プジョー2008の内装

プジョー2008の内装はコンパクトSUVの魅力あふれるデザインで収納も充実

プジョー2008の内装(コックピット・シート・安全装備・オプション・ラゲッジルーム)を紹介。コンパクトSUVの新型プジョー2008の内装は「i-Cockpit」を採用したレイアウトでドライバー主体の作り。荷室も大きいので買い物やレジャーシーンでも活躍します。

プジョー2008の内装はコンパクトSUVの魅力あふれるデザインで収納も充実

新型プジョー2008の内装の特徴は?コックピット・シート・安全装備などに注目して解説!

プジョー2008はプジョー3008に次いで2番目に登場した小型SUVです。同社で発売されているBセグメントのコンパクトカーのプジョー208がベース車両となっています。
プジョー初のSUVとなる3008と比べて取り回しやすいサイズのため男女問わず人気で、見た目のスタイリッシュさも魅力的です。

2013年から販売を開始して以来、ライバル車種の多い激戦のコンパクトSUV市場においても高い評価を得ているプジョー2008ですが、その魅力はエクステリアだけにとどまりません。
多くのユーザーから支持を集めている新型プジョー2008の内装を、コックピット・シートデザイン・安全装備等を中心に紹介していきます。特別仕様車クロスシティとの装備差にも注目してまとめました。

新型プジョー2008が全世界に初公開!内装デザインや装備はどう変わった?

新型プジョー2008のエクステリア2019年6月、ついに2代目となる新型プジョー2008が初公開された

PSAグループは2019年6月19日、フルモデルチェンジした2代目プジョー2008を発表しました。本モデルはEV仕様の「e-2008」が新設定されています。
外装は従来型と比べて攻撃的な顔つきで、スポーティーな雰囲気がより強まったデザインとなっています。プラットフォームが新しく拡大されたことで、外装だけでなく内装においても設計・デザインが大幅に改良されました。
海外仕様の情報をもとに、新型プジョー2008の内装をチェックしてみましょう。

新型プジョー2008のコックピット先進性に満ちた新型プジョー2008のコックピット

新型プジョー2008は従来通りプジョー独自のコンセプトである「iコックピット」を反映。人間工学に基づいた実用的で整頓された運転環境が用意されています。
良好な前方視界を確保し、インパネ周りの操作性にも配慮。ステアリングホイールはコンパクトなサイズで運転しやすい作りです。メーターやナビゲーションディスプレイも視認性に優れています。

プジョー2008のシート上質な素材を使用した新型プジョー2008のシート内装は座り心地抜群

プジョー「e-2008」のシートプジョー2008の電気自動車モデル新型「e-2008」はグレーとブラックのバイカラーのシートを採用

蛍光カラーのステッチがスポーティーな新型プジョー2008のシート。素材には本革やアルカンターラを使用しています。新型「e-2008」は通常の新型プジョー2008とはまた違ったデザインですが、同じように蛍光ステッチがアクセントとしてあしらわれているのがポイントです。
また、こちらはグレード別設定となりますが、フロントシートにシートヒーターやマッサージ機能がついているのも魅力的です。

新型プジョー2008の電動ルーフ新型プジョー2008は電動ルーフつきでドライブがもっと快適に楽しめる

新型プジョー2008は電動ルーフを搭載しています。晴れの日も雨の日も開放的な気分でドライブを楽しむことができます。

新型プジョー2008のラゲッジルーム新型プジョー2008のラゲッジルームの容量は434L!広々としていて大きな荷物も余裕で載せられる

コンパクトサイズながらも大きな荷室スペースを確保している新型プジョー2008。後部座席を倒せばフラットなスペースができるので、安定して荷物を運ぶことができます。荷室容量はリアシートを倒した状態で最大1,044L、通常時で434Lとなります。

Peugeot2008の特別仕様車「2008 GT Line Black Pack」が 2019年6月10日に発売!ブラックの本革シートで高級感がある

プジョー2008 GT Line Black Packプジョー2008 GT Line Black Packは黒を利かせた上質感あふれる内外装デザイン

プジョー2008に新たな特別仕様車として「2008 GT Line Black Pack」が新設定されました。随所にブラックパーツをきかせた内外装は高級感があり、本物志向のドライバーの心を満たしてくれます。

