オールテレーンタイヤの特徴

オールテレーンタイヤとは?各メーカーとホワイトレターのサイズ

オールテレーンタイヤは、ダートやマッドなどのオフロードでの走破性と、オンロードでの快適性の両方を求める人におすすめのSUV/4X4用タイヤ。優れた走行性能に加えて、愛車の足元をおしゃれにドレスアップしてくれるホワイトレターも、オールテレーンタイヤの魅力です。

オールテレーンタイヤとは?各メーカーとホワイトレターのサイズ

オールテレーンタイヤとは?SUVに似合うオフロード系タイヤ

オールテレーンタイヤとは全地形タイヤのことで、ゴツゴツとした見た目でクロスオーバーSUVや本格クロスカントリーSUVに履かせると似合うタイヤです。

もちろん見た目だけではなく性能は折り紙つきで、砂利道などのオフロードはもちろん、オンロードも快適に走れるタイヤです。全地形型というだけあり、ダート路面やマッド路面、軽い圧雪路面でも走破性を発揮しますが、凍結路面には弱い傾向にあります。

そこで、日本では雪の積もらない地域で1年中活躍するオールテレーンタイヤの特徴や、メーカーとブランドなどを紹介します。自分好みのパターンやメーカーのA/Tタイヤをチェックして、愛車のSUVに履かせてみましょう。

オールテレーンタイヤは、オンロードもオフロードも行ける全地形タイヤ

代表的なオールテレーンタイヤオールテレーンタイヤのパターン 舗装路も未舗装路も走行できる走破性の高さが特徴

オールテレーンタイヤとは全地形タイヤとも呼ばれ、舗装されたオンロードでは静粛性に優れたコンフォートタイヤや、省燃費なエコタイヤなどのオンロード専用タイヤに比べて少しだけ燃費が悪い、ロードノイズが大きいなどの欠点がありますが、オンロードタイヤでは走りにくい泥んこのマッド路面や、砂利道のダート路面などを走破できるタイヤです。

特徴的なのはタイヤに刻まれたパターンで、ゴツゴツとした見た目でマッド路面でのグリップ性の確保、砂利道でも足を取られにくい構造をしています。サイドウォールからの見た目もガッシリしていて剛性も高く、タイヤによっては耐久性も高いものがあります。

スタッドレスタイヤではないので凍結路面には弱い

雪がついたオールテレーンタイヤ走破性が高いオールテレーンタイヤだが雪道はスタッドレスタイヤの方が高性能

タイヤのサイドウォールにはマッド路面とスノー路面も対応していることをあらわす「M+S(Mud+Snow)」などが表記されていてスノータイヤとしても使えることを表していますが、初冬での降り始めの時期や圧雪でノーマルタイヤに比べて雪道に強い程度で、凍結路面ではスタッドレスタイヤの性能に及びません。

北海道や東北、北陸地方など冬になると根雪になり凍結路面も出来る地域では、スタッドレスタイヤに履き替える必要がありますが、九州など雪が降っても何ヶ月も積もりっぱなしではない地域で年中履けるタイヤです。

ホワイトレターが人気!オールテレーンタイヤを販売するメーカーとブランド

オールテレーンタイヤを販売しているメーカーと、A/Tタイヤのブランドを紹介します。同じ車種でもブランドによって生産していないサイズなどがあるので、購入を検討するときは自分の車に合うサイズを販売しているかチェックする必要があります。

さらに、ハイフローテーションタイヤを除く、人気のレイズドホワイトレター(RWL)とアウトラインホワイトレター(OWL)のタイヤサイズを紹介。

タイヤサイズにある「P」はPassenger Car Tire(乗用車)、「LT」は、Light Truck(小型トラック用タイヤ)の意味で、JATMA(日本のタイヤ規格)もしくはTRA(アメリカのタイヤ規格)に準拠しています。

DUELER A/T・ブリヂストン

ブリヂストンで販売しているオールテレーンタイヤ抜群の知名度を持つデューラー 性能の高さも高評価されている

BRIGESTONE(ブリヂストン)のSUV専用タイヤであるDUELER A/T(デューラー エーティー)は、15inchから18inchまでラインナップしているオールテレーンタイヤで、次のようなサイズが、表側がアウトラインホワイトレター、裏側がレイズドブラックレターとなっています。

