ジープのグラディエーター

ジープ・グラディエーターが48年ぶりの復活を果たし2019年内にアメリカで発売

ジープのグラディエーターがアメリカで復活します!ベース車両はラングラーとなり、4ドアと荷台を搭載したダブルキャブとなる、インテリアはJLラングラーと同様でトランスファーレバーも搭載するなど、2019年内にアメリカで発売する予定の新型グラディエーターについて紹介します。

ジープ・グラディエーターが48年ぶりの復活を果たし2019年内にアメリカで発売

ジープのグラディエーターがピックアップトラックとなって復活!ラングラーをベースとした使い勝手のいいベストな1台

2018年11月28日、ロサンゼルスモーターショー2018でジープから発表されたモデルは新型グラディエーターで、1970年の販売終了から実に48年ぶりの新型です。ベース車両はラングラー・アンリミテッドを使用していて、最新の技術を持って復活すると考えます。

ダブルキャブ仕様のピックアップトラックで、ラングラーのオフロード性能を引き継いだ新型グラディエーターは、不整地の走行はもちろん、オンロードでの快適性を備え家族や仲間とキャンプやスキーのアウトドアへ行く時などに活躍するでしょう。新型グラディエーターのエクステリアやインテリア、搭載エンジンをチェックしていきましょう。

新型ジープグラディエーターのエクステリアはラングラーを拡大し荷台を搭載した見た目になった

新型グラディエーターのエクステリアグラディエーターはジープのアンリミテッドをベースにした4ドアピックアップトラック

ジープの新型グラディエーターは、ラングラーのアンリミテッドをベースとした車両で、4ドアのダブルキャブに1,524mmの荷台を搭載しています。ボディサイズは全長218インチ・全高が73.8インチで、ホイールベースは137.3インチとなっています。ライバル車となるであろうトヨタのタコマやシボレー・コロラドよりも大きなサイズ感です。

新型グラディエーターのボディサイズ
全長 218インチ(5,537mm)
全幅 73.8インチ(1,874mm)
全高 71.8インチ(1,825mm)
ホイールベース 137.3インチ(3487mm)
荷台の長さ 5フィート(1,524mm)

ベースとなるラングラーと比べると全長・全幅ともに長くなっていて、ホイールベースも延長されているのが分かります。

グラディエーターとラングラーのボディサイズ比較
グラディエーター ラングラー・アンリミテッド
全長 5,537mm 4,870mm
全幅 1,874mm 1,895mm
全高 1,825mm 1,845mm
ホイールベース 3,487mm 3,010mm

オーバーフェンダーに装着されているライトは、ウインカーとデイタイムランニングライトの役割を果たし、しっかりと幅に対してピッタリなライト位置に設定されているため、夜間でもグラディエーターが持っている大きな幅をアピールでき、対向車にとっても安全です。

グラディエーターのサイドビューオーバーフェンダーや大型タイヤが特徴的

サイドビューはガッチリとした2つのドアと大きな荷台が見え、大きく張り出したオーバーフェンダーも見えます。装着しているタイヤは、ファルケンワイルドピークでLT285/70R17のサイズを履いていると予想します。

オープンエアにしたグラディエーターフロントガラスを倒しオープンエアにできる

ラングラーのオープンエアをしっかりと引き継いでいて、ルーフだけではなくドアを取り外したりフロントガラスを倒すこともできます。

新型グラディエーターのインテリアは最新のUconnectを採用しメカメカしいコックピットが男心をくすぐる

グラディエーターのインテリアジープらしさを感じる無骨なインテリア

新型グラディエーターは新しくなったJL型ラングラーをベースとしたモデルで、メカっぽいコックピットが男心をくすぐるデザインです。センターコンソールには1番上からインフォメーションディスプレイ、エアコンコントローラーが見え、その下には4WDシステムのスイッチ類が見えます。

レバーが2本並んでいて運転席よりのレバーはトランスファーレバー、右側のレバーはマニュアルのギアレバーが見えます。もし日本仕様を導入するなら、ラングラーには8速オートマチックしかラインナップしていないため、マニュアルトランスミッションは導入しないでしょう。