プジョー2008 GT Line Black Packのシート2008 GT Line Black Packの内装シートは黒のレザーシートにレッドステッチをあしらったデザイン

2008 GT Line Black Packのシートには、赤ステッチ入りのブラックの本革を採用しています。フロントシートにはシートヒーターがついているので冬場の運転も快適です。

グリップコントロール

プジョー2008はコンパクトサイズながらもSUVらしいハイレベルな走破性を持ち合わせています。2008 GT Line Black Packについても、雪道や砂地などさまざまな路面状況に対応できるよう、5つのモードを選べるグリップコントロールが搭載されています。

プジョー2008 GT Line Black Packミラースクリーンを使えばドライブ中の快適性・エンターテインメント性がさらに向上する

プジョー2008 GT Line Black Packに標準装備されるミラースクリーンは、Apple Car PlayやAndroid Autoに対応。スマホと連携してメッセージや通話、マップ、音楽を聴いたりと車載のディスプレイでさまざまな機能を使用できます。

現行型プジョー2008のコックピットは先進的な雰囲気でスタイリッシュなデザインが採用されている

プジョー2008のコックピットプジョー2008のコックピットはドライバーにとっての快適性をとことん追求した設計

新型プジョー2008のコックピットを見てみると、まずメーターの先進的なブルーのイルミネーションが目を引きます。
Peugeot車には「i-Cockpit」という新世代のインテリアレイアウトが採用されており、小径で取り回しやすく操作性の高い本革巻のステアリングホイールや大きくて見やすいBluetooth対応タッチパネル、視線移動を極力少なくするための12.3型ヘッドアップインストルメントパネルなど様々な工夫を取り入れています。なお、ステアリングホイールと同様、サイドブレーキレバーにも高級感のある革巻きが採用されています。

プジョー2008のバックアイカメラとバックソナーの作動イメージバックアイカメラとバックソナーは新型プジョー2008全車に標準装備されている

シフトレバーをバックに入れた際には、標準装備のバックアイカメラが作動し、駐車操作などをアシストしてくれます。さらにバックソナーが搭載されているので、障害物を検知すると警告音で注意喚起し、ドライバーに危険を知らせてくれます。

プジョー2008のGT Lineに標準装備のフロントソナープジョー2008のGT Lineに標準装備されるフロントソナーは、前方向の障害物を察知して警告で知らせてくれる

フロントソナーはプジョー2008のGT Lineにのみ標準装備されています。バックソナーと同じく、前方に障害物を検知した際には警告音や警告表示により注意を促してくれます。

プジョー2008のシートデザインは黒のファブリック×テップレザーのコンビシートが採用されている

プジョー2008のシート周りのインテリアプジョー2008のシートはコンパクトサイズながらも大人5人がゆったりと座れる十分なスペースを有する

プジョー2008はベースグレードの2008 Allure、上級モデルの2008 GT Lineともにファブリック×人工皮革テップレザーのコンビシートを採用しています。プジョー2008 Allureのシートはシンプルなブラックカラーですが、プジョー2008 GT Lineのシートはブラックのシートをベースにレッドステッチがあしらわれていてよりスポーティなスタイルとなっています。

プジョー2008のフロントシート寒い冬場のドライブも快適に楽しめるフロントシートヒーターはプジョー2008の全てのモデルに標準装備されている

フロントシートヒーターはプジョー2008の全グレードに標準装備されている機能です。秋冬の寒さが厳しい時期も、シート座面から乗員の身体をしっかりと温めます。

新型プジョー2008にはアクティブセーフティプログラムが全グレードに標準装備されており高い安全性を誇る

プジョー2008の走行イメージプジョー2008に搭載されるさまざまな電子制御システムがドライバーや乗員を危険から守る

ブレーキ アシスト、トラクションコントロール、EBD(電子制御制動力分配機能)、スタビリティコントロール、アンチロックブレーキシステムなど、現行型プジョー2008には多彩な電子制御システムから構成されているアクティブセーフティプログラムが搭載されています。走行中、不安定な車両姿勢を正して安定感のある走りを実現します。

