ランドローバー ディフェンダーのモデルチェンジ

ディフェンダーのフルモデルチェンジは2019年後半!日本市場で復活なるか?

ディフェンダーがフルモデルチェンジして復活するという噂があります。日本では2005年に販売終了したディフェンダーですが、海外では2015年まで生産されていました。数年ぶりに復活するディフェンダーは、ボクシーなスタイリングをそのままに最新装備を揃えて復活するでしょう。

ディフェンダーのフルモデルチェンジは2019年後半!日本市場で復活なるか?

ランドローバーのディフェンダーが2019年後半に復活 フィンランドで車両も目撃

ランドローバーのディフェンダーが2019年後半に復活することを公式発表しました。ディフェンダーといえば、1948年にランドローバーの第一号車として誕生した伝説的な車で、昔ながらのカクカクとしたSUVスタイルが人気の1台です。日本市場では2005年に販売終了していましたが、本国では2015年12月まで生産されていました。

新型ディフェンダーと思われる車両のスパイショットでは、角が少しだけ丸みを帯びていますがルーフやボンネットは水平基調で、全体的なスタイリングはカクカクとした往年のSUVを思わせるデザインです。

新しいディフェンダーには、どのようなエンジンが搭載されるのか、どんなスタイリングで発売されるのか、発売日はいつかなど、新型ディフェンダーのフルモデルチェンジについてチェックしていきましょう。

ランドローバー・ディフェンダーが映画007の最新作「NO TIME TO DIE」に出演決定!

ランドローバー・ディフェンダー2020年4月公開の007にディフェンダーが登場

フルモデルチェンジを発表したばかりのランドローバー・ディフェンダーが、2020年4月公開の007 NO TIME TO DIEに登場することが明らかとなりました。

ディフェンダーのテスト走行中の動画も公開されています。今回公開されたのは5ドアタイプとなるディフェンダーX(110)で、精悍なサントリーニブラックの車体色をまとっています。足元には大口径の20インチアルミホイールを装着し、最低地上高は291mm。スタントコーディネーターも納得の卓越したオフロード性能を追求した一台であることから、今回の出演に至りました。

新型ディフェンダーに高性能モデル「SVR」を設定するとの情報を入手!

フランクフルトモーターショー2019で発表された新型ディフェンダーに、ジャガー・ランドローバーの最強モデルを示唆する「SVR」が新設定される可能性が濃厚であることが判明しました。

もし噂通りディフェンダーSVRが登場するとすれば、パワートレインには最高出力577ps を発揮するBMW製4.4L V型8気筒ツインターボエンジンを採用し、8速ATを組み合わせると予想されます。駆動方式は四輪駆動で、2020年にはデビューを迎えるでしょう。

また、現時点ではSVRだけでなく、8人乗りの「ディフェンダー130」が登場するとも噂されており、今後のディフェンダーのラインナップ拡大に期待がかかります。

新型ランドローバー・ディフェンダーが2019年11月3日に先行予約を開始!

新型ディフェンダー・ローンチ・エディション新型ディフェンダー・ローンチ・エディション

ランドローバーは、新型ディフェンダーの先行予約モデル「ローンチ・エディション」の先行予約を2019年11月3日に開始しました。

ショートホイールベースの3ドアモデル「ディフェンダー 90 ローンチ・エディション」は15台、ロングホイールベースの5ドアモデル「ディフェンダー 110 ローンチ・エディション」は135台、合計150台の限定先着販売です。デリバリーは2020年夏を予定しています。

