新型ランドクルーザー300系

新型ランドクルーザー300系は2020年に登場か

トヨタ新型ランドクルーザー300系が2020年以降にフルモデルチェンジして登場する可能性が出てきました。200系の誕生から10年が経ち、待望のフルモデルチェンジをめぐり世界中から注目されています。300系に移行するにあたりエクステリアやインテリアのみならずフレームやパワートレインにも大きな進化が見られます。

新型ランドクルーザー300系は2020年に登場か

新型ランドクルザー300系は2020年に登場する可能性がある

トヨタの新型ランドクルーザー300系が、ここにきて新たに2020年以降に発表されると噂されています。

ランドクルーザーと言えば「陸の王者」と評され世界中でファンがいるフルサイズSUVです。トヨタ史上、最も長い歴史を持つ日本を代表する車でもあります。

2007年にランドクルーザーの200系が販売されてから10年。
近々300系へモデルチェンジするという情報が飛び交っていましたが、2020年以降ついに300系のランドクルーザーを見ることができるかもしれません。

新型ランドクルーザー300系と予想されるエクステリアが公開

ランドクルーザー300系の予想エクステリアが公開されました。
公開された予想デザインでは、現在販売されているランクル200系を踏襲したオフロード感の強いエクステリアになっています。

特徴的なのがフロント周りで、ヘッドライトの端に角度が付き、ランドクルーザープラドを彷彿させるヘッドライトに変更されています。
直線基調のグリルは先代のランクル200系を引き継いでいますが、300系の予想デザインでは幅が狭くなりスッキリした印象に変化しています。
また、ドアハンドルはレンジローバー ヴェラールやテスラ モデルXなどに採用されているフラッシュハンドル(格納式のドアハンドル)になり先進性を感じます。

新型ランドクルーザー300系の予想スペックも紹介します。全長、全幅は現行のランドクルーザー200系と同じですが全高が高くなると予想されています。ランクル200系ZXの燃費と比較すると性能もJC08モード燃費で2.2km/L改善すると考えられています。

  ランクル300系 ランクル200系
全長 4,950mm 4,950mm
全幅 1,980mm 1,980mm
全高 1,920mm 1,870mm
ホイールベース 2,850mm 2,850mm
パワーユニット V6DOHC V8DOHC
総排気量 3.444cc 4.608cc
最高出力 422ps/6,000rpm 234ps/5,600rpm
最大トルク 61.2kgm/1,600-4,800rpm 46.9kgm/3,400rpm
トランスミッション 10AT 6AT
新型ランドクルーザー300系の予想スペックと200系の比較
JC08モード燃費 8.9km/L(200系は6.7km/L) 6.7km/L
価格 5,500,000円~7,500,000円 4,728,240円~6,853,680円

草原にとまるランドクルーザー100系1998年に登場したランドクルーザー100系

砂利道を走るランドクルーザー200系2007年に登場した現行のランドクルーザー200系

リークされたのはランクル300系の予想デザインなので実際に発表される新型300系はどのようなデザインになるのか、200系からの進化も含めて今後の続報に期待しましょう。

ランクル300系のパワートレインはV6を廃止してハイブリッドモデルを追加!ディーゼルエンジンも追加される可能性も

ランドクルーザーのエンジン

現行のランドクルーザーはガソリンモデルのみのラインナップですが、300系へのフルモデルチェンジのタイミングでパワートレインを一新しディーゼルモデルを追加する可能性があります。

海外で販売されているランドクルーザーには4.5L V型8気筒DOHC32エンジンを採用したディーゼルモデルがあるため、いつか追加されるのではないかと言われてきました。
しかし追加がないまま300系を迎えることになり、世界で販売されているディーゼルモデルを日本でも同様に販売するのではないかと言われています。

この他にも北米で販売されている5.7L V型8気筒DOHC32のガソリンエンジンの追加も噂されているので、300系のパワートレインには大きな変化がみられるでしょう。

