1000ccの人気車種ランキング

1000ccの車ランキング 人気の国産・外車おすすめリッターカーTOP10

1000ccの車は燃費性能が良好で自動車税も安くとても経済的な自動車が多いです。また外車でも1000ccのリッターカーがラインナップされていて国産車と変わらない維持費で乗ることができます。国産車と外車と含めた使いやすいリッターカーの人気車種をランキングしました。

1000ccの車ランキング 人気の国産・外車おすすめリッターカーTOP10

車税も安くて使いやすい人気がある1000ccの車ランキング

1000ccの車はリッターカーとも呼ばれ、車税や燃費が安く経済的なことからセカンドカーとしても人気です。リッターカーはコンパクトカーが殆どのため、免許をとりたての方や運転が苦手な方でも取り回しやすいのが特徴です。

1000ccのリッターカーでも室内は広く、4WD設定の安定感ある走りを持ち、スライドドアも装備する使いやすい人気車種を国産車・外車を含めてランキングしました。

10位 スマート フォーフォー パッション

フォーフォー パッションのエクステリア

スマートはドイツの自動車メーカーでマイクロカーを専門に作っています。
フォーツーは2ドア仕様、今回紹介するフォーフォーは4ドア仕様になっています。
あまり聞きなれない外車メーカーですが、メルセデス・ベンツを傘下にもつダイムラーが親会社なので高品質な車です。

販売価格が1,380,240円~の購入しやすい値段設定で、ダイハツ ウェイクやホンダ N-BOXなどの軽自動車よりも安く購入できます。

駆動方式 2WD(RR)
全長 3,550mm
全幅 1,665mm
全高 1,545mm
室内長 1,740mm
室内幅 1,330mm
室内高 1,200mm
車両重量 1,010kg
ホイールベース 2,495mm
最低地上高 125mm
最小回転半径 4.1m
総排気量 998L
ボディカラー 8色
JC08モード燃費 22.3km/L
乗車定員 4名
価格 2,160,000円~

9位 ルノー トゥインゴ インテンス

トゥインゴ インテンスのエクステリア

ルノー最小コンパクトカーがトゥインゴです。
1000ccのリッターカーは日本だけではなく欧州でも人気のカテゴリなので、フランスのルノーも積極的に展開しています。
フランスの自動車メーカーらしいセンスある内外装はコンパクトカーになっても変わりません

トゥインゴ インテンスの内装

1992年に販売開始され2014年に3代目へフルモデルチェンジ、スマート フォーツー・フォーフォーと同じ仕組みを採用しています。
グレードによりパワートレインも共通化されています。

駆動方式 2WD(RR)
全長 3,620mm
全幅 1,650mm
全高 1,545mm
室内長
室内幅
室内高
車両重量 1,010kg
ホイールベース 2,490mm
最低地上高
最小回転半径 4.3m
総排気量 897L
ボディカラー 8色
JC08モード燃費 21.7km/L
乗車定員 4名
価格 1,890,000円~

8位 トヨタ ヴィッツ F

ヴィッツ Fのエクステリア

デザイン性の高いコンパクトカーとして1999年に誕生したのがトヨタのヴィッツです。
日産 マーチやホンダ フィットと日本のコンパクトカー市場を席捲した伝説的な名車です。現在はアクアやプリウスに販売台数は劣りますが、2017年のマイナーチェンジによりハイブリッドモデルを追加し人気が再燃しています。

ヴィッツ Fの内装

グレード設定も多く2017年9年19日にはトヨタのスポーツグレード「GR」と「GRスポーツ」が追加され、2018年4月9日にはスポーツグレードの頂点に位置するGRMNが150台限定で販売予定となっています。

駆動方式 2WD(FF)
全長 3,945mm
全幅 1,695mm
全高 1,500mm
室内長 1,920mm
室内幅 1,390mm
室内高 1,250mm
車両重量 1,010kg
ホイールベース 2,510mm
最低地上高 140mm
最小回転半径 4.5m
総排気量 996L
ボディカラー 11色
JC08モード燃費 21.6km/L
乗車定員 5名
価格 1,181,520円~

