スープラの内装

新型スープラの内装は伝統を継承しつつも新しさを感じさせるピュアスポーツスタイル

トヨタ新型スープラの内装が2019年1月14日に北米国際オートショーにて世界初公開されました。日本国内においては3代目モデルとなるスープラの内装は、過去モデルからの伝統を受け継ぎつつ、TOYOTAが持つスポーツカーの技術を積極的に取り入れた新世代デザインを採用しています。

新型スープラの内装は伝統を継承しつつも新しさを感じさせるピュアスポーツスタイル

2019年5月17日発売のスープラの内装をチェック!

17年ぶりの復活ということで大きな話題を呼んでいるトヨタ・スープラが、2019年5月17日に日本市場で発売されました。今回のモデルはBMWの新型Z4(G29)とプラットフォームを共有している共同開発車のため、内装においてもそのデザインが色濃く反映されています。
新型GRスープラの内装について、RZ・SZ-R・SZの3つのグレード間の違いにも触れながら解説していきます。

スープラのコックピットはドライバーの心を掴む先進性に満ちあふれている

新型GRスープラのRZのコックピットトヨタ・スープラRZのコックピット(イグニッションレッド)

新型GRスープラのSZ-Rのコックピットトヨタ・スープラSZ-Rのコックピット(ブラック)

新型GRスープラのSZのコックピットトヨタ・スープラSZのコックピット(ブラック)

上から順にRZ・SZ-R・SZのコックピット画像です。オーナメントパネルはRZとSZ-Rにはカーボン、SZにはダークシルバー塗装を採用しており、ストイックな印象に仕上がっています。

新型GRスープラのTFT液晶式メーター

新型GRスープラのコックピットには、走りを快適に楽しむための先進装備が多数装備されています。そのうちのひとつが全グレードに標準装備される1眼デザインのTFT液晶式メーターです。8.8型と大きく見やすいディスプレイで、デジタルスピードメーター・その他走行情報、Bはタコメーター・シフトレバーポジション他、Cはナビゲーションやオーディオ情報など、走行中も多彩な情報をスマートに把握できます。

新型GRスープラのカラーヘッドアップディスプレイ視認性に優れた新型スープラのカラーヘッドアップディスプレイ

カラーヘッドアップディスプレイは、新型スープラのRZとSZ-Rの2モデルに標準装備されています。ドライバーの視線の高さに合わせてナビ・車速情報を表示します。

新型GRスープラの専用リモートコントローラーナビの遠隔操作を行える専用リモートコントローラー(Toyota Supra Command)は新型スープラ全車のセンターコンソールに標準装備

ナビ画面を遠隔で操作可能な専用リモートコントローラーは、グレードを問わず全てのスープラに標準搭載される機能です。タッチパッドによる手書き入力にも対応しています。

新型GRスープラのステアリングスイッチステアリングスイッチではハンズフリー通話・音声認識・オーディオ・レーダークルーズコントロール機能の操作が可能

新型スープラのハンドルにはステアリングスイッチを搭載しています。ドライブ中もオーディオやクルコン機能など、様々な機能の操作をスマートに行えます。

トヨタ新型スープラのシート内装はアルカンターラや本革を贅沢に使用したレーシーなデザイン

新型GRスープラRZのシート新型スープラRZのイグニッションレッドのアルカンターラ+本革シート

新型GRスープラSZ-Rのシート新型スープラSZ-Rのブラックのアルカンターラ+本革シート

新型GRスープラSZのシート新型スープラSZのブラックのファブリックシート

新型GRスープラRZのオプションシート新型スープラRZには黒の本革シートをメーカーオプションで装備できる

トヨタ新型スープラのシート内装は、最上級グレードのRZにはアルカンターラと本革のコンビシート(イグニッションレッド)、SZ-Rにアルカンターラと本革のコンビシート(ブラック)、SZにブラックのファブリックを設定。

RZとSZ-Rのスポーツシートはサイドサポート幅の調整が可能で、さらに背もたれの圧力を調整できる電動ランバーサポートも搭載しています。ファブリックシートでもチープな印象は感じられず、いずれのグレードも走りを極めた新型スープラに相応しいデザインです。