デューラーA/Tサイズ
15inch 265/70R15
16inch 275/70R16
265/70R16
245/70R16
225/70R16
17inch 275/65R17

GEOLANDAR A/T・ヨコハマタイヤ

YOKOHAMA(ヨコハマ)タイヤのGEOLANDAR A/T(ジオランダー エイティ)は、15~18inch、20inchを展開するオールテレーンタイヤで、ジオランダーブランドは発売から20周年を迎える信頼のブランドです。耐摩耗性が高く耐久性も高いのが特徴です。
15/16/17inchの次のようなタイヤサイズが、アウトラインホワイトレターとレイズドブラックレターのリバーシブルとなっています。

ジオランダーA/Tサイズ

15inch
215/70R15
P225/70R15
P235/70R15
LT215/75R15
LT235/75R15
215/80R15
16inch P235/70R16
P245/70R16
P255/70R16
P265/70R16
LT225/75R16
LT245/75R16
LT265/75R16
LT285/75R16
LT315/75R16
LT215/85R16
LT235/85R16
17inch P265/70R17
LT265/70R17
LT285/70R17
LT315/70R17
LT245/75R17

GRANDTREK AT3・ダンロップ

ダンロップのグランドトレックダンロップのグランドトレック 高い耐久性が魅力

DUNLOP(ダンロップ)のGRANDTREK AT3(グラントレック エーティスリー)は、15inchから18inchを展開している、偏摩耗抑制により耐久性のあるロングライフが特徴のオールテレーンタイヤです。次のような15inchと16inchのタイヤサイズがアウトラインホワイトレターになっています。

グラントレックAT3サイズ
15inch 215/80R15
LT215/75R15
LT235/75R15
16inch LT225/75R16
LT245/75R16
LT265/75R16
LT285/75R16

OPEN COUNTRY A/T Plus・トーヨー

トーヨータイヤのオープンカントリーオープンカントリーはホワイトレターが設定されていない

TOYO(トーヨー)タイヤのOPEN COUNTRY A/T Plus(オープンカントリー エーティプラス)は、非対称なタイヤパターンが特徴的でアウト側はオープンスリット、イン側はリブパターンを使ってオンロードもオフロードも得意なオールテレーンタイヤです。15inch~18inch、20inchのラインナップのうち、全サイズブラックレターとなっています。

WRANGLER ALL-TERRAIN ADVENTURE・グッドイヤー

グッドイヤーのオールテレーンタイヤ硬めの乗り心地が多いオールテレーンタイヤだがグッドイヤーのオールテレーンタイヤは柔らかな乗り心地が特徴

GOODYEAR(グッドイヤー)のオールテレーンタイヤWRANGLER ALL-TERRAIN ADVENTURE with Kevlar(ラングラー オールテレーン アドベンチャーウィズ ケブラー)は、シリカ配合ゴムで柔らかな乗り心地と、独自のパターンにより排泥性能や排雪性能を高めたオールテレーンタイヤです。

「ケブラー」とは米国デュポン社の高強度素材で、バンド部分に採用することによってトレッド構造を強化。また、アウトラインホワイトレターを15~17inchの全3サイズすべてに採用しています。

ラングラー オールテレーン アドベンチャー サイズ
15inch P225/75R15
16inch LT265/75R16
17inch LT265/70R17

ALL-TERRAIN T/A KO2・BFグッドリッチ

BFグッドリッチのオールテレーンタイヤオールテレーンタイヤと言えばBFグッドリッチ 世界中で絶大な人気を集める

BFGoodrich(BFグッドリッチ)のALL-TERRAIN T/A KO2(オールテレーン ティーエー ケーオーツー)は、SUVに履かせるならコレ!と言われるほどの人気を誇る、走破性能はもちろんのことタフでロングライフなコストパフォーマンスの高いオールテレーンタイヤです。

