レクサスESのタイヤ

レクサスESのタイヤは17・18・19インチを装備!コンフォート・エコなど好きな味付けを選べる

レクサスESはミドルクラスのセダンで、かつてトヨタでウィンダムとして販売されていたモデルです。日本では2018年10月に発売され世界初のデジタルアウターミラーを装備できます。ESには17から19インチのタイヤが装備されていて、各メーカーの味付けによって自分好みのESにすることができます。

レクサスESのタイヤは17・18・19インチを装備!コンフォート・エコなど好きな味付けを選べる

レクサスES300hのタイヤはどのサイズ?17インチと18インチがラインナップしている

レクサスESは2018年10月に日本市場でも発売する予定のモデルで、ハイブリッドモデルであるレクサスES300hが登場すると噂されています。日本にレクサスブランドがない頃は、トヨタからウィンダムとして売られていたモデルですが、通算7代目となるレクサスESはどんなタイヤを履いているのでしょうか?

日本仕様で販売されるレクサスESにはベースグレードに215/55R17の17インチタイヤ、上級グレードにはインチアップされた235/45R18の18インチタイヤ、Fスポーツには235/40R19が装備されています。

また、量産車として世界で初めてカメラを使ったサイドミラーである「デジタルアウターミラー」を採用することで注目も浴びています。レクサスESにはどのようなタイヤが装着できるのでしょうか?さっそくチェックしていきましょう。

215/55R17はベースグレードのレクサスES300hに標準装備された迫力もあり乗り心地もいいサイズ

レクサスESのベースグレードには17インチの「215/55R17」のタイヤが装着されると考えられていて、国内・海外メーカーからも色々なタイヤが販売されています。燃費性能を重視したものや走行性能を重視したものなどたくさんありますが、ハイブリッドセダンのレクサスES300hには燃費性能を重視したタイヤがピッタリでしょう。
どんなメーカーからどのようなタイヤがラインナップしているのか、さっそくチェックしてみましょう。

レクサスESのベースグレードに新車装着タイヤで採用されたのはミシュランのプライマシー3で高速も街乗りも安定した性能のコンフォートタイヤ

MICHELIN PRIMACY3 215/55R17 94V

レクサスESにおすすめのMICHELIN PRIMACY3 215/55R17 94Vの夏タイヤ街中と郊外の静粛性に優れたミシュラン プライマシー3はレクサスESのタイヤにおすすめ

車種 レクサスES
メーカー ミシュラン
ブランド プライマシー3
タイヤサイズ 215/55R17
タイヤ外径
タイヤの種類 コンフォートタイヤ
ロードインデックス 94
速度記号 V
悪路走破性
静粛性 ★★★
燃費 ★★★★
耐久性 ★★★
価格 14,000円~

MichelinのPrimacy3はアクティブコンフォートタイヤと呼ばれ、街中や郊外での静粛性と高速での安定性を両立したタイヤです。レクサスESのベースグレードであるES300hに標準装備されている17インチタイヤで、振動やノイズを抑えた設計で新車装着タイヤでも快適な走りを提供してくれます。

コンフォートタイヤ技術のほかにもスポーツタイヤの技術や、フルシリカコンパウンドを使ってウェット性能の向上を目指すなど、タイヤに求められる性能の全てを妥協せずトータル的なパフォーマンスを備えたタイヤです。

「疲れにくい」ことを重点に置いたPlayz PXは燃費性能もウェットグリップ性能も高めていてレクサスESにもピッタリのタイヤ

BRIDGESTONE Playz PX 215/55R17 94V

レクサスESにおすすめのBRIDGESTONE Playz PX 215/55R17 94Vのタイヤブリヂストン プレイズPXはふらつきを抑えているので長時間のドライブでも疲れにくい夏タイヤ

車種 レクサスES
メーカー ブリヂストン
ブランド プレイズPX
タイヤサイズ 215/55R17
タイヤ外径 668mm
タイヤの種類 低燃費タイヤ
ロードインデックス 94
速度記号 W
悪路走破性
静粛性 ★★★
燃費 ★★★★
耐久性 ★★★
価格 20,000円~

ブリヂストンが販売するプレイズPXは、セダンやクーペに採用されているタイヤサイズを多く取り揃えていて低燃費性能はもちろんのこと、運転していてもふらつきが少なく疲れにくいタイヤです。タイヤの接地圧を均一化したことによりふらつきが少なくハンドルでのわずかな修正の機会も少ないため長時間運転していても疲労が蓄積しにくいことに繋がっています。

