DN PRO CARGOはミゼットの後継

ダイハツDN PRO CARGOは未来の仕事を支える商用EV

ダイハツのコンセプトカー「DN PRO CARGO」が東京モーターショー2017に出展されました。ミゼットの後継モデルにあたる商用EVは、スクエアボディにパステルカラーが印象的なエクステリアやビジネスシーンに合わせて様変わりするマルチユニットシステムの魅力についても紹介します。

ダイハツDN PRO CARGOは未来の仕事を支える商用EV

DN PRO CARGOは未来社会を支える商用EV

ダイハツは2017年10月25日から始まった東京モーターショーに、4ドアクーペの「DN COMPAGO(ディーエヌ・コンパーノ)」やコンパクトSUVである「DN TREC(ディーエヌ・トレック)」、商用EV「DN PRO CARGO(ディーエヌ・プロカーゴ)」など計5台のコンセプトカーを出品しました。

ダイハツのコンセプトカーは、更なる少子高齢化時代や働き方の多様化など身近に起こる様々な社会の流れに対応できる車となる事を目指し開発が続けられます。

今回は、近い将来の商用車として他業種に渡って活用が期待されるDN PRO CARGOのエクステリアやインテリアの魅力、そのルーツとも言えるダイハツを支えてきた商用車・ミゼットについても紹介します!

DN PRO CARGOはミゼットの後継モデル

ダイハツの歴史に詳しいユーザーならそのボディカラーから容易に想像つくと思いますが、プロカーゴはダイハツの軽自動車の原点とも言える商用車ミゼットの後継モデルにあたります。

ミゼットは1957年に発売された3輪商用車で、大きな荷台とパステルグリーンのカラーリングが印象的な車です。

ミゼットは発売されてから長きに渡って中小企業や個人事業主を中心に、モノを運ぶ事をなりわいとする業種に活用されてきました。商用EVであるプロカーゴは、室内で容易に電気機器を利用することが出来るので、モノを運ぶ以外のビジネスシーンにおいても利用の幅が広がります。

エクステリアはEVのメリットをフル活用

DN PRO CARGOのフロントビュー

プロカーゴは、EVだからこそ実現できた乗り心地抜群の低重心・年齢や性別に捉われずに誰もが乗りやすい低床フラットフロアが魅力的な車です。

全高は軽自動車規格の上限値に近い1,995mmで、室内高は1,600mmと軽自動車ではクラストップレベルの圧倒的な室内スペースを誇ります。

外観は広さを確保するためのスクエアボディにミゼットを意識したボディカラー、スケルトン素材を活用したサイドドア、ユニークで可愛らしいヘッドライトやフロントバンパー周りのデザインも印象的です。

DN PRO CARGOのリヤビュー

ホイールは、ボディカラーとサイドカラーのドア部を意識したカラーリングが目立つおしゃれなディスクタイプです。

ビジネスシーンでの活用の幅を広げようと意識したワイドサイズのリアドアは利便性が高いだけではなくて、その広さをデザインの面でも有効活用しています。

インテリア空間はマルチユニットシステムで様変わり!

DN PRO CARGOのインパネ

運転席周りのインテリアの特徴は、ステアリングホイール及びコンソールパネルなどの各エリアに、色とりどりパステルカラーを用いることです。その色彩演出によりプロカーゴの室内空間はPOPで明るい雰囲気であふれています。

プロカーゴのインテリア及び車の最大の特徴は、運転席後ろスペースの荷室エリアにマルチユニットシステムと呼ばれる部分を設けて、目的に合わせてカートリッジのように交換ができることです。

医療器具を設置しているDN PRO CARGO

室内にモニターや医療機器を設置すれば、医療用の車として街の人たちの健康相談や診察に用いる事も可能です。軽自動車であるプロカーゴはフットワークが軽く農道が多い地域でも問題なく運転する事ができるので、医師不足に悩む過疎地域での地域医療の救世主とも成り得る車です。

介護ユニットを装備するDN PRO CARGO

介護・福祉事業に適するユニットシステムでは、リフターを利用して車椅子をスムーズに安全に乗車することも可能で、2台の車椅子を乗せる事が可能です。

輸送システムを装備するDN PRO CARGO

ミゼットのように商品を送り届ける輸送車として、宅配業や配送業者が利用できるようなユニットも用意されます。フロア等に大切な荷物の荷崩れを防ぐための固定パーツが設置されています。

パン屋さんのシステムを装備するDN PRO CARGO

プロカーゴは、パン屋さんの移動販売車としても利用する事が可能です。その他にも、ネイルサロンや移動図書館、ペットのトリミングサロンなどとしても利用する事が可能です。

DN PRO CARGOはダイハツを代表する商用車となる

ダイハツの商用車といえば、ハイゼットを思い浮かべる方が多いかと思われますが、今後はプロカーゴをイメージする方々が増えていきます。

ダイハツは「先進技術はみんなのものに」をスローガンとして、お客様に軽やかに輝いた暮らしを提供するため、さらなら良品廉価な車づくりを目指します。

東京モーターショー2017に出展されたコンセプトカーであるプロカーゴは、軽自動車最大クラスを誇る商用EVです。室内で電力を利用できるため、移動するオフィスとしても利用することもできる未来で働く人達をサポートする車です。

2017年は同年の3月に創立110周年を迎えたダイハツにとってはメモリアルイヤーです。記念すべき年にダイハツグループが掲げた新スローガンは「Light you Up ~らしく、ともに、軽やかに~」です。

プロカーゴは、未来で働く人達の暮らしを支えるビジネスシーンをサポートし、日常生活に明るさを提供する車です。お客様に最も近いブランドを目指すダイハツだからこそ、ユーザーの使いやすさを追求しそれを形とします。

プロカーゴが市販化されれば、ダイハツを代表する商用車となります!