ハリアーのマイナーチェンジ

ハリアーがマイナーチェンジでPHEV(プラグインハイブリッド)を追加

ハリアーのマイナーチェンジ情報。エクステリア、ボディーカラー、インテリア、新たなグレードやエンジンの追加、PHEVや追加オプション、価格など画像や動画と併せて確認しましょう。生まれ変わるラグジュアリーSUVの進化を紹介します。

ハリアーがマイナーチェンジでPHEV(プラグインハイブリッド)を追加

4代目新型ハリアー・3代目ハリアーのマイナーチェンジ・特別仕様車情報

ラグジュアリー感あふれるクロスオーバーSUVであるハリアーは、2017年6月にターボモデルを追加するビッグマイナーチェンジを行いました。フロントフェイスも大幅に改良を行い、トヨタセーフティセンスの採用など安全面の強化も行っています。

2018年9月3日には最上級グレードのプログレスをベースとした特別仕様車である「プログレス スタイルブルーイッシュ(PROGRESS Style BLUEISH)」と「プログレス メタルアンドレザーパッケージ スタイルブルーイッシュ(PROGRESS Metal and Leather Package・Style BLUEISH)」の2種類を発売しています。
さっそく、ハリアーのマイナーチェンジでどのように進化するのか、新しく設定されたスタイルブルーイッシュはどのような特別仕様車なのか紹介。

また4代目にフルモデルチェンジした新型ハリアーが2020年6月17日に発売。全長と全幅を拡大、全高を低くしたスタイリッシュなラグジュアリーSUVに生まれ変わりました。トヨタで初めて採用する調光ムーンルーフやリヤコンビネーションランプが直前でつながるデザインなど、2020年5月から始まるトヨタモビリティ統合の目玉車種として登場。

ハリアーPHEVの発売は2022年10月31日 専用インテリアでダークな印象に

2022マイナーチェンジで追加したハリアーPHEVアイラインのメッキガーニッシュをブラック化して迫力が増したハリアーPHEV

ハリアー初のプラグインハイブリッド(PHEV)モデルが2022年10月31日に追加。 ガソリンモデルやハイブリッドモデルにはないブラックの専用パーツで引き締まった印象のあるモデル。
インテリアには金属メッシュ質感のダークレッドパイピングオーナメントをインパネからドアトリムに採用、12.3インチTFTカラーメーター+マルチインフォメーションディスプレイも標準装備され先進的な内装になりました。

ハリアー PHEV Zの装備

  • 専用メッシュパターンフロントグリル
  • 専用ブラックメッキガーニッシュ
  • 専用ボディカラー グレーメタリック
  • 専用PHEVバッヂ
  • ダークレッドパイピングオーナメント
  • 12.3インチセンターディスプレイ
  • パノラミックビューモニターなど

ハリアーPHEV Zのボディカラーは専用色としてグレーメタリックを設定。エクステリアのブラックガーニッシュとの相性も抜群で、より精悍なイメージに。
プラチナホワイトパールマイカは2022年のマイナーチェンジで、ホワイトパールクリスタルシャインと入れ替わりに設定された新色です。

ハリアー PHEVのボディカラー

  • プレシャスブラックパール(55,000円高)
  • センシュアルレッドマイカ(33,000円高)
  • プラチナホワイトパールマイカ(33,000円高)
  • グレーメタリック(ハリアーPHEV専用ボディカラー)
  • プレシャスブラックパールのハリアーPHEVプレシャスブラックパール(55,000円高)
  • センシュアルレッドマイカのハリアーPHEVセンシュアルレッドマイカ(33,000円高)
  • プラチナホワイトパールマイカのハリアーPHEVプラチナホワイトパールマイカ(33,000円高)
  • グレーメタリックのハリアーPHEVグレーメタリック(ハリアーPHEV専用ボディカラー)

パワートレインは2020年に発売したRAV4 PHEVと同じ2.5Lダイナミックフォ-スエンジンとモーターを組み合わせ、システム最高出力は306psを発揮。
WLTCモード燃費は20.5km/Lで充電バッテリーのみで走行できるEV走行距離は93kmに。

ハリアー PHEVのシステム緒元
エンジン型式 A25A-FXS
総排気量 2,487cc
エンジン最高出力 130kW(177ps)/6,000rpm
エンジン最大トルク 219Nm(22.3kgm)/3,600rpm
フロント/リヤモーター型式 5NM/4NM
フロント/リヤモーター最高出力 134kW(182ps)/40kW(54ps)
フロント/リヤモーター最大Tルク 270Nm(27.5kgm)/121Nm(12.3kgm)
システム最高出力 225kW(306ps)
バッテリー種類 リチウムイオンバッテリー
バッテリー容量 51Ah
バッテリー総電圧 355.2V
バッテリー総電力量 18.1kWh