7位 スズキ バレーノ XT

バレーノ XTのエクステリア

スズキのバレーノはインドで製造し日本へ逆輸入しているコンパクトカーです。
製造しているインドでは1年間で10万台を販売した大ヒット車種で「インドで最も成功した車の一つ」と言われています。

バレーノ XTの内装

バレーノのエクステリアは全高が低くアグレッシブなスタイルで、日本車とは思えないデザイン性の高いものとなっています。
飽きがこないシンプルな内装で、統一感のあるブラックカラーが好印象です。

駆動方式 2WD(FF)
全長 3,995mm
全幅 1,745mm
全高 1,470mm
室内長 1,975mm
室内幅 1,440mm
室内高 1,175mm
車両重量 950kg
ホイールベース 2,520mm
最低地上高 120mm
最小回転半径 4.9m
総排気量 996L
ボディカラー 7色
JC08モード燃費 20.0km/L
乗車定員 5名
価格 1,617,840円~

6位 フォルクスワーゲン up! 4ドア

up! 4ドアのエクステリア

フォルクスワーゲン最小サイズのコンパクトカーがUP!です。
販売価格が1,587,000円~となっていて外車では、最安クラスの1000ccの車です。
足回りやボディ剛性はさすがドイツ車といったところで、思い通りの操舵性が楽しく、高速安定性も抜群です。

up! 4ドアの内装

UP!はスマートフォンをナビに活用する新しいスタイルをとっており、毎日最新の情報を取り入れるため快適に運転できます。

駆動方式 2WD(FF)
全長 3,610mm
全幅 1,650mm
全高 1,495mm
室内長
室内幅
室内高
車両重量 950kg
ホイールベース 2,420mm
最低地上高 145mm
最小回転半径 4.6m
総排気量 996L
ボディカラー 6色
JC08モード燃費 22.0km/L
乗車定員 4名
価格 1,787,000円~

5位 フィアット 500 TwinAir Pop

500 TwinAir Popのエクステリア

世界中で人気のある1000ccコンパクトカーがフィアット 500です。丸みのあるエクステリアが可愛く、女性からも男性からも支持されています。
1936年に初代が誕生した500は、2007年に現在のモデルとなる3代目へフルモデルチェンジしています。

500 TwinAir Popの内装

10年以上も変わらない500ですが、古臭さなどは全く感じられず、今でも新鮮なエクステリアに見えるのも500の魅力です。

駆動方式 2WD(FF)
全長 3,570mm
全幅 1,625mm
全高 1,515mm
室内長
室内幅
室内高
車両重量 1,010kg
ホイールベース 2,300mm
最低地上高
最小回転半径 4.7m
総排気量 875L
ボディカラー 5色
JC08モード燃費 24.0km/L
乗車定員 4名
価格 2,289,600円~

4位 スズキ スイフト RSt

スイフト RStのエクステリア

スズキの世界戦略コンパクトカーがスイフトです。
2017年1月にフルモデルチェンジを行い、2017年にはハイブリッドモデルを追加しガソリンモデル、マイルドハイブリッドモデル、ハイブリッドモデルの3種類をラインナップしたスズキの主力車種です。

スイフト RStの内装

2018年次RJCカーオブザイヤーを受賞するほど完成度が高いリッターカーで、運動性能の高さも魅力です。

駆動方式 2WD(FF)
全長 3,840mm
全幅 1,695mm
全高 1,500mm
室内長 1,910mm
室内幅 1,425mm
室内高 1,225mm
車両重量 930kg
ホイールベース 2,450mm
最低地上高 120mm
最小回転半径 4.7m
総排気量 996L
ボディカラー 5色
JC08モード燃費 20.0km/L
乗車定員 5名
価格 1,704,240円~

