新車コーティングの必要性

新車のコーティングは必要?施工法別の特徴の違いと作業価格の目安

新車にコーティングすべきかどうか迷った際に役立つ情報です。専門店やガソリンスタンドに作業を依頼した場合にかかる費用の目安、施工法別の防汚性や耐ダメージ性などの特徴を比較。トラップ粘土やマスキングテープなどの市販品を用いたDIYの方法も紹介します。

新車のコーティングは必要?施工法別の特徴の違いと作業価格の目安

新車にコーティングは必要?「ガラスコーティング」などの種類別特徴と専門店やガソリンスタンドでの作業目安価格

ボディーコーティングの様子新車購入時に必ずと勧められるのがコーティング

新車を購入したら、担当者から必ず勧められるのがコーティングです。「キレイを長持ちさせる事ができます」「コーティングはサービス致します」など、担当者の熱心さと発言内容に刺激を受けて、作業をディーラーに依頼する方も少なくはありません。ディーラー以外では、車専門店やカー用品店でもコーティングを行う事ができます。

カーコーティングは、汚れや傷をボディに付着しにくくして、経年劣化による変色を防止し、ツヤと輝きをより長く保持するために、ボディの塗装面上部に被膜を形成させます。カーコーティングは、被膜を形成するために用いる化学物質の成分の違いによって「ポリマーコーティング」や「ガラスコーティング」などに分類されます。

新車のコーティングは絶対に必要という訳ではありませんが、車の最も綺麗な状態をより長く維持できるという理由もあって、その施工率は高まっています
新車を購入した方だけではなくて、中古車を購入した方も利用できるコーティングの種類別特徴や、専門店やガソリンスタンドに作業を依頼した際にかかる価格の目安、市販品を用いて自分で作業を行う際の流れに関する情報をお届けします。

コーティングをすればボディの艶と輝きをより長く維持できて日頃のメンテナンスが楽になる

コーティングは、紫外線や酸性雨などのダメージを車に与えにくくするために行います。コーティングによって形成される特殊な被膜は薄くて透明なため、車のボディカラーに影響を及ぼすことはありません。ここでは、カーコーティングを行う事で期待できる効果を紹介します。

被膜が紫外線などの影響を抑えてくれるのでボディの艶と輝きは持続される

車の艶と輝きは、紫外線や酸性雨などの環境物質、排気ガスや工場の煤煙などの化学物質だけではなくて、身近に漂っている物質の影響を受けることでも失われます。

コーティングを行って、そういった物質に対する防御力の備わる特殊な被膜を形成して、保護性能を強化しておけばボディの艶と輝きは持続されます。

ボディ表面のミクロな凹凸はなくなってフラットな状態となるので汚れは付着しにくくなる

車のボディは新車であっても、肉眼では判別しにくいミクロな凹凸があります。汚れの原因物質は凹凸面に堆積しやすいため、コーティングを行って車の表面をよりフラットな状態とすれば汚れは付着しにくくなります。

コーティングを行えば撥水作用が強化されるため、ボディに付着している汚れは洗剤を使用せず、水洗いだけで簡単に落とせる事ができるため、日頃のメンテナンスも楽になります。

コーティングの種類別特徴~被膜硬度や防汚性などの違いは?

コーティングの種類による撥水状態の違い撥水状態など、コーティングの種類によってその効果は異なる

被膜を作る過程においての処理方法や含有される化学物質の主成分の違いによって、コーティングはいくつかの種類に分けられます。

コーティングは、「ガラスコーティング」と「ポリマーコーティング」に大別されて、主原料にシリコンを用いるポリマーコーティングは持続性能がさほど備わっていないため、約6ヶ月のタイミングで再施工が必要となります。

一方のガラスコーティングは、熱などによるダメージに強く耐久性に優れているため、最高レベルの施工を行えば5年以上も効果が持続されます。

カーコーティングの種類別特徴の比較表
  ガラスコーティング ガラス系コーティング ポリマーコーティング ワックス
光沢 ★★ ★★★ ★★★★ ★★★★
被膜硬度 ★★★★ ★★★ ★★
防汚性 ★★★★ ★★★ ★★
耐ダメージ性 ★★★★ ★★★ ★★
メンテナンス ★★★★ ★★★★ ★★★
主成分 ポリシラザン
Si‐O
シロキシサン
ポリシロキシサン
Si‐O、SI‐Me、その他
フッ素、テフロン
シリコン
レジン
カルバナロウ