グラディエーターのACコンセントアウトドアや災害時などで活躍するACコンセントを装備

荷台の右側手前には115VのACコンセントが備えられていて、最大400Wまで使うことができます。アウトドアなどで家電製品を使いたいときに便利な装備です。インフォテインメントシステムは、Apple CarPlayやAndroid Autoに対応したモデルもラインアップしていて使いやすくなっています。

ジープグラディエーターに搭載するエンジンはV6エンジンのペンタスターが装備される

グラディエーターの3.6Lペンタスターエンジングラディエーターは3.6Lペンタスターエンジンを搭載

ジープグラディエーターに搭載されるエンジンは3.6Lエンジンのペンタスターで、最高出力は285hp・最大トルクは40kgmを発揮します。日本仕様のラングラーのアンリミテッドに搭載されているペンタスターでは、最大トルクが35.4kgmに設定されていてグラディエーターではトルクがパワーアップしています。

ジープグラディエーターに搭載されているエンジン
種類 V型6気筒
排気量 3,604cc
最高出力 285hp
最大トルク 40kgm

スタートストップ機能もついているため燃費も良くなるでしょう。日本仕様のラングラーに搭載されているペンタスターは、レギュラーガソリン仕様で燃費は9.2km/Lになっています。新型グラディエーターは、ラングラー・アンリミテッドよりも大柄なボディのため燃費は少し落ちると考えます。

トランスミッションは、6速マニュアルと8速ATが搭載されていて日本仕様が発売されるならラングラーと同様に8速ATのみのラインナップになると考えます。

新型グラディエーターの大きいボディを安全に運行できるよう先進運転支援システムが搭載される

安全装備が充実したグラディエーター安全装備が充実していて大きなボディでも扱いやすい

新型グラディエーターには様々な安全装備が搭載されていて、ボディサイズが大きく死角の多いグラディエーターには嬉しいブラインドスポットモニターや、後方の障害物や人の存在を教えてくれるリアクロスパスディテクションがあります。

新型グラディエーターに搭載する安全装備

・ブラインドスポットモニター
・リアクロスパスディテクション
・スポーツバー
・ヒルスタートアシスト
・リアバックアップカメラ
・リアパークアシスト
・トレーラースウェイコントロール
・セントリーキー盗難防止装置
・エンハンストアクシデントレスポンスシステムなど

新型グラディエーターのベースはJLラングラーですので、安全装備は新型ラングラーに搭載されているものを引き継ぐと予想します。

新型グラディエーターはラングラーをベースとしたピックアップトラックで全長5メートルを超す大型サイズ

新型グラディエーターは、モデルチェンジしたJL型ラングラー・アンリミテッドをベースとしているピックアップトラックで、4ドアのダブルキャブがラインナップしています。全長は約5,540mmになりホイールベースも延長され荷台に物を積んでも頑丈な設計になっています。

ラングラーのデザインを受け継ぎ、丸目に縦グリルのフェイスデザインにインテリアはメカっぽい男心をくすぐるコックピットになっています。搭載されているエンジンは、3.6LのV型6気筒エンジンであるペンタスターで、ラングラー・アンリミテッドよりも大きなボディになるため燃費は9.2km/L以下になると考えます。

大柄ボディの運転を助ける安全装備は、死角の多いピックアップトラックに最適なブラインドスポットモニターや、リアクロスパスディテクション・リアバックカメラなどが装備されていて、安心して運転ができます。トランスミッションは8速ATと6速MTを搭載していますが、日本仕様が発売されるならオートマチックのみ搭載すると考えます。

発売日はアメリカで2019年内になると噂されていて、価格帯はラングラー・アンリミテッドよりも高い設定になると考えます。日本仕様が発売されるなら500万円ほどになると予想する新型グラディエーターは、ジープのラインナップの中でも久しぶりのピックアップトラックですので、期待が高まります。