ハリアーPHEVの予約は発売の約1か月位前から開始。
受注数が想定を超えることから、ディーラーにより既に販売停止になっているケースもあるようです。
ハリアーのガソリン・ハイブリッドモデルも10月4日にマイナーチェンジして発売しますが、発表の前段階で納期が2023年以降になるという噂もあります。

4代目の新型ハリアーが2022年10月にPHEVなどを追加する一部改良を実施

4代目ハリアーにPHEVを追加するマイナーチェンジを2022年9月26日に発表。ガソリンとハイブリッドモデルの生産は2022年10月4日から、プラグインハイブリッド(PHEV)は2022年10月31日から販売開始。
ハリアーの一部改良内容は、パワートレインにRAV4 PHEVと同じ電源プラグで充電できるPHEV(プラグインハイブリッド)を追加設定すること。

そのほかに標準装備の充実化や、ボディカラーやグレードの整理、新型ノアに採用する次世代ディスプレイオーディオの追加や安全装備トヨタセーフティセンスのアップデートなどが実施されました。

同時期にはRAV4のマイナーチェンジや、日産エクストレイルのフルモデルチェンジなども行われ、自動車メーカー各社のミドルサイズSUVが一気に先進化することに。
ハリアーの販売価格はマイナーチェンジ前のモデルから108,000円~138,000円上昇した3,128,000円から6,200,000円です。
価格上昇の分ハリアーの商品力も向上するため、各社の販売合戦が激化するでしょう。

2022年ハリアーの一部改良内容

  • 新型ヴォクシーと同じ次世代ディスプレイオーディオを設定
  • ETC2.0車載器を全グレードに標準化
  • USB端子をタイプAからタイプCに変更
  • G Leather Package廃止
  • ボディカラーのホワイトパールクリスタルシャイン廃止
  • ボディカラーにプラチナホワイトパールマイカ追加
  • ナノイーX全グレードで標準装備
  • ガソリンとハイブリッドのGレザーパッケージ廃止
  • コクピットディスプレイをGグレード以上で12.3インチに標準化
  • プリクラッシュセーフティの機能が向上した最新版トヨタセーフティセンス採用
2022年マイナーチェンジハリアーの販売価格一覧
グレード エンジン 駆動方式 販売価格
S 2.0Lガソリン 2WD(FF) 3,128,000円~
4WD 3,328,000円~
2.5Lハイブリッド 2WD(FF) 3,718,000円~
4WD(E-Four) 3,938,000円~
G 2.0Lガソリン 2WD(FF) 3,529,000円~
4WD 3,729,000円~
2.5Lハイブリッド 2WD(FF) 4,119,000円~
4WD(E-Four) 4,339,000円~
Z 2.0Lガソリン 2WD(FF) 4,038,000円~
4WD 4,238,000円~
2.5Lハイブリッド 2WD(FF) 4,628,000円~
4WD(E-Four) 4,848,000円~
Z レザーパッケージ 2.0Lガソリン 2WD(FF) 4,338,000円~
4WD 4,538,000円~
2.5Lハイブリッド 2WD(FF) 4,928,000円~
4WD(E-Four) 5,148,000円~
ハリアー PHEV 2.5Lハイブリッド 4WD(E-Four) 6,200,000円~

ハリアーの発売当初は200万円台のスターティングプライスで話題になりましたが、2022年のマイナーチェンジでついに300万円台に突入しました。
元々が破格の価格設定だったこともあり、改良後ハリアーも競争力のあるプライスになっていると感じます。

ハリアーが2023年秋頃にマイナーチェンジの可能性 2022年発売の一部改良版ハリアーは受注停止との噂も

ハリアーの一部改良が2022年10月に実施されますが、既にオーダーストップがかかっており、2023年秋頃に予定されるマイナーチェンジ分にオーダーが回されているという噂が。

2023年に行われるマイナーチェンジ先進性を向上しましたが、2022年一部改良分が既にオーダー終了という噂には驚きです。
オーダー状況は販売ディーラーにもよるため、一部改良版のハリアーを購入したい方は販売店へ早めにお問合せしたほうが良いかもしれません。

ハリアーにブラック基調のデザインが上質な特別仕様車「PREMIUM Style NOIR(ノアール)」が登場!