ガラスコーティングの防汚性や耐ダメージ性は強力で長期間維持される

「ガラスコーティング」は、酸化反応や化学物質等の影響を受けにくい、擦り傷などに対するダメージにも強い硬化性の備わる無機質を代表するガラスを素材に用いて、ボディ表面に被膜を形成させます。

防汚性や耐ダメージ性などが特に優れるガラスコーティングを実施するには、徹底した防埃・防塵等の下処理、衛生環境の整った専用の施設が必要となります。

専門店が得意とする「ガラスコーティング」のメリットは、効果が長期間維持される、しつこい汚れでなければ水洗いで簡単に落とす事ができる。デメリットは「費用が高い」「作業時間が長い」という事です。

「ガラス系コーティング」はガソリンスタンドやカー用品が積極的に展開するポピュラーな施工法

「ガラス系コーティング」は、コーティング剤にガラス繊維を含めることによって被膜を強化して、耐久性や防汚性を向上させます。

ガラス系コーティングはガソリンスタンドやカー用品店が積極的に行う方法で、艶や光沢感は自然な仕上がりとなるのが特徴で、効果の持続期間は約半年から1年です。

ガラス繊維がコーティング剤に少しでも含まれていれば「ガラス系コーティング」という名称を使用できるため、数ある市販品の中から利用する商品を購入する際、施工を依頼する業者を選ぶ際には慎重さが必要となります。

ポリマーコーティングは高分子化合物によって被膜を作ってボディの艶と光沢感を向上させる

「ポリマーコーティング」は、1969年にアメリカのデュポン社によって開発された方法で、フッ素やテフロンなどの高分子化合物によって被膜を形成することで、ワックスよりも優れた防汚性と耐久性を実現させます。

ポリマーコーティングは、新車を購入した際にサービスで実施してくれるディーラーもあります。施工を行えばボディ表面の艶や光沢感がアップするのが特徴です。

同コーティングは、ワックスよりも耐久性は備わってはいるものの新たに形成された被膜は柔らかく傷つきやすいため、効果の持続を期待するなら約3ヶ月から約6ヶ月のタイミングで再施行を行う必要があります。

ポリマーコーティングは、市販品を揃えれば自分でも行う事が可能です。しかし、市販される商品の種類によっては、洗車シャンプーによって被膜が簡単に剥がれてしまう事もあります。そのため、より高い効果を期待する方は、プロに依頼する事をおすすめします。

ワックスコーティングはリーズナブルに購入できて一般の方でも作業がしやすい

「ワックスコーティング」は、古くから行われてきたボディメンテナンスの定番法です。車体の艶や光沢感がアップする、リーズナブルに入手できる、一般の方でも作業しやすくメリットがある反面、紫外線や熱、雨といった環境刺激に弱く、効果の持続性は期待できないというデメリットがあります。

同メンテナンス法の効果の持続期間は約1ヶ月という短期間であり、コーティング施工の持続効果を3ヶ月以上と定めるJIS規格には適合しないため、最近はコーティングとワックスは分けて考えるのが一般的になってきました。

コーティングはどこで行う?専門店やカー用品店など業者別特徴と作業価格の目安

カーコーティングは、「専門店」「カー用品店」「ディーラー」「ガソリンスタンド」に依頼できます。それら業者の特徴と作業を依頼した時にかかる価格の目安を紹介します。

ガソリンスタンドは顔なじみのスタッフと相談しながらコーティング作業を進める事ができる

一部ガソリンスタンドでは、ピットサービスの一環としてコーティングも実施可能としています。燃料を入れる際によく利用しているガソリンスタンドでコーティングが可能であれば、顔なじみのスタッフを通じて施工内容やアフターサービスなどについて気軽に相談できます。

ガソリンスタンドのメリットは、作業が短時間で終わる、施工後のメンテナンスも頼みやすいという事です。デメリットは、施工するスタッフの経験やスキルに左右されやすい、専門店ほどにはカーコーティングのための作業設備が整ってはいないという事です。

