ジープ チェロキーのマイナーチェンジ

ジープ チェロキーのマイナーチェンジで新型2.0Lエンジンを搭載しフェイスリフト

チェロキーのマイナーチェンジはいつ行われるのでしょうか?2018年10月20日にはLimitedとLongitude Launch Editionが発売され、チェロキーの最近のJeep顔になります。ヘッドライトはLEDとなりLimitedやTrail Harkには新型2.0Lターボエンジンが搭載されます。

ジープ チェロキーのマイナーチェンジで新型2.0Lエンジンを搭載しフェイスリフト

チェロキーがマイナーチェンジ!新開発2.0Lエンジンを搭載しエクステリアも大幅刷新

ジープが2013年から販売しているチェロキー(KL)がマイナーチェンジを行います!2段に分かれたヘッドライトが統合され1つのユニットとなり、グランドチェロキー寄りのフロントフェイスになりました。これで、コンパス・チェロキー・グランドチェロキーの3モデル全てが新デザインへと変わり統一感が出ました。

新型チェロキーの発売日は、プレミアムモデルのLimitedと限定モデルのLongitude Launch Editionが10月20日から、Trail HarkとLongitudeは2019年春の予定です。

ジープ初の装備が盛りだくさん装備されたチェロキーは、これからのジープの未来を示すモデルとなるでしょう。LimitedとTrail Harkのみに装備される新開発の2.0Lターボエンジンは、チェロキーに燃費向上の力を与え燃費が悪いというイメージを覆してくれるでしょう。
さっそく、2018年10月20日から発売される新しいチェロキーのマイナーチェンジモデルをチェックしていきましょう。

新型チェロキーのエクステリアはLEDランプを装備した先進的な見た目へ

新型チェロキーのヘッドライト新型チェロキーのヘッドライトユニットはLEDを装備

マイナーチェンジ後のチェロキーは、ヘッドライト・デイタイムランニングライト・ウインカーが一体となったヘッドライトユニットを装着し、グランドチェロキーに似たフロントフェイスへと変わりました。ジープでは初のLEDヘッドライトを装備し、マイナーチェンジ前よりも明るい前方視界を手に入れることができます。

新型チェロキーのトレイルホークのフロントビューエクステリアに大きな樹脂パーツを採用するトレイルホール

トレイルホークは樹脂バンパーが大型化しオフロード感が増しています。ロンジチュードやリミテッドはオンロード向け、トレイルホークはオフロード向けのスタイリングです。全体的にメッキパーツが少なくなりボンネット中央にはブラックの塗装が行われているのが特徴です。

新型チェロキーのテールライトヘッドライトと同じくテールライトもLEDになった

テールレンズもLED化されていて下弦に沿って赤くなっている部分がテールランプ、ボディ側のクリアレンズがストップランプ、テールゲート側のクリアレンズがウインカーとバックランプになっています。

ボディカラーは全4種類ですが、トレイルホークには専用色の2色が設定されています。また、限定200台のロンジチュードローンチエディションでは、ホワイトとブラックの2色のみです。

新型チェロキーのグラナイトクリスタルメタリックC/CグラナイトクリスタルメタリックC/C

新型チェロキーのブライトホワイトC/CブライトホワイトC/C

新型チェロキーのダイアモンドブラッククリスタルP/CダイアモンドブラッククリスタルP/C

新型チェロキーのヴェルヴェットレッドP/CヴェルヴェットレッドP/C

新型チェロキーのファイアークラッカーレッドC/C(トレイルホーク専用色)ファイアークラッカーレッドC/C(トレイルホーク専用色)

新型チェロキーのオリーブグリーンP/C(トレイルホーク専用色)オリーブグリーンP/C(トレイルホーク専用色)

ジープの象徴でもあるフロントの7スロットグリルや台形のホイールアーチなどは継承していて、ボディサイズは全長4,665mm・全幅1,860mm・全高1,700~1,725mmの3ナンバーサイズです。前期型より全長が伸びていて、トレイルホークではオーバーフェンダーを装着し全幅1,905mmになると考えます。

新型チェロキー・リミテッドのボディサイズ
全長 4,665mm
全幅 1,860mm
全高 1,725mm
ホイールベース 2,720mm
最低地上高 205mm
車両総重量 2,115kg

新しいチェロキーは様々な快適装備が充実したインテリアでオーナーを迎えてくれる空間が広がる

新型チェロキーのスキーグレイのインテリアスキーグレイのレザーシート

新型チェロキーのロンジチュードローンチエディションとリミテッドにはレザーシートが装備されていて、ボディカラーによってブラックかスキーグレーのインテリアカラーとなります。

新型チェロキーのブラックインテリアブラックインテリアとアクセントのシルバーガーニッシュがかっこいい

ブラック内装は「ブライトホワイト」「ダイアモンドブラッククリスタル」「ヴェルヴェットレッド」に設定されているインテリアカラーで、オールブラックのインテリアがカッコいい街乗りが似合うカラーリングです。グラナイトクリスタルメタリックにのみ設定されている「ブラック・スキーグレー」のインテリアカラーは、シートやグローブボックスなどがホワイトカラーになったインテリアで、ブラックとホワイトのコントラストが綺麗な内装カラーです。

