車の知識の新着記事

日産のカーシェアサービス「日産e-シェアモビ」新型リーフ・ノートe-Powerから開始

日産e-シェアモビがスタート

日産は新たなカーシェアサービス「日産e-シェアモビ」を2018年1月15日から行います。日産の最新技術を搭載した新型リーフやノートe-Powerを対象車種とするサービスの料金プランや利用法、特徴を紹介します。

日産のカーシェアサービス「日産e-シェアモビ」新型リーフ・ノートe-Powerから開始

トヨタセーフティセンスの搭載車種と機能まとめ!2世代目では夜間にも対応

トヨタセーフティセンスの機能や搭載車種

トヨタセーフティセンスの機能は自動ブレーキやオートマチックハイビーム、車線逸脱警報、オートマチックハイビームなどがあります。さらに進化した2020年には自動運転技術も実用化され、LSとプリウスから初搭載されると予想します。

トヨタセーフティセンスの搭載車種と機能まとめ!2世代目では夜間にも対応

ダイナミックシールドは三菱車のアイコンでタフさを表現するデザイン

ダイナミックシールド採用車種

ダイナミックシールドとは、パジェロなどのタフなイメージ、ランサーエボリューションなどのハイパフォーマンスなイメージを融合させて作られたデザインです。パジェロやデリカ、ミラージュなど、まだ採用されていない車種に今後採用されていくと予想できます。

ダイナミックシールドは三菱車のアイコンでタフさを表現するデザイン

希望ナンバーランキング 語呂合わせや縁起の良い抽選ナンバー

希望ナンバーランキング

希望ナンバーランキングや見分け方、少し変わった面白い語呂合わせ、縁起の良い数字などを紹介します。都道府県により違いがある希望ナンバーの取得費用も解説しています。素敵な数字が見つかる希望ナンバーの記事です。

希望ナンバーランキング 語呂合わせや縁起の良い抽選ナンバー

図柄入りナンバープレートの地方版は41地域から2018年に交付開始

地方版の図柄入りナンバープレート

図柄入りナンバープレートは、地方版も存在します!すでに発行が決まっている41地域では2018年から交付が始まり、寄付金1,000円以上でフルカラーのナンバープレートを装着することができます。目立つことこの上ないナンバープレートでお洒落を楽しみましょう。

図柄入りナンバープレートの地方版は41地域から2018年に交付開始

軽自動車でも白ナンバーを設置できる!その理由や申請方法

軽自動車でも白ナンバーがOKに

軽自動車の白ナンバーの取り付けが2017年4月より可能に。2019年9月から日本で開催されるラグビーワールドカップを記念した特別仕様プレートに申し込むことで可能となります。その申請法や交付までの流れについても紹介。

軽自動車でも白ナンバーを設置できる!その理由や申請方法

車の購入時に必要な書類を用意するのは自分それとも売る側?

車を購入する際の必要書類

車を購入する時に必要となる書類を「新車」「中古車」「軽」「普通車」と、想定されるケースに分けて紹介します。住民票などの書類を入手できる場所、自分かそれとも売る側が用意するのかについても取り上げます。

車の購入時に必要な書類を用意するのは自分それとも売る側?

カーシェアとは?仕組みと利用法・メリットやデメリットを紹介

カーシェアとは

カーシェアとは、一定のルールを守る者どうしで車を共有し合う制度です。その仕組みや利用方法や、オリックスカーシェアやタイムズカープラスなどの大手事業者の料金プランについても紹介します。

カーシェアとは?仕組みと利用法・メリットやデメリットを紹介

軽自動車の定員は?大人と子どもの正しい乗り方

軽自動車の定員数

軽自動車の定員数の規定は4人ですが、子どもは3人で大人2人とカウントするため、最大で5人乗車が可能となっています。正しいカウント方法や定員オーバーした時の罰則など、軽自動車の定員数について紹介します。

軽自動車の定員は?大人と子どもの正しい乗り方

ドライブインシアターとは?衰退原因と開催時の楽しみ方

ドライブインシアター

ドライブインシアターは、1990年代にも日本でもブームとなりました。衰退していった理由や、有志が集って限定的に復活させたケースを紹介します。また、会場内で楽しむためのコツも取り上げます!