燃費性能の転がり抵抗係数はA、ウェットグリップ性能は最高のaを獲得しているため、燃費性能と雨の日の運動性能のバランスがとれた1本です。

ダンロップのビューロVE303は燃費のほかにもロングライフ性能を高めたタイヤで吸音スポンジのサイレントコアを搭載しているため音も静か

DUNLOP VEURO VE303 215/55R17 215/55R17 94V

レクサスESにおすすめのDUNLOP VEURO VE303 215/55R17 215/55R17 94Vのタイヤサイレントコア搭載で低燃費と静粛性を両立した夏タイヤがダンロップ ビューロVE303

車種 レクサスES
メーカー ダンロップ
ブランド ビューロVE303
タイヤサイズ 215/55R17
タイヤ外径 665mm
タイヤの種類 低燃費タイヤ
ロードインデックス 94
速度記号 W
悪路走破性
静粛性 ★★★★
燃費 ★★★★
耐久性 ★★★★
価格 17,000円~

ダンロップのVE303は新採用のパターンでノイズを軽減し、サイレントコアと呼ばれる吸音スポンジが路面からの雑音を吸収してくれ静粛性があります。アウト寄りに接地面積を高めたことでカーブの時などロールに強くなっているため車体のふらつきも少なくなっています。

従来モデルよりも転がり抵抗係数は9パーセント向上、耐摩耗性能は25%向上していて燃費がアップし減りにくくなっているため、コストパフォーマンスも良くなっています。

グッドイヤーのエフィシェントグリップパフォーマンスは燃費性能AAとウェットグリップ性能aを獲得しているレクサスESに似合うプレミアムなタイヤ

GOODYEAR EfficientGrip Performance 215/55R17 98W XL

レクサスESにおすすめのGOODYEAR EfficientGrip Performance 215/55R17 98W XLのタイヤグッドイヤー エフィシェントグリップパフォーマンスはパフォーマンスの高いタイヤでレクサスESの走行性能を十分楽しめる

車種 レクサスES
メーカー グッドイヤー
ブランド エフィシェントグリップパフォーマンス
タイヤサイズ 215/55R17
タイヤ外径 665mm
タイヤの種類 コンフォートタイヤ
ロードインデックス 98
速度記号 W
悪路走破性
静粛性 ★★★★★
燃費 ★★★★★
耐久性 ★★★
価格 25,000円~

グッドイヤーのエフィシェントグリップパフォーマンスは、静粛性に富んだコンフォート寄りのタイヤで転がり抵抗係数AAとウェットグリップ性能aを獲得しながらもパターンノイズを軽減するブロックや、発熱を抑えるレイヤーとコンパウンドを使用し静粛性や燃費性能を高めています。

ロードインデックスが同じサイズのタイヤよりも高まっていてエクストラロード規格を持っているため、通常の通気圧よりも高めに入れる必要がありますので注意してください。

ヨコハマのフラグシップブランドであるアドヴァンから静けさを重視したデシベルがラインナップ!いままでのどのタイヤよりも性能を高めている

YOKOHAMA ADVAN db V552 215/55R17 94W

レクサスESにおすすめのYOKOHAMA ADVAN db V552 215/55R17 94Wのタイヤヨコハマタイヤ アドヴァンデシベルはロードノイズを抑えた静粛性の高いコンフォートタイヤ

車種 レクサスES
メーカー ヨコハマタイヤ
ブランド アドヴァンデシベル
タイヤサイズ 215/55R17
タイヤ外径 668mm
タイヤの種類 コンフォートタイヤ
ロードインデックス 94
速度記号 W
悪路走破性
静粛性 ★★★★★
燃費 ★★★★
耐久性 ★★★★
価格 18,000円~

ヨコハマタイヤの中でもフラッグシップモデルとして君臨しているのがアドヴァンシリーズです。コンフォートタイプのデシベルは、サイレントゴムや幅広ゴムを採用したプレミアムモデルで、従来品よりもパターンノイズやロードノイズを大幅低減しています。

ノイズを軽減しただけではなくブロック剛性を高め走行安定性も高めていて、ストレートリブや細かいサイプが排水性も高めているためウェットグリップ性能も高く維持されています。ほかにも、インチアップされた18インチタイヤもラインナップしていてどのグレードのレクサスESにも適合するタイヤです。

トーヨーのナノエナジー3プラスは価格帯が安くコストパフォーマンスに優れる1本でA-bを獲得しているスタンダードなエコタイヤ

TOYO NANOENAERGY3 Plus 215/55R17 94V

レクサスESにおすすめのTOYO NANOENAERGY3 Plus 215/55R17 94Vのタイヤトーヨー ナノエナジー3プラスはタイヤに経済性を求める方に人気で走行性能も高めの夏タイヤ

車種 レクサスES
メーカー トーヨー
ブランド ナノエナジー3プラス
タイヤサイズ 215/55R17
タイヤ外径 668mm
タイヤの種類 低燃費タイヤ
ロードインデックス 94
速度記号 W
悪路走破性
静粛性 ★★
燃費 ★★★
耐久性 ★★
価格 10,000円~