3ドアモデル「DEFENDER 90 Launch Edition」のラインアップ
モデル名 カラー 価格(消費税10%込)
90ローンチ・エディション(ファブリックシート仕様) フジホワイト 4,890,000円
90ローンチ・エディション
レザーシート仕様
フジホワイト 6,137,000円
サントリーニブラック 6,232,000円
アイガーグレイ 6,232,000円
フジホワイト(コントラストルーフ) 6,266,000円
ゴンドワナストーン 6,361,000円
インダスシルバー 6,361,000円
パンゲアグリーン 6,361,000円
タスマンブルー 6,361,000円
パンゲアグリーン(サテンフィルム仕様) 6,787,000円
5ドアモデル「DEFENDER 110 Launch Edition」のラインアップ
モデル名 カラー 価格(消費税10%込)
110ローンチ・エディション フジホワイト 5,967,000円
サントリーニブラック 6,062,000円
アイガーグレイ 6,062,000円
フジホワイト(コントラストルーフ) 6,096,000円
インダスシルバー 6,191,000円
パンゲアグリーン 6,191,000円
ゴンドワナストーン 6,191,000円
タスマンブルー 6,191,000円
110ローンチ・エディション
(レザーシート&3列シート最大7人乗り仕様)
フジホワイト 7,451,000円
アイガーグレイ 7,546,000円
サントリーニブラック 7,546,000円
フジホワイト(コントラストルーフ) 7,580,000円
インダスシルバー 7,675,000円
パンゲアグリーン 7,675,000円
ゴンドワナストーン 7,675,000円
タスマンブルー 7,675,000円

新型ディフェンダー「ローンチ・エディション」は、2.0Lの直列4気筒「INGENIUM」ガソリンエンジンを搭載し、最高出力は300PS、最大トルクは400Nmを発生。
3ドア車はコイル・サスペンション、5ドア車はエア・サスペンションの2種類が設定されています。

フルモデルチェンジしたランドローバー・ディフェンダーがフランクフルトモーターショー2019で世界初公開!

新型ディフェンダーのエクステリア新型ディフェンダーのエクステリア

新型ランドローバー・ディフェンダーがついにフランクフルトモーターショー2019でワールドプレミアされました。
新型では3ドアモデルの「90」と5ドアモデルの「110」がラインナップし、90は4万ポンド(約531万円)、90の商用モデルは3万5000ポンド(約464万円)、110は4万5240ポンド(約600万円)からという価格設定。グレード構成は「S」「SE」「HSE」「DEFENDER X」のほか、限定車として「FIRST EDITION」が用意されます。

「ClearSightグラウンドビュー」を搭載ボンネットの向こう側を映し出す「ClearSightグラウンドビュー」を搭載

エンジンはマイルドハイブリッドを組み合わせたガソリンエンジンやディーゼルエンジンのほか、2020年にはPHEVモデルを新たに追加するとのこと。世界初採用となる「コンフィギュラブル・テレイン・レスポンス」や「ClearSightグラウンドビュー」などの先進技術を投入し、悪路走破性を最大限に高めています。

90と110のエクステリア90と110のエクステリア

商用モデルのエクステリア商用モデルのエクステリア

新型ディフェンダーは従来のディフェンダーのエクステリアデザインを継承しつつ、未来を感じさせる次世代モデルへと生まれ変わりました。新しいプラットフォーム「D7xアーキテクチャ」を採用し、従来比3倍というランドローバー史上最高のボディ剛性を有します。

直線基調のインテリアは無骨さを感じさせる直線基調のインテリアは無骨さを感じさせる

ゴム張りのフロアフロアはゴム張りで水濡れや汚れにも強い

新型ディフェンダーのインテリアは高い質感を維持しつつ、ヘビーデューティーな作りで耐久性に優れます。フロアは手入れのしやすいゴム張りの床となっています。

新型ディフェンダーの主要諸元
  90 110
全長 4,583mm 5,018mm
全幅 2,008mm 2,008mm
全高 1,969~1,974mm 1,967mm
ホイールベース 1,969mm 3,022mm

ランドローバー・ディフェンダーの画像がリークか ベースは2ドアのディフェンダー90

2ドアモデルのディフェンダー90をベースとした画像がリークされました(画像は入手し次第紹介します)。
画像に注目すると、以前にリークされたイメージと同様丸みのあるボディスタイルで、ボディカラーはシルバーのルーフにシックなグリーンの2トーンカラー。足回りには白の鉄チンホイールが装着されています。

今回公開されたグリーン×シルバーの車体色のように、次期ディフェンダーはカスタムバリエーションの豊富なモデルとなることが期待されます。世界初公開は2019年9月10日を予定しています。

