車用サブウーファーのおすすめ

車用サブウーファーおすすめ15選 シート下やラゲッジに設置する人気商品

車用サブウーファーのおすすめ商品をセレクト。小型で取り付けしやすいパワードサブウーファーと高水準な音圧・音質が楽しめるユニットサブウーファーの違いを解説。国内カーオーディオメーカーの人気商品や口コミで話題の海外ブランドのウーファーなど、エントリーモデルからフラグシップまで一挙紹介。

車用サブウーファーおすすめ15選 シート下やラゲッジに設置する人気商品

車用サブウーファーおすすめ15選 国内オーディオメーカーや海外ブランドの人気商品

車用サブウーファーのおすすめ商品を、ケンウッド、アルパイン、カロッツェリアなどの国内オーディオメーカーと、キッカーやイートンなど評価の高い海外ブランドからピックアップ!本体サイズや最大出力、周波数帯域なども表にしているので、比較も可能。
愛車に設置しやすく、自分が求める重低音を出してくれる車用サブウーファーを選びましょう。

車用サブウーファーの選び方 パワードサブウーファーとユニットサブウーファーの違い

車用サブウーファーには、大きく分けてパワードサブウーファーとユニットサブウーファーの2種類がありますので、違いを知っておきましょう。

パワードサブウーファーはコンパクトな商品が多く初心者におすすめ

パワードサブウーファーとは、アンプを内蔵した一体型タイプで「チューンナップウーファー」とも呼ばれます。別途アンプを購入する必要がなく、パワードサブウーファーの多くは箱型でシート下やウォークスルーに設置できます。

小型で薄型のパワードサブウーファーは、大型のパワードサブウーファーやユニットサブウーファーに比べて、やや迫力に欠ける点があります。
しかし、軽自動車やコンパクトカーに設置しても邪魔になりにくく、取り付けや配線も比較的簡単なので、はじめてサブウーファーを購入する人にはもっともオススメです。

なお、パワードサブウーファーの中にも、トランクやラゲッジスペース、スペアタイヤスペースに置くことを前提とした大型タイプも存在します。価格が高くなりますので、音質にこだわりたい方向けです。

ユニットサブウーファーはより高音質を求める上級者向け

ユニットサブウーファーは、パワードサブウーファーと違い、アンプが内蔵していない単体のサブウーファーです。音を鳴らすためには、パワーアンプとエンクロージャー(ウーファーボックス)を用意する必要があります。

ユニットサブウーファーは、エンクロージャー等の用意も考えると、パワードサブウーファーに比べて割高です。また、基本的にはトランクやラゲッジスペースに設置する必要があり、スペースもとります。

ユニットサブウーファーのデメリットは費用や車内スペースの圧迫ですが、その分メリットとして音質や音圧の向上が見込めます。また、サウンドチューニングのし甲斐があるので、上級者にはオススメです。

車用サブウーファー15選 車内に重低音を響かせるおすすめウーファー

車用サブウーファーのおすすめ商品を集めました。初心者にもおすすめのシート下タイプのパワードサブウーファーも多数揃っています。

コンパクトなエントリーモデルでも十分な低音

ケンウッド チューンアップ・サブウーファー KSC-SW11

ケンウッド チューンアップ・サブウーファー KSC-SW11価格1万円台でも音域の広がりを実感できてコスパが高いパワードサブウーファー

おすすめの設置場所 シート下
カットオフ周波数 50Hz~125Hz
最大出力 150W
本体サイズ 190 x 280 x 70mm
参考価格(値段) 12,000円(2019年11月)

ケンウッドのエントリーモデルに位置するチューンアップ・サブウーファー KSC-SW11。「迫力満点」とまでは行きませんが、音域を広げてくれて、臨場感が出ます。

高さ70mmとコンパクトなので、車内で「もっと本格的に」「でも予算はあまりかけずに」音楽を楽しみたい人にはおすすめのモデルです。リモコンはブルーイルミネーション付きです。

20センチの振動板で締まりある低音を響かせる!