スタンダードなエコタイヤとしてラインナップするのはTOYO のナノエナジー3プラスです。ナノバランステクノロジーと呼ばれる技術を盛り込み、コンパウンドやパターン設計を見直して作られたNANOENAERGY3プラスは、転がり抵抗係数Aとウェットグリップ性能bを獲得しています。

パターンを工夫したほかにも、排水性向上のためのワイドグルーブや安定性を高めるワイドトレッド、高剛性リブパターンなど、たくさんの技術が注ぎ込まれています。

ミシュランのプライマシー4は安定性や静粛性・燃費性能すべてを考えて作られたプレミアムタイヤで履き始めから交換時期まで性能を実感できる

MICHELIN PRIMACY4 215/55R17 94W

レクサスESにおすすめのMICHELIN PRIMACY4 215/55R17 94Wのタイヤミシュラン プライマシー4はレクサスESに乗り心地の良さを求める方におすすめの夏タイヤ

車種 レクサスES
メーカー ミシュラン
ブランド プライマシー4
タイヤサイズ 215/55R17
タイヤ外径
タイヤの種類 コンフォートタイヤ
ロードインデックス 94
速度記号 W
悪路走破性
静粛性 ★★★
燃費 ★★★★
耐久性 ★★★
価格 16,000円~

フランスのミシュランからはプレミアムサマータイヤのプライマシー4がレクサスESに適合します。プライマシー3よりも排水性能を高め、溝が減ってきてもグルーブ幅の減りは少ないためウェット性能は落ちません。新配合のコンパウンドとサイレントリブにより静粛性を上げています。

スリップサインも見つけやすいため溝が減ってきた時にも交換時期が分かりやすくなっていて、早めに残溝が少なくなっていることにも気づけます。上級グレードの18インチタイヤでも適合するタイヤがラインナップしているため選択肢の幅も広いタイヤです。

上位グレードにはインチアップされた235/45R18のタイヤを装備!幅は太く大きくなり安定感が増した

レクサスES300hの上位グレードには幅が太くなり1インチアップさせた235/45R18のタイヤがラインナップしています。偏平率が10パーセント下がったことにより乗り心地は少しだけ悪化すると考えますが、レクサスの技術により乗り心地の悪さを感じさせない作りになっていると考えます。

タイヤ幅も太く偏平率も低い18インチタイヤですが、国内メーカー・海外メーカーでラインナップはあるのでしょうか?チェックしてみましょう。

ブリヂストンのレグノGR-XIはプレミアムなレクサスESにピッタリのコンフォートタイヤで様々な騒音をカットし優雅な走行を楽しめる

BRIDGESTONE REGNO GR-XI 235/45R18 94W

レクサスESにおすすめのBRIDGESTONE REGNO GR-XI 235/45R18 94Wのタイヤブリヂストン レグノGR-XIは国内でも最高峰の性能を持つプレミアムな夏タイヤでレクサスESに相応しい

車種 レクサスES
メーカー ブリヂストン
ブランド レグノGR-XI
タイヤサイズ 235/45R18
タイヤ外径 671mm
タイヤの種類 コンフォートタイヤ
ロードインデックス 94
速度記号 W
悪路走破性
静粛性 ★★★★★
燃費 ★★★★
耐久性 ★★★
価格 30,000円~

ブリヂストンのコンフォートタイヤであるGR-XIは高級感のあるレクサスESにピッタリのタイヤで、ノイズや騒音を抑えただけではなく聞こえてくるタイヤの音までも計算しつくしたプレミアムタイヤです。騒音が気になりにくいスムーズなアスファルト路面でのノイズも低減し、通過するときの走行音も抑制します。

さらに走行音の抑制だけではなく、非対称形状や非対称パターンにより高い剛性や安定性を確保しているため、安心感もあるタイヤです。

ダンロップのルマンファイブはレクサスESに転がり抵抗係数AAを与えてくれるコンフォートタイヤ!リムガードもついてガリ傷にも安心

DUNLOP LE MANS V 235/45R18 94W

レクサスESにおすすめのDUNLOP LE MANS V 235/45R18 94Wのタイヤダンロップ ルマンファイブはリムガード付きでレクサスESのホイールを守るところが嬉しい夏タイヤ

車種 レクサスES
メーカー ダンロップ
ブランド ルマンファイブ
タイヤサイズ 235/45R18
タイヤ外径 672mm
タイヤの種類 コンフォートタイヤ
ロードインデックス 94
速度記号 W
悪路走破性
静粛性 ★★★★
燃費 ★★★★
耐久性 ★★★★
価格 20,000円~

ダンロップのルマンファイブはレクサスESにも似合うコンフォートタイヤで、静粛性のほかにも減りにくいコストパフォーマンスも求める人にピッタリのタイヤです。従来品よりもシノビテクノロジーにより騒音エネルギーを35パーセントほど低減していて、耐摩耗性にも優れているため長く乗ることができます。
振動や騒音が少ないことで乗り心地も良くなることでロングドライブも楽しくなり、家族や仲間との旅も好きになります。

