0-100km/h加速8.1秒
モードエコ・ノーマル・スポーツ
充電時間8時間(7.4kW)
5時間15分(11kW)
30分(100kW・80%の再充電)

7.4kWまたは11kWでは5時間~8時間ほど充電にかかりますが、100kWの急速充電では80パーセントまで30分で済みます。また、バッテリーの補償もあり8年後に電池容量の70パーセントを保持することを保証するとしています。

2代目プジョー208のお披露目はジュネーブモーターショー2019で行われ2019年夏には販売を開始すると予想する

新型プジョー208のリアピラーのエンブレムまわり2代目プジョー208とe-208はジュネーブモーターショー2019で世界初披露となる

2代目プジョー208と電気自動車のe-208は、2019年3月に行われるジュネーブモーターショーで世界初披露されます。それと同時に各国で発売を開始し、日本仕様は2019年夏からのデリバリーになるのではないかと考えます。

正式な値段は発表されていませんが、先代のプジョー208が199万円からでしたので、200万円~250万円の間になるのではないかと考えます。

新型プジョー208はプラットフォームをCMPへ更新し乗り心地や運動性能が良くなり、EVモデルも登場する

プジョーのコンパクトモデルである208は、2019年3月に行われるジュネーブモーターショー2019で、新型を発表する予定です。フロントマスクは新しい508に似たデザインとなり、ライオンの爪をイメージしたヘッドライトとテールランプを装備します。

プラットフォームは従来のPF1ではなく、新しいアーキテクチャのCMPを採用していて乗り心地や運動性能もアップしているでしょう。フェンダー周りには黒いモールが装着されていて、クロスオーバーの雰囲気もあり様々な表情を見せてくれます。

EVモデルの「e-208」も登場し航続距離は約340kmで、最高出力は136PS・最大トルクは260Nmを発揮します。一般的なコンパクトカーのスペックですが、急速充電30分で80%までの容量を充電できますし、日本全国に普及しつつある充電設備でこまめに充電しながら走行すれば特に問題なく旅もできるでしょう。

新しいプジョー208の価格帯は200~250万円の間になると予想していて、日本仕様の納車は2019年の夏頃に開始するのではないかと考えます。日本仕様の新型208にはディーゼルモデルがラインナップするのか楽しみです。