ついにランドローバー・ディフェンダーのティーザー映像が公式発表!デビューは2019年9月10日

2019年後半に発表され、2020年発売予定のランドローバー・ディフェンダーの最新映像が、ランドローバーから正式に公開されました。
この動画によれば、新型ディフェンダーのワールドプレミアは2019年9月10日となる模様。ライバル車種としてはメルセデスベンツ・Gクラスが挙げられますが、今回のモデルは丸みをおびたエクステリアで、デザインだけに注目するとオフロードモデル路線からは一線を画した印象です。

新型ディフェンダーの注文受付は2019年9月12日から、フランクフルトモーターショー2019で行われます。4ドアモデル「ディフェンダー110」に続き、2020年3月に2ドアの「ディフェンダー90」、2020年8月には3列シートモデル「ディフェンダー130」を販売する予定。
なお、ディフェンダーはピックアップトラックモデルの市販化も噂されており、フランクフルトモーターショーでの新たな情報解禁が期待されます。

ランドローバー・ディフェンダーの量産デザインがリーク!

フルモデルチェンジを迎えるランドローバー・ディフェンダーの量産デザインが、今回ついに完全リークされました(画像は入手し次第公開します)。

角ばったボディが特徴だった従来モデルと比べ、新型ディフェンダーは丸みを帯びたデザインへと生まれ変わっています。前世代が持つ無骨さは今回復活予定のモデルでは弱まったかに思えますが、オーバーフェンダーや丸型デイタイムランニングライトなど、随所に従来のディフェンダーの要素を受け継いでいることがわかります。

デザインを大きく刷新した本モデルでは価格帯がどう設定されるのか、また、2019年9月に行われるフランクフルトモータショー2019で2ドアが出展するのか4ドアが出展するのか、といった点も気になるところです。

ランドローバー新型「ディフェンダー」の開発車両からインテリアが明らかに!?

ランドローバーの新型「ディフェンダー」の開発車両が目撃され、偽装されている箇所があるものの、インテリアの重要部分もほぼ明らかになりました。目撃された開発車両は、2ドアモデルの「ディフェンダー90」と、4ドアモデルの「ディフェンダー110」です。

今回キャッチされた開発車両のカモフラージュはまだまだ厚く、そのデザインの詳細は不明のままで、確認できるのはリヤにスペアタイヤが装着されていることくらいでしょうか。ヘッドライト、テルランプの形状などはカモフラージュに覆われて確認できません。

サスペンションはコイルスプリングのセットアップだと考えられますが、「ディフェンダー110」ではオプションでエアサスペンションの設定ができるのではないかとの噂もあります。

インテリアについては、ファブリックパネルで多少の偽装はあるものの、今回ほとんどが開発車両から確認することができました。

ステアリングホイールの形状や、インフォテイメントディスプレイがフルデジタルになっていること、センターパネルには大型の液晶ディスプレイがあり、その下部にはジョイスティック型のシフトレバーが確認でき、右横には空調関係のスイッチ類が配置されているのが分かります。

パワートレインについては、先に2.0L 直列4気筒ターボチャージャーエンジンがラインナップされ、ハイブリッドモデルやディーゼルモデルのラインナップが後から続く予定です。

9月に開催されるフランクフルトモーターショー2019でワールドプレミアされる予定で、販売は2020年以降となるでしょう。

新型ディフェンダーが近日公開 2019年後半に世界初公開

新型ディフェンダーのモデルチェンジが2019年後半を予定していることがランドローバー公式から発表されました。
ディフェンダーの走行テストが120万kmに達したことで最終段階に入ったこと、2019年後半のワールドプレミアにむけた最終フィールドテストを行っていることが判明、1948年にデビューしたディフェンダーのフルモデルチェンジが間近に迫ってきました。

これまで新型ディフェンダーのプロトタイプが世界各国で目撃されていましたが、全てがカモフラージュされたプロトタイプでした。ランドローバーから明確な発売時期が明かされたことで、今後はより市販車に近いモデルを見る機会が増えることになるでしょう。

新型ディフェンダーのワールドプレミアは2019年後半を予定していることから、2019年9月にドイツで行われるフランクフルト国際モーターショー、2019年10月に行われる東京モーターショーで発表する可能性が高いと考えます。
発表が遅れた場合は2019年11月に行われるドバイモーターショーが有力です。