ドライブインシアターとは?衰退原因と開催時の楽しみ方

全固体電池の実用化がEVと車社会の未来を変える

全固体電池の仕組みと課題

全固体電池は、液体の有機電解液ではなく無機固体電解質を用いるタイプの電池です。トヨタは東京モーターショー2017で2020年代前半に商用化する事をアナウンスしました。その仕組みと課題を紹介します。

全固体電池の実用化がEVと車社会の未来を変える

煽り運転をされないための対策とされた時の対処法

煽り運転の対策・対処法

煽り運転は事故に繋がる可能性のある危険な行為です。ドライブレコーダーを設置するなどのされないために役立つ対策、された時には素直に道を譲るなどの対処法や罰則規定についても取り上げます。

煽り運転をされないための対策とされた時の対処法

ホイールナットの種類別特徴やトヨタなどメーカー別適合車

ホイールナットのサイズの見方

ホイールナットのスチールやチタンなどの種類別特徴、トヨタやホンダといった自動車メーカー別の適合サイズを紹介。また、ロングとショートナットの違い盗難防止に役立つセキュリティナットも取り上げます。

ホイールナットの種類別特徴やトヨタなどメーカー別適合車

エンジン警告灯が点滅・点灯する原因は?事故を防ぐ適切な対処

エンジン警告灯とは

エンジン警告灯が点滅している…運転中に初めての経験であれば不安になります。「酸素センサー」「イグニッションセンサー」が異常を感知したなど想定される原因と、事故を防げる対象法を紹介します。

エンジン警告灯が点滅・点灯する原因は?事故を防ぐ適切な対処

ホイールベースの「長い」「短い」で車の特徴が変わる

ホイールベースを解説

ホイールベースが「長い」「短い」によって車の特徴は変わります。最近のトレンドであるロングホイールベースの車では、最小回転半径が伸びることで小回りは利きにくいですが、直線安定性に優れ低振動です。

ホイールベースの「長い」「短い」で車の特徴が変わる

Vモーショングリルとは?日産車に採用されている統一デザイン

Vモーショングリルの意味や採用車種

Vモーショングリルは、トヨタのキーンルック、レクサスのスピンドルグリル、BMWのキドニーグリル、ジープの7スロットグリルなど、車を見た時に「日産の車」だとすぐに分かるよう取り入れられている統一デザインです。

Vモーショングリルとは?日産車に採用されている統一デザイン

オーバーハングの長い・短いで車の外観と性能はどう変わる?

車のオーバーハングとは

オーバーハングはタイヤの中心部から外側に向かう車のボディを指し、フロント部とリヤ部に分かれます。ホイールベースとの比率で外装の印象を決める・最小回転半径に影響を与えるなどの特徴を紹介します。

オーバーハングの長い・短いで車の外観と性能はどう変わる?

キドニーグリルとは?BMWのデザインアイコンを解説

BMWキドニーグリルとは

BMWのキドニーグリルとは?レクサスのスピンドルグリル、日産のVモーション、トヨタのキーンルックなど自動車メーカーには統一のフロントグリルがあります。その中で最も長い歴史を持つのがBMWのキドニーグリルです。

キドニーグリルとは?BMWのデザインアイコンを解説

エアインテークの設置効果とスバル車が取りつける理由

エアインテークの効果

エアインテークの設置効果やスバル車の多くの車種で取り付けている理由を紹介します。ボンネットの上に設けるエアインテークは、熱くなったエンジンを冷やす・室内環境をクリーンにするために必要な空気を送ります。

エアインテークの設置効果とスバル車が取りつける理由

スピンドルグリルとは?レクサスブランドを象徴するデザインの秘密

レクサスのスピンドルグリル

スピンドルグリルはトヨタの高級ブランド レクサスに採用されている統一デザインです。スピンドルグリルの意味とはどのようなものなのか解説します。賛否両論あるレクサスを象徴するデザインのスピンドルグリルは本当に廃止されるのでしょうか。

スピンドルグリルとは?レクサスブランドを象徴するデザインの秘密