レクサスESのスポーツグレードであるFスポーツには19インチの235/40R19が装着!タイヤが薄くサイドビューもカッコいい

レクサスESのスポーツグレードであるFスポーツには、18インチと幅は同じですが偏平率が薄い19インチタイヤを履いています。19インチホイールの迫力と薄くなり存在感を消しているタイヤですが、スポーティなモデルでは1番重要と言っても過言ではないパーツです。

運動性能や乗り心地を大きく左右するレクサスESのFスポーツに適合する19インチタイヤのラインナップを紹介します。

ブリヂストンのコンフォートタイヤであるレグノは19インチサイズもしっかりラインナップしていてレクサスES Fスポーツの走りを支えてくれる

BRIDGESTONE REGNO GR-XI 235/40R19 92W

レクサスESにおすすめのBRIDGESTONE REGNO GR-XI 235/40R19 92Wのホイールブリヂストン レグノGR-XIはスポーツ走行とコンフォート走行に適したタイヤ19インチの夏タイヤ

車種 レクサスES
メーカー ブリヂストン
ブランド レグノGR-XI
タイヤサイズ 235/40R19
タイヤ外径 673mm
タイヤの種類 コンフォートタイヤ
ロードインデックス 92
速度記号 W
悪路走破性
静粛性 ★★★★★
燃費 ★★★★
耐久性 ★★★
価格 34,000円~

ブリヂストンのコンフォートタイヤであるレグノは、19インチでもしっかりとラインナップしています。偏平率が薄く乗り心地は17インチや18インチに比べて悪くなっていると考えますが、ほかのエコタイヤと比べると格段に静粛性が高いことや乗り心地がしなやかと感じることができます。

転がり抵抗係数やウェットグリップ性能は、18インチのレグノよりも性能は落ちていなくAとbを維持しています。

ヨコハマのスポーツタイヤであるアドヴァンスポーツはES300hのFスポーツに合うタイヤで高い速度域でも安心して走ることができる

YOKOHAMA ADVAN sport V105 235/40ZR19 96Y

レクサスESにおすすめのYOKOHAMA ADVAN sport V105 235/40ZR19 96YのホイールレクサスESにスポーツカー向けのタイヤを装着するならヨコハマタイヤ アドヴァンスポーツV105が人気

車種 レクサスES
メーカー ヨコハマタイヤ
ブランド アドヴァンスポーツV105
タイヤサイズ 235/40ZR19
タイヤ外径 671mm
タイヤの種類 スポーツタイヤ
ロードインデックス 96
速度記号 Y
悪路走破性
静粛性 ★★
燃費 ★★
耐久性 ★★★
価格 30,000円~

ヨコハマタイヤのアドヴァンスポーツV105 は、スポーツカーやハイパフォーマンスカー向けに開発されたスポーツタイヤで、高速走行時でもハイドロ性に優れた性能を持っています。エコタイヤやコンフォートタイヤに比べて燃費性能は落ちますが、運動性能は確実にアップします。

エコタイヤと比べると転がり抵抗係数はCとそこまで燃費がいいラベリングではありませんが、スポーツタイヤにおいて燃費ラベルが記されているもの性能がいい証拠です。対してウェットグリップ性能は最高のaを獲得していて雨の日でも安心感のあるタイヤです。

新型レクサスESの夏タイヤ交換に使う純正タイヤサイズとホイールサイズ

新しいレクサスESにラインナップしているタイヤサイズはベースグレードで215/55R17、上級グレードで235/45R18になっています。

レクサスESのグレード タイヤサイズ 型式 ホイールサイズ
ES300h 215/55R17 XV70 17インチ X 7.0J(+40)
ES300h バージョンL 235/45R18 XV70 18インチ X 8.0J(+41)
ES300h Fスポーツ 235/40R19 XV70 19インチ X 8.0J(+38)

新しいレクサスESはリトルLSなラグジュアリーで使いやすいミドルセダンである

レクサスESは日本市場で1度も販売したことがなく、かつてはトヨタからウィンダムとして2006年まで販売されていました。2018年10月には日本レクサスからもESが販売され、そのエクステリアはフラッグシップモデルであるレクサスLSにも匹敵するカッコよさです。

日本で発売されるES300hにはベースグレードに17インチの215/55R17が、L packageの上級グレードには18インチの235/45R18が装着されると考えます。コンフォートタイヤで更なる静粛性を獲得したり、低燃費タイヤでさらに燃費を上げる伸びしろを作るなどオーナーによって様々に選択できるタイヤはたくさんあります。
オーナーの好みによって自分の好きなレクサスESを作ってみてください。