アルパイン パワードサブウーファーSWE-1080

アルパイン パワードサブウーファーSWE-108020センチの大型振動版を採用したアルパインのエントリーモデル

おすすめの設置場所 シート下
カットオフ周波数 30Hz-160Hz
最大出力 160W
本体サイズ 340×230×78mm
参考価格(値段) 17,000円円(2019年11月)

シート下におさまるサイズですが、20センチの大型振動板を採用。アルミダイキャストボディで音圧による「ビビり音」も抑えており、よく響くだけでなく、質の高い低音の再生が可能です。従来モデルより配線が簡略化され、取り付けしやすくなりました。

取り付けしやすく手軽に低音を増やせるサブウーファー

クラリオン パワードサブウーファー SRV250

クラリオン パワードサブウーファー SRV25017cm密閉型サブウーファーで手軽に低音を迫力アップ!

おすすめの設置場所 シート下
再生周波数帯域 30Hz~200Hz
最大出力 150W(75W+75W)
本体サイズ 275×195×70mm
参考価格(値段) 12,000円(2019年11月)

ズンズンと体に響くような低音は難しいですが、音域を広げて、臨場感をアップさせてくれるパワードサブウーファーです。不要な共振を取り除くAMI-PPコーンを採用し、音のゆがみが少なく、取り付けの配線も比較的簡単。

コンパクトなので軽自動車や2シーター車にもおすすめで、手軽に低音を追加できるコスパの高さが魅力です。

見た目もスマートなブルーイルミネーション付きサブウーファー

アルパイン パワードサブウーファーSWE-1500

アルパイン パワードサブウーファーSWE-1500音楽を聴きながらの夜のドライブにおすすめのサブウーファー

おすすめの設置場所 シート下
カットオフ周波数 50Hz~125Hz
最大出力 150W
本体サイズ 257×192×66×mm
参考価格(値段) 23,000円(2019年11月)

自然な低音が響くサブウーファーです。リモコンの「BassDT」機能により、伸びやかな音のDeepモードと引き締まった音Tightモードの2種類の音質が選択できます。

スピーカーボックスの外径高さ66.3mmなのでシート下にも収納可能ですが、ブルーイルミネーション付きのかっこいいデザインなので、見せても素敵です。

薄型で軽自動車やコンパクトカーにもおすすめのサブウーファー

カロッツェリア(パイオニア) 18cm x 10cm x 2パワードサブウーファー TS-WH500A

カロッツェリア(パイオニア) 18cm  x 10cm x 2パワードサブウーファー TS-WH500A高さ6センチの薄型ながらHVTユニットによる20 Hz ~200 Hz広帯域再生が可能

おすすめの設置場所 シート下
再生周波数 20 Hz ~ 200 Hz
最大出力 150 W
本体サイズ 340mm×250mm× 60mm
参考価格(値段) 20,000円(2019年11月)

「HVT方式」によって、ボイスコイルを水平ではなく、垂直に変更したTS-WH500A。パイオニアの独自技術によって、薄型でも良質な音を再生します。20 Hz ~200 Hzと低音だけでなく、中低域まで再生できるカバー域の広さも特長です。

サブウーファーを設置したときにありがちな、「低音が目立ちすぎる」こともなく、自然な臨場感ある音楽再生を楽しめます。軽自動車、コンパクトカーなどの車種でも設置しやすいのも嬉しいポイントです。

とにかく迫力のある音を求める人におすすめのサブウーファー

カロッツェリア(パイオニア) 30cm×2パワードサブウーファーTS-WX1220AH

カロッツェリア(パイオニア) 30cm×2パワードサブウーファーTS-WX1220AH大口径30cmユニットを2基搭載した2019年12月発売の新作モデル

おすすめの設置場所 トランク・ラゲッジ
再生周波数帯域 20 Hz ~ 2.9 kHz
最大出力 1200W
本体サイズ 745mm × 443mm × 400mm
参考価格(値段) 52,000円(2019年11月)

