レンタカーを借りる方法

レンタカーの借り方~初めて利用する方が知っておくべき事

レンタカーの借り方をハワイやニューヨークなどの人気スポットのあるアメリカと国内のケースで分けて紹介。ネットや電話での事前予約~保険を選ぶ~契約書にサインする~車の状態をチェックするなどの一連の流れを取り上げ、初心者や未成年であっても車を借りる事ができるのか等の疑問点を解消。

レンタカーの借り方~初めて利用する方が知っておくべき事

レンタカーの借り方~日本やアメリカで車を初めて借りる時に知っておくべきこと

レンタカーを借りた事がない方で、これから借りる予定のある方に、レンタカー会社を選ぶポイントや料金を節約できる方法、加入すべき保険などについて紹介します

また、ハワイなどの日本人に人気の高い観光スポットを多数抱えるアメリカでレンタカーを借りる際の一連の流れや、未成年や初心者は借りる事が出来るか等の疑問点についても取り上げます。

レンタカー会社を選ぶポイントは「保証がしっかりしているか」「初心者でも大丈夫」か確認すること

レンタカーでドライブを楽しむカップル

レンタカーを初めて借りる方にとって、レンタカー会社はどのようなサービスを展開しているのかわからないことがあります。どのように予約するのか、事故を起こしてしまった時の保証はどうなっているのか、運転歴の浅い初心者でも借りられるのか、様々な疑問を解決してレンタカー会社を選ぶ時のポイントを解説します。

万が一の事態に備えて補償サービスが充実しているか確認

普段運転し慣れていない道路を運転するときは緊張してしまいます。ましてやマイカーではないレンタカーだったらなおさら緊張感が高まるでしょう。

レンタカー会社を選ぶ時のポイントは、万が一の事態に備えて保険の補償サービスが充実いるかどうかが重要です。その安心感が安全運転にもつながっていきます。
レンタカー会社の中には、免許を取得したばかりの方や未成年の方にも手厚い保険や保障プランを用意しているところもあります。

初心者でもレンタル可能な会社であるかを確認

免許取得後1年未満のドライバーに対しては免許取得3年以上の経験者が同乗している事をレンタルの条件としている会社もあります。その他にも21歳未満の未成年者に対して、免責補償制度には加入できない会社もあります。
初心者や未成年者の方は、ご自身が車をレンタル出来るのか等を事前に確認する必要があります。

ネットや電話で事前にレンタカーを予約するとスムーズに借りられる

スマートフォンでレンタカーの予約をする男性

レンタカーは直接お店を訪問して借りる事もできますが、電話予約やネット予約をするとスムーズにレンタルできます。

借りたい車が人気車種でなければ1時間前であっても予約する事が可能ですが、人気車種を借りたい場合には1~2日前に予約しておかなければならない事もあります。その他、大型連休で混み合う時期や人気の観光地といった諸条件も希望する車の借りにくさに影響を与えます。

ネットでの予約は、車を借りたい会社のホームページを検索し、画面の指示にしたがってメニューから「営業所」「車種」「日数」などの各項目を選んでいく事で当日のレンタルが可能です。

会員登録やネット予約でレンタカーの料金を安くできる可能性がある

レンタカー会社では、利用者が会員登録することや、ネットで予約することで料金を割引くお得なプランを用意しています。ご利用を検討しているレンタカー会社が、そのような料金プランを用意しているのかをネットで検索しましょう!

1日1,000円程度の免責補償制度に加入しましょう

レンタカーを点検する男性

レンタカーを借りる際、運転に自信がある方でも自信のない方でも、免責補償制度に加入する事をおすすめします。免責補償制度に加入していなければ、事故を起こしてしまったときに、最大で10万円ほどの支払い義務が発生します。
免責補償制度は1日当たり1,000円程度の金額なので、特に運転に不安のある方は必ず加入しましょう。

対人・対物賠償保険は無制限なのかを確認

レンタカーを借りるときには、契約する保険プランに対人・対物賠償補償の限度額が無制限であるかを確認する事も必要です。もしも、限度額が定められている契約内容であれば、追加料金を支払う事で補償額が無制限となる保険への加入をお勧めします
運転し慣れていない場所で安全性を担保するには保険サービスの充実も大切です!

レンタカーの受付は免許証を提示して必要な書類にサインするだけ

事前に予約をしておけば、営業所に免許証を提示して必要な書類にサインするだけで車をレンタル出来ます。

レンタカーを運転する前には、車に傷がついていないか利用者とレンタカー会社の双方で確認し合います。双方で確認する事は返却後のトラブルを防止するためには必要な措置です。

また、同時にドアミラーの微調整の仕方など車の操作方法の簡単な説明もあります。レンタルした車の操作方法に疑問点があれば、スタッフに教えてもらいましょう。車を安全に運転するためには大切な心掛けです。

レンタカーの運転はマイカーよりも注意する

スピードを出し過ぎるドライバー

レンタカーの運転は、普段乗りなれているマイカーを運転するよりも注意が必要です!

