プロボックスのマイナーチェンジ

プロボックスのマイナーチェンジは11月19日!自動ブレーキが歩行者にも対応

プロボックスのマイナーチェンジはいつ行われるのでしょうか?噂によると2018年11月19日に行われ、姉妹車のサクシードと同時になるといわれています。自動ブレーキの歩行者対応やハイブリッドエンジンの搭載で使い勝手がよくなります。

プロボックスのマイナーチェンジは11月19日!自動ブレーキが歩行者にも対応

プロボックスのマイナーチェンジが2018年11月19日に実施!ハイブリッド仕様が追加される

トヨタの商用バンであるプロボックスが2018年11月19日にマイナーチェンジを行いハイブリッド仕様の追加があるという噂があります。ほかにも、安全装備のトヨタセーフティセンスに歩行者も検知する機能を追加するなど機能面でのマイナーチェンジを行うと考えます。

トヨタカローラが販売するプロボックスは、2018年11月19日のマイナーチェンジでどのように変わるのでしょうか?さっそくチェックしていきましょう。

プロボックスのマイナーチェンジでハイブリッド仕様が追加!燃費は30.0km/Lになるだろう

プロボックスのフロントビュー商用車のロングセラーモデル「プロボックス」にハイブリッドモデルが追加される可能性がある

プロボックスのマイナーチェンジでは、史上初のハイブリッドモデルが追加されると噂されていて、燃費は30.0km/Lに到達するといわれています。マイナーチェンジ前のプロボックスでは、アイドリングストップストップ付きの2WDで19.6km/Lでしたので、1.5倍に燃費が伸びます。

新型プロボックスに搭載されるハイブリッドエンジンは、カローラフィールダーに搭載されている1NZ-FXEと1LMモーターを組み合わせたハイブリッドシステムになると考えます。

新型プロボックスに搭載されるハイブリッドシステム
型式 1NZ-FXE
種類 直列4気筒
排気量 1,496cc
最高出力 54kW/4,800rpm
最大トルク 111Nm/3,600~4,400rpm
モーター型式 1LM
最高出力 45kW
最大トルク 169Nm

カローラフィールダーでのハイブリッドシステムは駆動方式に2WDと電気式無段変速機を搭載していて、プロボックスでも同様のものが載ると考えます。プロボックスのハイブリッド化で2WDの燃費がさらに伸びるため、ガソリンを給油する時間や機会も少なくなり仕事が捗るでしょう。

プロボックスのマイナーチェンジでエクステリアやインテリアに変更はあるのか?

プロボックスのサイドビュー2018年のマイナーチェンジではエクステリアとインテリアに変更はないと考える

新型プロボックスのマイナーチェンジで、エクステリアやインテリアに変更はないと考えます。2014年8月のマイナーチェンチェンジでは、フェイスリフトを含む大幅な改良を施したため2018年の改良では中身のエンジン部分のみに手をつけると予想します。

実際に2016年に行ったマイナーチェンジでは、安全装備パッケージのトヨタセーフティセンスCを全車標準装備し、2WDの1.5L車にアイドリングストップ機能をつけ加えたのみの改良になっています。

プロボックスのボディサイズ
全長 4,245mm
全幅 1,690mm
全高 1,525mm
ホイールベース 2,550mm
最低地上高 140mm
荷室長 1,810mm(1,040mm)
荷室幅 1,420mm
荷室高 935mm
最大積載量 400kg

プロボックスのボディサイズは全長4.2m・全幅1.69m・全高1.525mの5ナンバーサイズで、2018年ではワゴンタイプがラインナップしていないため、全て4ナンバーで販売されています。全高が1,525mmのため、1,550mm制限の多い立体駐車場でも入ることができ駐車場を探してさまようことも少なくなります。

新型プロボックスは歩行者を検知できるトヨタセーフティセンスにバージョンアップする

新型プロボックスではマイナーチェンジにより歩行者も検知できるトヨタセーフティセンスにバージョンアップすると予想します。

2016年の一部改良で追加された安全装備はトヨタセーフティセンスCと呼ばれる車両にのみ反応する自動ブレーキの装備でしたが、2018年11月19日のマイナーチェンジで、トヨタセーフティセンスPになり歩行者にも対応する自動ブレーキとなります。

トヨタセーフティセンスPの内容

・プリクラッシュセーフティ(対車両・対歩行者)
・レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御付き)
・オートマチックハイビーム
・レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付き)

トヨタセーフティセンスPにアップグレードされると、歩行者にも対応した自動ブレーキだけではなくステアリング制御付きのレーンディパーチャーアラートや、全車速追従機能付きのレーダークルーズコントロールも装着されますが、ルート周り営業などでたくさんの出番があるであろう歩行者にも対応した自動ブレーキのみ搭載される可能性もあります。

プロボックスのマイナーチェンジは姉妹車のサクシードと同時に2018年11月19日に行われる

トヨタの商用バンであるプロボックスは、エクステリアやインテリアはそのままにトヨタセーフティセンスの自動ブレーキを歩行者対応にする、ハイブリッドエンジンを積み燃費向上など、主に利便性を高めたものになると考えます。

同時に姉妹車であるサクシードも同様のマイナーチェンジが行われ、安全面や利便性の向上を行います。2014年の改良によってプロボックスもサクシードもエクステリアは共通になり、見分け方はリアの車名シールのみとなっていますが、プロボックスでは1.3Lエンジンを搭載するモデルがあるなど中身での違いが見受けられます。

2018年11月19日のマイナーチェンジによって、ハイブリッドシステムが搭載されるプロボックスは燃費が大幅に向上し営業周りなどでガソリンを食うことが少なくなるためコストカットに繋がります。プロボックスはハイブリッドモデルをラインナップし配送やルート営業・サービスなどで今後も大活躍すること間違いなしの営業車です。