トヨタS-FRのスペックや発売日まとめ

トヨタS-FRのスペックまとめ!コンパクトスポーツカーで2020年頃発売予定

トヨタS-FRのエクステリアやインテリア、搭載エンジンやスペック、ボディサイズ、発売日や価格帯などを紹介します。5ナンバー枠のコンパクトサイズで車両重量は1トン、マニュアルトランスミッションを装備し走る喜びを追求するモデルになっている。

トヨタS-FRのスペックまとめ!コンパクトスポーツカーで2020年頃発売予定

トヨタのコンパクトスポーツS-FRは2020年に発売か

トヨタ自動車が開発していると見られているライトウェイトコンパクトスポーツ「S-FR」は、2015年の東京モーターショーで公開されました。5ナンバー枠のコンパクトボディに駆動方式はFRを採用していて、「86」の部署が開発を担当しています。

色々な人に楽しめるよう「価格が安い」を目標に開発され、2ドア4人乗りのモデルになります。2017年の東京モーターショーで進化したコンセプトモデルが登場すると噂されているライトウェイトFRスポーツ「S-FR」のエクステリアやインテリア、搭載エンジンや発売日に価格帯を紹介します。

トヨタS-FRのエクステリア

新型SF-Rのエクステリア

トヨタS-FRのエクステリアは、全体的に丸いフォルムでライト類も円形や楕円形にデザインされていて、グリルも大きく開口しているのが特徴的です。ルーフはブラックカラーですが、取り外してオープンにもできる仕様です。

ルーフを取り外した新型SF-R

※ルーフを取り外した状態

新型SF-Rのサイドビュー

サイドビューはドアが1枚設置されている2ドアスタイルで、ブレーキは前後レッドキャリパーのブレーキパッドが装着されているのが見え、フェンダー付近には「S-FR」のエンブレムが装着されています。スポーツカーらしいロングノーズのスタイリングで、4人乗りモデルです。

新型SF-Rのリヤビュー

リアビューでは1本出しのマフラーエンドが右側に見え、ヘッドライトやフォグライトと同じく丸いテールランプが装着されています。LEDを使っているので視認性が高くトランク付近にLEDハイマウントストップランプが見えます。

新型SF-Rのレーシングコンセプト

東京オートサロン2016では、S-FRをベースにしたレーシングコンセプトが発表され、フロントアンダースポイラーやサイドシル、リアスポイラーが装着されていて、よりレーシーな雰囲気を纏っています。

SF-Rレーシングコンセプトのリヤビュー

リアビューでは、センター出しのマフラーエンドに変わっていて、ウィングも装着されています。ボディサイズは5ナンバー枠に収められていて、全長が3,990mm、全幅が1,695mm、全高が1,320mm、ホイールベースが2,480mmと、コンパクトサイズです。

トヨタ S-FR
予想ボディサイズ
全長 3,990mm
全幅 1,695mm
全高 1,320mm
ホイールベース 2,480mm
乗員定員 4名
車両重量 980kg

トヨタS-FRのインテリア

新型S-FRのインパネ

トヨタS-FRのインテリアは、ボディカラーと同じライムイエローの加飾が印象的なデザインで、フロアシフトノブが設置されているところを見るとマニュアルトランスミッションだということが分かります。ATトランスミッションでは、ハンドルにパドルシフトが装着されると予想します。

新型S-FRのシート

シートは、イエローのアクセントを施したデザインで、シートサイドが張り出したセミバケット仕様になっています。サイドサポートがあるおかげで身体を支えてくれるので、運転中に姿勢がずれることなく安定してドライブを楽しむことができます。

新型S-FRのメーター

メーターはスピードメーター、タコメーターが一体型になったデザインで、左右にはガソリン残量計・水温計・油圧計などが見え、外気温や時計も表示されています。入っているギアも表示されていて、シフトに触って位置で確認したり、前方から目を大きく離さずに確認できる便利な機能です。

新型S-FRのシフトノブ

センターコンソールには、上からエアコン吹き出し口、2つのコントローラー、エアコンモニターが設置されていて、1番下にはシガーソケットが1口見えます。

トヨタS-FRの搭載エンジン

新型S-FRのエンジン

トヨタ S-FRに搭載されるエンジンは、C-HRに搭載されている1.2Lターボエンジンや、1.5L直列NAエンジンだと予想されています。

C-HR搭載1.2Lターボエンジン諸元
型式 8NR-FTS
種類 直列4気筒ターボ
排気量 1,196cc
最高出力 116PS/5,200~5,600rpm
最大トルク 185Nm/1,500~4,000rpm

1.5Lのエンジンはどのモデルを搭載するのか分かりませんが、マニュアルトランスミッションを搭載することを考えると、「1NZ-FE」か「2NR-FKE」の改良版になると予想します。

カローラ搭載1.5L直列NAエンジン諸元
型式 2NR-FKE
種類 直列4気筒
排気量 1,496cc
最高出力 109PS/6,000rpm
最大トルク 136Nm/4,400rpm

トヨタS-FRの発売日・価格帯

走行中の新型S-FR

トヨタ S-FRの発売日は2020年頃になると考えられていて、早ければ2017年の東京モーターショーで発表があると考えられます。

価格帯は、兄貴分の「86」が262万円から、マツダのロードスターが249万円から、ホンダのS660が198万円からという価格帯を考えると200万円~220万円になると予想します。

トヨタのS-FRはより身近にライトスポーツを楽しめる車

展示中の新型S-FR

トヨタのスポーツカーといえば、「86」がありますが、最低価格は262万円からでオプションをつけると300万円を軽く超え、最上級グレードともなると342万円からのスタートになります。スポーツカーに乗りたいと思っていても20代ではなかなか高額な車を買える人も少ないのが現状です。

ですが、86の弟分にあたる「S-FR」が発売するとなると、コンパクトなボディサイズのおかげで、道幅の狭い場所でも楽に通ることが出来ますし、何より86よりも価格帯が安いので、若い人にも人気が出ると予想します。