レクサスES日本再上陸

レクサスESが日本に再上陸して発売!GSを吸収する可能性もあったが継続販売の見込み

レクサスESは2018年10月24日に日本のレクサスでも販売されました。かつてはトヨタからウィンダムとして販売されていた車は、どのように進化して帰ってくるのでしょうか?北米で人気のESはGSとHSを統合する可能性はあるのでしょうか。

レクサスESが日本に再上陸して発売!GSを吸収する可能性もあったが継続販売の見込み

レクサスESが2018年に日本上陸!ウィンダムの日本復活

停車中のレクサスES

レクサスESは1989年からアメリカで発売されている車種で、1991年に発売された2代目ESはトヨタからウィンダムとして2006年まで販売していました。日本でレクサスブランドを展開するにあたり、ESは発売されませんでしたが、2018年にGSの後継モデルとして販売する噂があります。

現行のレクサスESのエクステリアやインテリア、搭載エンジンや装備などをチェックしておきましょう。アリストのレクサスモデルであるGSは統合になるのか、注目が集まります。

2018年10月24日にフルモデルチェンジして日本に導入されたレクサス新型ESのエクステリア・インテリア・グレード・価格帯・燃費・デジタルアウターミラーについてなど最新情報は上記の記事に掲載しています。

レクサス新型ESが北京モーターショー2018で世界初公開

レクサス新型ESがフルモデルチェンジして2018年4月25日~5月4日に行われる北京モーターショーでワールドプレミアされます。
1989年から販売されるレクサス最初のラインナップとして伝統のあるプレミアムセダンが遂にフルモデルチェンジを行います。
「上質な快適性」を進化させた新世代のレクサスとして登場する新型ESに世界中が注目します。

フルモデルチェンジ前の現行レクサスESのエクステリア

街の中で路駐しているレクサスESES

道路を走るレクサスESハイブリッドESハイブリッド

レクサスESはラージサイズの4ドアセダンで、2012年のフルモデルチェンジをした時にレクサスの顔でもあるスピンドルグリルを手に入れました。ヘッドライトは2眼のプロジェクター式を採用していて、切れ長の形をしています。

レクサスESのサイドビュー

サイドビューは、リヤに向かって流れていくルーフが美しいデザインで、リヤテールランプもLEDを使用してアグレッシブデザインになっています。

レクサスESの全長は4,910mm、全幅が1,820mm、全高が1,450mmのラージサイズセダンで、ホイールベースも2,820mmあります。日本では全長が4,700mmを超えているので3ナンバーになり、全幅も1,800mmを超えているので狭い道でのすれ違いなどに注意が必要です。

レクサスESのボディサイズ
全長 4,910mm
全幅 1,820mm
全高 1,450mm
ホイールベース 2,820mm

現行モデルのレクサスESのインテリアはアナログクロックを装備するなど質感が高い

レクサスESのインテリア

インテリアではGSと同様にセンターへディスプレイが装備されていて、下部にはアナログクロックが設けられています。レクサスRXなどに搭載されているリモートタッチもシフトレバー付近に見えます。

レクサスESのセンターコンソール

センターコンソールには、メディアのボリューム調整などのスイッチやハザードスイッチ、デュアルフルオートエアコンの操作スイッチが備え付けられています。

レクサスESの内装

パッケージオプションによって内装カラーを変えることができ、ウルトララグジュアリーパッケージでは、パノラマガラスルーフ(ES350のみ)、セミアニリン本革のシートなどが装備できます。

レクサスESの搭載エンジンは2.5L直列4気筒のハイブリッドエンジンを搭載

レクサスESに搭載されているエンジン

レクサスESに搭載されているエンジンは3.5LのV型6気筒エンジンと、2.5Lの直列4気筒ハイブリッドエンジンが搭載されていますが、日本仕様車は2.5L直列4気筒のハイブリッドエンジンのみ導入しています。

レクサスESに搭載されているエンジン
型式 2GR-FE 2AR-FXE
種類 V型6気筒 直列4気筒
排気量 3,500cc 2,500cc
最高出力 268HP 200HP
最大トルク 250Nm/4,700rpm 220Nm/3,600~5,200rpm

ハイブリッドエンジンには、フルモデルチェンジしたカムリに搭載されている「2.5L THS2」が搭載されていて、レクサスESにも同様のエンジンが搭載されています。搭載されているトランスミッションはダイレクトシフトトランスミッションで、8速ATが装備されています。

レクサスESはフラッグシップセダンのLS並みの安全性能

横断歩道を前に停止するレクサスES

レクサスESには「Lexus Safety System+」が装備されていて、日本で搭載されているシステムと同様に「プリクラッシュセーフティシステム」、「レーダークルーズコントロール」、「レーンキーピングアシスト」、「オートマチックハイビーム」の4種類が装備されています。

ESのレクサスセーフティシステム+の内容

・プリクラッシュセーフティシステム
・レーダークルーズコントロール
・レーンキープアシスト
・オートマチックハイビーム

ほかにも、バックカメラや10個のエアバッグ、スタビリティコントロール、パーキングアシスト、ブラインドスポットモニター、タイヤ空気圧警報システムが搭載されていてフラッグシップセダンのLSと遜色ない高いレベルの安全装備を採用しています。

レクサスESはGSの後継モデルとなる噂もあるが公式が否定したためGSも継続して販売

レクサスESのヘッドライト

レクサスGSはESと同様に2012年にフルモデルチェンジし4代目になっていますが、GSは「F」だけを残して統合され、ESが日本に導入される可能性がありますが公式否定されています。GSは「グランドツーリング・セダン」、ESは「エグゼクティブ・セダン」と、コンセプトが似ていて、カムリと同様に北米での販売台数が伸びていて日本でも統合されないでしょう。