FMトランスミッターの人気商品

【FMトランスミッター】スマホの音源を高音質で聴けるおすすめ商品17選

FMトランスミッターのおすすめ商品をピックアップ。ハンズフリーや急速充電を可能とする便利機能、スマホ等の端末の音源データを高音質化させる雑音防止機能が付いている人気商品の特徴や、長く使える商品を選ぶ際のコツも紹介します。

【FMトランスミッター】スマホの音源を高音質で聴けるおすすめ商品17選

スマホの音楽データを高音質で楽しめる「FMトランスミッター」を購入する際のコツと雑音の発生を防ぐ機能などが付く人気商品

「FMトランスミッター」は、スマホなどのデバイスに保存されたりしている音楽データを、車内のFMラジオシステムを利用して、高音質で再生するサポートを行う機器。そんな「FMトランスミッター」を購入する際に意識すべきハンズフリー等の機能面や、セイワなどのメーカーが販売する雑音を防ぐために多チャンネル化を行っている人気商品の魅力も紹介します。

「FMトランスミッター」はスマホなどデバイスの音楽データを車内のFMラジオシステムで再生させる機器

「FMトランスミッター」は、FM放送用に割り当てられている76.1~94.9MHzの電波の周波数を利用して、スマホなどのデバイスに保存されていたりする音楽データを変換して、FMラジオシステム上で再生可能とさせる機器です。

シガーソケットFMトランスミッターの電源はシガーソケットを利用できると便利

主な電力源はシガーソケットとする「FMトランスミッター」を利用すれば、iPhoneなどのスマホやSonyのウォークマンなどのデジタルオーディオの音楽データを、スピーカーなどの車載音響装置から奏でられます。

「FMトランスミッター」はBluetoothによる無線接続とケーブルを利用した有線接続による2通りの方法によって音楽を再生する

FMトランスミッターは、近距離無線通信規格を代表するBluetooth(ブルートゥース)による無線接続と、AUXケーブル等を用いた有線接続による2通りの方法によって、スマホ等のデバイスの音楽データを再生します。

Bluetoothによるワイヤレス接続は見た目がスタイリッシュだが有線接続と比較すれば音のクォリティーは劣ってしまう

Bluetoothはスマホやイヤホン、カーオーディオなど近距離無線通信を可能とする関連商品に与えられる国際標準規格です。同規格に対応する「FMトランスミッター」のメリットは、ワイヤレス接続なので、ケーブルが絡まったりはしないためスマートかつスタイリッシュに利用できる事。

Bluetooth接続のFMトランスミッターの使い方 ~ ペアリングを行って・電波の周波数を合わせる

スマホのBluetoothスマホの音楽アプリをBluetoothでFMトランスミッターへ飛ばして再生する

Bluetoothに対応する「FMトランスミッター」を使う際には、無線接続させるスマホなどのデバイスのBluetooth機能をONにして、互いを認識させ合うペアリングをまずは行います。ペアリングを行った後に、ユーザーが任意に設定したFMラジオの周波数と、「FMトランスミッター」側の周波数を同調させれば、各デバイスに保存されている音楽データを再生できます。

Bluetooth規格の商品を利用する際に確認しておくと便利な「AAC」や「aptX」などの音声圧縮形式(コーデック)

Bluetoothが音声データを圧縮して伝える際の形式には「AAC」や「aptX」などのタイプがあります。スマホなどに保存されている音楽データをFMトランスミッターや、ヘッドホンなどの周辺機器へとそのままをカタチで送信してしまうと、データ量が多いためシステム上の不具合が生じてしまうので音声圧縮処理を行う必要があります。

Bluetoothが採用する音声圧縮形式の一つである「AAC(Advanced Audio Codig)」は、iPhoneなどのアップル社製品が主に導入している形式で、高音域をクリアに再現できるという特徴などがあります。AndroidをOSとするスマホなどが主に採用している「apt-X」形式の特徴は、データ遅延が起こりにくいという事です。

