ジムニーのモデルチェンジ

新型ジムニー モデルチェンジ!装備・価格・内外装・実車の写真も紹介

新型ジムニーのモデルチェンジは2018年7月5日に行われ、シエラと同時に発売しました。コンプリートカーのジムニーサバイブも公開されるなどカスタムも豊富です。レーダーを使った安全技術、専用チューニングのR06A型ターボエンジンで燃費が向上、jimnyの魅力であるラダーフレームで悪路走破性もパワーアップ。

新型ジムニー モデルチェンジ!装備・価格・内外装・実車の写真も紹介

グレード「XG」「XL」「XC」の3つで販売価格は1,458,000円~

新型ジムニーのグレードは3つあります。それぞれにMTとATが用意され販売価格は1,458,000円~になっています。ミッションはマニュアルが5速MT、オートマは4速ATになると考えられます。マニュアルが好きな人にとって上級グレードにも設定されているのが嬉しいポイントです。
また、専用チューンのエンジンや安全装備を搭載することで先代の3代目ジムニーから30万~50万円ほどアップしています。

またカスタマイズを前提で購入する方に注意が必要なのが最上級グレードのXCで、リフトアップする時に「スズキセーフティサポート」が機能しない恐れがあると考えられています。
そのためリフトアップする方は事前スズキディーラーでセーフティサポートの干渉について相談しましょう。

新型ジムニーのグレードと価格一覧
グレード ミッション 販売価格
XG MT 1,458,000円~
AT 1,555,200円~
XL MT 1,582,200円~
AT 1,679,400円~
XC MT 1,744,200円~
AT 1,841,400円~
新型ジムニーのスペック
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,725mm
室内長 1,795mm
室内幅 1,300mm
室内高 1,200mm
ホイールベース 2,250mm
最低地上高 205mm
最小回転半径 4.8m
車両重量 1,030kg-1,040kg
乗車定員 4名

新型ジムニーのボディカラーは13色以上で2トーンカラーもラインナップ

リークされたカタログにより新型ジムニーにランナップされるボディカラーが明らかになりました。
用意されるのは全13色のボディカラーで、「モノトーン」が9色、「2トーン」が3色、「ブラックトップ2トーン」が1色です。

モノトーンカラーでは「ジャングルグリーン」が人気で、2トーンカラーでは「シフォンアイボリー」に支持される

新型ジムニーで人気が集中するボディカラーは、モノトーンでは「ジャングルグリーン」、2トーンカラーでは「シフォンアイボリーメタリックブラック2トーンルーフ」です。

ジャングルグリーンは、本格的なオフロード車であるジムニーに相応しいボディカラーです。重厚感だけではなくて、安心感の伴うジャングルグリーンは、往年来のジムニストを満足させるだけではなく、新たなファンの購買意欲も刺激しました。同色とフロントグリルやドアミラー等に配色されるカラーとの相性は抜群で、相乗効果によって車体に更なる迫力を与えます。

一方の「シフォンアイボリーメタリックブラック2トーンルーフ」は、女性からの支持率が高い、スズキの人気車種であるハスラーと通ずるような、ポップでオシャレなカラーリングが印象的です。同色は、走行性能に優れるジムニーを街中メインでスマートに乗りこなしたいというユーザーに人気です。

モノトーンのボディカラー

  • キネティックイエロー
  • シフォンアイボリーメタリック
  • ブリスクブルーメタリック
  • ミディアムグレー
  • ブルーイッシュブラックパール
  • ジャングルグリーン
  • シルキーシルバーメタリック
  • ピュアホワイトパール
  • スぺリアホワイト

2トーンのボディカラー(XC専用・43,200円高)

  • キネティックイエロー/ブラックツートンルーフ
  • シフォンアイボリーメタリック/ブラックツートンルーフ
  • ブリスクブルーメタリック/ブラックツートンルーフ

ブラックトップ2トーンのボディカラー(XC専用・64,800円高)

  • キネティックイエロー/ブラックトップツートン

キネティックイエローの新型ジムニージムニー キネティックイエロー(XC・XLのみ)

シフォンアイボリーメタリックの新型ジムニージムニー シフォンアイボリーメタリック(XC・XLのみ)

ブリスクブルーメタリックの新型ジムニージムニー ブリスクブルーメタリック(XC・XLのみ)

ミディアムグレーの新型ジムニージムニー ミディアムグレー(XC・XLのみ)

ブルーイッシュブラックパール3の新型ジムニージムニー ブルーイッシュブラックパール3(全車設定)

ジャングルグリーンの新型ジムニージムニー ジャングルグリーン(全車設定)

シルキーシルバーメタリックの新型ジムニージムニー シルキーシルバーメタリック(全車設定)

ピュアホワイトパールの新型ジムニージムニー ピュアホワイトパール(XC専用)

