ハリアーの内装

新型ハリアーの内装(前期・後期・特別仕様車)をインパネやシートなどグレード別に解説

ハリアー(前期・後期・特別仕様車)の内装は種類も豊富でカスタム可能。グレードにより選択できる内装にも違いがあるので、どのグレードがどの色を選択できるか、シートの色、内装色、ステアリング、シフトパネルをエレガンスから最上級グレードのプログレスまで画像と共に紹介!

新型ハリアーの内装(前期・後期・特別仕様車)をインパネやシートなどグレード別に解説

トヨタのハリアーは内装が豪華!プレミアムSUVのインテリアを確認

トヨタが販売するラグジュアリーSUVのハリアーは豪華な内装が特徴です。高級車並みの上質の革やドライバーの満足度が高い操作性の高いコクピットなど、所有欲を満たしてくれる空間が広がります。シートや内装色のパターンも数種類用意されているため好みに合わせてカスタムすることも可能です。
グレード毎の内装の違い、シートやコクピットやシフト周りなど細かな点も併せて人気SUVハリアーのインテリアを確認しましょう!

4代目になる新型ハリアーの内装はシックで上質な雰囲気が特徴

ハリアーが2020年6月に4代目にフルモデルチェンジ、ダークサドルタンやディープボルドーの内装をラインナップした3代目の先代モデルのイメージを一新しました。
新型ハリアーの内装は上質な雰囲気を感じるブラウンやブラックなどを中心に、落ち着きのあるモダンな室内空間が特徴です。グレード毎の違いやトヨタで初めて採用する調光パノラマルーフなど新型ハリアーの内装を紹介します。

新型ハリアーはレクサスSUVに匹敵するラグジュアリーな室内空間が魅力

新型ハリアーの内装新型ハリアーはシックな雰囲気の高級感ある内装

新型ハリアーのドアトリムやセンターコンソール、インストルメントパネルなどは全てソフトパッドに覆われていて、プラスチックを極力見せないよう工夫されています。レクサスが販売するNXなどと比較しても全く引けをとらない、高級感が特徴です。
また歴代ハリアーに採用されていた、チュウヒのマークについて、エクステリアのエンブレムとしては消滅しましたが、内装のドアトリムにしっかり刻印されているのが嬉しいポイントです。

新型ハリアーはグレード毎に内装の素材や色が決まっています。ベースグレードにあたるSのシートはブラックファブリック、中間グレードのGと上級グレードのZのシートはブラック・ブラウン・グレーのファブリック+合成皮革、レザーパッケージを選択するとブラックとブラウンの本革シートになります。

Sグレードの新型ハリアーの内装Sグレードの内装

GとZグレードの新型ハリアーの内装GとZグレードの内装

レザーパッケージの新型ハリアーの内装レザーパッケージの内装

新型ハリアー Sグレードの内装カラー

  • シートカラー:ブラック
  • シート素材:ファブリック
  • シートステッチ:ダークグレー
  • パネル加飾:ブラック
  • パイピングオーナメント:ブラック

新型ハリアー G・Zグレードの内装カラー

  • シートカラー:ブラック・ブラウン・グレー
  • シート素材:ファブリック+合成皮革
  • シートステッチ:ダークグレー・ブラウン・ベージュ
  • パネル加飾:メタルブラック・グレーウッド調・ホワイトウッド調
  • パイピングオーナメント:サテンブラック・サテンブラウン・サテンベージュ

新型ハリアー レザーパッケージグレードの内装カラー

  • シートカラー:ブラック・ブラウン
  • シート素材:本革
  • シートステッチ:ダークグレー・ブラウン
  • パネル加飾:メタルブラック・グレーウッド調
  • パイピングオーナメント:サテンブラック・サテンブラウン

ZとZ レザーパッケージではパノラミックビューモニターや調光パノラマルーフをオプション選択できて、ハイマウントストップランプがロングタイプに変更されます。また12.3インチのSDナビゲーションディスプレイも標準装備するなど、最上級グレードは至れる尽くせりの豪華な装備になっています。

トヨタ初の調光パノラマルーフを新型ハリアーが採用

新型ハリアーの調光パノラマルーフ瞬時に調光できるパノラマルーフはハリアーが初採用

新型ハリアーの目玉装備が調光式パノラマルーフです。ZグレードとZ レザーパッケージでオプション選択できるのが、トヨタで初めて採用する装備で、スイッチ一つで調光が可能なパノラマルーフです。
輸入車ではメルセデスベンツなども採用していて、室内の高級感をグッと高める装備です。

豊富な収納スペースとゴルフバック3個を詰める広いラゲッジルーム

新型ハリアーの収納新型ハリアーは収納力があるので実用性が高い

カップホルダーがコンソールとリヤに各2個ずつ、フロント・リヤのドアポケットにグローブボックスなど、必要十分な収納力を備えています。
新型ハリアーでゴルフに出かける方も多いと思いますが、ラゲッジルームにはゴルフバッグ3個を積み込める容量を確保できます。ラゲッジの下にも収納があるため、小物なども収納できます。

新型ハリアーの収納

  • 1.グローブボックス
  • 2.2個コンソールカップホルダー
  • 3.オープントレイ
  • 4.フロント・リアドアポケット
  • 5.センターコンソールボックス
  • 6.2個リヤアームレストカップホルダー

新型ハリアーのイルミネーション夜間のドライブを盛り上げるクリアブルーの室内イルミネーション

ライトと連動するクリアブルーの室内イルミネーションも、夜間のドライブを盛り上げてくれる嬉しい装備です。室内イルミネーションはセンターコンソールを中心に発行するため運転の妨げにはなりません。

新型ハリアーのZグレード以上には12.3インチTFTディスプレイを標準装備

新型ハリアーのナビゲーションディスプレイZグレードを選択すると12.3インチSDナビやJBLサラウンドシステムが標準装備する

ハリアーのZグレードとZ レザーパッケージには12.3インチTFTディスプレイを採用したT-Connect SDナビゲーションシステムとJBLプレミアムサラウンドシステムを標準装備します。さらにヒーターコントロールパネルは静電タッチ式になるためスッキリした見た目になります。

新型ハリアーのJBLスピーカーの設置場所

  • インストルメントパネル 8.0cmワイドディスパージョン スピーカー
  • フロントピラー 2.5cmホーン ツィーター
  • フロントドア 17.0cmミッド ウーハー
  • リヤドア 15.0cmフルレンジ スピーカー
  • リヤ 22.4cmエンクロージャー サブウーハー

その他のグレードにはディスプレイオーディオを標準装備していて、ヒーターコントロールパネルはダイヤル式になります。
運転中に操作する場合や、操作感に慣れていない場合はダイヤル式の方が良い、というユーザーの声もあるため、ここは賛否両論ある装備かと思います。

センターメーターは7.0インチTFT液晶を採用 GとZにはカラーヘッドアップディスプレイを標準装備

新型ハリアーのセンターメーター大型オプティトロンメーターとヘッドアップディスプレイでドライバーをサポート

センターメーターは視認性の良い7.0インチ大型TFT液晶のオプティトロンメーターを採用、右にスピードメーターを配置して、ガソリン仕様車は左にタコメーターを配置、ハイブリッド仕様車は左にハイブリッドシステムインジケーターを配置しています。

GとZグレードにはカラーヘッドアップディスプレイ(HUD)を標準装備、運転中も速度計やレーダークルーズコントロール(LCC)の状況など、視線移動せずに車の状態を確認できます。