スマホとFMトランスミッターは同じ音声圧縮形式に対応している商品同士のペアリングが理想的で、その方がより高音質な「音」が再現可能となります。例えば、iPhoneユーザーの方は、汎用性の高い圧縮形式である「SBC(SubBand Codec)」形式を採用するFMトランスミッターよりも、「AAC」の圧縮形式に対応している商品を購入した方がハイクオリティなサウンドを楽しめます。

Bluetoothの主な音声圧縮形式の特徴
AAC iPhoneなどのApple製品でよく利用されている圧縮形式で、SBC形式とほぼ同一の圧縮率ながらも高音域も忠実に再現可能
apt-X AndroidをOSする機器でよく使われている圧縮形式。データ遅延が少なく、動画再生時にもストレスのない規格
SBC iPhone、Androidの機種に関わらず利用できる汎用性があるが、高音域をクリアに再生できない、データ遅延が起きやすいなどの特徴もある

データを圧縮変換しない有線接続にはノイズが少ない・音源の再現度が高いなどのメリットがある

AUXケーブルなどを利用して、スマホ等のデバイスとFMトランスミッターを直接ケーブルで連結させる有線接続は、見た目のスタイリッシュさは無線接続よりも劣るものの、データを圧縮変換しないので、ノイズが少ない・音源をより忠実に再現できる等の特長が備わります。

FMトランスミッターを購入する際には機能面にも着目しよう

「FMトランスミッター」の商品群の中には、スマホ等のデバイスに保存されている音楽データを、車載FMシステムで再生できるだけではなくて、ハンズフリー通話を可能とするなどして機能面を充実させているタイプもあります。

音楽再生中の雑音を防ぐためにFM周波数を何段階にも切り替えられる機能が付いている商品

FM電波の周波数を0.1単位刻みで何段階にも切り替え可能な商品ほど、音楽再生中には雑音が防がれます。運転中に自車と同一の周波数で音楽を再生している車両が付近にいる場合、あるいは同一の周波数でラジオ放送を行っているFM基地局があれば、その周波数では混信状態となってしまいノイズが発生してしまいます。

FM周波数を多チャンネル化して、車内のFMラジオシステムでより多くのチャンネルでの再生を可能としているタイプの商品ほど、任意の周波数とはバッティングしにくいので混信状態とはなりくくて、再生中の雑音は防がれます。

また、雑音が生じていたとしても切り替え可能な別チャンネル数が多い商品の方が、雑音状態からは脱しやすくなります。

音楽再生中にスマートフォンに着信があった際には慌てずに対応できるハンズフリー通話機能が付いている商品

ハンズフリー通話機能が付いてる「FMトランスミッター」は、ビジネスパーソン達から支持されています。マイク等を内蔵させて同機能を利用可能としている商品は、音楽再生中にスマホに着信があった際には、ワンタッチ操作でハンズフリー機能を利用する・電話を切るなどの操作を行えるため、運転時の安全性向上にも貢献しています。

USBポートなどを設置して音楽再生と同時に外部機器への充電も可能とする商品

スマホを充電スマホを充電しながら使えるFMトランスミッターもある

数ある「FMトランスミッター」の商品群の中には、USBポートを側面などに設置して、音楽再生だけではなくて、スマホやタブレットなどのデバイスへの充電も可能とするタイプも展開されています。

音楽を再生させながら同時に充電も行わせる事を可能とする商品は、車から降りる際にはスマホに十分に電気が蓄えられているので便利だと好評です。

12V‐24V電圧に対応してどんな車種であっても利用可能としている商品

FMトランスミッターの対応電圧を確認FMトランスミッターの対応電圧を確認してから購入しよう

車の電圧はバッテリーの搭載数によって変化します。軽自動車や普通車の多くはバッテリーを1基搭載しているので電圧は12Vです。バッテリーを2基搭載するバスやトラックなどの車両の電圧は24Vとなります。

