オールテレーンタイヤの特徴とブランド

オールテレーンタイヤとは?各メーカーとホワイトレターのサイズ

オールテレーンタイヤはSUV用のオフロードとオンロード兼用タイヤで、ダートやマッド路面での走破性を持ち、オンロードではマッドテレーンタイヤに比べて乗り心地がいいなどの特徴があります。スノータイヤとしての性質もあるので降り始めの時期には使えますが、凍結路面には使えません。

オールテレーンタイヤとは?各メーカーとホワイトレターのサイズ

オールテレーンタイヤとは?SUVに似合うオフロード系タイヤ

オールテレーンタイヤとは全地形タイヤのことで、ゴツゴツとした見た目でクロスオーバーSUVや本格クロスカントリーSUVに履かせると似合うタイヤです。

もちろん見た目だけではなく性能は折り紙つきで、砂利道などのオフロードはもちろん、オンロードも快適に走れるタイヤです。全地形型というだけあり、ダート路面やマッド路面、軽い圧雪路面でも走破性を発揮しますが、凍結路面には弱い傾向にあります。

そこで、日本では雪の積もらない地域で1年中活躍するオールテレーンタイヤの特徴や、メーカーとブランドなどを紹介します。自分好みのパターンやメーカーのA/Tタイヤをチェックして、愛車のSUVに履かせてみましょう。

オールテレーンタイヤは、オンロードもオフロードも行ける全地形タイヤ

代表的なオールテレーンタイヤオールテレーンタイヤのパターン 舗装路も未舗装路も走行できる走破性の高さが特徴

オールテレーンタイヤとは全地形タイヤとも呼ばれ、舗装されたオンロードでは静粛性に優れたコンフォートタイヤや、省燃費なエコタイヤなどのオンロード専用タイヤに比べて少しだけ燃費が悪い、ロードノイズが大きいなどの欠点がありますが、オンロードタイヤでは走りにくい泥んこのマッド路面や、砂利道のダート路面などを走破できるタイヤです。

特徴的なのはタイヤに刻まれたパターンで、ゴツゴツとした見た目でマッド路面でのグリップ性の確保、砂利道でも足を取られにくい構造をしています。サイドウォールからの見た目もガッシリしていて剛性も高く、タイヤによっては耐久性も高いものがあります。

スタッドレスタイヤではないので凍結路面には弱い

雪がついたオールテレーンタイヤ走破性が高いオールテレーンタイヤだが雪道はスタッドレスタイヤの方が高性能

タイヤのサイドウォールにはマッド路面とスノー路面も対応していることをあらわす「M+S(Mud+Snow)」などが表記されていてスノータイヤとしても使えることを表していますが、初冬での降り始めの時期や圧雪でノーマルタイヤに比べて雪道に強い程度で、凍結路面ではスタッドレスタイヤの性能に及びません。

北海道や東北、北陸地方など冬になると根雪になり凍結路面も出来る地域では、スタッドレスタイヤに履き替える必要がありますが、九州など雪が降っても何ヶ月も積もりっぱなしではない地域で年中履けるタイヤです。

ホワイトレター付のオールテレーンタイヤを販売するメーカーとブランド

オールテレーンタイヤを販売しているメーカーと、A/Tタイヤのブランドを紹介します。同じ車種でもブランドによって生産していないサイズなどがあるので、購入を検討するときは自分の車に合うサイズを販売しているかチェックする必要があります。

DUELER A/T・ブリヂストン

ブリジストンで販売しているオールテレーンタイヤ抜群の知名度を持つデューラー 性能の高さも高評価されている

BRIGESTONE(ブリヂストン)のSUV専用タイヤである「デューラー A/T」は、15inchから18inchまでラインナップしているオールテレーンタイヤです。17inch、16inch、15inchの3種類にホワイトレタータイヤがラインナップしています。

デューラーA/Tサイズ
15inch 265/70R15
16inch 275/70R16
265/70R16
245/70R16
225/70R16
17inch 275/65R17

GEOLANDAR A/T・ヨコハマタイヤ

YOKOHAMA(ヨコハマ)タイヤのGEOLANDAR(ジオランダー)A/Tは、15~18inch、20inchの5サイズを展開するオールテレーンタイヤで、ジオランダーブランドは発売から20周年を迎える信頼のブランドです。耐摩耗性が高く耐久性も高いのが特徴です。