なお、RZの場合、メーカーオプションとしてスポーティーで高級感のあるブラックの本革シートも用意されています。グレードのほか、注文するボディカラーによっても設定されるシートデザインが異なります。グレードごとのシート内装は以下の通りです。

新型スープラのシート内装 カラーチャート
  RZ SZ-R SZ
シート表皮 アルカンターラ+本革 本革 アルカンターラ+本革 ファブリック
内装色 イグニッションレッド ブラック ブラック ブラック
ホワイトメタリック
シルバーメタリック
アイスグレーメタリック
ブラックメタリック
プロミネンスレッド
ライトニングイエロー
ディープブルーメタリック
マットストームメタリック

※●…標準装備 〇…メーカーオプション

至れり尽くせりな新型スープラのコネクティッドサービスにも注目!

新型GRスープラのコネクティッドサービス

新型GRスープラのコネクティッドサービスとして搭載されるのが「Toyota Supra Connect」。以下の多彩なサービスでスープラとオーナーのカーライフに寄り添い、手厚くサポートします。

Toyota Supra Connectの基本サービス(無料)

  • リモートサービス
  • エマージェンシーコール
  • ロードサイドアシスト
  • バッテリーガード

Toyota Supra Connectのオプションサービス(3年間無料)

  • ドライバーサポートデスク
  • Toyota Supra Connectサービス
  • 地図更新
  • Apple Car Play

基本サービスとなるリモートサービスでは、スープラへの目的地の送信やドアのロック/解除などの機能が使用できます。専用スマホアプリを使えば車両位置の特定も可能です。
オプションサービスのToyota Supra Connectサービスでは、DCM通信機能による情報検索が可能です。ニュースや施設検索など最新の情報を得ることができます。Apple Car Playにも対応するなど、スマートフォンとの連携も強化されています。

新型スープラは走りだけではなく安全性能も大幅に向上!

17年ぶりに復活し最新の安全機能を備えた新型GRスープラは、セーフティ・サポートカーS<ワイド>に該当します。予防安全・衝突安全を目的として以下の装備を全車に標準装備しています。

  • トヨタ・セーフティ・センス(プリクラッシュセーフティ)
  • レーンデパーチャーアラート(ステアリング制御機能付)
  • ブラインドスポットモニター/後方車両への接近警報
  • アダプティブハイビームシステム
  • レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)
  • クリアランスソナー(後方緊急ブレーキ付)
  • リヤクロストラフィックアラート
  • ポップアップフード
  • 緊急ブレーキシグナル
  • 全方位コンパティビリティボディ構造
  • 歩行者障害軽減ボディ
  • VSC(車両安定制御システム)
  • TRC(トラクションコントロール)
  • EBD(電子制動力配分制御)付ABS/ブレーキアシスト

スープラのラゲッジスペースは290Lを確保している

新型GRスープラの荷室新型スープラの荷室容量は290Lと日常生活で十分に使える広さ

新型GRスープラのラゲッジスペースは290Lを確保しており、ゴルフバッグや大きめのスーツケースなども収納できます。日常生活においても問題なく使える積載性です。

新型スープラの内装は17年の時を経て大幅にグレードアップ!

17年の沈黙を破り復活を遂げた新型スープラの内装は、ピュアスポーツにふさわしい質感の高さが魅力です。
コックピットにはデジタルスピードメーターやカラーヘッドアップディスプレイ、ナビゲーションを遠隔操作できる専用リモコンなど、多彩な先進装備も多数搭載。走りを愛するスープラファンのスポーツマインドを強く刺激する運転環境が完備されています。

さらに、安全装備の充実度から見て、走行性能だけでなく安全性能にも重点を置いていることがわかります。スマホとの連携を強めたことで、若い層にも受け入れられやすいのもポイントです。
幅広いユーザーに愛される新たな魅力を引っ提げて登場した新型スープラ。今後の動向にも期待が高まります!