アイミーブが一部改良

アイミーブが一部改良 デザインラッピングも追加され個性的なEVに

i‐MiEV(アイミーブ)の一部改良が2018年4月19日に実施されました。同日に発売をスタートした三菱のコンパクトEVは、全長を100mm近く拡げて普通車サイズとなりました。改良後の販売価格やスペック情報、エクステリアに更なる個性を与える5種類の新作デザインラッピングも紹介します。

アイミーブが一部改良 デザインラッピングも追加され個性的なEVに

三菱のコンパクトEV「i-MiEV(アイミーブ)」が2018年4月19日に一部改良を実施

三菱自動車は、コンパクトタイプの電気自動車「i-MiEV(アイミーブ)」の一部改良を実施し、2018年4月19日から全国の系列販売会社を通じて販売することを発表しました。

今回の一部改良では、エクステリアのデザイン変更・ボディサイズの拡張・充電時に役立つ新機能が追加されました。ここでは、アイミーブのボディをさらに個性的にアレンジできる新作デザインラッピングについても取り上げます。

一部改良ではロングホールベースにマッチしたスポーティ・スタイルを追求

アイミーブのリヤビューロングホイールベースになり安定感が向上

カラフルな三菱アイミーブバンパーデザインやフェンダーを変更

アイミーブの特徴は、ロングホイールベースを採用することで、コンパクトな車体なのに高速安定性と優れた直進性を実現させている事です。

今回の一部改良によって、フロントバンパーやリヤバンパーのデザインはロングホイールベースの車体によりマッチするデザインへと変更されました。前後のフェンダーはタイヤを包みこむよう立体構造を採用し、サイドエアダムの重厚感はアップさせて、視覚効果でサイドビューに安定感を与え、エアロ効果で低重心走行をサポートします。

フロントマスクでは、フロントバンパーにフォグランプを標準装備させるなどし、更なる特徴を与え
ま。その影響を受けて、ボディサイズは見直され、全長は3,395mmから3,480mmへと拡大されました。

モノトーン車では、前後のドアサッシュにブラックアウトテープを貼り付けて、機能性とデザイン性を高めます。

ボディカラーは2色を新たに設定し5色展開に

今回の一部改良によって、ボディカラーに「スターリングシルバーメタリック」と「スターリングシルバーメタリック/ホワイトパール(2トーンカラー)」の2色が新たに加わって全5色展開となります。

レッドメタリックのアイミーブレッドメタリック

スターリングシルバーメタリックのアイミーブスターリングシルバーメタリック

ホワイトソリッドのアイミーブホワイトソリッド

ライトニングブルーマイカのアイミーブライトニングブルーマイカ

スターリングシルバーメタリック/ホワイトパールのアイミーブスターリングシルバーメタリック/ホワイトパール(2トーンカラー)

※有料色として、販売価格に75,600円が加算されます

新作デザインラッピングでアイミーブを個性的にできる

三菱は、アイミーブの一部改良を行うとともに、「MYアイミーブ デザインラッピング」に新デザインを設定しました。その第5段目となる今回は、2トーンスタイルの「マスク」と、スタライプラインの「レーサーストライプ」の2種類のデザインで、アイミーブをアレンジできる5パターンが用意されます。

「MYアイミーブデザインラッピング」によって、スポーティでスタイリッシュなi-MiEVのボディは、さらに個性的になります。

※新作デザインラッピングは、一部改良が行われて誕生したアイミーブだけではなく、現在アイミーブに乗られている方、中古車を購入された方も利用できます。

新作デザインラッピングは5タイプ

デザインラッピングの内容はルーフカラー変更した「ブラックマスク」「ホワイトマスク」、縦のストライプが個性的なレーサーストライプカラーの「ブラック」「ホワイト」「レッド」の5種類です。

ボディカラーと合わせるとブラックマスクが5種類、ホワイトマスクが4種類、ストライプカラーのブラックが5種類、ストライプカラーのホワイトが3種類、ストライプカラーのレッドが4種類、合計で21パターンの新型アイミーブを楽しむことができます。

ブラックマスクの新型アイミーブブラックマスク

ホワイトマスクの新型アイミーブホワイトマスク

レーサーストライプ(ブラック)の新型アイミーブレーサーストライプ(ブラック)

レーサーストライプ(ホワイト)の新型アイミーブレーサーストライプ(ホワイト)

レーサーストライプ(レッド)の新型アイミーブレーサーストライプ(レッド)

コンパクトEVのアイミーブは販売価格2,948,400円~

一部改良後のアイミーブの販売価格とスペック情報を紹介します。

今回の一部改良によって、総電力量10.5kWhのグレードMは廃止され、16.0kWhのグレード「X」のみの設定となりました。車両本体価格は、2,948,400円からです。100%EVとして高い環境性能を誇るアイミーブは、エコカー減税が適用され、自動車取得税と重量税が免税されます。

グレード エコカー減税 車両本体価格(消費税込)
取得税 重量税
X 免税(100%減税) 2,948,400円~

※アイミーブは、クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金制度の対象車です。

全長が100mm近くサイズアップされ軽自動車から普通車に

今回の一部改良によって、アイミーブの全長は3,395mmから、3,480mmへとサイズアップされました。サイズアップが行われた事でアイミーブは普通車サイズとなりました。

アイミーブ グレードXのスペック
全長 3,480mm
全幅 1,475mm
全高 1,610mm
ホイールベース 2,550mm
最低地上高 150mm
車両重量 1,100kg
乗車定員 4名
最小回転半径 4.5m
駆動方式 2WD
交流電力量消費率 118Wh/km
一充電走行距離 164km
駆動用バッテリー リチウムイオン電池
総電圧 330V
総電力量 16.0kWh
原動機型式 Y51
定格出力 30kW
最高出力 47kW(64ps)
最大トルク 160Nm(16.3kgm)

充電時に役立つ新機能が追加

充電中の新型アイミーブ一部改良で普通充電給電口ランプを新たに採用

100%電気自動車「アイミーブ」を動かすためには、充電が必要です。アイミーブでは、動力源である電気を蓄えるために、LED照明で充電時の手元を明るく照らす「普通充電給電口ランプ」などの役立つ機能を設けます。

今回の一部改良では、駆動用バッテリー温度が高い状態で、急速充電を行った場合には、充電時間が長くなってしまう事を前もって知らせる「電池高温時お知らせ機能」が新たに追加されます。

アイミーブは、更なる普及を目指してグローバル展開を積極化する

三菱のアイミーブは世界初の量産型電気自動車として2009年7月に販売を開始しました。同車は、日本・ヨーロッパ・アメリカ市場を中心に、世界52ヶ国で販売され、累計販売台数は2万台を超える100%EVのパイオニアです。

アイミーブは、グローバル市場での更なる普及を目指して、ジョージア政府やコスタリカ政府に車両の供給、インドネシアやベトナムへの寄贈を実施します。そういった途上国へのプロモーション活動が実を結び、EV化の流れが加速すれば、アイミーブの販売台数は、世界市場で確実に増加します。

アイミーブは、2020年頃に、後継車が誕生するとも噂される今後も注目される車です。