日本規格の15inchにホワイトレタータイヤが用意されていて、北米規格のタイヤサイズでは15inchから17inchまでラインナップしています。

ジオランダーA/Tサイズ(日本規格)
15inch 215/80R15
215/70R15
ジオランダーA/Tサイズ(北米規格)
15inch P235/70R15
P225/70R15
16inch P265/70R16
P255/70R16
P245/70R16
P235/70R16
17inch P265/70R17

GRANDTREK AT3・ダンロップ

ダンロップのグランドトレックダンロップのグランドトレック 高い耐久性が魅力

DUNLOP(ダンロップ)のGRANDTREK(グラントレック)AT3は、15inchから18inchの4サイズ展開しているオールテレーンタイヤで、偏摩耗抑制により耐久性のあるロングライフが特徴のタイヤです。ホワイトレタータイヤは、15inchの1サイズのみにラインナップしています。

グラントレックAT3サイズ
15inch 215/80R15

OPEN COUNTRY A/T Plus・トーヨー

トーヨータイヤのオープンカントリーオープンカントリーはホワイトレターが設定されていない

TOYO(トーヨー)タイヤのOPEN COUNTRY(オープンカントリー)A/T Plusは、非対称なタイヤパターンが特徴的でアウト側はオープンスリット、イン側はリブパターンを使ってオンロードもオフロードも得意なタイヤです。15inch~18inch、20inchの5サイズラインナップしていて、ホワイトレタータイヤは設定されていません。

WRANGLER ALL-TERRAIN ADVENTURE・グッドイヤー

グッドイヤーのオールテレーンタイヤ硬めの乗り心地が多いオールテレーンタイヤだがグッドイヤーのオールテレーンタイヤは柔らかな乗り心地が特徴

GOOD YEAR(グッドイヤー)のオールテレーンタイヤであるWRANGLER ALL-TERRAIN ADVENTURE(ラングラー オールテレーン アドベンチャー)は、シリカ配合ゴムで柔らかな乗り心地と、独自のパターンにより排泥性能や排雪性能を高めたオールテレーンタイヤです。

サイズは15inchから17inchの3サイズ展開していて、全て小型トラックに対応したLT規格になっています。全てのサイズでホワイトレタータイヤを採用しているのが嬉しいポイントです。

ラングラーA/Tのサイズ
15inch 31×10.50R15 LT
16inch LT265/75R16
17inch LT265/70R17

ALL-TERRAIN T/A KO2・BFグッドリッチ

BFグッドリッチのオールテレーンタイヤオールテレーンタイヤと言えばBFグッドリッチ 世界中で絶大な人気を集める

BF Goodrich(BFグッドリッチ)のALL-TERRAIN T/A KO2(オールテレーンT/A)は、SUVに履かせるオフロードタイヤといえばコレ!と言われるくらい人気のあるタイヤで、走破性能はもちろんのことタフでロングライフなコストパフォーマンスの高いタイヤです。

15inchから18inch、20inchの5サイズ展開で、ホワイトレタータイヤは15inchから18inchに設定されています。20inchは全てブラックレタータイヤで、15inchから18inchの中でもブラックレタータイプのサイズもありますので注意が必要です。

街乗りしか使わなくてもオールテレーンタイヤは人気のカスタマイズ

モノコックボディを採用したクロスオーバーSUVや、不整地を走らず街乗りのみに使っているSUVでもオールテレーンタイヤは見た目がグッとオフロード寄りになるので人気のカスタマイズでもあり、タイヤ性能もオン・オフ兼用になっているので乗り心地も良いです。

更にオンロード性能を追求したハイテレーンタイヤ(H/T)もありますが、SUV用エコタイヤなので見た目はつるっとした乗用車タイヤと同じです。ゴツゴツした見た目で、オンロード・オフロード性があるオールテレーンタイヤは、初冬の降雪でもノーマルタイヤより走れる性能を持っているので1年中使えるタイヤです。

ブリヂストンやYOKOHAMA、BFグッドリッチやグッドイヤーなど、日本国内や海外のメーカーで、たくさんラインナップしているオールテレーンタイヤは、SUVのホイールをカスタマイズしたら一緒に履きたいタイヤです。