スペリアホワイトの新型ジムニージムニー スペリアホワイト(XL・XGのみ)

キネティックイエローブラック2トーンルーフの新型ジムニージムニー キネティックイエローブラック2トーンルーフ(XC専用・43,200円高)

シフォンアイボリーメタリックブラック2トーンルーフの新型ジムニージムニー シフォンアイボリーメタリックブラック2トーンルーフ(XC専用・43,200円高)

ブリスクブルーメタリックブラック2トーンルーフの新型ジムニージムニー ブリスクブルーメタリックブラック2トーンルーフ(XC専用・43,200円高)

キネティックイエローブラックトップ2トーンの新型ジムニージムニー キネティックイエローブラックトップ2トーン(XC専用・64,800円高・受注生産)

ジムニーXCのみ設定されているキネティックイエローブラックトップ2トーンは、ボディがイエロー・ルーフとボンネット・Aピラーなどがブラック塗装されているカラーリングで、受注生産で作る特別なボディカラーです。

新型ジムニーのインテリアはアウトドアにマッチするブラックベース

シンプルでシックなジムニーの内装

インテリアはジムニーのコンセプト上、悪路を走行する・アウトドアの趣味を楽しむことを考えて、黒を基調としたデザインになりました。

剛性の高いムダのない内装デザイン

また、同じくスズキから販売されている軽自動車SUVの「ハスラー」に搭載されている「フルオートエアコン」「キーレスプッシュスタートシステム」「運転席・助手席シートヒーター」「イモビライザー」「盗難警報アラーム」などの快適装備がジムニーにも搭載されています。

ジムニーは、運転を純粋に楽しみたいというユーザーを満足させる事のできる車です。前モデルの内装を、他車と比較すれば、メーターパネル等のデザイン、コネクティビティやインフォテインメントシステムにおいては見劣りしていました。

20年振りにフルモデルチェンジが行われて誕生する4代目ジムニーでは、運転するのがもっと楽しくなる、それら先進装備を充実させて、ドライバーの満足度さらに高めます。

新型ジムニーの気になる収納スペースは広々!キャリーバッグはもちろんキャンプ道具や脚立も乗っちゃう収納性

新型ジムニーのシートアレンジ助手席を倒すと長い荷物も収納できる

ジムニーの収納スペースはリヤシートを倒し2名乗車にすると352Lの荷室スペースになり、キャンプ道具やキャリーバッグを余裕持って収納可能になります。さらに助手席を倒すと長尺物も積めるようなシートアレンジが可能です。

新型ジムニーの荷室サイズ開口部が広く大きな荷物の出し入れも楽ちん

ボディタイプがSUVなので地上から荷室までの高さは760mmと高いですが、開口幅は1,015mm~1,030mm・開口高は850mmあります。荷室幅は1,300mmあるのでキャリーバッグはもちろん、ゴルフバッグも横にして積むことができ、ラゲッジボード下にはボックスがあるので釣り道具などの小物も入れておくことができます。

新型ジムニーの収納スペース必要十分な収納力

運転席周りの収納は、センターコンソールに集約されていてトレーにはスマートフォンなどが置けるスペース、運転席と助手席の間にはドリンクホルダーが2つと小物入れが設置してあり、収納力は抜群です。

新型ジムニーのルーフレール雨の侵入を防ぐ工夫がされたルーフレール

ルーフレールは室内へ雨などが侵入しにくいよう横に出っ張ったデザインになっていて、雨の日でも安心してドアの開け閉めができます。幅広のルーフキャリアも設置できるのでジムニーに更なる収納力をアップさせることができます。

ジムニーの室内快適装備は上級グレードに撥水ファブリックシートを搭載するなど濡れたままシートに座っても安心

新型ジムニーのシートXCとXLのシートは撥水ファブリックでアウトドアユーザーに最適

標準グレードと上級グレードのXC・XLには撥水ファブリックシートが備わり雪や雨で濡れた状態でもシートに汚れが染み込みにくくなっています。普及グレードのXGでは同じくファブリックシートですが撥水加工がされていない点に注意が必要です。

新型ジムニーのリアシートリクライニング左右独立式のリクライニング機能で後席も快適

XC・XLのリヤシートには左右独立したリクライニング機構が装備されていて、4人乗車したときでも後ろに座っている人が快適に過ごせる工夫がしてあります。12段階で調整できるので長時間のドライブでも疲れにくくなっています。

新型ジムニーのUVカットガラスドライバーを紫外線から守るUVカットガラス

フロントガラスや運転席・助手席のドアガラス、リアガラスやバックドアのガラスにUVカット加工が施されています。

新型ジムニーのドア開口部荷物の積み入れが楽になる3段階の開口部

運転席と助手席のドアは3段階に開くようになっていて、最大角70度までガバッと開くので後ろ席への荷物の積み入れなども楽々行えます。