キーパーのコーティング技術一級を取得したスタッフがいる「KeePer PROSHOP」として認定されているガソリンスタンドがおすすめ

キーパーのボディコーティング

ガソリンスタンドにコーティングを依頼する際には、キーパー技研株式会社が主催するコーティング技術1級資格を取得したスタッフが在籍している店舗である「KeePer PROSHOP」をおすすめします。

洗車用機器の製造・販売、洗車専門店の運営を主力業務とするキーパー技研株式会社から「KeePer PROSHOP」として、認定されている施設は全国に6,000店舗近くあって、その中には数多くのガソリンスタンドが含まれています。

KeePer PROSHOPでは、ガラス被膜とレジン被膜との2層構造によって汚れと水をはじく「クリスタルキーパー」、高密度ガラス被膜により艶を深める「ダイヤモンドキーパー」、高密度ガラス被膜を重ねて2倍の厚みにすることで輝きを向上させる「Wダイヤモンドキーパー」といった3タイプのキーパーコーティングメニューが用意されています。

キーパーコーティングの作業の目安時間と参考価格
名称 防汚性・ツヤ・撥水性 作業目安時間 参考価格
クリスタルキーパー ★★ 2時間~ 16,300円~26,500円
ダイヤモンドキーパー ★★★ 6時間~10時間 46,600円~66,300円
Wダイヤモンドキーパー ★★★★ 10時間~ 67,500円~96,200円

※2019年1月調べ

ディーラーでは値引き交渉次第によってコーティングをリーズナブルに行える場合がある

コーティングは、新車購入時にディーラーにオプションで勧められる事がほとんどです。ディーラーに依頼するメリットは、値引き交渉する際にコーティングの費用を相殺できる場合がある、納車前に施工を行ってもらえるので、自分で業者を探して車を持ち運ぶ手間が省かれる事です

デメリットは、ガラスコーティングを希望した場合には、外注となるケースがほとんどであるために、仲介料が発生して料金が高額となる。専門の知識を持たないスタッフに施工を実施されるというケースもある事です。

カー用品では買い物ついでにコーティングサービスを行ってもらえる

オートバックスやイエローハットなどのカー用品でもコーティングサービスを実施しています。カー用品店では、経験豊富なスタッフに作業をしてもらっている間に店内を散策できるというメリットもあります。

業界最大手のオートバックスのカーコーティングはアフターサービスも充実している

オートバックスのボディコーティング

カー用品店の業際最大手のオートバックスは、コーティングをもっと身近に感じてもらいたいという思いを込めて、特別価格にてサービスを提供中です。

オートバックスのコーティングサービスでは、相談や見積もりだけではなくてアフターサービスも充実させています。施工は経験と技術力を兼ね備えるスタッフが行います。費用は、軽自動車や普通車など車のサイズによって異なります。

オートバックスのコーティングサービス メニュー別料金表
ガラスコーティング ポリマーコーティング
軽自動車 43,200円~ 23,760円~
普通車 54,000円~ 27,000円~
1BOX/RV 75,600円~ 37,800円~

※2019年1月調べ

イエローハットはユーザーの希望に合わせて4タイプのコーティングサービスを展開している

イエローハットのボディコーティング

イエローハットは、料金設定がリーズナブルで作業は短時間で終わる「シルバーポリマー」や、ボディの艶やかさと輝きをより長く維持させたいというユーザーの希望に応える「ゴールドポリマー」など4タイプのコーティングサービスを展開しています。

高品質ガラスコーティングで固い被膜を形成する「プラチナポリマー」や、最高級のガラスコーティングによって強固な被膜を形成する「ダイヤモンドポリマー」は、傷や汚れにも強く、撥水力や耐久性においても優れています。

「シルバーポリマー」のボディサイズ別 施工価格表
軽自動車(SS) コンパクトカー(S) 普通車(M) ミニバン・1BOX(L)
8,208円~ 10,260円~ 12,312円~ 14,472円~

※2019年1月調べ

「ゴールドポリマー」のボディサイズ別 施工価格表
軽自動車(SSサイズ) コンパクトカー(S) 普通車(Mクラス) ミニバン・1BOX(L)
15,336円~ 20,520円~ 25,704円~ 30,780円~

※2019年1月調べ

「プラチナポリマー」のボディサイズ別 施工価格表
軽自動車(SSサイズ) コンパクトカー(S) 普通車(Mクラス) ミニバン・1BOX(L)
32,940円~ 37,044円~ 43,200円~ 51,300円~