トラックで長距離を移動中にFMトランスミッターを利用して音楽を楽しみたいという方が、12Vのみに対応している商品を購入してしまえば、不具合が生じてしまいます。

高音質なクリアサウンドを車内で響かせて見た目もオシャレな「FMトランスミッター」の人気商品17選

ジャパンアベニューやセイワなどの人気メーカーの「FMトランスミッター」をピックアップしました。高機能で見た目もオシャレで操作性も優れた各商品のスペックや特徴を解説します。

「FMトランスミッター JA996」はBluetooth5.0に対応しGoogle Play Musicなどの様々な音楽再生アプリにも対応

JAPAN AVE. FMトランスミッター JA996

JAPAN  AVE. FMトランスミッター JA996「FMトランスミッター JA996」は0.1単位刻みで周波数を変えられて音楽再生時のノイズを防ぐ

接続方式 無線、有線
送信周波数 76.0-90MHz
対応電圧 12V、24V
価格 3,500円~(2019年11月調べ)

シリーズ累計10万台を超える人気商品「FM トランスミッター JA996」は、データ通信量が従来モデルの約8倍とするBluetoot5.0によるワイヤレス接続や、付属される有線ケーブル接続による方式によっての音楽再生を可能とします。

iTunesやApple Musicなどのアプリとの連携可能・乗用車や大型トラックを問わず全車種に対応可能・Bluetooth接続を一度行えば次回は自動接続されるなどの高機能が魅力的な同商品は、数あるFMトランスミッターの中でも圧倒的な人気を維持させ続けています。

「FMトランスミッター SR BT580」はAMP回路を導入してスマホなどに保存されている音源を美しく再現する

SEIWA FMトランスミッターSR BT580

SEIWA  FMトランスミッターSR BT580「FMトランスミッター SRBT580」はPPL回路技術などによってノイズの発生を抑える

接続方式 無線
送信周波数 76.0~90.0MHz
対応電圧 12V、24V
価格 4,400円~(2019年11月調べ)

SEIWA(セイワ)はキーケースやハンドルカバーなどの数多くの商品を手掛けているメーカー。同社が販売する「FMトランスミッター SR BT580」は、背面にマグネットを付けて設置場所の自由度を広げます。

HSPやAVRCP等の4タイプのプロファイル形式に対応する「FMトランスミッター SR BT580」は、増幅機能が備わるオペアンプ回路などの技術力を組み合わせて、音の表現力を向上させています。

「FMトランスミッター LAT-FMY03」はiPhoneなどの端末にライトニングコネクトを接続するだけ音楽再生と充電を効率的に行える

ELECOM FMトランスミッター LAT-FMY03

ELECOM  FMトランスミッター LAT-FMY03ELPマークを取得している「FMトランスミッター LAT-FMY03」は安全性も高い

接続方式 無線
送信周波数 88.1/88.3/88.5/88.7MHz
対応電圧 12V、24V
価格 3,900円~(2019年11月調べ)

「FMトランスミッター LAT-FMY03」は、APPle社独自のコネクト形式であるLightning(ライトニング)に対応する商品です。アップルからの正規ライセンスを取得している同商品はiPhoneやiPadなどへの装着はスムーズ化されていて、重低音サウンドによる音の臨場感でもユーザーを満足させます。

LUFTの「FMトランスミッター」は音楽を再生しながらナビアプリなども利用できて便利

LUFT FMトランスミッター

LUFT  FMトランスミッター本製品は指でつまめてコンパクト・軽量設計が魅力的

接続方式 無線
送信周波数 76.0~90.0Mhz
対応電圧 12V、24V
価格 3,300円~(2019年11月調べ)

ジャンプスターターなどのカー用品の製造も行うLUFT(ルフト)が開発した「FMトランスミッター」は、急速充電を可能とする技術を導入する効果によって、音楽を再生しながらスマホなどの機器への効率的な電気の供給も可能とします。