借りた車が同一車種でも、同じメーカーの車であっても油断は禁物です。普段乗りなれている車とちょっとした設定の違いが想定されます。

地理的には疎い場所をドライブするという心理的な不安、行楽地でのウキウキ気分など運転の操作ミスに繋がりやすい要因がレンタカーを運転する際に含まれます。ナビを操作する際には停車してから行うといった慎重な行動を心掛けるなどレンタカーの運転は注意しましょう。

チャイルドシートやジュニアシートもレンタル可能

6歳未満・身長が140cmに達していないお子さんを車に乗せる際にはチャイルドシート、またはジュニアシートの着用が義務付けられます。

各レンタカー会社では、お客さまのニーズに応えてチャイルドシートを貸し出します。オプションとして有償で貸し出してくれるところもあれば、無料で提供する会社もあります。

各事業所にあるチャイルドシートは限られているため、必要な方は事前に問い合わせて当日に利用する事が出来るのか確認しましょう。

レンタカーはお店に返す前に燃料を満タンにする

レンタカーにガソリンを入れるドライバー

レンタカーを借りるときは燃料が満タンの状態です。借りた後のルールとして返却する際には、燃料は満タンの状態で返却しましょう。

借りる時に行った車に傷がついていないかの確認は返却する際に行います。スタッフの最終チェックが完了したらサービス終了です。

レンタカーの乗り捨てサービスをうまく活用しよう!

レンタカーを利用した事のない方にとっては、乗り捨てサービスは疑問点が多いと思います。

レンタカーの乗り捨てサービスの特徴は、車を借りた場所と返す場所が違う場所でも構わないという事です

乗り捨てサービスにより、車を借りた営業所まで時間をかけて戻らずとも目的の場所の近くにある営業所に車を返す事が可能です。

レンタカーの乗り捨てサービスは、トヨタレンタカーのように同一県内において無料で行えるところもあれば、オプションで料金が発生してしまう会社もあります。乗り捨てサービスをうまく利用することで旅行の幅が広がります。

事故を起こしてしまったら「警察」と「レンタカー会社」に連絡する

レンタカーを運転している時に事故を起こしてしまったら、正直に警察とレンタカー会社に連絡を入れておきましょう。

会社とのトラブルを引き起さないため、保険を適用するためには警察へ届け出る必要があります。事故には自分がいくら注意していても不運で巻き込まれてしまう事もあります。そんなケースに備えて契約時に保険はグレードの高いものに加入する事をお勧めします。

アメリカでレンタカーを借りるまでの流れ

レンタカーの契約をする女性

日本でレンタカーを借りた経験のある方でも、海外で借りるのは初めてという方も多いでしょう。ハワイやニューヨークなど日本人にとって人気の観光スポットを多数抱えるアメリカでレンタカーを借りるときの一連の流れを紹介します。

パスポート以外の事前に用意すべきもの

アメリカでレンタカーを借りるときは、パスポート以外に「日本の免許証」「国際運転免許証」「クレジットカード」を用意しておきましょう。国際運転免許証は、各自治体にある運転免許センターに申請を行う事で発行されます。

日本でレンタカーを借りるときと同じように事前に予約しておく

日本のケースと同様に海外でもレンタカー会社のサービスを利用する際には、事前に予約しておくことをお勧めします。

日本で乗りなれている車をアメリカでも運転しようと思っていても、希望する車種がないことが想定されます。そうした場合には「予算」「乗車人数」といった諸条件を考慮して、前もって対応できる予約の方が困惑してしまう事はありません。

保証額が充実した保険をセレクトすると安心

訴訟社会とも言われるアメリカでは車の事故時には多額の賠償金を請求される可能性が高いです。

万が一のケースに備えて、アメリカでレンタカーを借りるときは自賠責保険や対人対物補償の限度額が高もの、同乗者や積載する荷物への補償額がより充実したプランの保険を選ぶ事をお勧めします。

必須装備のナビゲーションなど必要なオプションをチョイスする

アメリカで車を運転するには道路を案内するカーナビゲーションが必須です。その他にもお子さんを連れて旅行するならチャイルドシート、ドライブ中に車が故障してしまったケースに備えてロードサービスに加入するなど必要に応じてオプションを追加していく事でレンタカーを運転する際の安全性が高くなります。

レンタカー会社の営業所で契約書にサインする

予約してあるレンタカー会社の営業所で「Check out(車を借りる)」と言って、自分の名前を名乗れば現地のスタッフが内容を理解してくれます。その後に、パスポートや免許証等を提示します。

そして、渡された契約書の内容を確認して問題がなければサインします。渡された契約書の控えは大切に保管しておきましょう!

レンタルする車の状態をチェックしてレッツGO!

借りる車に傷が付いていないか等の確認、燃料を補給するための給油口の位置、ドアミラーやシート調整の仕方、シフトレバーやパーキングブレーキの操作法の説明を受けて、問題がなかったら目的地に向かって出発しましょう!

レンタカーの借り方を覚えると旅行の楽しみが広がります!

レンタカーを利用する方の多くは旅行者でしょう。レンタカーの利用を考えるのは、旅行プランを考えている時かもしれません。レンタカーを借りる事で現地の公共交通機関がルートで通らない場所にも車で向かう事が可能です。

旅行先によっては、交通機関や交通網が発達しておらず、不便を強いられる場所もあります。そういった場所を観光で楽しむためには、やはりレンタカーが便利です
レンタカーの借り方を覚えると旅行の楽しみは広がっていきます。レンタカーを借りた際には、安全運転を心掛けて沢山の思い出を作りましょう!