2019年7月2日にハリアーの特別仕様車「PREMIUM “Style NOIR”」が発売しました。黒を基調とした内外装で、ベース車両にはPREMIUMを採用しています。デザイン性の高さもさることながら、PREMIUMではメーカーオプション扱いだったインテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]が特別装備されるなど、安全性能も高い特別な一台となっています。

トヨタ・ハリアーの特別仕様車プレミアムスタイル ノアールのエクステリアトヨタ・ハリアーの特別仕様車プレミアムスタイル ノアールのエクステリア

エクステリアには専用18インチアルミホイール・漆黒メッキのフードモールとサイドプロテクションモール・スモーク調メッキ加飾つきヘッドランプエクステンションが特別装備されており、フロントグリルガーニッシュはオプションでモデリスタのパーツに変更が可能です。
ボディカラーはオブラックマイカ・スパークリングブラック パールクリスタルシャイン・ホワイトパールクリスタルシャインの3カラーがラインナップしています。

質感の高いトヨタ・ハリアー特別仕様車プレミアムスタイル ノアールのインテリア質感の高いトヨタ・ハリアー特別仕様車プレミアムスタイル ノアールのインテリア

ハリアーの特別仕様車「PREMIUM “Style NOIR”」のシートには、さりげなく主張するシルバーステッチをあしらったファブリック×合成皮革の黒シートを採用。その他、ダークシルバーのインパネガーニッシュやピアノブラック加飾を用いることで、スポーティーかつ都会的な雰囲気が漂うインテリアデザインに仕上がっています。

ハリアー プレミアムのスペック表
  2WD 4WD
型式 DBA-ZSU60W-ANXGPH DBA-ZSU65W-ANXGPH
全長 4725mm
全幅 1835mm
全高 1690mm
車両重量 1580kg 1630kg
最小回転半径 5.6m
ホイールベース 2660mm
最低地上高 190mm
乗車定員 5名
駆動方式 前輪駆動方式 4輪駆動方式
エンジン 直列4気筒DOCH
最高出力 111kW(151ps)/6100rpm
最大トルク 193Nm(19.7kgm)/3,800rpm
使用燃料 ガソリン(レギュラー)

2018年9月3日から発売されたハリアーの特別仕様車「プログレス スタイルブルーイッシュ(PROGRESS Style BLUEISH)」はクールなブラック×ブルーのインテリアで迎えてくれる

ハリアー後期特別仕様車スタイルブルーイッシュのエクステリアハリアー後期モデルのクールな特別仕様車スタイルブルーイッシュのエクステリア

2017年6月にマイナーチェンジを行ったハリアーは、2018年9月3日に新しい特別仕様車を設定して発売しました。最上級グレードのプログレスをベースとして漆黒メッキのエクステリア加飾や、インテリアにブルーアクセントを施した「Style BLUEISH」をラインナップしています。

ハリアー後期特別仕様車スタイルブルーイッシュのリヤビュースタイルブルーイッシュは内外装にブルーアクセントをまとう特別仕様車でボディカラーはブラックマイカとスパークリングブラックパールクリスタルシャインの2色展開

エクステリアには、専用の18インチアルミホイールとヘッドランプエクステンション、漆黒のフードモールとサイドプロテクションモールが装着されています。ボディカラーは2色のみの展開で、ベースモデルにも設定されている「スパークリングブラックパールクリスタルシャイン」と、ブルーイッシュだけの特別設定色である「ブラックマイカ」があります。

ハリアー後期特別仕様車スタイルブルーイッシュのボディカラー

  • スパークリングブラックパールクリスタルシャイン
  • ブラックマイカ(ブルーイッシュのみ)

ハリアー後期特別仕様車スタイルブルーイッシュのインテリアシートはもちろんインストルメントパネルやスイッチベースにもスタイルブルーイッシュの特別装備を用意

インテリアはブラック・ブルーのクールな雰囲気がカッコいい内装です。シートの座面・ウィンドウスイッチベース・シフトレバーガーニッシュのほかにも、スイッチ類のバックライトもブルーになっていて足元を照らすフットランプもブルーになっています。