新型ディフェンダーのエクステリアは少し丸みを帯びたデザインになったが全体的なボクシー感は健在

新しいランドローバーのディフェンダーと予想している車種のスパイショットです。従来のディフェンダーと比べるとバンパーやオーバーフェンダーが少し丸みを帯びたデザインになっています。ボンネットの端も丸くなっていて、歩行者保護の観点から完全に四角くデザインしていないものと考えます。

サイドビューから見ると5ドアのSUVスタイルなのが分かります。ボンネットとルーフは水平ラインを描きGクラスのようなイメージです。アンテナにはシャークフィンアンテナが採用されていて、ドアガラスもスクエア形状のため昔ながらのSUVスタイルを継承したモデルになっています。

また、真正面から見るとフロントガラス上部にカメラのような装備が見えるため、自動緊急ブレーキやレーンデパーチャーワーニングなどの「ドライバーアシストシステム」を標準装備していると考えます。フロントバンパーには、4つのソナーが見えるためフロント・リアパーキングエイドなども搭載していると予想します。

ヘッドライトはカモフラージュに隠れて形状は分かりにくいですが、スモールランプの光がLEDに見えるためヘッドライトにもLEDが光源として使われていると考えます。

新型ディフェンダーのボディラインナップはショートの90とロングの110の2種類が登場するだろう

新しいディフェンダーは日本で販売していたのと同様に、ショートホイールベースの90とロングホイールベースの110がラインナップするでしょう。

ディフェンダーのボディサイズ
90 110
全長 3,886mm 4,648mm
全幅 1,778mm 1,778mm
全高 2,032mm 2,286mm
ホイールベース 2,362mm 2,794mm

ディフェンダーのボディサイズはショートとロングで1メートルの差がありショートは3,886mmですが、ロングでは4,648mmになっています。全高もどちらのモデルとも2メートルあり、日本の道では少し高すぎる気もしますが、どんな困難からも守ってくれる頼もしいボディサイズです。

新しいディフェンダーのエンジンには2.0Lガソリンエンジンやディーゼルエンジンを搭載する可能性

新しいランドローバーディフェンダーのエンジンには、ディスカバリースポーツに搭載されているインジニウムエンジンが装備されると考えます。直列4気筒の2.0Lのガソリンエンジンとディーゼルエンジンを用意していて、ガソリンは最高出力が高く、ディーゼルエンジンはトルクが大きく燃費もいい傾向があります。

新型ディフェンダー搭載エンジン
ガソリン ディーゼル
種類 直列4気筒 直列4気筒
排気量 1,995cc 1,999cc
最高出力 177kW 132kW
最大トルク 340Nm 430Nm
燃費 10.2km/L 14.4km/L

ディスカバリーに搭載されているエンジンは、どちらも2.0Lの排気量ですがガソリンとディーゼルの2種類が用意されていて、どちらか好きなほうを選べます。燃費の数値はディフェンダーのものですが、ディーゼルエンジンは14.4km/Lを記録しています。

ディフェンダーのフルモデルチェンジは2019年後半から欧州で発売か

ランドローバー ディフェンダーのコンセプトモデルランドローバー ディフェンダーコンセプトのエクステリア

ランドローバーから新しいディフェンダーが発売されるのは2019年後半になると予想します。欧州市場では2016年1月からの数年ぶりの復活ですが、日本市場では2005年から実に15年ぶりの復活となります。価格帯はショートホイールベースのモデルで590万円、ロングホイールベースで700万円になると噂されています。

新型ディフェンダーが復活することでランドローバーのラインナップが増えて選択肢が広がる

2018年のラインナップでは、ランドローバーにはレンジローバーが4モデル、ディスカバリーには2モデル、プラグインハイブリッドが2モデルあります。ですがどれもすべてクロスオーバーのスタイリングで、ボディタイプは似ています。

そこで、ディフェンダーが復活することで昔ながらのSUVスタイルをラインナップに入れることができ、選択肢の幅も広がるでしょう。ライバル車はメルセデスベンツGクラスやジープのラングラーになると考えていて、特にGクラスとはいいライバルとなるでしょう。
ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの2種類をラインナップし、選ぶ楽しみもあるディフェンダーは2019年後半予定で欧州から発売され数ヶ月後には日本市場でも発売することになるでしょう。