また新型ランクル300系の新たなパワートレインとして、200系に搭載されているV8エンジンを廃止して「3.5L V6DOHCターボエンジン」と「3.5L V6DOHCターボエンジン+ハイブリッド」のパワートレインがラインアップされると言われています。

フルモデルチェンジ後の300系はラダーフレームが独自の進化を遂げる

強固なラダーフレーム

現行の200系ランドクルーザーには伝統的なラダーフレーム構造が採用されています。これはボディとはしご上のフレームを切り離した構造のことを言います。
ラダーフレーム構造は路面から大きな衝撃を受けた場合でも、ボディのゆがみを抑えるため本格的なオフロード走行に適しています。

現在日本で販売している車ではトヨタのランドクルーザー、ランドクルーザー プラド、スズキのジムニーの3車種しか採用していない貴重な構造となっています。

新型ランドクルーザー300系にはラダーフレームを独自に進化させたフレーム構造を採用する可能性があります。
トヨタは新たなプラットフォームTNGAを全ての車種に採用すると発表していますが、ランドクルーザーにもTNGAが進化した新たなフレーム構造が採用されるかもしれません。

300系ランドクルーザーの登場が噂されたフランクフルトモーターショー2017

2015年に行われたフランクフルトモーターショー2015年のフランクフルトモーターショー

2年に1度開催される世界最大規模のモーターショーがドイツのフランクフルトモーターショーです。1897年から開催されている伝統的なモーターショーで待望のランドクルーザー300系が登場すると噂されていました。

ランドクルーザーの300系が登場するという噂の出どころは欧州トヨタの発表です。今回開催されるドイツのフランクフルトではランドクルーザーと言えばプラドを指すため、プラドのマイナーチェンジの発表をランクル300系の発表と勘違いした誤報ということになります。

このフランクフルトモーターショーではメルセデス・ベンツやアウディ、BMWなど名だたる自動車メーカーがフラッグシップモデルを披露している場でもあるので、例にもれずトヨタの最上級SUVのランドクルーザーの300系も披露されるのではないかという噂もありました。

今回自動車の本場ドイツで待望の新型ランドクルーザー300系を発表は見送られましたが、今後の発表をめぐり自動車メーカーや世界中のファンから注目を集めました。

200系(現行モデル)のランドクルーザーのスペックを紹介

砂漠を走るランドクルーザー200系

新型ランドクルーザーが300系に進化するにあたり、現在販売されている現行のランドクルーザーのスペックを確認しましょう。
300系はフレーム構造が進化すると見られるので、現行ランドクルーザーと比較するとサイズも変化する可能性があります。

ランドクルーザー200系 ZX
全長 4,950mm
全幅 1,980mm
全高 1,870mm
室内長 2,690mm
室内幅 1,640mm
室内高 1,170mm
ホイールベース 2,850mm
車両重量 2,690kg
最低地上高 225mm
最小回転半径 5.9m
エンジン V型8気筒DOHC
総排気量 4.608L
使用燃料 無鉛プレミアムガソリン
JC08モード燃費 6.7km/L
乗車定員 8名
価格 6,836,400円~

フルモデルチェンジが間近に迫る現行モデルの200系ランドクルーザーの画像5枚

ランドクルーザー200系のフロントビューランドクルーザー200系

左斜めから見たランドクルーザー200系ランドクルーザー200系

ランドクルーザー200系のサイドビューランドクルーザー200系

左斜め後ろから見たランドクルーザー200系ランドクルーザー200系

ランドクルーザー200系のリヤビューランドクルーザー200系

新型ランドクルーザー300系に世界が注目

日本が誇る世界の最上級SUVとして君臨するランドクルーザーは世界中のファンが注目しています。故障が少ない信頼のジャパンブランドとして近年は中東やアフリカ地域で大注目されている車種でもあります。

200系の登場から10年を経て、待望の300系へフルモデルチェンジをめぐり世界中の注目が集まっています。
フランクフルトモーターショー2017では発表されませんでしたが、2020年以降に行われるモーターショーで新型ランドクルーザー300系が登場するかもしれません。今後の動向に期待しましょう!