ハリアー後期特別仕様車スタイルブルーイッシュのシートスタイルブルーイッシュのシートは左からプレミアムナッパ本革、ウルトラスエード+合皮、ファブリック+合皮

座面と背面がブルーになっている専用のシートは3種類用意されていて、「プレミアムナッパ本革」「ウルトラスエード+合成皮革」「ファブリック+合成皮革」がラインナップしています。
プレミアムナッパ本革は、Metal and Leather Package・Style BLUEISHのガソリン・ターボ・ハイブリッドに、ウルトラスエードのコンビシートはStyle BLUEISHのターボ車に、ファブリックのコンビシートはStyle BLUEISHのガソリンとハイブリッド車に装備されています。

ハリアー後期特別仕様車スタイルブルーイッシュのブルー木目パネル特別仕様車スタイルブルーイッシュのために用意されたブルーの木目パネル

ほかにも、ドアスイッチベースとシフトパネルにはブルーの木目が美しいガーニッシュが設置されています。パネルやトリム、シート表皮・ステアリングに使われている糸もブルーステッチを使っていて、細かいところも気を配って作っている気持ちが見えます。

ハリアーブルーイッシュの安全装備

  • トヨタセーフティセンス
  • インテリジェントクリアランスソナー

ハリアーブルーイッシュの安全装備は、トヨタセーフティセンスとインテリジェントクリアランスソナーを標準装備していてベース車のPROGRESSと同様の装備で安心感があります。

ハリアー後期の特別仕様車「スタイルブルーイッシュ」の価格帯
2WD 4WD
ガソリン(Style BLUEISH) 3,810,240円 4,004,640円
ターボ(Style BLUEISH) 4,080,240円 4,274,640円
ハイブリッド(Style BLUEISH) 4,634,280円
ガソリン(Metal and Leather Package・Style BLUEISH) 4,160,160円 4,354,560円
ターボ(Metal and Leather Package・Style BLUEISH) 4,410,720円 4,605,120円
ハイブリッド(Metal and Leather Package・Style BLUEISH) 4,984,200円

2018年9月3日に設定されたハリアーブルーイッシュの価格帯は、381万円から498万円で、2.0Lガソリン・2.0Lガソリンターボ・2.5Lハイブリッドの3種類エンジンが用意されています。ガソリン車には2WDと4WDが設定されていますが、ハイブリッド車はE-Fourの4WDしかありません。

Style BLUEISHではファブリックと合皮のコンビシート、ターボモデルではウルトラスエードと合皮のコンビシートになっています。Metal and Leather Package・Style BLUEISHの特別仕様車では、プレミアムナッパ本革のシートが用意されている豪華なスタイルです。

2017年6月8日ハリアーがターボモデルを追加してビッグマイナーチェンジ

トヨタの高級ラグジュアリーSUVハリアーが2017年6月8日ビッグマイナーチェンジしました。1997年の発売以降、トヨタの最先端の技術を集め進化するSUVとしての確固たる地位を築いてきたい自動車なだけに、今回のビッグマイナーチェンジに期待する方も多いでしょう。

ハリアーは2017年の5月1日に予約開始で、発表・発売は2017年6月8日(木)の発表・発売となりました。

外装や内装に違いはあるのか、エンジン回りや装備など現行車との変更点や追加装備、気になる価格について紹介します。

ビッグマイナーチェンジの注目装備はハリアー初のシーケンシャルターンランプ

ハリアーのシーケンシャルターンランプ

シーケンシャルターンランプとはトヨタブランドではC-HRに初めて搭載された流れるウインカーのことです。C-HRを見た方ならお分かりかと思いますが、個性的でスタイリッシュな印象を与えてくれる新装備がハリアーに搭載されることになりました。

トヨタブランドではC-HR(2018年8月現在ではアルファード・ヴェルファイアなどにも搭載)のみのシーケンシャルターンランプですが、ハリアーにも搭載されより存在感が増しまさにキングオブラグジュアリーSUVとして進化を遂げました。

マイナーチェンジで待望の2.0Lダウンサイジングターボ車がハリアーに投入 ハリアー後期モデルの全ての燃費

2017年6月8日のビッグマイナーチェンジで「直4 2.0L 8AR-FTS型ターボエンジン」の搭載車が追加されました。

トヨタ車ではクラウンアスリートに搭載されているエンジンで、レクサスではNX200t、IS200t、RX200t、RC200tなどに搭載された実績があります。

新設定のターボエンジンの性能

  • 最高出力170kW(231ps)/5,200~5,600rpm
  • 最大トルク350Nm(35.7kgm)/1,650~4,000rpm
  • 6速ATトランスミッション