利用時に電話が掛かってきた際には、プッシュ操作で「電話に出る」「電話を切る」「リダイアル」の選択ができる同商品には、バッテリーの電圧量をチェックできる機能が付いているので、有効活用すればバッテリー上がりを未然に防げます。

「Roav FM Transmitter F2」は使いやすさを意識 して開発されたアンカーの人気商品

ANKER Roav FM Transmitter F2

ANKER  Roav FM Transmitter F2「Roav FM Transmitter F2」にはカーファインダ機能を搭載させて防犯性を高める

接続方式 無線
送信周波数 78-90MHz
対応電圧 12V、24V
価格 3,200円~(2019年11月調べ)

ANKER(アンカー)は、カースピーカーなどのオーディオ機器の開発も得意とするメーカー。同社が販売する「Anker Roav FM Transmittre F2」は、操作ボタン数を最小限にとどめるなどする使いやすさを意識している商品です。

周波数を走行環境に合わせて調整すれば、音楽を心地良く堪能できる同商品には18ヶ月の嬉しい長期保証が付いています。

Ewinの「FMトランスミッター EW-UB058」はアームの可動域が広いので操作画面を見やすい位置へと移動させられる

Ewin FMトランスミッター EW-UB058

Ewin  FMトランスミッター EW-UB058「FMトランスミッター EW-UB058」ではLEDディスプレイで周波数を確認できる

接続方式 無線、有線
送信周波数 76.0~108.0MHz
対応電圧 12V、24V
価格 3,000円~(2019年11月時点)

「FMトランスミッター EW-UB058」は、AUXケーブルによる有線接続・Bluetoot4.2の無線接続・Microカードを挿入させる等の4パータンによる音楽データの再生を可能とします。センター部に配置されて存在が際立っている回転式の多機能ボタンを使えば、音量調整などの操作を簡単に行えます。

Victsingの「FMトランスミッター」はiPhoneやiPadなど多種多用なスマホやタブレット端末へのペアリングが可能

Victsing FMトランスミッター

Victsing  FMトランスミッターVictsingの「FMトランスミッター」は同時に2つのデバイスへの急速充電が行える

接続方式 無線、有線
送信周波数 87.5~108.0MHz
対応電圧 12V、24V
価格 3,000円~(2019年11月調べ)

グローバル市場で自社製品を展開しているVictsingが開発した「FMトランスミッター」は、Bluetoothに対応するデバイス、TFカードやUSBディスク内の音楽データなどを再生可能とします。スポーティな車のコックピットと相性の良いデザインを採用している同商品は、ブラック・ブルー・グレーの3色を展開しています。

「LAT-FM3MB01BK」は重低音ブースト機能を搭載させて音楽好き達を満足させるサウンドを車内で奏でる

ELECOM LAT-FM 3MB01 BK

ELECOM  LAT-FM 3MB01 BK「ELECOM LAT-FM 3M B01BK」は各車のアクセサリーソケットの形状に合わせてフレキシブルに装着可能とさせる機構部を導入

接続方式 無線、有線
送信周波数 76.0~90.0MHz
対応電圧 12V、24V
価格 2,800円~(2019年11月調べ)

ELECOM(エレコム)は、USBメモリーやキーボードなどのパソコン周辺機器の開発も行うメーカー。同社が販売するFMトランスミッターである「LAT-FM3M B01BK」は、音にこだわりを持つユーザーを満足させるために、音声データの重低音をよりダイナミックに出力させる機能を設けています。

本製品が採用する鮮やかなブルーカラーが表示されるLEDディスプレイは、陽が沈んだ時間帯であっても周波数を確認しやすいと評判です。

「FMトランスミッター 06S」はUSBメモリーに保存されている音楽データも再生可能

BESTEK FMトランスミッター 06S

BESTEK  FMトランスミッター 06S「FMトランスミッター 06S」は光沢感のあるブラックカラーとディスプレイ等の配置パターンがカッコいい

接続方式 無線、有線
送信周波数 76.0~90.0MHz
対応電圧 12V
価格 1,900円~(2019年11月調べ)