車内でも本当に迫力ある音楽を聴きたい人向けの新作サブウーファーです。サイズも大きく、ラゲッジスペースをかなり圧迫しますが、最大出力1200W、30センチのユニット2基がパワフルかつ厚みのある重低音を再生します。

新開発エンクロージャーを採用し、出力音圧レベル118 dBのハイパワーアンプを内蔵。運転席から操作できるリモコンが付属するので、音源によって音量調整が可能です。

コンパクトな見た目以上によく鳴るサブウーファー

ダイナクエストDQC-800B サブウーファー

ダイナクエストDQC-800B サブウーファー軽自動車のシート下やウォークスルーにも設置可能な小型サブウーファー

おすすめの設置場所 シート下
再生周波数帯域 30Hz~160Hz
最大出力 160W
本体サイズ 345mm × 240mm × 68mm
参考価格(値段) 19,000円(2019年11月)

DynaQuestのサブウーファーは、オートバックス専売で、ミューディメンションのOEM商品です。2万円前後の比較的低価格なモデルですが、「予想以上によく鳴る」「締まりのある音が良い」と口コミでも評価されています。

米国生まれのパワフルなサブウーファーで見た目もクール

ロックフォード Fosgate  JPS-100-8

ロックフォード Fosgate  JPS-100-8LEDイルミネーショングリルがかっこいいパワードサブウーファー

おすすめの設置場所 シート下
再生周波数帯域 30Hz~160Hz
最大出力 100W
本体サイズ 235x340x77mm
参考価格(値段) 34,000円(2019年11月)

Rockfordは、1979年に設立されたアメリカの老舗カーオーディオメーカーです。Fosgate  JPS-100-8は、ロックフォードが本格的に開発した初めてのシート下におさまる薄型パワードサブウーファーで、人気の高い「PUNCHシリーズ」のアンプを内蔵しています。

日本車の場合、車種によってはシート下におさまりきらないかもしれませんが、見た目がかっこいいので、見えるところへ置いても良いでしょう。

ドラム好きにおすすめのキレのある低音

μ-Dimension BlackBox X10

μ-Dimension BlackBox X10200Wアンプを内蔵したダブルボイスコイル式パワードサブウーファー

おすすめの設置場所 シート下
再生周波数帯域 30Hz-160Hz
最大出力 200W
本体サイズ 369×275×82mm
参考価格(値段) 34,000円(2019年11月)

ミューディメンションは1998年に設立された国産ブランドで、BlackBox X10は小口径でもより迫力ある低音を響かせられるDVC(ダブルボイスコイル)式のパワードサブウーファーです。

200Wのハイパワーで、キレと締まりのある低音を実現。ベースやドラムの音もしっかり感じられるので、音楽を聴くのが楽しくなるでしょう。

車用らしく「スペアタイヤ積載スペース」に設置するサブウーファー

JBL BASSPRO Hub

JBL BASSPRO Hub15インチ・195mm幅以上のタイヤ収納サイズ場所にマッチする車用サブウーファー

おすすめの設置場所 ラゲッジスペース(スぺタイヤ設置型)
再生周波数帯域 30Hz~150Hz
最大出力 200W
本体サイズ 360 x 165mm
参考価格(値段) 47,000円(2019年11月)

2019年にJBLが新発売したBASSPRO Hubは、スペアタイヤ積載箇所にすっぽりと収納できるパワードサブウーファーです。大口径ウーファとD級アンプ200Wのハイパワーで、ラゲッジスペースを犠牲にせず、かつ大迫力の重低音を車内に響かせます。

欧州車ユーザーにおすすめの車用サブウーファー

フォーカル 20cm パワードサブウーファーIbus 20

フォーカル 20cm パワードサブウーファーIbus 20フランスの有名オーディオメーカーFOCALの車用サブウーファー

おすすめの設置場所 シート下
再生周波数帯域 50Hz~150Hz
最大出力 150W
本体サイズ 344×250×71.5mm
参考価格(値段) 47,000円(2019年11月)

大口径20cmウーファーを採用した車用サブウーファー。ISO 16ピンコネクタのある欧州車なら装着も非常に簡単なので、輸入車ユーザーはチェックしてみてください。フロントのカスタムフィットスピーカーも同ブランドに交換すれば、華やかなFOCALサウンドをさらに堪能できるでしょう。