ターボモデルのJC08モード燃費は4WDモデルで12.8km/L、2WDモデルで13.0km/Lとなっています。

エコな走りを追及したい方はハイブリッドエンジン、シャープな走りが欲しい方は2.0NAエンジン、パワフルな走りを楽しみたい方は新型の2.0Lターボエンジンなど、好みによりパワートレインを選択する楽しみが増えます。

2017年後期ハリアーの燃費
モデル 駆動方式 JC08モード燃費
ハリアー ガソリンモデル 2WD 14.8km/L
4WD 16.0km/L
ハリアー ターボモデル 2WD 12.8km/L
4WD 13.0km/L
ハリアー ハイブリッドモデル 4WD 21.4km/L

また実燃費はハイブリッドモデルで15.0km/Lから19.0km/L、ガソリンモデルで10.0km/Lから13.0km、ターボモデルで7.0km/Lから11.0km/Lが平均値のようです。中でもハリアーはガソリンモデルの燃費の優秀さが際立っていて、オーナーの声ではカタログ値に近い14.0km/Lから15.0km/Lの燃費を記録する方もいます。

マイチェン後のハリアーは全モデルに最新安全装備トヨタセーフティセンスを標準装備

ハリアーの2017年6月8日のビッグマイナーチェンジでトヨタの最新安全技術「トヨタセーフティセンス」が全グレードで標準装備しました。

プリクラッシュセーフティシステム

車両の先端に搭載されたミリ派レーダーで歩行者や先行者を発見し、衝突の可能性があるとブザーやディスプレイで警告を促すシステムです。
衝突の危険が高まるとブレーキをアシストしてくれ、衝突が避けられない場合は自動ブレーキが作動します。

ハリアーのレーンディパーチャーアラート

ウインカーを使わずに車線から逸脱しそうになるとブザーやディスプレイで警告を促すシステムです。
ドライバーのハンドルを制御し、危険を回避するサポートをします。

ハリアーのオートマチックハイビーム

周囲の明るさ、対向車のヘッドランプ、先行車のテールランプを検知し自動でハイビームとロービームを切り替えるシステムです。
自動で視界を確保することで衝突事故を未然に防ぐことができます。

ハリアーのレーダークルーズコントロール

先行車との距離を自動で検知して自動で減速、加速し速度を合わせるシステムです。
一定の車間距離を自動で保つことにより快適なドライビングが実現されます。

ハリアーはこのようなトヨタの最新の安全技術が標準装備されます。特に夜間の運転や長時間のドライブ、ご家族と一緒にお出かけする方には嬉しい機能と言えるでしょう。

ハリアー(後期型)のマイナーチェンジ後の販売価格は2,949,480円から

ハリアーのリアビュー

ビッグマイナーチェンジに併せてベースグレードのグランド(GRAND)が廃止され、新たに最上級のナビゲーション標準装備グレードのプログレス(PROGRESS)が追加されました。これによりエレガンス(ELEGANCE)、プレミアム(PREMIUM)、プログレス(PROGRESS)の3つのグレードとガソリン車、ハイブリッド車、ターボ車3つのモデルで展開します。ハリアーのマイナーチェンジ後の価格は以下になります。

ガソリンモデル
駆動方式 4WD 2WD(FF)
ELEGANCE 3,143,880円~ 2,949,480円~
PREMIUM 3,444,120円~ 3,249,720円~
PREMIUM メタルアンドレザーパッケージ 3,794,040円~ 3,599,640円~
PROGRESS 3,974,400円~ 3,780,000円~
PROGRESS メタルアンドレザーパッケージ 4,324,320円~ 4,129,920円~
ガソリンターボモデル
駆動方式 4WD 2WD(FF)
ELEGANCE 3,574,800円~ 3,380,400円~
PREMIUM 3,714,120円~ 3,519,720円~
PREMIUM メタルアンドレザーパッケージ 4,044,600円~ 3,850,200円~
PROGRESS 4,244,400円~ 4,050,000円~
PROGRESS メタルアンドレザーパッケージ 4,574,880円~ 4,380,480円~
ハイブリッドモデル
駆動方式 4WD
ELEGANCE 3,774,600円~
PREMIUM 4,074,840円~
PREMIUM メタルアンドレザーパッケージ 4,424,760円~
PROGRESS 4,604,040円~
PROGRESS メタルアンドレザーパッケージ 4,953,960円~