「FMトランスミッター 06S」は、Bluetoothによるワイヤレス接続だけではなくて、オーディオケーブルを用いた有線接続による音楽再生も可能とします。負荷電流や電圧などの状態を測定する機能が付けられている本製品は利用時のバッテリー切れを防ぐ事ができます。

「FMトランスミッター JF-BTFM2K」はA2 DP規格に対応・回路設計を見直すなどしてハイクオリティサウンドを楽しませる

J-Force FMトランスミッター JF-BTFM2K

J-Force  FMトランスミッター JF-BTFM2K「FMトランスミッター JF-BTFM2K」はマイクのようなフォルムが印象的

接続方式 無線
送信周波数 87.9/88.1/88.3/88.5/88.7/88.9MHz
対応電源 12V
価格 2,200円~(2019年11月)

商品重量は30gと軽量で操作性にも優れる「FMトランスミッター JF-BTFM2K」は、送信周波数を87.9MHzや88.9MHzなど6パターンの中から選択可能。角度調整を可能とさせる為に可動式シガープラグを採用する本製品は、内部パーツの回路を新たに設計する効果などによって、従来モデルよりもクリアで美しいサウンドを車内に響かせます。

日本仕様の周波数に対応しているLEHXZJの「FMトランスミッター」は1.44インチのワイドスクリーンでスマホの着信・バッテリー電圧・曲名などを確認できる

LEHXZJ FMトランスミッター

LEHXZJ  FMトランスミッターLEHXZJの「FMトランスミッター」はMP3 ・APE・WAV等の音楽フォーマットに対応する

接続方式 無線、有線
送信周波数 76.0~90.MHz
対応電圧 12V、24V
価格 4,500円~(2019年11月調べ)

日本仕様の周波数へと対応しているLEHXZJ製の「FMトランスミッター」は、数字や文字情報がクリアに表示される視認性の高いディスプレイを特徴とします。

本製品は、高音質サウンドを求めるユーザーのために、AUXケーブルによる有線接続や、再生する音楽のジャンルに合わせて「ロック」「ポップ」「クラシック」等の4タイプのメニューな中から最適なモードを選べる機能などを設定しています。

「SoundSky」はナビアプリで音声機能を利用する際に自動的に音楽のボリュームを調整するなどの高機能を備えている

Smart Tap Sound Sky

Smart  Tap Sound Sky「SoundSky」はセットされるAUXケーブルを利用すればウォークマンに保存されている音楽も再生できる

接続方式 有線、無線
送信周波数 76~94.9Mhz
対応電圧 12V、24V
価格 3,500円~(2019年11月調べ)

「SoundSky」では、ロック・ポップ・ジャズなど4タイプの音響エフェクトモードが用意されているので、再生中の音楽の種類に合った音質を楽しめます。

最大10mの範囲内でBluetooth接続を可能とする本製品は、IOS及びAndroidに対応するスマホ専用アプリ「SmartBC」をダウンロードすれば、他の音楽アプリとも連携可能となって、使い勝手が更に良くなります。

「FMトランスミッター CAX-FT20」はラジオ信号とのバッティングを避けるために送信周波数を多チャンネル化している

KENWOOD FMトランスミッター CAX-FT20

KENWOOD  FMトランスミッター CAX-FT20「FMトランスミッター CAX-FT20」はシルバー・レッド・ブラッグの3カラーの商品を展開

接続方式 無線
送信周波数 76.0~90.0Mhz
対応電圧 12V、24V
価格 4,800円~(2019年11月調べ)

「FMトランスミッター CAX-FT20」は、スマホの音源をより臨場感のあるダイナミックサウンドで奏でさせるために、重低音ブースト機能を充実させています。タブレットなどのデバイスへの急速充電が行えて、4段階の角度調整を可能とする同商品は、完成度の高いデザイン性も評価されています。