ドイツ製フラットタイプのパワードサブウーファー

イートン 16cm パワードサブウーファー USB-6

イートン 16cm パワードサブウーファー USB-6シックで高級感溢れるデザインの車用サブウーファー

おすすめの設置場所 シート下
再生周波数帯域 50~100Hz
最大出力 160W
本体サイズ 220×289×75mm
参考価格(値段) 44,000円(2019年11月)

ドイツの高級オーディオブランドETONの中では、エントリークラスに位置する16センチのパワードサブウーファーです。他、20インチや25インチや16センチ×2ユニットのサブウーファーなども国内発売されています。

車用サブウーファーらしく、振動版の強度にも配慮したうえで、臨場感あふれる高音質な低域再生を実現しています。レベル(音量)コントローラー、パワーケーブル、リモートケーブル、スピーカーケーブル、コネクタケーブル、取り付け用金具も付属。

「パワフルなサウンド」で知られる米国メーカーの人気モデル

キッカー HIDEAWAYコンパクトパワードウーハー HS-8

キッカー HIDEAWAYコンパクトパワードウーハー HS-820センチのウーファーに150Wアンプ搭載で迫力満点な車用サブウーファー

おすすめの設置場所 シート下
再生周波数帯域 25Hz ~ 120Hz
最大出力 150W
本体サイズ 350×240×80mm
参考価格(値段) 48,000円(2019年11月)

パワフルなサウンドで知られる米国ブランドKICKERらしく、パワードサブウーファーの中でも特に迫力ある重低音が楽しめると口コミでも人気の商品です。

高さ80mmはやや高めなので、車種によってはシート下におさまらない可能性もありますが、ラゲッジに置いてもOK。臨場感のある重低音を車内で楽しめます。

最大出力400Wのハイパワーアンプを搭載した新作サブウーファー!

ケンウッド チューンアップ・サブウーファKSC-SW40

ケンウッド チューンアップ・サブウーファKSC-SW402019年2月に新発売された最大出力400Wのケンウッドのサブウーファー

おすすめの設置場所 トランク・ラゲッジ
カットオフ周波数 50Hz~200Hz
最大出力 400W
本体サイズ 450mm×300mm×150mm
参考価格(値段) 33,000円(2019年11月)

新開発の「Class D」アンプを搭載したチューンアップ・サブウーファーです。450mm×300mm×150mmのスクエア型で、トランク内でも場所をとらず、サブウーファーのうえに荷物を置くこともできます。電源コードやRCAコードも付属。

ユニットサブウーファーのロングセラーモデル

カロッツェリア【(パイオニア)TS-W3020

カロッツェリア【(パイオニア)TS-W302030センチ大口径のサブウーファーが再現する低音は迫力満点!

おすすめの設置場所 トランク・ラゲッジ
再生周波数 20 Hz~125 Hz
最大出力 1500W
本体サイズ 349 mm × 104 mm
参考価格(値段) 32,000円(2019年11月)

パイオニアTS-W3020は、30cmの大口径かつ一般のサブウーファーよりも振動面積を広くとったオーバーサイズ・コーンを採用。薄型ですが、迫力ある重低音を響かせるユニットサブウーファーのロングセラーモデルとして知られています。

25センチのTS-W2520、20センチのTS-W2020、それぞれの口径別の専用設計エンクロージャーがラインアップしています。

車用サブウーファーを設置すれば臨場感ある音楽を楽しめる!

車用サブウーファーを設置すれば、フロントスピーカーだけでは味わえない臨場感ある音楽を車内で楽しめます。スピーカーとアンプがセットになったパワードサブウーファーでも高音質な商品は存在しますし、1万円台で買えるモデルでも、しっかりとしたメーカーのものなら音域が広がったことを実感できるはずです。

純正スピーカーが物足りないときには、車用サブウーファーとともに、フロントスピーカーを社外品に交換するのもオススメです。