新型チェロキーの大型ディスプレイ8.4インチの大型ディスプレイが全てのグレードに標準装備されているのが嬉しい

どちらのグレードにも標準装備されているUconnectと呼ばれるシステムは、ナビゲーションのほかにもApple CarPlayやAndroid Autoに対応していて、新たにナビを買う必要がありません。8.4インチもあるためとても見やすく操作しやすいシステムです。

上級グレードのLimitedでは、シートヒーターのほかにベンチレーション・8ウェイパワーシート・4ウェイランバーサポートが標準装備され、ドアミラーやシートの位置などを記憶しておけるメモリー機能が2つあるため、たまにオーナーとは違う人が運転する機会がある時などに便利です。

マイナーチェンジ後のチェロキーには新開発の2.0Lエンジンが搭載される

新型チェロキーのエンジンは、2.4Lガソリン(タイガーシャーク)のほかに、Limitedに搭載される2.0Lターボエンジンが新開発されています。

新型2.0Lエンジンと旧型V6エンジン比較
新型2.0Lターボ 3.2L V6(ペンタスター)
種類 直列4気筒ターボ V型6気筒
排気量 1,995cc 3,200cc
最高出力 200kW(272PS)/5,250rpm 200kW(272PS)/6,500rpm
最大トルク 400Nm(40.8kgm)/3,000rpm 314Nm(32.1kgm)/4,300rpm
燃費 10.4km/L 10.1km/L
燃料 レギュラー レギュラー

上級グレードのLimitedに搭載される2.0Lターボエンジンは、前期のトレイルホークに搭載されていたV6エンジンと同等のスペックで、最高出力は同じくらいですが最大トルクが上がっています。燃費もわずかに向上しているため、V6エンジンよりも少しだけガソリンの消費が少ないです。

また、日本では自動車税が排気量によって区分されているため3,200ccの58,000円から、2,000ccの39,500円になるのはとても嬉しいポイントです。

新型チェロキーには限定200台の「Longitude Launch Edition」もラインナップ

新型チェロキーのロンジチュードローンチエディションロンジチュードをベースにした「ロンジチュードローンチエディション」はお得な装備を搭載した200台限定の特別仕様車なので購入予定の方はお早目にディーラーへ

新しく発売されるチェロキーは、標準グレードのロンジチュードに先行限定200台で「ロンジチュードローンチエディション」が発売されます。通常のロンジチュードは2019年春ごろ発売予定で、後から発売されるチェロキーのロンジチュードにはない特別装備が搭載されます。

新型チェロキー・ロンジチュードローンチエディションの特別装備

・リアディープティンテッドガラス
・レザーシート
・フロントシートヒーター
・スライディングリアシート
・セキュリティアラーム

特別装備の中でも、レザーシートとフロントシートヒーターは嬉しい装備だと感じます。ボディカラーはホワイトとブラックのみですので、インテリアカラーはブラックのみとなります。
搭載エンジンは2.4Lのタイガーシャークがつまれていて、最高出力は130kW・最大トルクは229Nmです。排気量は2,400ccですので、チェロキーのサイズでもストレスなく走ることができます。

チェロキーのマイナーチェンジモデルの発売日は2018年10月20日にLimitedが発売!トレイルホークは2019年春の予定

チェロキーのマイナーチェンジは2018年10月20日に行われ、プレミアムグレードのLimitedと限定200台でLongitude Launch Editionが発売されます。標準グレードのLongitudeとオフロード仕様のTrail Harkは、2019年春の予定です。

Longitude Launch Editionはボディカラーごとにホワイト100台・ブラック100台の合計200台限定での発売で、価格は429万円になります。プレミアムグレードのLimitedは479万円になっていて、台数の限定はありません。

無骨なイメージだったチェロキーはクロスオーバーSUVとなり更に先進的に進化した

ジープが販売するチェロキーは5代目のKL型チェロキーでクロスオーバーSUVとなり、2018年10月のマイナーチェンジでグランドチェロキーやコンパスと同じフロントフェイスとなりました。これで、ジープのクロスオーバーSUVファミリーに統一感が出ています。

ジープ初のLEDヘッドライトやハンズフリーパワーリフトゲートなどの快適装備や、新開発の2.0Lターボエンジンなどを装備しています。発売日は2018年10月20日で、プレミアムモデルのLimitedのほかに特別仕様車のLongitude Launch Editionが限定200台で販売されます。

標準仕様のLongitudeとオフロード仕様のTrail Harkは2019年春の販売を予定していて、新型エンジンはトレイルホークにも搭載すると発表されています。新しいエンジンは、チェロキーに燃費性能と動く楽しさを与えてくれるでしょう。