プジョー2008のアクティブシティブレーキの作動イメージ図プジョー2008のアクティブシティブレーキはおよそ5~30km/h範囲内で作動する

また、アクティブシティブレーキもすべてのプジョー2008に標準装備されています。作動範囲となる速度域はおよそ5~30km/hです。低速走行時の事故を未然に防ぎます。

プジョー2008のパノラミックガラスルーフはオプションでどのグレードにも装備が可能

プジョー2008のパノラミックガラスルーフプジョー2008のパノラミックガラスルーフがあれば開放感に満ちたドライビングが楽しめる

プジョー2008にはオプション装備としてパノラミックガラスルーフが用意されています。リアシートに座るゲストの頭上まで広がっているので、どの席に座っていても明るく開放的な気分でドライブを楽しめます。
また、日中だけでなく、夜間のドライブではブルーの照明が幻想的なムードを演出してくれます。

現行型プジョー2008のラゲッジルームは大きく開いて積載性もばっちり!ユーティリティの高い荷室を備える

新型プジョー2008のラゲッジルームの開口イメージ新型プジョー2008の荷室スペースは最大1,172Lにまで広がり高い収納性を誇る!開口部も大きいので重い荷物もスムーズに載せられる

プジョー2008の荷室容量はノーマルモードで360L、フルフラットモードにした場合は1,172Lの大容量となります。フロアの下部にも工具などがしまえるスペースが用意されています。収納性に優れたプジョー2008は買い物や旅行、レジャーシーンなどさまざまな場面で幅広く活躍してくれます。
中にはプジョー2008をフルフラットモードにして車中泊を楽しむユーザーも多いようです。

特別仕様車プジョー2008 CROSSCITYの内装はグリーンステッチが上質でスタイリッシュなデザイン

新型プジョー2008の特別仕様車であるCROSSCITY(クロスシティ)は、街乗りでもオフロードでも馴染む逞しい走破性と都会的でスタイリッシュなデザインを取り入れたモデルです。2018年12月より発売開始となりました。クロスシティシリーズは2008のほか、3008や5008でもラインナップしています。
2008CROSSCITYはプジョー2008 Allureをベース車両としているので、メーカー希望小売価格は2,699,000円とリーズナブルに抑えられています。

グリーンステッチが印象的なプジョー2008クロスシティのインテリア高い走破性を持つプジョー2008クロスシティの内装は丁寧なグリーンステッチが目を引く高級感あふれるインテリア

プジョー2008クロスシティの内装には、ドライバーの所有欲をくすぐる専用デザインが設定されています。シート素材は触り心地の良いスエード調の高級素材「アルカンターラ」と人工皮革「テップレザー」を組み合わせており、閃光が走ったような緑色のパイピングがあしらわれています。通常モデルと同じく、フロントシートにはシートヒーターが標準装備されています。
シート以外にドアトリムやステアリング、サイドブレーキレバーにもグリーンステッチが施され、全体的に統一感のあるインテリアに仕上がっています。

その他、Apple CarPlayに対応するプジョーミラースクリーンを標準装備(GT LineとCROSSCITYにのみ標準装備。Allureは未搭載)するなど、ベースグレードと比べて利便性がさらにレベルアップしているのもポイントです。

コンパクトSUVプジョー2008の内装には運転しやすい環境と先進装備が備わっている

新型プジョー2008の内装は先進的な安全装備やタッチパネル、ヘッドアップディスプレイなど、快適にドライブを楽しめる装備がいっぱいです。ラゲッジルームは通常モードの360Lから最大1,172Lまで拡大可能で、積載性も高い作りとなっています。

プジョー2008のシート内装はスポーツテイストが強くかっこいいデザインです。コックピット設計も老若男女問わず運転しやすい作りに仕上がっています。コンパクトSUVブームが巻き起こっている現在、プジョー2008はこれからもユーザー層を順調に押し広げていくことが予想されます。