※2019年1月調べ

「ダイヤモンドポリマー」のボディサイズ別 施工価格表
軽自動車(SSサイズ) コンパクトカー(S) 普通車(Mクラス) ミニバン・1BOX(L)
76,140円~ 84,240円~ 92,556円~ 100,872円~

※2019年1月調べ

コーティング専門店はオプションメニューを増やして最新設備を整えてサービスを強化する

コーティング専門店に作業を依頼するメリットは、経験豊富なスタッフが、最新設備が整った環境下で作業を行うために、仕上がり後の持続性や効果を最大限に期待できるという事です。デメリットは、各工程に手間と時間をかけるために費用がかさんでしまう、実施店舗まで車を輸送させる事です。

各専門店は、見積もりや代車貸出は無料で行う、オプションメニューを増やす、最新設備を整える、様々な料金プランを用意するなどしてサービスを強化しています。

関東や関西などに店舗を構える「UNITE」はお客様のニーズに応える形で料金設定を細分化している

UNITEのカーコーティング

コーティングを専門に扱うUNITE(ユナイト)は、関東・関西・東海などの地域に店舗を構え、累計施工台数は15万台を超える信頼と実績を誇る企業です。

ユナイトは、ボディコーティングだけで10種類ものメニューを用意し、車のサイズ毎に料金設定を細分化して、お客さまの様々なニーズに的確に応えます

2019年1月時点の調べでは、同社は7周年記念感謝イベントを実施中です。その内容は、一部ボディコーティングメニューの50%OFFキャンペーンと、新車の依頼であれば10%を割引く事です。

ユナイトのオプションメニューの料金表
ホイールコーティング(4本) 17,500円~
ヘッドライトコーティング(左右) 15,000円
樹脂パーツコーティング(1台) 10,000円~
ウィンドウ撥水コーティング(全面) 12,000円~
メッキモールコーティング(1ヶ所) 5,000円~
幌コーティング 20,000円~

※2019年1月調べ

関西地方を中心に店舗を構える「ジャバ」は海外の高級自動車のコーティングを得意とする

ジャバのボディコーティング

関西地方を中心に店舗を構えるジャバは、国産車だけではなくて海外の高級自動車のコーティングも得意とします。同社は、最高硬度9Hを実現する世界最高レベルのプレミアムコーティング「Ceramic Pro 9H」など10タイプのボディメニューを用意して、車のサイズ別に合わせた価格設定を行っています。

ジャバは、ライバル企業であるユナイトと同様のキャンペーンである6周年記念感謝祭りを行っています(2019年1月調べ)。

ジャバのオプションメニューの料金表
ホイールコーティング(4本) 15,000円~
ヘッドライトコーティング(左右) 10,000円
樹脂パーツコーティング(1台) 10,000円~
ウィンドウガラス撥水コーティング(全面) 10,000円~
メッキモールコーティング(1ヶ所) 5,000円~
幌コーティング 10,000円~

※2019年1月調べ

オプションで追加できるヘッドライドコーティングなどの効果

コーティングを専門とする業者では、車の塗装面だけではなくて、ヘッドライトやホイールなどのパーツにも、オプションによってコーティングを行えます。ここでは、その効果を紹介します。

名称 効果
ヘッドライトコーティング ●ヘッドライトが黄ばみにくくなる
●ヘッドライト表面が傷つきにくくなる
●車全体の印象が引き締まる
ホイールコーティング ●ホイールの光沢感が持続する
●メンテナンスが楽になる
●ブレーキダストが汚れにくくなる
ウィンドウガラスコーティング ●撥水効果によって視界の良さが持続する
●ガラスに水垢や油膜が付着しにくくなる
●ワイパーのビビリが軽減する

市販品を用いて自分でコーティングする際の作業の流れ

カーシャンプーを使ってしっかりと洗車コーティングの前にしっかりと洗車することが大切

ガラスコーティング以外は、自宅にガレージがあるか、ガレージを借りることができる環境下にあれば、市販品を用いて作業を自分で行えます。

コーティングをDIYするメリットは、自分の好きな時間に施工ができる、工賃がかからないので費用は最もリーズナブルとなる事です。デメリットは、プロに依頼した時と比較すると、各工程に不十分さが伴うために、仕上がりにムラが生じやすく、耐久性や持続性が劣ってしまう事です。