ハリアーターボ限定のレッド×ブラック・ガソリン/ハイブリッドモデルにはダークサドルタンの内装色が追加

ハリアーの内装はブラックとディープボルドーが継続され、アイボリーが廃止されました。
そして新たにターボモデルのハリアー限定のブラック×レッド、ガソリンモデルとハイブリッドモデルにはダークサドルタンが追加され計4色のインテリアがラインナップしています。

  • ブラック×レッドのインパネ追加:ブラック×レッド
  • ブラック×レッドのシート
  • ダークサドルタンのインパネ追加:ダークサドルタン
  • ダークサドルタンのシート
  • ブラックのインパネ継続:ブラック
  • ブラックのシート
  • ディープボルドーのインパネ継続:ディープボルドー
  • ディープボルドーのシート

マイナーチェンジではボディーカラーのラインナップが変更され「ダークレッドマイカメタリック」と「ダークブルーマイカメタリック」が追加

2017年6月8日のビッグマイナーチェンジに合わせてハリアーのカラーラインナップが見直されました。7色あったうちの3色が廃止されて新たに2色のカラーが追加された計6色展開となりました。

  • マイナーチェンジで追加されたダークレッドマイカメタリック追加:ダークレッドマイカメタリック
  • マイナーチェンジで追加されたダークブルーマイカメタリック追加:ダークブルーマイカメタリック
  • 継続されたホワイトパールクリスタルシャイン継続:ホワイトパールクリスタルシャイン
  • 継続されたシルバーメタリック継続:シルバーメタリック
  • 継続されたブラック継続:ブラック
  • 継続されたスパークリングブラックパールクリスタルシャイン継続:スパークリングブラックパールクリスタルシャイン
  • 廃止されたブラッキッシュアゲハガラスフレーク廃止:ブラッキッシュアゲハガラスフレーク
  • 廃止されたブラッキッシュレッドマイカ廃止:ブラッキッシュレッドマイカ
  • 廃止されたダークブラウンメタリック廃止:ダークブラウンメタリック

追加される新色はハリアーをよりアグレッシブに表現してくれる素敵なカラーとなっています。品があり、存在感を高めてくれるカラーはハリアーで人気の色になりそうです。

フォグランプの位置の見直しなどマイナーチェンジしたハリアーのその他の変更点

ハリアーのフロントビュー

  • アッパーグリル
  • ヘッドライトデザイン
  • フォグランプの形状

が変更になります。8インチマルチファンクション液晶モニタが9.2インチマルチタッチスクリーン液晶に変更になります。

ハリアーのリアLEDライトとホイール

また、リアのランプが赤く点灯するコンビネーションランプに変更されます。
電動パーキングブレーキやドライブ中にブレーキを保持してくれるオートブレーキホールドも採用されています。

「マイチェン後のハリアーには3列7人グレードが追加」は噂で終わり

ヴェルファイアの7人乗りシート※画像はヴェルファイアの7人乗りシート

ハリアーはマイナーチェンジで7人乗りモデルが追加されると予想されていましたが、2017年6月8日のマイナーチェンジでは追加はされませんでした。3列7人乗りシートを追加する可能性はマイナーチェンジか、進化する次期ハリアーに期待しましょう。

ターボモデルを追加してマイナーチェンジを行ったハリアーの画像8枚

  • ハリアー ハイブリッド PREMIUM Metal and Leather Packageのフロントビューハリアー ハイブリッド PREMIUM Metal and Leather Package
  • ハリアー ハイブリッド PREMIUM Metal and Leather Packageの左サイドフロントビューハリアー ハイブリッド PREMIUM Metal and Leather Package
  • ハリアー ハイブリッド PREMIUM Metal and Leather Packageの左サイドビューハリアー ハイブリッド PREMIUM Metal and Leather Package
  • ハリアーのフロントビューハリアー
  • 右斜め前から見たハリアーハリアー
  • ハリアーのサイドビューハリアー
  • 左なん目後ろから見たハリアーハリアー
  • ハリアーのリヤビューハリアー

プレミアム感がさらに増すビッグマイナーチェンジに

ハリアー

「ラグジュアリーSUVと言えばハリアー」と言われるほど知名度が高く日本のSUV界のけん引役として頂点に君臨している自動車がハリアーです。
そんなハリアーが2020年にモデルチェンジされ注目されました。豪華な装備を搭載し、新たに搭載された2.5Lエンジンのパワフルな走りを手に入れ、最先端の安全性を装備するプレミアムラグジュアリーSUVになり、2022年には遂にPHEV(プラグインハイブリッド)が登場します。