3位 トヨタ パッソ X/ダイハツ ブーン X

ダイハツ ブーン Xのエクステリア

※ダイハツ ブーンのエクステリア

トヨタパッソとダイハツ ブーンは安全装備が充実した人気のリッターカーです。
トヨタはダイハツからOEM提供(車両提供)されたブーンをパッソとして販売しているため、両車は兄弟車ということになります。

ダイハツ ブーン Xの内装

※ダイハツ ブーンのインテリア

両車の違いはボディとホイールに配置されたエンブレムのみで、車両価格や内装のデザインも同一です。
ツートーンカラーを含む豊富なボディカラーと、1000ccの車らしい低燃費が大きな特徴です。

ダイハツ ブーンXのスペック
駆動方式 2WD(FF)
全長 3,650mm
全幅 1,665mm
全高 1,525mm
室内長 1,975mm
室内幅 1,420mm
室内高 1,270mm
車両重量 910kg
ホイールベース 2,490mm
最低地上高 150mm
最小回転半径 4.6m
総排気量 996L
ボディカラー 12色
JC08モード燃費 28.0km/L
乗車定員 5名
価格 1,150,200円~

2位 アウディ Q2 1.0 TFSI

Q2 1.0 TFSIのエクステリア

ドイツの高級ブランド アウディも1000ccの車がラインナップされています。
日本では2017年6月1日に発売されたQ2は、アウディ最小のコンパクトSUVで、多角形を取り入れた個性的なデザインになっています。

Q2 1.0 TFSIの内装

コンパクトボディながらフロントグリルには下に伸びた大型グリル「シングルフレームグリル」を採用、2000年代から続く伝統的なデザインアイコンでアウディらしさも表現しています。
BMW、メルセデス・ベンツ、アウディのドイツ御三家の中で唯一のリッターカーで、流行中のSUVということもあり、全世界で人気の車種になっています。

駆動方式 2WD(FF)
全長 4,200mm
全幅 1,795mm
全高 1,530mm
室内長
室内幅
室内高
車両重量 1,310kg
ホイールベース 2,595mm
最低地上高
最小回転半径
総排気量 999L
ボディカラー 8色
JC08モード燃費 19.8km/L
乗車定員 5名
価格 2,990,000円~

1位 トヨタ タンク・ルーミー/スバル ジャスティ/ダイハツ トール

トールのエクステリア

※ダイハツ トールのエクステリア

日本を代表するリッターカー4兄弟がトヨタのタンクとルーミー、スバルのジャスティ、ダイハツのトールです。
これら4車種は全てダイハツからOEM提供されたトールがベースになっていて、ボディサイズ、ボディカラー、内装デザインはほぼ同じで、大きな違いはエクステリアのフロントマスクのみとなっています。
販売価格はスバルのジャスティのみスマートアシスト2を標準装備しているため高くなっています。

トールの内装

※ダイハツ トールのインテリア

全高が高くスライドドアを採用していること、最小回転半径4.6mの取り回しやすいボディサイズ、多彩なシートアレンジで様々な使い方ができることから、1000ccの車では断トツの人気車種です。

ダイハツ トールXのスペック
駆動方式 2WD(FF)
全長 3,700mm
全幅 1,670mm
全高 1,735mm
室内長 2,180mm
室内幅 1,480mm
室内高 1,355mm
車両重量 1,465kg
ホイールベース 2,490mm
最低地上高 130mm
最小回転半径 4.6m
総排気量 996L
ボディカラー 9色
JC08モード燃費 24.6km/L
乗車定員 5名
価格 1,463,400円~

1000ccの車は維持費も安い

毎年納税する自動車税は排気量により納税額が決まっています。
1000ccの車ランキングで紹介した車種は全て1000cc以下の車なので、納税額は「1000cc以下」に該当する29,500円(2017年現在)となります。

1000ccを越えると「1000ccから1500cc」に該当し34,500円(2017年現在)になり、その差額は5,000円になります。
1000ccの車は燃費性能も高いため、ランニングコストも安くなります。移動手段として車が欲しい方は、維持費が安いリッターカーがおすすめです。