サイドレターは、ここで紹介しているオールテレーンタイヤで唯一のレイズドホワイトレターで、15/16/17/18/20inchのサイズ展開のうち、15inchから18inchに設定されています。

オールテレーンT/A KO2サイズ
15inch LT235/75R15
16inch LT215/70R16
LT225/70R16
LT225/75R16
LT235/70R16
LT235/85R16
LT245/70R16
LT245/75R16
LT255/70R16
LT265/70R16
LT265/75R16
LT275/70R16
LT285/75R16
LT295/75R16
LT305/70R16
17inch LT245/65R17
LT245/70R17
LT245/75R17
LT255/65R17
LT265/65R17
LT265/70R17
LT275/65R17
LT275/70R17
LT285/70R17
LT305/65R17
18inch LT265/65R18
LT265/70R18
LT275/65R18
LT275/70R18
LT285/60R18
LT285/65R18
LT325/65R18

WILDPEAK A/T3W・ファルケン

WILDPEAK A/T3W・ファルケンのタイヤワイルドピーク エーティ3Wのパターン剛性の高いタフなブロックが石詰まりを抑制して安定した走破性を発揮

FALKEN(ファルケン)のWILDPEAK A/T3W(ワイルドピーク エーティースリーダブリュー)は、オンロードからオフロードまで対応する四輪駆動車向けのオールテレーンタイヤです。

オフロード路面で安定した走破性を実現しながら、ライフ性能とウエット性能を高次元で両立。さらに、スタッドレスタイヤに使われる3Dサイプ技術により、ドライでのハンドリング性能とウエットでのエッジ効果を高めています。サイドレターは、ブラックレターのみとなっています。

TERRA GRAPPLER・ニットー

TERRA GRAPPLER・ニットーのタイヤテラグラップラーのブロックの過剰な屈曲を抑えたトレッドにより優れたトラクションとハンドリングを実現

NITTO(ニットー)のTERRA GRAPPLER(テラグラップラー)は、あらゆる気象条件や路面で優れたウエット・ドライパフォーマンスを発揮するオールテレーンタイヤです。

ウェット・ドライなどのあらゆる気象条件や、砂地や不整地などの路面状況に応じてトラクションに効果を発揮。アメリカのタイヤの品質評価UTQGで、摩耗性能500・トラクション性能A・高速耐久性能Bを獲得しています。サイドレターはブラックレターのみです。

WRANGLER AT/S・グッドイヤー

WRANGLER AT/S・グッドイヤーのタイヤラングラー AT/Sのジグザグに形成された主溝と両サイドに配置された横方向の溝が強力なトラクションを発揮

GODDYEAR(グッドイヤー)のWRANGLER AT/S(ラングラー エーティーエス)は、デイリーユースの街乗りから、山道や未舗装路までをカバーするオールテレーンタイヤです。

オンロードでは、SUVや4×4に求められる優れた静粛性や操縦安定性を発揮しながら、オフロードでは高いトラクションにより優れた走破性を実現。ステージを選ばないマルチバーパスタイヤとなっています。また、こちらも全サイズブラックレターです。

街乗りしか使わなくてもオールテレーンタイヤは人気のカスタマイズ

モノコックボディを採用したクロスオーバーSUVや、不整地を走らず街乗りのみに使っているSUVでもオールテレーンタイヤは見た目がグッとオフロード寄りになるので人気のカスタマイズでもあり、タイヤ性能もオン・オフ兼用になっているので乗り心地も良いです。

更にオンロード性能を追求したハイテレーンタイヤ(H/T)もありますが、SUV用エコタイヤなので見た目はつるっとした乗用車タイヤと同じです。ゴツゴツした見た目で、オンロード・オフロード性があるオールテレーンタイヤは、初冬の降雪でもノーマルタイヤより走れる性能を持っているので1年中使えるタイヤです。

ブリヂストンやYOKOHAMA、BFグッドリッチやグッドイヤーなど、日本国内や海外のメーカーで、たくさんラインナップしているオールテレーンタイヤは、SUVのホイールをカスタマイズしたら一緒に履きたいタイヤです。