「FMトランスミッター XL-127」は有線接続方式でリアルサウンドを追求するLaudaの人気商品

Lauda FMトランスミッター XL-127

Lauda  FMトランスミッター XL-127「FMトランスミッター XL-127」には3.5mmのミニプラグが付属される

接続方式 有線
送信周波数 88.7/89.1Mhz
対応電圧 12V
価格 1,300円~(2019年11月調べ)

Laudaはワイヤレスイヤホンなどのオーディオ機器メーカーとして世界市場で評価されています。同社が開発した「FMトランスミッター XL‐127」は、音声データを忠実に再現しやすい有線接続にこだわって、車内で響き渡る音色を追求します。必要度の高い機能だけを導入してリーズナブルな価格を実現しているのも本製品の魅力です。

iina style の「FMトランスミッター」は独自技術によって空港付近を走行する際にも音飛びを発生しにくくする

iina style FMトランスミッター

iina  style FMトランスミッターiina styleの「FMトランスミッター」はノイズカット技術に優れている

接続方式 無線
送信周波数 76.1~89.9MHz
対応電圧 12V、24V
価格 3,000円~(2019年11月調べ)

オレンジの大きな操作ボタンが特徴的なiina styleの「FMトランスミッター」は、内蔵させるICチップを進化させて、山道や海岸線などのFM電波が影響を受けやすい場所での音楽再生も安定化させます。Podcast等のアプリにも対応する本製品を車内へと持ち込めば、移動中の楽しみの幅が広がります。

RENOGYの「FMトランスミッター」はBluetooth・SDカードなど様々なメディアの音楽を再生可能とする

RENOGY FMトランスミッター

RENOGY  FMトランスミッター本製品はLEDスクリーンに無線周波数などの情報をシンプルに大きく表示させる

接続方式 無線、有線
送信周波数 87.5~108MHz
対応電圧 12V、24V
価格 1,300円~(2019年11月調べ)

RENOGYの「FMトランスミッター」は、ペアリングを行った後に、チャンネル設定がされていない周波数へと合わせれば、簡単にスマホなどの音源をFMのステレオシステムを用いて再生できます。12Vと24Vのバッテリーにも対応可能で幅広い車種に使える同商品は、無駄のないシャープでスタイリッシュなフォルムもユーザーから評価されています。

「FMトランスミッター KD-187」には簡単操作をサポートしてくれるカードリモコンがセットされている

Kashimura FMトランスミッター KD-187

Kashimura  FMトランスミッター KD-187「FMトランスミッター KD-187」はPOP・ROCK・BASSなど6タイプの中から音楽のジャンルに合わせて音質を変えられる

接続方式 無線、有線
送信周波数 76.0~90.0MHz
対応電圧 12V、24V
価格 3,300円~(2019年11月調べ)

カー用品やオーディオ関連商品等を取り扱うKashimura (カシムラ)が開発した「FMトランスミッター KD-187」は、シャッフル再生機能や曲調に合わせて音質を変えられるイコライザー機能を付けて音楽好き達を喜ばせます。

0.1MHz間隔で周波数を調整し141もの多チャンネル化を実現する同商品は、ワイヤレスモードでの再生時であっても音が安定しやすいと評価されています。

車内でもっと高音質なサウンドを堪能したいと考えている方は「FMトランスミッター」だけではなくてカースピーカーなどの音響機器も利用しよう

ドライブ中に好きなアーティストの音楽を聴くとストレスが発散できる、エネルギーを貰えるという方は大勢おります。「FMトランスミッター」を利用すれば、スマホなどのデバイスに保存されたりしている音楽データを、車載FMラジオシステムを通じて、臨場感や重低音に迫力を持たせるカタチで再生できます。

自分はもっと高音質を追求したいという方は、カースピーカーを社外製品へと交換、車用サブウーファーなどオーディオ機器を設置するなどして、更なるリアルサウンドを楽しみましょう。

市場にて展開されている「FMトランスミッター」の中には、12Vと24Vの電圧のどちらにも対応可能な商品も販売されているので、購入に迷った際には両電圧に適合する商品を選びましょう。