1.カーシャンプーなどの洗剤を用いて丁寧に優しく洗車する

まず始めは、カーシャンプーなどの洗剤を用いて、ボディ表面に付着している汚れを隅々まで落としていきます。水をたっぷり使って、洗車用のスポンジに洗剤を含ませて、泡立てながら丁寧に優しく洗車していくのがコツです。

2.トラップ粘土やスプレーを用いてボディに付着する鉄粉を除去する

ボディに付着する鉄粉を放置したままで、作業を続けると塗装面が傷ついてしまいます。そのため、鉄粉は除去する必要があります。鉄粉の除去は、トラップ粘土や専用のスプレーを用いれば効果的に行えます。

3.マスキングテープで化学薬品の影響を受けやすいメッキやゴム部分を保護する

マスキングテープを用いて、コーティングを行う際に利用する化学薬品の影響を受けやすいメッキやゴム部分を保護します。

4.ポリッシャーを用いた下地処理を行って表面をフラットに仕上げる

ポリッシャーを用いて、肉眼では把握しにくい傷やシミを除去して、表面を滑らかにフラットに仕上げます。下地処理は、塗装面に影響を与えないように慎重に作業を行う必要があります

5.専用クリーナーを使って塗装面の油脂を取り除く脱脂処理を行う

塗装面に油脂類が付着している状態であるのに、コーティング剤を塗布してしまえば、油膜によってコーティング剤の定着が阻害されてしまいます。下地処理の過程で取り除く事ができなかった油脂は、専用クリーナーを使って除去します。

6.専用スポンジを用いてコーティング溶剤をムラが生じないように塗布する

専用スポンジを用いてコーティング溶剤をムラが生じないようにしてボディ表面に塗布していきます。塗りムラが発生している時は、コンバウンドの粒子が入った油膜取り用カーシャンプーを用いて対処します。

市販品のコーティグ剤を選ぶ際にはお店のスタッフなどの詳しい人に相談しよう

市販品のコーティング剤は、一般の方達も自分で作業しやすいように開発されてはいますが、数多く販売されている商品の中から、自分の車に適したタイプのコーティング剤を選ぶのには、時間や知識も必要となるため、お店のスタッフなどの詳しい人に相談して一緒に選んでもらうのが効率的です。

コーティングをした後も洗車は定期的に行いましょう

コーティングをすれば洗車作業は簡単にはなりますが、不要になるという訳ではありません。ボディ表面の綺麗さを持続させるためには、定期的に洗車を行う必要があります。

被膜硬度などに優れるガラスコーティングであれば、洗剤を用いずともに水洗いをするだけで、汚れは簡単に落とすことができて、洗車時間を短くすることができます。

その他のコーティングでは、たっぷりの水をボディにかけて、専用スポンジやセーム革素材のタオルを用いて丁寧に作業を行えば、被膜を傷つけずに汚れを取り除く事ができます。

高硬度のガラスコーティングならば施工後に洗車機を利用しても被膜層は影響を受けにくい

硬度の高いガラスコーティングならば施工後に、洗車機を用いても被膜層は影響を受けにくいと考えられます。それ以外のタイプのコーティングであれば、新たに形成された被膜層は、洗車機で用いられているブラシが高速回転する際の影響を受けて、ダメージを受けてしまう可能性があります。

新車の美しさを持続させたいという思いの強い方ほどコーティング施工後の効果に満足できます

新車の美しさを出来るだけ長く持続させたいと思っている方は、コーティングを実施すべきです。

新車の塗装面には肉眼では確認できないわずかな凹凸があります。汚れの原因物質はそのスペースを拠り所として蓄積していきます。また、コーティングによって環境物質や物理的刺激に対する防御力を備える被膜を形成すれば、ボディの傷は形成されにくくなります。

特に、中古車市場で人気のリセールバリューの高い車を新車で購入した方には、カーコーティングの実施をおすすめします。コーティングを行えば、車の査定価格はアップする訳ではありませんが、査定項目に含まれる外装の状態は、新車時に行っていた方が持続されやすいため、その後の恩恵も受けやすくなります。
エクステリアの美しさに魅せられて新車を購入したという方は、その状態を長期間に渡って持続できる効果の備わるコーティングを積極的に行いましょう。